二度寝はしてもいい?ダメ?意外と知られていない効果がある

朝起きたら、もう一度寝ることって、たまにありますよね?

この「二度寝」を悪いことと思っている人も多いのではないでしょうか?

学校や仕事に行く日の朝は時に

「あと5分だけ」

と寝てしまうことも多いですよね。

私はこれを2度3度…..と繰り返すので、何度寝しているのかわかりません(笑

睡魔に負けて二度寝してしまったと、マイナスなイメージの多い二度寝ですが、実は体にいい効果があったのです。

二度寝はしたほうがいい

二度寝は、ほとんど寝ていない状態と同じと言われてきたために、必要ないものとされてきました。

二度寝には悪いイメージばかりで、いいイメージを持っている人は少ないのではないでしょうか?

二度寝が原因で遅刻することはよくあることですが、実はこの二度寝には、健康にある影響をもたらすのです。

それは「ストレスに強くなる」「うつ病を予防できる」「睡眠不足を解消する」と言った効果があるのです。

しかし、長時間の二度寝には効果がなく、10分程度の二度寝に限って効果がを得ることができます。

二度寝をしすぎることで、頭痛になるなど、体に悪影響を与えることになります。

ストレスに強くなる

二度寝をすることで、コルチゾールというホルモンを大量に分泌させることができます。

このコルチゾールにはストレスに抵抗する作用があるため、ストレスに強くなることができます。

なので、仕事などで、ストレスが溜まったなと感じた時は、寝起きに10分程度の二度寝をすることをお勧めします。

この他にも

  • 抗炎症作用
  • 糖質をエネルギーに変換する
  • 血糖値をコントロールする
  • 脂肪、タンパク質をエネルギーに変換する
  • 血圧を調整する

などの作用があることから、二度寝には体にとって良い効果をもたらしてくれるのです。

最高の二度寝をするために

ただ単に、二度寝をするのではなく、二度寝にとって最高の環境を作ることも重要になってきます。

先ほども言いましたが、二度寝はあくまでも10分程度に納めるようにしてください。

二度寝を計算して寝る時間を決めるのもいいですね。

いきなり最高の二度寝をすることは難しく、ある程度意識して行う必要もありますが、慣れれば自然と二度寝ができるようになります。

スッキリとした朝を迎えるためにも、最高の二度寝をしましょう。

部屋を明るくする

部屋を明るくすると眠れないという人もいると思いますが、部屋を明るくするのは起きた時でいいので、それまではカーテンを閉め切った状態でも大丈夫です。

二度寝をする場合は、朝起きた時にカーテンを開けるか、電気をつけてから寝るようにしましょう。

こうすることで、熟睡しないようにできるので、遅刻するリスクを下げることができます。

できれば、カーテンを開けて、日の光を浴びて寝るようにすると、より効果を高めることができます。

その理由として、日の光には「セロトニン」の分泌を高めることができるからです。

このセロトニンには体内時計を整えることができ、夜になったら、ちゃんと眠たくなるような体にすることができるのです。

日の光を浴びることは睡眠にとって非常に重要なことなのです。

二度寝用の目覚ましを準備する

アラームを朝起きる用と、二度寝用と2つセットしておくといいでしょう。

二度寝用のアラームは朝起きた時の10分後くらいにセットするとように。

目覚まし時計を2個セットするのもいいですし、スマホで目覚ましをセットしている方は、アラームを2つセットしておくといいでしょう。

二度寝用のアラームが鳴ることで、しっかりと保険を作っておくのです。

冬は部屋を暖める

冬の時期はできるだけ布団から出たくないと思いがちなので、そのまま寝てしまうと二度寝が長引いてしまうことがあります。

冬でもすぐに布団から出られるように、部屋を温めておくと、スッキリと布団から出ることができます。

前日に暖房のタイマーをセットするか、目が覚めた時につけるようにしましょう。

二度寝は絶対にする必要はない

二度寝でストレスに強くなるなど、体にとっていい効果がありますが、絶対に二度寝をする必要はありません。

十分に慣れた場合(8時間以上の睡眠)は十分に寝ることができていますので、無理に二度寝をする必要はありません。

二度寝しないといけないと決めつけてしまうと、できなかった時にストレスを感じることになりますし、そこから一日の体調がおかしくなることもあります。

二度寝しなきゃと考えてしまうと、眠れなくなってしまう原因にもなってしまうので、そこまで考える必要はありません。

自然とできる二度寝に効果があるのです。

まとめ

二度寝はできればしたほうが良いということですね。

逆に二度寝をしない方法を考えている人もいるかもしれませんが、ちゃんと10分程度を決めていれば、二度寝をしてもOKなのです。

それ以上寝てしまう方は、二度寝をしないほうがいいでしょう。

少しずつ最高の二度寝ができるように、慣らしていく必要はありますが、これができるように慣れば、最高の朝、最高の睡眠、最高の健康効果を得ることができるでしょう。

私の場合は、蓄膿症の関係で、鼻づまりがひどいことから、よく目が覚めてしまうので、多分20度寝くらいはしていると思います(笑

私も二度寝のすっきり感を味わってみたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。