金銭感覚がおかしい人の特徴13個

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

金銭感覚が明らかにおかしいだろ…って思う人、たまにいませんか?

それにそんなにお金使うのか?そんなに使いまくって大丈夫なのか?と心配になるくらい、欲しいものなどにお金を使ってしまった結果、お金がなくなってしまうということに…。

金銭感覚がおかしい人の特徴とは?また、改善することはできるのか?

金銭感覚がおかしい人の特徴

金銭感覚がおかしい人の特徴は、とにかくお金を使うこと。

これが1番の特徴ですね。

一体どのようなお金の使い方をしているのか?

高額品を迷いなく買う

高額品でも平気に買ってしまうのは、金銭感覚がおかしい人の特徴。

ブランド品でも欲しいと思えば迷いなく買う。ものすごいお金持ちでない限り、このようなことはするのは難しいこと。

普通の感覚であれば、いくら欲しくても迷ってしまう

借金している

家のローンや車のローンといった計画的な借金ではなく、消費者金融などから少しづつ借金している場合は、金銭感覚がおかしくなっていることが多いですね。

自分のお金が限界だとわかっていて、我慢すればなんとかなるはずなのに、お金を借りてまで欲しいものを手に入れようとしてしまう。

この積み重ねで多額の借金を繰り返してしまうと、金銭感覚がおかしくなっていく。

欲しいものをすぐに手に入れたがる

欲しいものがあっても、お金に余裕がなければ我慢する人は多いと思いますが、金銭感覚がおかしい人は、お金に余裕がなくてもすぐに手に入れようとする。

さらにお金に苦しくなるとわかっていても物欲に負けてしまう。

たまには我慢が必要。

ギャンブル好き

ギャンブル好きな人は金銭感覚がおかしくなってしまいやすいですね。

一日で3万、4万負けたという話はよく聞きますけど、一日で3万、4万稼ぐのって難しいことですよね?

お金がなければ、ギャンブルをやらなければいいのですが、ハマってしまうと借金をしてまでギャンブルにのめり込んでしまうことも。

ギャンブルで稼いだお金は、ギャンブルで消えてしまうことがほとんど。

クレジットカードの枚数が多い

クレジットカードは便利な反面、怖い顔を持っています。

現金がなくても気軽に買い物できるので、欲しいものがあると「これ買お!」という軽いノリで買い物してしまう恐れがあるのです。

あと、クレジットカードの枚数が多いと、それだけ、限度額いっぱいまで使い切っている可能性が高いです。

毎月限度額いっぱいまで使い切る必要はありませんし、結局は自分で支払うことになるので、考えて使わないと後々怖い目を見ることに…。

月の出費を把握していない

月にいくら使ったかわからないという人は結構多いと思いますが、ある程度使った額は把握できると思います。しかし、金銭感覚がおかしくなってしまうと、いろんなところでお金を使っているので、自分でもお金をいくら使ったのかわからない状態になってしまう。

飲み代、ギャンブル、交遊費など、いろんなことにお金を使い、それが積み重なっていくことで、とんでもない金額になってしまうことも。

キャバクラ・ホスト好き

キャバクラとホストは、ガンガンお金を使ってしまうイメージが強いですよね?

一晩で数百万円使ったという話はテレビでよく聞きますが、流石にそこまでいかなくても、数万円使ってしまうのは普通ですね。

キャバクラ、ホストで数万円使うことは「普通」という感覚になっていること自体が問題なのですが、夜の世界にハマっている人からすると普通の感覚になってしまう。

お気に入りのお姉さん、お兄さんのために借金までして通う人も。

給料をすぐに使う

給料日になるとお金を使おうとする人は多いと思います。

金銭感覚がおかしくなくても給料日になると何か欲しいものを買ったり、飲みにいったりしたくなるはず。

しかし、給料日だからといって、無理にお金を使う必要はありません。

給料日にお金を「使ってしまう人」クレジットカードで「買い物を”してしまう人」

2017.04.08

よくコンビニに行く

コンビニは誰でもよく行くところですが、スーパーなどに比べると割高になってしまいます。割高になるとわかっていてもコンビニを利用しすぎている人は金銭感覚が少しおかしくなってきている証拠。

新商品であれば、とりあえず買っておこうと、カゴの中に入れてしまう人は要注意。コンビニは、このように無駄遣いをさせてくるので、通いすぎると結構な金額を使っていることになる。

お金を使う=ストレス解消

お金を使ってストレス解消している人は、お金がいくらあっても足りなくなってしまいます。お金を使うことで現実から逃げている感覚になってしまうと、お金を気にせず使ってしまうようになります。

必要性があるからものを買うのではなく、自分のストレスを解消するためにものを買うという判断基準になってしまうので、本当はいらないものでもストレス解消のために買ってしまうことも。

美容代が桁外れ

女性であれば、美容にお金をかけている人は多いと思いますが、中には桁外れな金額を美容に使っている人も。

洋服代、美容院代、ネイル代、マツエク代、脱毛代、エステサロン代など、美容関連にお金を使うと、とんでもない金額になってしまいます。

洋服代も月に10万円以上使ったりと、普通の感覚ではありえない金額を使っていることも。

女性だからこそ「美」にお金を使うのですが、男性にはわかりづらい価値観になってきますね。

支払いを滞納したことがある

支払いを何ヶ月も滞納したことがある人も金銭感覚がおかしい人の特徴ですね。

月に必要なお金でさえ、自分の欲しいもの、ストレス解消のために使ってしまい、滞納してしまうケースもあります。

フレアちゃん
ライフくんは金銭感覚おかしい方かもしれないね。キャバクラにかなりつぎ込んでいそうだし。
ライフくん
キャバクラに行くけど、そんなに使っていないと思うけどな〜。
フレアちゃん
月いくらくらい使うの?
ライフくん
ん〜。10万前後…。フレアちゃんだって洋服にお金使っているだろ!?
フレアちゃん
使うけど、3ヶ月に1回くらいしか服は買わないよ。しかもGUだから安いし。
ライフくん
そうなんだ。俺って結構金遣い荒いのかもしれないな。

金銭感覚を改善する方法はあるのか?

金銭感覚を改善する方法があるのか気になるところですが、この感覚と改善するのは難しいことです。

金銭感覚をすぐに改善することは難しいので、長期的に直していく本院の覚悟が必要になってきます。

レシートは必ず残す

物を買う、外食、サービス代、食費など、お金を支払う時には必ずレシートをもらうようにする。月終わりにそのレシートの合計金額を見ると、ゾッとする経験を1度でもすること。

「思っている以上に使っているな」と思う感覚が必要になってくるので、自分が使っている金額を把握するといいですよ。

買う前に考える

買う前に本当に必要なのかをしっかりと考える。これができないと、必要ないものまで買ってしまうことになるので。

「買わなくてもなんとかなる、大丈夫と判断した場合は絶対に買わない」と、自分でルールを作っておくといいですよ。

買い物をする前にブレーキをかけることができるのでオススメの方法です。

ATMの利用頻度を少なくする

ATMにちょこちょこお金をおろしにいくのではなく、月に必要な金額だけをおろして、その金額の範囲内で生活するようにすると、自分の使えるお金がわかりやすくなります。

月に何回もATMにいく癖がついてしまうと、「お金がなくなったからATMで補充できる」と考えるようになり、我慢できない体質になってしまうので、ATMに行く回数を減らしたほうがいいですね。

他人の意見を受け入れる

周りの人に「金遣い荒いよ」と言われた場合、素直に受け入れることが大切になってきます。ここで反抗してしまっては、現状を変えることはできません。

しっかりと自分の金銭感覚と向き合って、「必要な時にお金を使う」ために何をすればいいのかを考えるといいですよ。

フレアちゃん
物を買うときは決めてから買うから、いきなり欲しくなって買うことはないな〜。
ライフくん
フレアちゃんは堅実派だもんな。俺なんか、財布にお金があると全部使ってもいい感覚になるから、欲しいものがあると買ってしまう。
フレアちゃん
ライフくんはいつもそんな感じだもんね。移動する距離が短くてもタクシーに平気で乗ることもあるし。
ライフくん
なんとなく、俺にお金がない理由がわかってきた気がする…。

人によって価値観は違う

価値観は人によって違いますが、あまりにも身の丈に合っていないお金の使い方をしていると、金銭感覚がおかしくなってしまいます。

自分のお金を自分の好きなように使うのは自由なのですが、「お金がない…」という状態を避けるためにが我慢することも必要です。

周りの人に迷惑をかけないこと

家族、友人などにお金を借りたり、保証人になってもらうと、トラブルになってしまうことが多く、迷惑をかけることになります。

お金のことで周りの人に迷惑をかけないためにも、お金を自分でコントロールする。

コントロールするには、必要なものやサービスだけにお金を使う。

お金は人間関係まで狂わせてしまう。

人間関係を狂わせないためにも、自分でお金をコントロールすることが重要になってきます。

ライフくん
俺、お金はないけど、家族や友達には迷惑はかけていないぞ、なんとか自分の収入の範囲でなんとかしているから。
フレアちゃん
意外!あの金遣いの荒さだから借金しているのかと思ったよ。
ライフくん
借金はしていないよ。けど、給料日前はいつもスッカラカン状態…。貯金したことがないや。
フレアちゃん
ライフくんから貯金しているって言葉聞いたことないもんね(笑
ライフくん
これからは、なんでお金を使うのかよ〜く考えてるようにするよ。

まとめ

金銭感覚がおかしい人は、安いものよりも高いものを買う見栄っ張りの人もいれば、ギャンブルやキャバクラに通っている人など、いろんなタイプの人がいます。

値段に関係なく使うことに抵抗がないので、お金があればある分だけ使ってしまうことに。

私は常に無駄遣いをしないことを考えています。

この、「考える」というのは非常に大事なことです。

冷静になって、その商品が必要なのか?サービスが必要なのか?を、「考える時間」があることによって、物欲を抑えることができるのです。

物欲を抑えて金銭感覚の基準を低くする。

簡単なことではありませんが、少しずつでも自分の物欲を抑えていくように「意識」することから始めるといいですよ。

無駄遣いをしない方法|買った後に後悔しても忘れる

2017.07.23

お金に関するオススメの本!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。