【またハッキング!】韓国の取引所「Bithumb(ビッサム)」で33億円相当被害

どうも、きむ( @kimu_news)です。

6月になってからの仮想通貨は下げ下げモードで、大きく下げることはあるけど、大きく上がることがない相場になっていますね。

ビットコインも一時70万円を割っていましたし。

現在、相場の転換期とも言われているので、下がるのか上がるのか気になっている人は多いのでは?

私もそのうちの1人ですし、毎日チャートを見ています。

そんな大事な転換期に韓国の取引所Bithumb(ビッサム)がハッキングをかまされた模様。

被害額は33億円と言われています。

日本語訳
「告知:全ての入送金サービスを停止」

約3千万ドル相当の複数の仮想通貨が窃盗されたと判明しました。

これらの損失は弊社が全額カバーし、他のすべてのアセットは現在コールドウォレットへと移行中です。

コインチェックの580億円と比較すると、大したことない金額に感じてしまいますが33億円ですからね〜。

すごい金額ですよ。

もちろん相場は動いた

本日の朝9時半を境に仮想通貨の相場はだだ下がり。

最近、地味に上げてきていたのに、下がるときは一気に下がりますね・・・。

もう一段下げが来ると、先週からの地味上げが帳消しになてしまいそう。

これも、仮想通貨の醍醐味なのかもしれないな(笑

こんな状況になっても、私は仮想通貨を売りません。

せっかく集めたコインがもったいないですからね。

ツイッターの反応

ビッサム、自分で補填するって即発表かぁ。

売り勝ちした人からするとありがたい下げかもしれませんね。

私は長期的にホールドする予定なので、今回のような下げがあってもホールドするという思考停止スタイルを貫きます。

もっと、相場が下がれば買い増しするつもりです。

ビッサムはコインチェックがハッキングされた対応の違いは“速さ”

自分で補填すると即発表していますからね。

対応が早いのはいいと思うけど、それよりもハッキングされないよう対策して欲しい。

人頼みにはなってしまいますが、投資している側としてはどうしようもない点ですからねー。

ハッキング祭りはいつ終わるのやら・・・。

ハッキングされるリスクと戦うために

仮想通貨を保有している時点で、ハッキングされるというリスクも覚悟しておかないといけませんね。

しかも、ハッキングされた取引所に資産を預けていた場合は、資産を凍結されてしまうことになるので、できるだけハードウェアウォレットに保管した方が無難ですね。(特に長期保有する場合)

私もハードウェアウォレットに保管しています。

自分の資産を守るという意味でも、ハードウェアウォレットは必要です。

一番有名なのが「レジャーナノS」ですね。

私は、ここにイーサリアム、リップル、イーサリアムクラシックを保管しています。

コインチェック事件の二の舞にならないように、自分の資産は自分で守るようにしましょう!

レジャーナノSなどのハードウェアウォレットは必ず正規代理店で購入するようにしてください。アマゾンなどで購入すると、

レジャーナノS(Ledger Nano S)を購入!正規代理店で買った方が無難!?

2018.02.03

まとめ

本当に、ハッキングが絶えませんね。

そんなにハッキングが儲かるのであれば、ハッカーでも目指そうかな・・・。

いや、今の言葉はなかったことにしてください(笑

ハッカーて価格操作もできるということだから、ハッキングする前に売りから入って、ハッキングした後に購入すれば儲かりそう。

まあ、こんなことしていたら身バレしそうですけど。

あ〜、早く兆り人になりたい・・・。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

金融庁に登録されている
「bitFlyer(ビットフライヤー)」

強固なセキュリティシステムで個人情報を鉄壁ガード!資本金は41億円。

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。