胡散臭い人の特徴13個「具体的」でないと信頼されにくい

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

この人信じていいのか?思うような「胡散臭い人」ってたまにいませんか?

話の内容に中身がなかったり、やたら熱い人だったり、なんか信じることができない人はいます。

しかし、胡散臭いと思われている本人は別に悪気があるわけではなく、本当に実績があったり、信用できる話をしている時もあります。

なぜ、胡散臭いと思われてしますのか?

胡散臭い人の特徴「13個」

胡散臭い人の特徴として「話の内容、仕方」に原因がある場合が多く、自分自身では気づいていない人がほとんど。

もし、胡散臭そうと言われたりした人は、特徴が当てはまっているか確認しておくといいですよ。

話を盛る

話を盛るということは嘘をついているということ。嘘の話は中身がない薄っぺらな話しかできないことが多い。

そもそも、嘘をついてはいけません。嘘に嘘を重ねて話を続けても、胡散臭さは増すばかり。

これでは、詐欺師のような存在になってしまう。

「前向きな自分」をアピールする

過度に「自分は成功するんだ」というように、前向きアピールすると、周りの人は引き気味になってしまいます。

そういった集まりならいいのですが、友人、家族の前でいきなりそんなことを言ってしまうと「…」という空気になります。

意識高い系の人の場合、このような発言をしてしまいがちで、胡散臭い人と思われることも。

相づちが大げさ

相づちが大げさな人も胡散臭く思われてしまいますね。やたら大きく上下に首を動かしたりされると「演技やろ?」と疑ってしまいますから。

そんなに同調して何を狙っているんだと、疑われることによって胡散臭い人になってしまう。

自分の欠点を言わない

自分の良いところだけを話して、欠点を言わない人は胡散臭く思われることがあります。

商品紹介をしている時でも、商品のいいところしか言わないと、胡散臭く感じてしまいますよね?

「デメリットはないの?」という感じに。自分の欠点をさらけ出している人の方が信頼されることが多い。

ブランド品好き

やたらとブランド品で武装している人っていませんか?スーツも50万のスーツを着ている、時計、バッグ、万年筆など何でもかんでもブランド品を持っていると、胡散臭さが出てしまいます。

持っているだけならいいのですが、わざわざ自分からスーツの値段を言うと、胡散臭さは倍増してしまいますね。

お金持ちアピール

ブランド品で武装するだけの人もいれば、ブランド品を持っている自分をアピールする人もいます。SNSでブランド品を買った写真をアップしてお金持ちアピールをする人っていますよね。

このようにアピールする人は承認欲求を満たすためにブランド品を買ってアピールしているので、本当はお金持ちでない場合もあります。

まあ、中にはガチなお金持ちの人もいると思いますけど(笑

人脈の広さ

人脈の広さは別に胡散臭さとは関係なさそうですが、あまりにも人脈が広くて、「俺、あの有名人と友達なんだ〜」とか言われると、一気に胡散臭さがでます。

人脈を武器に仕事をしているのであれば、人脈の必要性を感じますが、ただ単に人脈が多い人の場合は、「本当に、そんなに人脈広いのか?」と疑ってしまう。

常にニコニコ

話している時に、ずっとニコニコしている人は胡散臭いと思われることがありますね。ニコニコしていることはいいのですが、頑張ってニコニコしていることが、相手にバレるくらい不自然な場合は、胡散臭いニコニコになってしまいます。

ニコニコは自然にできるからいいのであって、わざとニコニコしても不自然さ、胡散臭さが出てしまうだけ。

説明したがる

やたらと説明したがる人っていませんか?話の途中で自分が知っている話になった場合に説明したがる人。

簡潔に説明してくれるだけならいいのですが、自分の知識は豊富なんだぞと言わんばかりに、横文字や専門用語を言いまくる。

過度に説明してしまうと、知識があることをアピールしているつもりが、胡散臭さをアピールしていることになってしまう。

具体的な話ができない

話の内容がスッカスカで具体的でない場合は胡散臭い人と思われてしまいます。人の話をしたり、人から聞いた話ばかりをしていると胡散臭さは増していく。

話を簡潔にまとめることができずに、具体的ではない話を長々と続けられると、聞いている側は疲れてしまうだけ。

早口

早口で話をしてしまうと落ち着きがない感じが出ますし、胡散臭さも出ます。ゆっくり落ち着いて人の話を聞き、話す時も早口で話さない人の方が信頼されやすいですね。

ビジネスの話ばかりする

ビジネス、お金の話ばかりする人は胡散臭く思われやすいですね。また、胡散臭く思われやすいビジネスもあります。そのビジネスは、

  1. アフィリエイト
  2. FX
  3. ネットワークビジネス
  4. YouTuber

この4つ。

他にもいろいろあるのですが、今の時代だとこの4つかなと思います。

  • アフィリエイトに関しては、「著作権を悪用して稼いでいる」
  • FXに関しては「お金を吸い取られる」
  • ネットワークビジネスに関しては「勧誘が酷すぎる」
  • YouTuberに関しては「遊んでお金を稼ぐなんて無理」

といったように、「偏見」が多いのも事実。

実際にこの4つのビジネスで稼いでいる人はいるのですが、知らない人からすると胡散臭く感じてしまうの「かも」しれません。

ビジネスの話を友人などに、しつこくしていると胡散臭い、うざいと思われてしまうことも。

人によって態度が違う

人によってコロコロと態度を変えると、何を考えているのかわからない人と思われるようになります。何を考えているかわからないと胡散臭い人と思われやすくなってしまいますね。

誰とでも同じ態度で接している人の方が信頼されやすいですし、気軽に話しかけやすい。

ライフくん
俺は多分胡散臭い人の部類になりそう。話の内容なんか適当だからな(笑
フレアちゃん
ライフくんは、本当のことを話しているのかわからない時があるからね。
ライフくん
本当のことを話していない時もあるかも…。ただの思いつきで話しているときもあるし。
フレアちゃん
え、全然信用できないじゃん!これからは話半分に聞いておかないと。

胡散臭いと信頼されにくい

1度、胡散臭いと思われてしまうと、信用されにくくなってしまいます。

胡散臭さをなくすには何をすればいいのか?

要点をまとめて伝える

話をする時に、自分の知識をアピールするような話をするのではなく、簡潔に要点をまとめて伝えた方が相手にも伝わりやすいので、信頼されやすくなります。

横文字、専門用語などを使って「カッコよく」話す必要はありません。

自分の言葉で伝えることが重要。

話を具体的にする

ダイエットする場合「私ダイエット始めたんだ〜」というだけでは、何をしてダイエットをするのかわかりませんよね?このように、話を具体的にすることができないと胡散臭さが出てしまいます。

「食事制限してダイエットする」「ジムに通うことにした」というように、何をして結果を出そうとしているのかを伝えることによって、話がより具体的になります。

もっと具体的にする場合は、「炭水化物抜きダイエットをしてみる」「ジムに行ってお腹周りを鍛える」というふうに、元深く伝えることができれば、具体的に話すことができますよ。

目標体重を決めている場合は、「5キロ痩せる」いつまで痩せるか目標がある場合は「2ヶ月以内に」という感じに数字を使うと、さらに具体的な話の内容になりますよ。

自然体になる

自然体で話せる人が一番強いですね。胡散臭さはないですし、何を考えているのか、その人がどういう人なのかがわかりやすいので信頼されやすい人です。

「いい人であろう」と考えているうちは、自分を作ってしまう。

自分を作ってしまうと、偽りの自分を演じてしまう。偽りの自分を演じてしまうと、胡散臭さが出てくる。

胡散臭さを消すには、そのまんまの自分を出す勇気が必要です。

仕事で信頼を得るためには「時間」が必要?行動する方法とは

2017.08.28
ライフくん
話を簡潔にまとめるのって結構難しいよなー。あまり簡潔すぎても、話が面白く無くなってしまうから。
フレアちゃん
面白い話をしないといけないって考えが、すでに間違っているんじゃない?面白くしようとするから、話が変な方向に進んでしまうんだよ。
ライフくん
確かに、話が逸れていくことが多いからな。
フレアちゃん
ライフくんの場合は、胡散臭そうな感じがあるからこそライフくんなんだから、そのまんまでいいんだけどね(笑
ライフくん
俺のことをわかってくれている人からするとそうかもしれないけど、初対面の人からすると、胡散臭さ出しまくっていることになるのは嫌だな。
フレアちゃん
それがライフくんの自然体なんだからOKってことで(笑

「お金持ち=胡散臭い」ではない

「お金持ちはビジネスの話しかしないんだろ」という偏見を持っている人がいるかもしれませんが、そういうこともありません。

まあ、お金持ちといってもいろんな人がいるわけなので、なんとも言えませんが、私が知っているお金持ちの人は、ガツガツビジネスの話はしてきません。

自分の欠点を話して周りの空気を和ごましてくれる人もいますから。

というか、本当にお金持ちの人はビジネスの話をしても、胡散臭さは全くありません。

話の内容もかなり具体的ですし、本当に実績があるからこそ、仕事の話も自信を持って話をしてくれるので、わかりやすくて信頼できる。

知識だけが豊富で実績がないと、説明したがってしまうので、胡散臭く思われやすいということです(私のように)。

お金持ちの人の特徴|意外と普通の生活をしている!?

2017.08.27

きむも胡散臭い

私もなかなかの胡散臭さを持っています。現に言われたことがありますからね(笑

自分でも話に具体性がない、根拠がないことばかり言っているとわかっていますし、やたら説明したがるところがありますからね。いい歳して落ち着きもないので余計に胡散臭く感じるのだと思います。

みんな、そんなに聞きたくないであろう話を永遠と続けることができますし、人の話を遮ってまで、自分の知識をアピールしたがりますから…。

あと、話がものすごく遠回りになってしまったり、道がそれてしまうことがあるので、話がめちゃくちゃになってしまうことばかりですよ(笑

こうして、文字にすると結構みっともないことをしていると実感できますね。

ライフくん
きむのおっさんは常に胡散臭いよな。あれがいい、これがいいってオススメしてくるけど「なんでいい」のかは教えてくれない。
フレアちゃん
なんでいいのかを聞いてしまうと、話が逸れていくことが多いしね。
ライフくん
まさか、俺はきむのおっさんと同レベルなのか!?
きむ
その通りだ!
フレアちゃん
うわ!でた!

まとめ

胡散臭い人は話の内容が薄く、ペラペラと説明しすぎるということです。

しかも、いいことしか言わない。

これでは、信頼されるのは難しい話ですよね。信頼されるには話に具体性が必要になってくる。

具体的に話すには、「いつ、どこで、何をしたのか(何を始めるのか)」を伝えるだけでOK。

これだけでもかなり具体性は出ますし、長々と話す必要はありません。

あと、変に人から好かれようとする必要もありません。好かれようとすると、表情がこわばってしまうので、自然体の自分でいることが1番。

背伸びした自分を見せずにありのままの自分を見せることが、胡散臭さをなくす一歩になりますよ。

まずは、そこからです。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。