気になる女性をデートに誘う方法「ガツガツする男」は避けられる!?余裕を持った対応を心がけよう

気になる女性がいるのなら、やはりデートに誘いたいと思いますよね?。

しかし、どのようにすれば、うまくデートに誘うことができるのか。

この記事では、気になる女性をデートに誘う方法を、<Step1>から<Step4>の4段階に分けて、提案していきます。

<Step1>会話を通して仲良くなる

気になる女性がいるのなら、まずは会話を通して仲良くなることが大切です。

つまり、気になる女性をデートに誘うための第一段階は、「会話を通して仲良くなる」と言うことですね。

とは言っても、気になる女性と会話をすることを考えると、緊張してしまう人もいるはず。

では、どのようなことを心がければ、気になる女性との会話をスムーズにすることができるのか?

「話しかける勇気」を持つ

「自分から話しかける勇気がない」という相談を、よく受けることがあります。

確かに、気になる女性に話しかけるのは、かなりの勇気がいりますよね?

しかし、話すことがなければ、関係を深めることはできません。

気になる女性をデートに誘いたいのなら、「話しかける勇気」を持つことが大切になります。

「女性と会話をする」ということは、女性をデートに誘うための関門のようなものです。

つまり、気になる女性をデートに誘うためには、「話す」という試練を必ず通らなければいけないのです。

「気になる女性をデートに誘うには、絶対に話さないといけない」と自分に言い聞かせてみてください。「話しかける勇気」を湧かせることができるはずです。

友達に手伝ってもらうのもアリ!

どうしても、「話しかける勇気」が出ないのであれば、友達に手伝ってもらうのも1つの作戦。

ただ、あくまでも自然な感じに、気になる女性と接するようにしてください。

「話しかける勇気が出ないから、友達に手伝ってもらってる」ということがばれてしまうと、どう思われるか?

おそらく、「女々しい人」と思われて、デートに応じてもらえなく可能性を高めてしまうことに・・・。

難しいことではありますが、「友達に手伝ってもらってる感」が出ないように、気になる女性に近づくことが大切です。

「相手の話を聞く」という姿勢を持つ

確かに、気になる女性がいると、「自分のことを知ってもらいたい」と思いますよね?

そのため、気になる女性には、自分のことをたくさん話してしまいがちです。(自慢話など)

しかし、「自分のことばかり話す男性」を好む女性がいるのか?

言うまでもなく、「言葉のキャッチボール」ができていなければ、敬遠されてしまうことでしょう。

「相手の話を聞く」という姿勢を持って、会話をするようにしてください。

「自分のことを50%話したら、相手の話を50%聞いてあげる」という意気込みでいると、「言葉のキャッチボール」は意外とできますよ!

「共通点」を見つける

人間は、「共通点がある人」に対して、親近感を抱くものです。

また、共通点があれば、話題に困ることなく、話を盛り上げることができます。

そのため、気になる女性とあなたの中に、共通点があれば、さらに関係を深めることができるのです。

  • 出身地
  • 趣味
  • 好きなタレント

共通点はなんでも構いません。

ちなみに

  • 旅行
  • 料理
  • 動物

などは、多くの女性から関心を得ています。

そのため、あなたも旅行・料理・動物に関心を持つことができれば、高い確率で共通点を見つけることができるでしょう。

また、「同世代であること」も、立派な共通点ですよ。

「俺らが小学6年生の頃には○○が流行ったよね♪」といった具合に、昔の話で盛り上がることができますからね。

<Step2>ラインを交換する

会話を通して仲良くなることができたら、次はラインを交換する段階です。

ただ、やはり「ラインの交換」を迫るのは、緊張してしまいがちですよね?

しかし、会話を通して仲良くなれたのであれば、ラインの交換をできるチャンスは大いにあります。

では、ラインの交換を迫る際には、どのようなことを心がければいいのか?

ここからは、ラインの交換の方法について、提案してゆきます。

「共通点」を利用すると、ラインの交換をしやすい

例えば、気になる女性とあなたとの中に、「旅行好き」という共通点があるとしましょう。

この場合、「旅行トーク」で盛り上がることができますね。

そして、「旅行トーク」をする中で、ラインの交換を自然にできる場面が訪れます。

例えば、「旅行トーク」の中で、「オススメの神社」を教えてもらったとします。

この場合、「その神社に行ってみたいな~!行き方を送ってもらいたいから、ライン教えてくれない?」といった具合に、自然な流れでライン交換するきっかけを作ることができるのです。

お互いに共通点があると、自然にラインを交換することができます。

だからこそ、気になる女性がいるのなら、無理をしてでも共通点を見つけ出す努力が必要なのです。

「画像交換」を理由にしても、ラインの交換をしやすい

リアルな会話の中で、「画像交換を迫れる状況」が出てきたら、ラインを交換するチャンスです。

例えば、気になる女性が、「最近訪れた旅先について」の話をしてくれて、写真を見せてくれたとします。

この場合、「その写真欲しいな~」という具合に話を進めていけば、自然な流れでラインを交換するきっかけを作ることができます。

「画像交換を迫れる状況」は、ラインを交換するチャンスの時間でもあるのです!

気になる女性と会話をするときは、「画像交換を迫れる状況にならないか」ということを気をつけながら会話をするといいですよ。

交換してもらえると確信をしてから、ラインの交換を迫ろう

「必ずラインを交換してもらえる」と確信してから、ラインの交換を迫るようにしましょう。

間違っても、「ラインを交換してもらえるかわからない」という状況で、ラインの交換を迫らないようにしてくださいね。

と言うのも、仮にラインの交換を断られてしまったら、かなり気まずくなってしまうんですよね。

例えば、気になる女性が、同僚であるとします。

もし、気になる女性である同僚から、ラインの交換を断られてしまったら、お互いどんな気持ちになるのか?

おそらく、会社で顔を合わせるのも辛いほど、気まずくなってしまうはずです。

このように、気まずくなってしまうことを避けるためにも、「必ずラインを交換してもらえる」と確信してから、ラインの交換を迫ることが大切なのです。

<Step3>ラインを通して仲を深める

ラインの交換をすることができたら、次はラインを通して仲を深める段階ですね。

やはり、ラインのやり取りを重ねていくと、仲を深めてゆくことはできます。

それだけ、ラインの交換とやり取りは重要な要素なのです。

ただ、気になる女性とラインをするにあたって、注意をしてもらいたい点も存在します。

ここからは、そんな気になる女性とラインをする際に、注意をしてもらいたい点について、提案してゆきます。

「共通点」を話題に、ラインのメッセージを交わす

ラインでのやり取りにおいても、「共通点」を利用するようにしてください。

「共通点」を話題にすれば、ラインのやり取りで困ることはありません。

気になる女性とのラインって、ただやり取りしているだけでも楽しいと感じますよね?(相手の女性は楽しんでいるかは置いておいて)

ただ、何となくラインのやり取りをしてしまうと、いつか話が途切れてしまいます。

しかし、「共通点」を話題に、ラインのやり取りをしていけば、話が途切れることは少なくなりますよ。

  • おはよー
  • 疲れたー
  • 腹減ったー

のような、ラインは、彼女でもない限り相手をしてくれる人は少ないです。

気になっている人に、内容が無いラインを送ってばかりいると、「めんどくさい人」というレッテルを貼られてしまうので注意してくださいね。

ラインを通して、さらに仲を深めるためにも、「共通点」を話題にすることは大変重要なことなのです。

適度な返信頻度を守ろう

ラインの返信が早すぎると、「がっついている」と思わてしまう可能性大です。

また、あなた自身も、ラインをすることに疲れてしまいます。

「早くデートに誘いたい」と意気込んで、返信を早くしてしまう人は多いと思いますよ。

しかし、早く返信をしてしまい、「がっついている」と思われたら、嫌われてしまうかもしれません。

逆に、ラインの返信が遅すぎてもいけません。

やはり、ラインの返信が遅すぎると、好意を伝えることができませんからね。

気になる女性とラインのやり取りをする際には、「適度な返信頻度」を守ることが大切なのです。

適度な返信頻度は相手によって違います。なので、相手の返信頻度に合わせて返信するのが無難です。

それとなく「彼氏の有無」を確認しておく

ラインでやりとりできるようになったら、「彼氏の有無」を確認するようにしてください。

言うまでもなく、気になる女性に彼氏がいると、デートに誘っても断られる可能性は高くなります。

実際にデートに誘ったときに、断られる可能性を低くするためにも、「彼氏の有無」を確認することが大切なのです。

というか、必須です。

ただ、「彼氏はいるが関係が崩れてきている」というパターンも存在します。

この場合は、じっくりと攻めてゆくことで、デートに応じてもらえる可能性を高めることができます。

焦ることは禁物ですが、「デートに応じてもらえる可能性がある」ことをモチベーションにして、ラインを続けてみるといいですよ。

ただ、彼氏がいる相手に言い寄っていくことは、個人的に「略奪愛」な感じがするので嫌いです(笑

その「危険な恋」に、女性はドキドキしてしまうのかもしれませんが・・・。

ラインを通して、「脈あり」「脈なし」を見極めよう

ラインのメッセージを交わす中で、「脈あり」「脈なし」を見極めることも重要です。

「脈なしサイン」が多いと、デートに誘っても断られる可能性が高いですし「脈ありサイン」が多ければ、デートの誘いに応じてもらえる可能性も高くなります。

デートに誘うべきかの判断をするためにも、ラインを通して、「脈あり」「脈なし」を見極めることが大切なのです。

<Step4>デートに誘う

ラインを通して仲を深めることができたら、最後はデートに誘う段階です。

ここからは、そんなデートに誘う際に、注意してもらいたい点について紹介します。

もしも、初デートを成功させることができたら、いよいよ交際も間近ですよ。

共通点をもとにすると、自然にデートに誘える

デートに誘う際にも、共通点を大いに役立てることができます。

例えば、「旅行好き」が、気になる女性とあなたとの共通点だとしましょう。

この場合は、「オススメの神社があるらしいんだけど、一緒に行ってみない?」という具合に、自然にデートに誘うことができます。

ただ、初デートに誘う際には、デートの時間が長くならないように注意してください。

やはり、「初デートは短時間がいい」と考える女性が多いですからね。

例えば、「旅行好き」という共通点があるとしても、初デートで「時間を要する遠出」などをすることはオススメできません。「近場の観光スポットに一緒に行く」といった感じの、短時間のデートに誘うようにしてくださいね。

「デート」という単語と使わずに誘う

「今度デートしよう!」といった具合に、「デート」という単語を使って誘うことはオススメできません。

「デートに誘う」という事実は変わりませんが、「デート」という単語を使わずに、デートに誘うようにしてください。

と言うのも、交際前の男性から「デート」という言葉を使われると、「重い」と感じてしまう女性は多いのです。

例えば、

  • 「今度一緒に遊びに行かない?」
  • 「今度○○へ行こうよ♪」

といった感じで、「デート」という単語を使わなくても、デートに誘うことはできます。

「相手が楽しめるデート」に誘うべし

いくら、デートに誘えたとしても、実際のデートで失敗をしてしまっては、これまでの時間が「無」になってしまうこともあります。

特に、初デートで失敗をしてしまうと、今後の関係に大きなヒビが入ることにつながります。

初デートでは、極力失敗を避けるべきなのです。

相手が楽しめるデートであれば、失敗を避けられる可能性が高く、たとえ、自分は楽しくないとしても、初デートは「相手が楽しめるデート」を考えることが大切です。

ラインでのメッセージなどを通して、相手の好みや趣味を知っておくべきです。

相手の好みや趣味を知っておけば、「相手が楽しめるデート」を実現させられる可能性を高めることができますよ。

まとめ

気になる女性をデートに誘う方法について、提案しました。

気になる女性がいるのなら、この記事を参考にしてアプローチをしてみてください。

自分からアプローチをしなければ、交際することは中々できませんからね。

だからこそ、勇気を出して行動をして、気になる女性を彼女にできるように頑張ってもらいたいものです。

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。