パートナーエージェントの資料請求をしてみた

スポンサードリンク

資料内容を簡単に紹介

結婚相談所として活動しているパートナーエージェントのサービス内容を知りたく、資料請求する事にしました。

独自の成婚メソッドで結婚できる環境を提供

パートナーエージェントは独自の成婚メソッドを確率しており、結婚相談所としてのサービス提供はもちろんの事、Yahoo!婚活コンシェルプランの運営、ゼクシィ縁結びカウンターのサービス設計、システム開発も行っている事から、結婚・婚活の知識は確かでしょう。

結婚できない、しない人が増加していると言われている中、実績を残すのはなかなか難しい事だと思います。

充実したサポート、出会いを提供するだけでいいのか?

結婚という成果をがなければ意味が無いという事で、パートナーエージェントとしての実績を数字、グラフなどで公開されています。

結婚情報

徹底した分析、解析で得た力

今まで活動していた人のデータを徹底的にか解析し、エリア、年齢などを数値化し、これを元に婚活していく事ができるため効率よく婚活を進めていく事ができるシステムとなっています。

多岐にわたる出会い

PA CONNECT SYSTEM

上記でも紹介したYahoo!婚活コンシェルプランとゼクシィ縁結びカウンターの会員を紹介してくれるシステム。

この連携されたサービスにより出会いが広がり、より多くのチャンスが巡ってくるでしょう。しかも無料で利用できます。

パーティ・イベント

このサービスは多くの結婚相談所でも活用されており、聞き慣れた婚活方法では無いでしょうか?

ただの飲み会や合コンなどとは違い、参加者全員が結婚を意識している人たちなので結婚しやすい環境に間違いないでしょう。

パーティ型の婚活はコミュニケーション能力が必要になってくるので苦手な人もいるかもしれません。

PARTNER RINK

このシステムはとても便利で日本結婚相談所連盟に登録されている会員のデータベースにアクセスする事ができるサービスで、パソコン、スマホで相手を探す事ができるのでとても便利です。

このシステムで結婚相談所で相手を探す方法として主流になってきているのではないでしょうか。

コンシェルジュ

絶対に必要な存在

結婚相談所で「コンシェルジュ」の存在は大きく、パートナーエージェントのコンシェルジュは277時間のトレーニングをした専任コンシェルジュが活動をサポートしてくれます。

結婚できる率を上げてくれる存在なので仲良くなると強い味方になるかもしれませんが、コンシェルジュも人間なので会員との相性良い場合と、悪い場合があるでしょう。

うまくコンシェルジュと付き合う事も結婚相談所で活動するには重要なのかもしれません。

グラフ化されたデータ

絶対に必要な存在

このグラフでは在籍会員の男女比や会員の年収、交際率、成婚率などが細かくデータされています。

実際に資料請求してもらうと分かるのですが、このグラフを見るだけでパートナーエージェントにはどのような会員が存在しているのかが分かります。

Q&A・ラブストーリー

パートナーエージェント 資料2

内容は主に実体験

メインの資料とは別に小冊子の資料があり、その中に、Q&Abookと実際にパートナーエージェントから成婚退会された方のラブストーリがありました。

Q&Abookは文字が大きく内容が簡単に説明されているので読みやすい印象でした。(赤い冊子)

ラブストーリの方は体験談ではなく実話を元に作られたドラマのような表現で、コンシェルジュと会員が成婚に至るまでのストーリを読む事ができます。(紺色とピンクの冊子)

Q&Aの一部を紹介

Q,会員にはどんな人がいるのか
A,あなたの回りにいるような普通の人たちです。

話題が豊富な人や落ち着いた人、学歴や身長など好みが様々なひとたちが会員です。

Q,もちろん全員独身で人生のパートナーを探しています。

A,他社での活動がうまくいきません。相談できますか?
もちろんです。

他社を経験した後、パートナーエージェントに相談される方、また移ってきてご成婚される方も多くいらっしゃいます。

資料請求後の勧誘はしつこい?

資料請求をする前に気になるポイントでもある請求後の電話勧誘ですが、私には一切電話で勧誘してくる事はありませんでした。

意外にも電話勧誘がなかったのでやる気あるのかなと逆に思いましたが、気軽に資料請求できるのはよかったですね。

結婚相談所の中にはしつこく勧誘してくる所もありますので、本気で入会を考えている人にとっては良いのですが、とりあえず資料が欲しいと思っている人にとっては後々面倒な事になりそうです。

パートナーエージェントの口コミをチェック

パートナーエージェントに入会してみた感想

30歳を過ぎるとまわりもみんな結婚しだして急に気持ちが焦り、婚活を始めることにしました。

インターネットなどで結婚相談所やお見合いサービスなどをいろいろ調べて、パートナーエージェントという婚活支援サービスに登録してみました。

パートナーエージェントに決めた理由は1年以内に相手が見つかるという成婚率の高さとスタッフのサポートの丁寧さです。

専任の担当者がついて相手とのマッチングや交際をサポートしてくれるので助かっています。

デートの前にもたくさんアドバイスをしてくれて、サービスがとても丁寧でスタッフが話をしっかり聞いてくれるところが気に入っています。

最初は相手の年齢と年収といったデータを気にして希望を言っていたのですが、担当者が内面を見て私に合う人をマッチングしてくれて順調に交際をしています。

パーティでの失敗談と今後の計画

前々から結婚したいと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれません。

そこで私は知人から聞いたパートナーエージェントを試してみることにしました。

登録が終わると事前のインタビューなどが行われ私のプロフィールを作成したりしました。

その後は色々とシステムの説明を受けましたが正直全てを把握できませんでした。

とりあえず何かしてみようと思い、パートナーエージェントが主催するパーティに参加してみました。

多くの人たちが参加しており、私は緊張してしまい胸が高まります。

さっそく声をかけられたのですが緊張していて何を話したか覚えていません。

初回の参加は残念ながら失敗してしまったと思います。

しかし次回こそは円滑な会話を行い少しでも婚活に繋げたいと思います。

結婚情報

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。