【大学生編】彼女をつくるためにすべき行動「8個」ワンクッション置いてデートに誘っていませんか?

大学生は髪型も服装も自由になります。

縛られたルールから開放されるので多くの人がモテるためにオシャレや化粧をしだす時期でもありますね。

自然に男女間の恋愛も活発になり、周りでカップルを見かけることが多くなると思いますし、多くの男子が大学で彼女を作りたいと思っているはずです。

今回は男子大学生が彼女を作るためにすべき行動を紹介!

大学生で彼女ができない理由は?

大学生で彼女ができない男性は意外といるようです。

彼女ができない原因によくあるのが女性から生理的に受け付けられていない、恋愛に消極的、おなじ学部の女性としか会わないなど様々な理由があると思います。

彼女を作るには環境や積極的な行動がかなり重要!

それでは、彼女の作り方を具体的に紹介していきますね。

彼女を作るためにすること
  1. サークルに入る
  2. アルバイトをする
  3. オシャレに気を使う
  4. 飲み会では気になる女子の隣をキープ
  5. デートに誘う
  6. 目をみて女子と話す
  7. 学校で会ったら挨拶をする
  8. 旅行に行ってみる

1、サークルに入る

彼女を作るならサークルに入ることをオススメします。

講義が終わってから真っ直ぐ帰るのは少々勿体ないのです。

少しでも女性との出会いの環境を作ることで恋愛環境は変わります。

他の学部の女子とも交流ができるサークルに入ってから彼女ができたという男性も多いです。

サークルによっては、飲み会や合宿を頻繁に開くところもあるので女子の多いところを探してみるといいですよ。

サークルは掛け持ちが出来るのでいくつか入ってみるのが良いです。

中には他の大学との合同のサークルもあるので彼女を作るために必要な環境に身を置くことができます。

2、 アルバイトをする

サークルだけではなく、アルバイトも始めて女性との出会いを増やしましょう。

バイト先は自分より年齢の高い年上の女性もいますし、年下の高校生の女子など様々な人がいます。

人によっては大学にいる時間よりもバイト先にいる時間の方が長いというケースもあるので、職場の女性と仲良くなるチャンスです。

最初は覚えることで忙しいかもしれませんが、仕事ができるようになると職場の女性と恋愛をする余裕がでてきます。

デートの誘いや2人で一緒に帰ることも難しくなくなります。

大学生で彼女を作るならバイトを視野に入れましょう。

3、オシャレに気を使う

女子大学生の興味を持てない男子は清潔感がない、服装がダサいがよく挙げられますので、彼女を作るなら見た目をオシャレにするのはかなり大事な要素です

清潔感があるかないかだけで、見た目にかなり違いが出てきます。

大学には数えきれないほどの男子がいるので清潔感のない男子、ファッションセンスのない男子は自動的に切り捨てられてしまいやすい。

少しでもオシャレになるならヒゲはきちんと剃り、ワックスやジェルで髪をセットする。

セットの仕方がわからない場合は美容室の人にセットの仕方を聞くと良いですよ。

ファッションに関しては、まずはオシャレな男子やファッション雑誌のパクリで構いませんので、とにかく自分の身なりに気を使うことが大切です。

合コンで女性ウケがいい服装とは?「きれいめファッション」が無難?色は「ブラックとグレー」

2018.04.06

4、飲み会では気になる女子の隣をキープ

サークルやバイト先、ゼミの飲み会の時は必ず女子の隣に座りましょう。

隣が厳しそうであれば対面でもOKです。

同性同士で固まってしまうとせっかくの彼女を作るチャンスも無駄になってしまいます。

なぜ、隣が良いかというとコミュニケーションが取りやすいのもありますし、心理学的に45cm以内の相手のパーソナルスペースに入ることで、より親密な関係になりやすいからです。

45cmというのは恋人や家族のような親しい関係の人の距離で、そのパーソナルスペースに入りこめば女性に好意を持ってもらうことができます。

また、アルコールが入ることで社交的になり、さりげないボディータッチなどのスキンシップで女子との関係を深めることができます。

触りすぎには注意!下心が丸見えになってしまうので、女性は警戒するどころかドン引きしてしまう可能性があります。

5、デートに誘う

気になる女子女子を見つけたらデートに誘ってみよう。

デートまでこぎつけたら相手を彼女にするまでもう少し。

相手がデートの誘いをOKすればかなりこちらにも好印象を持っている証拠ですよ。

行き先は相手と自分の共通の趣味や好きなものに関連する場所に行くのが良いです。

映画好きであれば映画館に行ったり、お酒が好きな場合は居酒屋やバーに行ったりなどです。

しかし、デートの行き先よりもここでの大切なポイントはデートの誘い方です。

LINEで声をかけるのが一般的だと思いますが、

  • 「土曜日なにしている?」
  • 「週末はひま?」

とワンクッション置いて聞くのはNGです。

この質問をされると相手がデートに誘われるかも・・と考え「なんで?」と返してくることが多いからです。

こうなると誘いづらくなります。

デートに誘うときは、できるだけ女子を不安にさせないこと。

「どこで、何をするのか」を明確にすると女子もデートの誘いに乗りやすくなるのでオススメです。

  • 「美味しいお店見つけたから土曜日○○行かない?」
  • 「○○の映画始まったから日曜映画行かない?」

という感じに、目的を明確にしてデートに誘ってあげるといいですよ。

6、目をみて女子と話す

彼女を作るなら女子と話す時は目を見て話すようにしましょう。

相手の目をみて会話をしないと

  • 「この人の事信じていいのだろうか」
  • 「なんで話しているのに目が合わないのだろう」

不安や不信感を抱かれてしまいます。

さらに、相手に好きな気持ちや大事なことを伝えたい時に目が合わないと言葉や気持ちが伝わりづらくなります。

7、学校で会ったら挨拶をする

ある程度関わりのある女子と学校で会ったら挨拶をする。

挨拶の積み重ねで徐々にコミュニケーションの幅が広がります。

授業の話やお互いの日常の話をするようになれば相手もかなりこちらに心を開いている状態なので、直接デートに誘っても断られにくい関係になっています。

学校での挨拶を続けることで彼女をつくるきっかけになります。

彼女を作るためだけでなく、人間関係全般において挨拶は大切ですからね。

これを、忘れてはいけません。

8、旅行に行ってみる

直接的に彼女ができるきっかけとはなりにくいですが、彼女が作れるようになる積極性が身につきます。

旅行に行くことで開放的な気分になり、積極性が身につきますので、自分からなかなか女子にアプローチができない男子が変わるいい転機になります。

また、自分自身を見直すチャンスでもあるので恋愛についてじっくり考えても良いかもしれません。

そうすることで自分自身も磨かれます。

もしかしたら、旅先で素敵な女性に会う可能性もあります。

なんとなくフラッとどこかに出掛けてみてはどうでしょうか?

大学生は学業も大事

彼女作りに集中しすぎて大事な単位を落としてしまうと本末転倒ですので、学業も怠らないようにしてくださいね。

高校生くらいまでは多少成績が悪くてもあまり異性から嫌われることはなかったと思いますが、大学生からは成績の悪い男子は女子から下に見られてしまい、恋愛どころではなくなります。

見た目が整っていなくてもその分勉強などで補えばOK。

女子全員がイケメンでないとダメというわけではなく、中には自分より頭の良く尊敬できる人がタイプという人もいるので、恋愛と勉強の両立は彼女を作る上で大事な要素となります。

彼女を作るのはそれほど難しくない?

彼女の作り方を解説してきましたが、いかがでしたか?

今回紹介した彼女の作り方を実践することができれば彼女を作るのはそれほど難しいことではありません。

現時点で彼女がいない男子は積極的に女子とコミュニケーションが取れているかどうか、サークルやアルバイト先で開かれる飲み会などには顔を出せているかどうかを思い返しみてください。

また、気になるの女子を彼女にするというのがゴールですから、その間にデートの誘いに失敗、失恋するということもありますので彼女を作るのには時間がかかります。

ですので、積極的に行かないと彼女が1人も出来ずに卒業をするということに・・・。

しかし、焦りすぎると空回りをしてしまうので焦らずに、上手くいかなくてもめげずに恋愛をしていきましょう。

恋愛には切り替えが必要になってくる。

大学生という時期は彼女を作りやすい時期でもあるので、このチャンスを逃さないためにも女子にアタックしてください。

恋愛に必死になるのではなく楽しもう!

まとめ

大学生という時期は、勉強も忙しいですが、彼女を作りやすい時期でもあります。

社会人になると仕事で忙しくなってしまって、異性と遊んだりする時間すらなくなってしまう可能性もありますからね。

大学生はある程度自由が利くので、恋愛を優先させることもできます。

彼女を作るためには、まずコミュニケーションをとること。

挨拶から雑談へ。

雑談を積み重ねてデートに誘ってみる。

恋愛も人間関係の1つ。

「彼女を作る」と最初から意気込むのではなく友達感覚で接するようにすると、気軽に恋愛を楽しむことができますよ。

女性全員を彼女候補にしてしまうと疲れます。

疲れない彼女探しをするためにも「ラフな関係」を築くことから始めるといいですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。