梅雨時期に体調不良になる人が多い!?気温差が激しいことが原因

スポンサードリンク

梅雨の時期が大好きって人はあまりいないのではないでしょうか?

気分的にも、どんよりしてしまい、洗濯物も乾かないし、外出することもできないしと、いい気分にはなれませんよね。

梅雨時期になると体調不良になる方もいるのではないでしょうか?

なぜ、体調不良になってしまうのかを紹介します。

体調不良の原因

体調不良になる原因として、温度、湿度、気圧が関係してきます。

この季節は季節の変わり目でもありますので、体調不良になりやすく、気温差も激しくなるので体に大きな負担がかかります。

気象病とも呼ばれているものが主な原因となります。

気象病とは

気象病とは、季節の変わり目などに起こりやすく、気温の変化が激しい時期に起こりやすいのが特徴です。

生活習慣病の1つと思ってくれればいいでしょう。

頭痛、肩こりなどがこの時期に起こることの総称として気象病と言われていますので、症状は人によって違いがあります。

気象病の症状として、頭痛、肩こり、めまい、うつ病、下痢、便秘、吐き気、喘息など、様々な症状があります。

この症状より重症になると心臓発作を引き起こすこともあります。

季節の変わり目だけ我慢すれば大丈夫と考えていると、後々、大きな病気に発展するかもしれません。

特に最高気温と最低気温の差が極端に激しい場合は、体が気温の変化について行くことができず、気象病になりやすい状態となります。

自律神経の乱れ

梅雨時期の体温調節は体に大きな負担を与えることになり、体が一定の体温を保とうとすることで自律神経が乱れやすい環境になってしまうのです。

梅雨時期に体調不良になる原因はこれ以外にも、運動不足、仕事でのストレス、乱れた生活習慣、スマホパソコンをよく使うなど、様々なことが原因になってきますので、一概にも梅雨だけが原因とは言い切れません。

しかし、体に大きな負担がかかってることは確かなので、十分に注意しましょう。

梅雨時期の体調不良の症状

  • 頭痛
  • 肩こり
  • めまい
  • うつ病
  • むくみ
  • 下痢
  • 便秘
  • 吐き気
  • 喘息
  • 食欲不振
  • 倦怠感
  • 神経痛

このような症状が出てきます。この症状が出ている中、仕事をこなすのは非常に辛いですよね。

心身ともに乱れている状態です。

これは症状はまだ一部で、ひどいケースは心臓発作を引き起こすこともあります。

梅雨時期の体調不良対策

気象病によって私生活にも影響が出てきては、かなり辛いですよね。

毎日晴れてくれたらいいのにと思いつつも、ほぼ毎日ように雨が続くこの季節を乗り切るには、何か対策が必要になってきます。

温度と湿度を管理する

暑くなったり、寒くなったりと気温差が激しい季節なので、温度の管理を徹底するといいでしょう。

しかし、温度を管理するのは意外と大変ですよね。

外出時に急に寒くなってきた場合は対応できないこともあります。こいったことも考えて、上に羽織る服を持っておくことも対策になります。

暑くなったら脱ぐ、寒くなったら着ると臨機応変に対応することができます。

また湿度対策として除湿機で部屋の除湿をすると良いでしょう。

温湿度計でしっかりと温度と湿度の管理をするように。

外に出る

たまに晴れる日もありますので、この日はできるだけ外に出て、陽の光を浴びるようにしましょう

これによって体内時計を調節することができ、質の良い睡眠をとれるようにもなります。

外に出ることで、気分を上げることができるので、ストレス解消することができます。

休むときは思いっきり休んで気分を整えましょう。

冷たい食べ物は控える

梅雨時期は胃腸も弱っていることが多いので、暴飲暴食はやめましょう。

この時期は胃腸に負担をかけないことを心がけてください

また冷たい食べ物も体を冷やしてしまうので控えましょう。

体が冷えることでむくみや下痢といった症状を引き起こしやすくなってしまいます。

水分が溜まりすぎていることが原因で体調不良になることもありますので、梅雨時期の水分の摂りすぎには注意しましょう。

特にアルコールはたくさん摂取してしまうことがほとんどですので、飲む回数を減らすなどして対応してください。

対策一覧

  • ストレスを溜め込まない
  • しっかりと睡眠をとる
  • 適度な運動をする
  • 温度、湿度の管理をする
  • たまに陽の光を浴びる
  • 暴飲暴食は控える
  • 冷たい食べ物は控える

まとめ

梅雨時期は心身ともに悪影響が出るということですね。

私も蓄膿症が関係しているのか梅雨時期になると、頭痛が酷くなることもあります。

気温、湿度の変化が激しいことで体調が悪くなってしまう主な原因ですね。

暑かったり、寒かったりすると確かに体調を崩しやすく、服も何を着たらいいのか迷ってしまいます。

昼間は暑くても夜、家に帰るときには寒くなっていることもありますので、軽く羽織れる上着は必要ですね。

たまに晴れる日もありますので、そこで一気にリフレッシュすると良いでしょう。

仕事がある日でもできるだけ外に出るように。

陽の光を浴びることが気象病を直す一番の薬なのかもしれませんね

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。