靴の臭いが全く取れないときの対策方法

スポンサードリンク

靴の臭いがきついときってありませんか?

靴に顔を突っ込むと

「クッさ」

と感じる時もあるでしょう。

靴を履いているときは常に蒸れている状態なので、臭くなりやすい環境なのです。

この臭いは意外と周りの人は気づいているので、早く臭いを無くしたいですよね?ここでは、靴の臭いを消す方法を紹介します。

なんで臭いがきつくなるのか?

なぜ、靴の臭いがきつくなるのかというと、足に繁殖した雑菌が原因なのです。

なので、靴の臭いがきついということは、足の臭いもきついということになります。

足はもともと汗をかきやすいところなので、臭いがきつくなりやすいのですが、靴を履くことでさらに臭いをきつくさせる効果があるのです。

そんな効果はいらないですが、実際に靴が臭くなってしまいます。

汗をかきやすい上に、常に蒸れている状態なので、臭くなってしまいます。

特に革のブーツなどは通気性が悪いことから、より足を臭くしてくれるのです。

臭くするためにはもってこいの靴ですが、そうならないためには、できるだけ避けたい靴ですね。

梅雨時期など、湿気が多い日も雑菌が繁殖しやすい環境になるので、足が臭くなってしまうことが多いでしょう。

靴は出かけるときには必須アイテムですので、履かないわけにはいきません。

このようなときはどうしたらいいのか?

靴の臭い対策をする方法

靴が臭い状態で履きたくないですよね?

足が臭いことが原因で、靴が臭くなってしまっているのですが、自分の足が臭くても、臭い靴は履きたくないですね(笑

靴の臭いを消すには何をしたらいいのか?

重曹を入れておく

重曹には、消臭効果と湿気を吸収してくれる効果があることから、靴の臭い対策として使えるアイテムなのです。

靴の環境を最適にしてくれるのでおすすめです。

使い方は、使い古した靴下でいいので、そこに重曹を100g程入れて、靴に放置するだけでOK。

重曹は100均やホームセンターなどに売っていますので、買っておくといいでしょう。

10円玉を入れておく

この方法を知っている人は多いのではないでしょうか?

10円玉を入れるだけで消臭効果があるのです。

なぜかというと、10円玉から発せられる銅イオンに殺菌効果があるため、臭いを抑えてくれるのです。

靴の中を10円玉でパンパンにすることができれば効果がより高くなるでしょう。

臭い靴で10円玉貯金をするのもいいかもしれませんね(笑

靴にも休憩が必要

靴は一日中履くことで、かなり湿気を溜め込んでいる状態になります。

この湿気は一晩で乾燥しませんので、次の日も同じ靴を履くことはあまりおすすめではありません。

靴にもリフレッシュ(乾燥させる)する時間を作ってあげましょう。

日によって違う靴を履くことがベストですね。

「靴の環境を整えることは足の環境を整える」ことになるということを覚えておくといいでしょう。

ファブリーズ・リセッシュは逆効果!?

靴の臭い消しとして、ファブリーズやリセッシュを使っている人もいると思います。

しかし、この方法ではあまり臭いを消すことは難しいのです。

ファブリーズやリセッシュでは、靴についてしまっている油汚れを落とすことができないことから、あまり効果がないのです。

靴の繊維にこびりついた汚れはそのままなので、根本的に臭いを改善することはできません。

革靴の場合はしっかりは拭く、布系のブーツなどはしっかりと洗うことが根本的に臭いを消すことができます。

ファブリーズやリセッシュは気休め程度に考えておくようにしましょう。

まとめ

靴に雑菌が繁殖している環境で、その靴を履いてしまうことで、足が臭くなってしまう原因にもなります。

靴の環境を整えるポイントは「乾燥」させることです。

できるだけ外に干したりと、靴をリフレッシュさせることで、雑菌を倒すことができるので、臭いが気になる方は、このような対策をしっかりと行うといいでしょう。

ファブリーズ・リセッシュは一時しのぎにはなるかもしれませんが、オススメはできません。

根本的に解決できるようにしていきましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。