自分に自信がない人の特徴|弱さがある方が「人間らしくて」いいと思う

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

自分に自信がないと、何をしてもうまくいかないような気がしませんか?

そんな自分のことを嫌いになったり、責めたりしてしまう。

自分を好きになれないから、うまく自分を表現することもできない。

1人で悩んでしまう。

自分に自信がないと、自然と閉鎖的になることも。

自分に自信を持った方が、楽しい人生を送れるのかもしれませんが、自分に自信がないことを「受け入れる」ことで楽になることもありますよ。

自分に自信がない人の特徴

自信がない人の特徴はたくさんあります。

どんな特徴なのか?

完璧を求める

自信がない人は、何事にも完璧を求めようと考える人もいます。

何事も完璧にすることは難しいことですが、完璧にできない自分に自信を持てなくなってしまう。

「完璧にしなきゃ」と考えすぎてしまうこともあって、自分で自分を追い込んでしまうことも。

他人と自分を比較する

他人と自分を比較して、勝手に自信をなくしてしまうこともあります。

他人と比較している時って、謎に他人のいいところばかりを見て、自分に関しては悪いところだけをピックアップしてしまう。

そして、他人より自分は劣っていると思い込んでしまい自信をなくしてしまいやすい。

自分の「短所」ばかり気にする

先ほども言いましたが、自分に自信がない人は、自分の悪いところをピックアップしてしまいやすく、自分に自信があることを見失ってしまうことがあります。

本当は、自分の得意なことがあったとしても、短所ばかり気にしすぎて、自分は何もできない人間だと思い込んでしまうことも。

誰かに、何かを指摘されたわけでもないのに、自分で自分を追い込んでしまう。

失敗を恐れる

完璧を求めることもあって、失敗することを恐れてしまう。

失敗しないように心がけることは大切なことですが、初めて何かに取り組むときは失敗してしまうもの。

そこで、失敗をしてしまって焦ってしまい自信をなくしなしまう人もいます。

「自分には向いていない」「自分はできない人間なのかな?」

と、自分で自分を疑ってしまう。

自分の考えを言わない

自分の考え伝えることが苦手で、少しでも自分の考えが間違っている、自信がないと感じれば、その考えを自分の心の中に封印してしまう。

何か発言するときも、「間違ったことは言ってはいけない」と考えすぎてしまうことが多いです。

何かの話し合いなどで、自分から意見を言ったりするのが苦手で、いきなり話を振られるとテンパってしまう。

思い込みが激しい

自信がないと、マイナスな方向に思い込んでしまうことが多いので、より自分に自信がなくなってしまう。

この状態にになってしまうと、とことんマイナスなことを考えるようになってしまうので、なかなかプラス思考にすることが難しい。

私もこの状態になったことがあるのですが、1人の時間になると、いろんなことをマイナス方向に考えて落ち込んでしまうこともありました。

1人で反省会をする

仕事や飲み会などから家に帰って1人の時間になると、仕事中の会話、飲み会中の会話などを振り返って1人反省会をすることがあります。

「あの時の発言で場の空気が悪くなった」「あの発言であの人の眉間にシワがよった」など、自分やいろんな人の表情、しぐさ、言葉、会話の内容など、事細かに振り返って反省してしまうことも。

1人反省会をしたからといって解決案が出るわけでもなく、ひたすら自分の悪かったところを粗探ししてしまう。

そして、ヘコんでしまい、自分に自信がなくなってしまう。

コミュニケーションが苦手な人向け。能力・スキル高めるオススメの本

2017.11.07

過去を引きずる

先ほど、1人反省会のことを言いましたが、これがひどくなると、何年か前のことを思い出して反省会をすることもあります。

高校時代に、授業中に自分のお腹がなる音が響き渡ってしまったことなど、いろんなことを思い出してしまう。

当時の状況を思い出して、「恥ずかしかった」「みんなどう思ったのか」と、何年も前のことなのに、事細かに考えてしまって疲れてしまうことがありますね。

自分に自信がない人は心が「繊細」な人。
フレアちゃん
1人反省会は私もよくするよ!なんか仕事でミスをしたりすると、そのミスした時のこと、怒られた時のことを頭のなかで再現してしまう。
ライフくん
フレアちゃんは考え込むタイプだからなー。何も考えていないフリをしているだけで結構繊細なところがあるのは気づいていたよ。
フレアちゃん
気づかれていたんだ・・・。

まずは「自分の弱さ」を自覚する

自分に自信がないことはダメだと思っているかもしれませんが、自分に自信がなくてもいいんです。

自信がないことを自分自身が認めてあげることで、違う自信の持ち方を見つけることができますよ。

自信がないことを言う

友人、家族など、自分が最も話しやすいと感じている人からでいいので、自分に自信がないということを言ってしまうといいですよ。

そうすることで、自分自身がすっきりしますし、相手も自信がない自分をサポートしてくれるようになるので。

人に頼ってはいけないと考えるのではなく、「人に頼ってもいい」と考えることも必要なことです。

自分に何ができるのか考える

自分に自信がないときは、自分にできないことばかりを考えてしまいがちですが、逆に、自分にできることはあるのかを考えてみるといいですよ。

スポーツが得意、歌が上手いなど、華やかなことができる人が羨ましく感じてしまいますが、地味なことでもいいので自分ができることを考える。

私の場合は、記事を書くこと好きですし、イラストを描くことも好き。

やっていることは地味ですし、華やかでもない。

けど、自分に何かできることが見つかれば、自分に自信を持てるようになりますし、自分を好きになっていく。

自分を好きになるためには、見た目、形にこだわらなくてもいいので、好きなことを見つける。

自信がなくてもいい

自分に自信を持つことも大切なのですが、無理して自信を持とうと考えなくてもいいのかなと、個人的に思います。

自信がない自分を受け入れて、自信がないからこそ、失敗してもいいんだという考えになれれば、案外、自信がなくても楽な気持ちになれます。

無理やり自信を持とうと頑張ってしまっても、いつかは自分の心が疲れてしまう。

自信がある自分を演じてしまった場合は、特に自分を見失いやすい。

だったら、自信がないことを自分自身が受け入れ、周りに人にも受け入れてもらった方が、より自分らしさを出しやすくなる。

自信がない自分を責めないで!

自分に自信がないときは、自分を責めやすく、自分がどんどん嫌いになって言ってしまいます。

あまり、自分を責めないでください。

逆に、完璧になんでもできる人の方がおかしくないか?と考えてみるといいですよ?

弱さがあった方が人間らしい

生まれてからずっと、何事も完璧にできる人はいません。

しかし、何事も完璧にしている「感じ」の人はいます。

このような人って、ちょっと近づきづらいと思いませんか?

逆に、自分に弱みがあったり、隙がある人の方がみんなから好かれやすいですし、いじってもらいやすくなります。

自信がない人の方が人間らしさがある。

自信を持つことが辛さの原因に?

自信を持つために頑張ってしまうと、「自信を持たなければいけない」という考えになってしまうことも。

この状態になってしまうと、自信がある人間を演じてしまうことになります。

自分を演じてしまうと、待っているのは疲れること。

しかも、いきなり自信がないキャラに戻すこともできないので、本当の自分を自分から封印してしまうことなるのです。

自信がない状態になると、自信をつけたくなり、自信がある状態になると、自信がない状態の方が楽に感じる。

無理しなくてもいいんです。

フレアちゃん
自信がない時って、自分を責めてしまうし、自分で自分を閉ざしてしまうから、誰にも自分のことを理解してもらえない人間になってしまう。
ライフくん
フレアちゃんのこと、わからないこと結構あるからなー。聞いていいのかわからないことがあるし、気を使ってしまうことがたまにあるよ。
フレアちゃん
やっぱり、気を使わせているんだね。
ライフくん
けど、フレアちゃんは、きむのおっさんよりマシだと思うぞ。あの人、過去のことをめちゃくちゃ考えるらしいから。過去の自分を嫌いになることがあるんだって!あと、過去の自分を思い出して、一緒にいる人がどんな心境だったのかも勝手に想像してしまうんだってさ。
フレアちゃん
私は、そこまで考え込んだことはないな。きむのおじさんの心の闇はかなり深そう・・・。

まとめ

私は、全然自分に自信がありませんが、そのまんまの自分をオープンにしています。

この状態って、自分に欠点があったとしても楽なんですよ。

ハゲていることをオープンにすることで、自分も相手も気を使わなくて済みますからね(私がハゲている)。

いろんな人を見て思ったのは、「隙がある人の方が人気がある」ということ。

どこへ行っても、誰とでも話すことができますし、自分の欠点を逆にネタにしている。

自分の欠点をさらけ出しているはずのに、その表情は100点満点のスマイル。

そういう人は、自分に自信がないところがあっても、自信がある人間に見えますし、輝いている。

誰にでも弱さはある。

それを自分が受け入れて、どう捉えるかによって、それが自信になるのか自信にならないのかが変わってくる。

と、勝手に私は思っています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。