恋愛テクニックを磨いて恋の駆け引きをしよう!ラインで使えるテクはあるのか?

スポンサードリンク

もし、意中の相手を確実に落とすことができるなら良いと思いませんか。

現状は100%相手を落とせるようなものは存在しないです。

しかし、相手を落とす確立が上がる恋愛のテクニックはあります。

ただ、テクニックを熟知していてもどうしても上手くいかない場合があります。

大事なのは、相手をよく観察して何が好きで、どういうものに響く人なのかを分析した上で恋愛のテクニックを使っていくことです。

今回は絶対に抑えて欲しい心理的な恋愛テクニックとラインやSNSなどで使えるテクニックを紹介!

ゲイン・ロス効果

ゲイン・ロス効果とは一言で言えば、ギャップです。恋愛以外にもビジネスの面でも効果を発揮してくれます。

一度マイナスのイメージを与えてからプラスのイメージでひっくり返すというものです。

例1、「ライン」でのギャップ

例えば、一度も直接あった事ない人とラインにて会う約束をしたとします。

しかし、相手のラインの画像は顔写真ではなく、動物や景色の写真を使用しており、メッセージも短文が多く、冷たい文面ということから見た目も全然自分のタイプではないと考えていたとします。

当日、実際に会ってみると高身長のイケメン、またはスタイル抜群の美女が来て、ラインでは素っ気ないやり取りが続いていたけど、直接会うと趣味の話や好きな物の話などで、とても話が盛り上がり楽しい時間を過ごすことができた。

  • 直接会っても楽しくないし、全然タイプではない

  • 容姿も整っているし直接会うとすごく楽しい
上記のように印象が変わり

その時に相手に対する印象は一瞬にしてよくなることがあるのです。

例2、サプライズ

気になる異性の誕生日の当日に、2人きりでご飯に行く場合。

そこで一言「誕生日なのにこの程度しかしてあげることができなくてごめんね」と伝えます。

そうすると、相手からしたら「お金や時間がなかったからプレゼントは貰えない」と思います。

でも、祝ってくれるだけで十分嬉しいという気持ちにはなりますよね?

そして、帰り際に秘密で準備しておいた相手が欲しがっていたプレゼントを渡し、お誕生日おめでとうと相手に伝えるとどうなるか?

さっきの発言からまさかプレゼントを貰えると思わないはず。

このシチュエーションを想像してみてください。

相手に対する気持ちは一気に変わりませんか?

先ほどゲイン・ロスはギャップと説明しましたが、サプライズとも置き換えることができます。

何か相手が予想していたものよりも1つ上の行動(期待以上の行動)を起こしサプライズ、ギャップを演出するのがポイントです。

ミラーリング

あのメンタリストのDaigoが推すテクニックの1つ。

ミラーリングは相手の行動や仕草を同じくまねる事で相手が無意識に親近感を抱くというものです。

  • 相手が飲み物を飲んだら自分も飲む
  • 相手が足を組んだら自分も足を組む
  • 相手がテーブルに肘をつけたら自分も肘をつける

といったように

相手が取った行動と同じ事をすれば良いのです。

しかし、相手と同じタイミングで行ってしまうとミラーリングに気づかれてしまうので、タイミングを少しずらして行うと自然とミラーリングをすることができます。

ミラーリングは行動だけでなく、言葉でも同様な効果があります。

相手の良く使う単語や口癖、語尾などを適度に自分も使ってみて下さい。

頻繁に使いすぎると不自然になってしまうので、ナチュラルな感じで使うことを意識してください。

親近感を抱かせる事で相手の警戒心を払え流ので、多少ハードルの高いことでも上手くいく確立は上がると思います。

フット・イン・ザ・ドア

一流のセールスマンもよく使うテクニック。

フットインザドアは非常に実用的です。

自分が満たしてほしい要求を一度に叶えるのではなく、段階を踏んで満たすというものです。

例えば、好きな人と一緒に映画を観たいとします。

ストレートに映画を観に行きたいと伝えても良いのですがそれが難しい場合もあります。

「最近近くにお洒落なカフェが出来たから一緒に行こうよ」

と、目的とは異なる頼み事を挟み、カフェでお茶を楽しんだ後に

「せっかくだし今日から面白い映画がやっているから、観にいこうよ」

というように一度小さな頼み事をして次に自分の本来叶えたい要求を言う。

このテクニックは最初に相手が聞いてくれそうな頼み事をし、次にする本来の頼み事を断りにくくさせるものです。

様々な場面で応用が利くテクニックなので、無意識にやっている人も多いのですが、意識的に実践出来れば非常に強い武器になりますよ。

オススメな心理テクニックですので、ぜひお試しください。

ラインなどで使うテクニック3つ

先ほどは、主に相手と一緒に居るときに使えるテクニックを紹介しました。

次に紹介するテクニックも相手の心理を突いたテクニックですが、まだ相手と会ったことがなくても、既に数回会っている場合の両パターンで使えるので、押さえておいて損はないですよ。

返信の間隔をあける

気になる異性の相手から連絡がきたら、すぐに返信していませんか?

すぐに返信をすると以下のようなデメリットがあります。

すぐに返信するデメリット
  • 相手に早く返信をしなくてはいけないというネガティブが発生し、面倒に思われてしまう。
  • 話すネタがつきてしまう
  • 暇な人だと思われる
これだけでせっかくのチャンスを逃してしまう可能性が高くなってしまうのです。

逆に、返信の間隔を空けて見るといいですよ。

返信を遅くすることで

  • 返信が遅いな
  • 今、何しているのだろう
  • なんだか、寂しいな

と相手に自分の事を想わせることができます。

また、返信の間隔をあけることで話のネタ不足も防ぐことができます。

相手の名前を入れる

やり取りをする時に、相手の名前を入れる。

これを実践するだけで大分変わります。

相手を名前で呼ぶ事で相手に親近感や好意を与えることができます。

逆に、名前を呼ばれると相手との距離感が近づいた感じってありますよね?

それと同じ気持ちを相手に与えてあげるのです。

また、文面だけで脳内で実際に名前が呼ばれているような感覚になり、人によってはそれにドキドキしてしまう人も。

また、よく聞くのが寝るときに「おやすみ」「おやすみなさい」といった言葉でもドキドキする方も意外に多いそうで、おやすみの前に相手の名前を入れるとさらに効果が期待できますよ。

相手を肯定する

相手の言ったことに「そうだよね!」「すごいわかる」などの肯定の文面を入れるだけで相手は好感を持ちます。

肯定を挟むことで相手は自分の事を受け入れられていると感じ、おのずと自分から会話も盛り上げてくれると思いますし、こちらにも興味を持ってくれます。

時には肯定するのが感情的に困難な場合もありますが、まずは飲み込んであげることが大切です。

女性がラインで送る「脈ありサイン」と「脈なしサイン」既読無視してくるような女は追いかけるな!

2018.04.19

駆け引きが大事

今までの内容をまとめると

  1. 相手と同様の動きをする
  2. 相手が予想しているものより良い印象(ギャップ)を与える
  3. 小さな要求を入れてから自分の本来聞いて欲しい頼み事をすると良い
  4. 返信はタイミングずらす
  5. 文面でも相手の名前を入れる
  6. 相手を肯定する

上記6つを実践できれば意中の人を射止めることができるかもしれませんが、人によって反応は違いますので、相手がどういう人なのか自分で仮説を立てて常に相手を観察して分析することが大事です。

まとめ

恋愛は駆け引きと言われていますが、本当にその通りだと思います。

相手への返信のタイミングを遅らせるのはまさに駆け引き。

押してもダメなら一旦引きましょう。

時には引くことも非常に効果的ですし、有効なテクニック。

相手の反応を伺いつつ、今回紹介した恋愛テクニックを参考に実践して見るといいですよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。