結婚して夫婦になる|他人と暮らす覚悟できていますか?

スポンサードリンク

結婚することで、夫婦になることができますが、”夫婦”てそもそもなんなのか?

言葉は知っているが、知らない人って結構多いのではないでしょうか?

お互いが理解しあって結婚するのですが、他人と生活することになるのです。

「こいつ現実的すぎんだろ」

と思うかもしれませんが、単純にそういうことになります。

結婚の形は人それぞれですが、結婚前に1度”夫婦について”考えてみてください。

2人で1つになるということ

結婚して夫婦になるということは、これからの人生を一緒に過ごしていくことになります。

他人同士が2人で1つになるということです。

これは、簡単なことではありません。

独身の時は、自由に買い物をしたり、友人と遊んだりできましたが、結婚すると、これができなくなってしまいます。

付き合っている時も、ある程度自由に生活することができますが、結婚することで、その自由はなくなってしまうのです。

結婚するときに、このようなことを考える人はいないかもしれませんが、後々自由が欲しくなってくることもあるでしょう。

旦那さんが入院してしまうと、仕事を長期離脱してしまうことになるので、収入面が減ってしまうこともあるでしょう。

このようなときに奥さんに負担がかかってきます。

逆に奥さんの方が病気になって寝込んでしまったりすると、育児、家事を旦那さんがサポートしなければなりません。

2人で1つということはこういうことですね。

これを難なくこなしている夫婦はすごいです。

ほとんどがケンカしてしまったりと、衝突してしまうパターンが多いでしょう。

現実的なことですが、結婚前には、こういったことを覚悟する必要があるのです。

結婚生活は特別なものではない

結婚生活はそれほど、魅力的なものなのでしょうか?

ただ二人が一緒に生活するだけですよね?

「また、変なこと言ってやがる」

と、思うかもしれませんが、冷静に考えると、そうなります。

ただの日常生活なのです。結婚する前は、結婚生活にすごい特別感を抱いてしまいがちですが、現実は違います。

ただ二人が普通に生活するだけです。

自分でも冷徹人間だなと思いますが、そう考えなければ、結婚生活を長続きさせるのは難しいのでは、と思うのです。

変に特別な生活を抱いてしまうから、現実を知ったときにテンションがだだ下がりしてしまうのです。

あらかじめ、”結婚生活はこういうもの”と覚悟することは大切だということです。

同居人にならないために

夫婦になっても会話がなければ、ただの同居人同然ですよね?

結婚当初はそのようなことは、考えてもいなかったはずです。

しかし、冷め切ってしまう夫婦は多く、会話もせずに、一つ屋根の下暮らしているのです。

これは気まずいですね。

夫婦生活を良好に保つにも努力が必要なのです。

まずは”会話をする”ことが大切です。

ただ、挨拶をするだけでもいいのです。

何も毎日

「いってらっしゃい。ぶっちゅ〜」

「おやすみ。ぶっちゅ〜」

といったことはしなくてもいいのです。話をすることで、

「この人はこういったことが嫌いなんだな」

と気づくことができますし、会話をするだけで、その場が和みます。

まあ、無理に会話をする必要はありませんが、コミュケーションは夫婦仲をいい方向にするには欠かせません。

同居人にならないためにも、たくさん話をしていくといいですよ。

まとめ

夫婦になるには、相当の覚悟が必要になります。

覚悟したから結婚することはわかっているのですが、あまり、この覚悟を軽視してしまうと、後々の生活うまくいかなくなってしまうので、現実的なことも、しっかりと考えてくださいね。

ラブラブな新婚生活はすぐに終わってしまいます。

ケンカもすることもあります。

ケンカした後に、相手を受け入れることは非常に難しいことですが、意地を張り続けていては、その問題を解決することはできません。

お互いが完璧な人間ではないことを認めることが、結婚において大切になってくるでしょう

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。