SNSは仕事として割り切る「プライベートで真剣にする」必要はない

どうも、きむ( @kimu_news)です。

SNSをしている人は多いと思います。

私も「LINE」「Facebook」「Twitter」「Instagram」の4つを利用していますが、意外とSNSに時間を吸い取られてしまうことがある。

「いいね」されると普通に嬉しいですし、コメントされると、すぐにコメント返しをしてしまう。

これでは、SNS中毒になってしまいそうだ(笑

このように感じたことがあるのは、私だけではないはず。

SNSは、考えて使わないと、時間泥棒と化してしまいますよ。

SNSにはどうでもいいことが多い

SNSに、どうでもいい投稿をしている人っていますよね。

  1. 今日のご飯
  2. 〇〇行きました
  3. グチ

このようなことを投稿している人は結構います。

1、今日のご飯

私もくだらないことをツイッターでつぶやいたりするのですが、さすがに「今日のご飯」を投稿したことはない。

外食ならまだしも、自分で作ったご飯を投稿するのは気がひける。

たまに、手の込んだ料理をしたり、キャラ弁を作ったりしたら投稿したくなるかもしれませんが、毎日のようには投稿できない。

そこまでいくと、もはや仕事の領域。

投稿するために料理をしているのか、料理が好きだから料理をしているのかわからなくなってしまいそう・・・(笑

どっちも好きってパターンもあるか!

2、〇〇行きました

よく「〇〇へ行ってきたー!」という画像付きの投稿を目にすることがありますが、私はこのような投稿をしません。

確かにいい景色の1枚を投稿している人はいるのですが、共感するまではいかないかな。

心の中で「すごい」と思うだけで、いいねをすることはない。

毎回、このような投稿ばかりしていると「私ってリア充しているでしょ?」とアピールじみた投稿になってしまう。

なので、連発しないほうが無難なのかも・・・。

3、愚痴

SNS内で仕事や家庭などの愚痴を言っている人もいます。

溜め込んでしまうより、SNS上でもいいので吐き出してしまうのはいいと思います。

ただ、〇〇行きましたと同じように、毎日のように愚痴を投稿してしまうと、うざがられる可能性が高くなってしまう。

逆に、毎日のように愚痴を投稿している人を想像してみてください。

できるだけ、相手をしたくなくなるはずです。

投稿して何を得るのか?

ただ単に、SNSに投稿している人は、何を目的として投稿しているのか?

  • いいね
  • コメント
  • 承認欲求
  • 交流(意見交換)

など、いろんなことを目的として、SNSをしている人がいます。

私は主に、交流(意見交換)が目的ですね。

ブログ仲間とのつながりを意識して、いろんな人の意見をのぞいたりコメントしたりと、できるだけひっそりと活動しています。

しかし、中には「1日にどんだけ投稿するんや」って人もいます。

いいね、コメントなどをもらうことで承認欲求を満たしている人もいる。

承認欲求を満たすことがSNSをしている目的の場合、後々疲れ切ってしまいそうですし、承認欲求のために過激なことをしてしまう危険性もあります。

ブログを書いている人は、SNSで集客するために活用している人は多い。

このような目的があればいいと思うのですが、目的がない場合は時間をSNSに奪われてしまう可能性が高くなる。

理由なくチェックしてしまう

SNSの通知が来るとすぐにチェックしたり、通知が来ていないのにチェックしてしまうこともある。

特に、投稿して時間が経っていないときは、誰かの反応が気になってSNSの通知が気になってしまうことも。

仕事中にこの状態になってしまうと、仕事の集中できなくなってしまう。

それくらい、SNSのことが気になってしまうことがあるのです。

私がSNSをしている理由は「仕事」

私は、なんとなくSNSを利用しているわけではありません。

一応、理由があって利用しているのであって、承認欲求を満たしたいからしているわけではない。

しっかりと理由を持ってSNSを始めたのですが、いざ、始めて見ると承認欲求が強くなってしまっている自分に気がついた。

危ない危ない・・・。

少し、「いいねされると嬉しい」という人の気持ちがわかった瞬間でもあった。

私が主に、SNSをしている理由は「集客」です。

集客(ブログ)

上記でも「ブログを書いている人は、SNSで集客している人が多い」と言いましたが、これが主な理由になります。

  • ツイッター→ブログ
  • フェイスブック→ブログ

と、導線の役割をしている。

多くの人を集客するためにも、SNSで活動しないと動線があったとしてもブログへ来てくれる人はいません。

なので、ブログをしている人は、必死になってSNS活動に勤しんでいる人は多い。

私も活動しているのですが、それほど頻繁には活動していないほう。

すごい人は、30分、1時間おきくらいの感覚で投稿していますよ。

仕事と割り切っている

仕事と割り切ることで、やっとSNSの世界に入り込むことができた私ですが、仕事と割り切ればSNSでの活動はそんなに苦に感じていません。

これが、プライベートで利用しているとなると、「時間泥棒め!」と思いますが、仕事なら割り切れます。

本当に、時間を吸い取られてしまう時がありますからね。

ツイッターの場合、いろんな人の投稿をチェックして、フォロワーになってくれそうな人にコメントしてと、ちょっとしたことをしているだけなのに、普通に1時間消耗してしまうことがある。

こんなこと、仕事じゃないと私にはできない。

いろんな考え方を取り入れる

私は主にツイッターを利用しているのですが、ツイッターでいろんな人の考え方を知ることができる。

好き勝手つぶやいている人もいれば、ブログのことや趣味のこと、生き方や信念などについてつぶやいている人もいる。

このような人のつぶやきを見て、いろんな人の考え方を取り入れることができると、私は気がつきました。

SNSの投稿といっても、投稿しているのも人間ですからね。

その投稿にはいろんな人の「思い」が込められている。

同業者の投稿であれば、自分にとってためになる投稿をしてくれる人もいます。

そのような人の投稿は仕事に取り入れることができるかもしれないので、チェックしてもいいですね。

「おはよう」など、ただの挨拶にも思いが込められているのかもしれませんが、私は無視してしまう。

挨拶のみの投稿をしない

  • おはよう
  • こんにちは
  • こんばんは
  • おやすみ

私は、このような投稿をしたことがない。

挨拶することは素晴らしいことなのですが、ツイッターなどで、このような投稿しかしていなかったら、何でツイッターしているんだろうと思ってしまう。

構ってほしいからなのか?

多分、そうだろう。

SNSは集中力を低下させる

デスクワークなど、常にスマホが手元にある環境で仕事をしている場合、SNSの通知をすぐに確認することができます。

この環境で仕事はしないほうがいいというのが私の考えです。

SNSの通知がくれば画面に表示されますよね?

マナーモードにしたとしても、この画面に表示されると気が付いてしまい、通知が気になって仕事に集中できなくなってしまうこともある。

SNSの通知自体をOFFにしておいたほうが、仕事に集中しやすい環境になります。

中毒性がある

SNSにはタバコ、お酒に似た「中毒性」があります。

いいねやコメントの数が多いほど、自分に酔える人もいるのでは?

私も、いいねされると普通に嬉しいですし、画面にかぶりついてしまう時がある。

それほど、SNSは中毒性が強い。

誰かに反応してもらえる

友達が少なく、毎日家に引きこもっているような私でさえも、SNSなら構ってくれる人は存在する。

そのような人たちがいるからこそ、SNSを楽しむことができる。

普段、誰にも相手にされていない人でも、SNSでは相手にしてくれる。

相手にしてもらう快感を覚えてしまうと、SNSにのめり込んでしまうことも。

寂しさ紛らわす

寂しさを紛らわすために、SNSをしている人はいると思います。

SNSには、寂しさを紛らわしてくれる人たちがたくさんいますからね。

いいね1つもらえば、寂しさも吹き飛び、コメントされればもう友達。

私は、そんな感情になったことがないので、寂しさを紛らわす感覚でSNSをしたことがありません。

この中毒性は仕事に必要ない

SNSで集客するために中毒性のあるSNSにハマってしまうのもアリなのかもしれませんが、集客元であるコンテンツがあってこその集客なので、SNSに力を入れすぎると、コンテンツがおろそかになってしまう

それでは、意味がない。

SNSも仕事のうちと決めて、しっかりとSNS内での活動時間を決めておくと、SNS内から脱出することができます。

仕事として使う場合は、スマホのアラームを設定しておくといいですよ。

まとめ

SNSは使い方によっては便利なのですが、中毒性が強いのでSNSから抜け出せなくなってしまうこともあります。

誰かに反応してもらうために、投稿するネタを考えるまでになったら、抜け出すのは難しいと思いますよ。

インスタ映えという言葉もあるくらいですからね。

それだけ、SNSで構ってもらうことに必死になっている人は多いということです。

ハマり過ぎた後に「時間の無駄だった」と後悔してからでは遅い。

SNSは時間の無駄!?時間泥棒でもあり「疲れ・ストレス」を提供してくれる

2017.12.14

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。