自己中心的な人の特徴「11個」

どうも、きむ( @kimu_news)です。

自己中心的な人だな〜と感じる人と出会ったことはありますか?多分今まで出会ってきた人の中で1人くらいはいるかと思います。自己中心的な人と一緒にいて愉快な気持ちになって人は少ないと思いますし、逆に不快感を感じた人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

この記事では「自己中心的な人にはどのような特徴があるのか」を紹介しています。

自己中心的な人の特徴

人の意見を聞かない、受け入れない、認めない

自己中心的な人は、自分の意見を押し通そうとはするものの、人の意見を聞き入れることができない特徴があります。他人に意見されると、受け入れるどころか反論して自分の意見が正しいと、自分が間違っている場合でも言い張る場合があるのです。

変にプライドが高く、人に意見されることを嫌う。特に、自分よりも年下であったり、立ち位置が下だと思っている人の意見にま真っ向勝負することも。その勝負をすることで得るものはないと知らずにムキになって張り合う。

きむ
素直さが全くないと言ってもいい。

人を見下す

自己中心的な人の多くは、「自分はなんでもできる」と思い込んでいます。この気持ちが強すぎることから、自分よりも劣っていると思う人を見つけると見下すことがあり、バカにしたり、けなしたりと自分が優位になれる立場を作ろうとするのです。

逆を言うと、人を見下して自分の立場を構築しないと自分の価値を見出せないと言うことです。人を見下すことで自分の価値を見出すことなんて到底できませんし、ただの自己満足で終わる。

自分の都合によって人を見下すこともあり、自分が嫌いな人に対しては徹底的に見下すこともあります。

関連記事:人を見下す人の特徴15個

自慢話が多い

自慢話が多い人も自己中心的なことが多いです。自慢をすると言うことは自分の話をすると言うことなので、自分が中心になって話を進めることが好きだと言うことです。あと、自慢話が好きな人に共通することは他人の話に興味がないこと。

他人が自慢話をすれば、面白くないと感じるか自慢話に対してマウント気味に自分の自慢話をすることもあります。自慢話って自分に自信がないことを表現しているようなもんです。自慢をしないと自分のことを他人に知ってもらえないと思っていると言うこと。

このことを、自己中心的な人は知らないのです。

周りを見ない、気配りができない

周りを見ることは心に余裕がないとできないことでもあります。自分のことよりも周りの状況を把握することは心に余裕がないとできることではなりませんし、自己犠牲の精神がないとできないことでもあります。自己中心的な人は自己犠牲の精神が皆無に等しいので、周りを見ないと言うよりも見れないことが非常に多いです。

飲み会であれば、自分が楽しれけばそれでいい。仕事であれば自分が楽であればそれでいい。このように、まずは自分の環境を良くすることを考え、周りのことを見たり考えたりすることはしません。自分のことに必死になりすぎて周りが見えなくなると言うことです。

自分の近くにいる人が体調が優れない場合、気づかないことが多く、自分の体調が優れない時には必死にアピールする。しんどい時にアピールすることは大事なことですが、気づくことも大切なことです。

自分大好き人間

「自分のことが大好き」だと思っていることも自己中心的な人の特徴の1つ。自分のことが好きなので、自分のことしか見ない傾向が強く「他人より自分最優先」という考え方で生きている人もいます。ただ単に自分のことが好きだけならいいのですが、周りに迷惑をかけたり不快感を与える自分大好き人間もいます。

上記でも言った「自慢話をする」も自分大好き人間の場合は過剰に話をしすぎて独壇場になってしまうことがある。これだけでも周りの人に不快感を与えることになりますし、自己中心的に会話を進めていることにもなります。

自分のことは自分で好きだという気持ちはもちろんのこと、他人からも自分のことを好かれたいという気持ちが人一倍強いですし、他人の評価を気にしながら生きていることが多いです。

きむ
自分のことが好きだけど自分に自信がない。

器が小さい

自己中心的な人はとにかく「受け入れること」苦手です。苦手というよりも”できない”と言ったほうがいいですね。

  • 人の意見
  • 人の欠点
  • 自分の欠点

このようなことを受け入れる心のスペースの空きがないのです。なぜ、心のスペースがないのかというと、自分のことで心のスペースが埋まっているから。自分のことで頭がいっぱいすぎて他人のことなど考えていられないという状態になると、受け入れる優しさと強さを忘れてしまいます。

このことは、心の器が小さいとも言えますね。

心の器が小さいと自分のことで心が手一杯になってしまうので、他人のことを考えることができなくなってしまうのです。心の器が小さいと「包容力」「寛大」と言ったことからかけ離れる。自分に対しては寛大なところがあり包容力があるとも言えますが、これが自己中心的と言われる所以でもあるのです。

関連記事:器が小さい人間の特徴「11個」

常に「主観」で物事を考える、捉える

自己中心的な人は「主観」で物事を考えることが多く、客観的に物事を考えることができないので、自分の都合のいいことしか言わないことが多いのです。客観的に自分を見ることもしないので、自分が本当はどんな人間なのかを真剣に考えたこともない。

何を考えるにしても、まずは「自分」が中心に物事考えるので、他人に迷惑がかかろうが自分が良ければそれでよしと考えることもあります。客観的視点がないので、他人に迷惑がかかった時の他人の気持ちなどを考えることもできない。

また、客観的に自分を見ることができないので、自分がいかに人に迷惑をかけているかということにも気づかないまま自己中心的な行動や発言をしてしまうのです。

きむ
本当の自分に気づけないことは恐ろしいこと。

思い通りにならないと機嫌が悪くなる

自分より弱いと思った人に対しては、自分の思い通りに動いてもらおうと考え、思い通りに動いてもらえないと機嫌が悪くなる。この特徴は自己中心的な人の代表的な特徴でもあり、周りの人からはこのように認識されることが多いです。自分を中心に物事を考えるので、自分の都合のいいように物事が進まないと不機嫌になったり怒ったりと周りの人に不快感を与えることがあります。

他人が喜ぶことよりも自分が喜ぶこと、他人が楽することよりも自分が楽することがマイルールになっている。

小さな子供がおもちゃを買ってもらえなくて泣き喚いている状況ってありますよね。これと同じことを自己中心的な人はしているのです。要は「心が子供」ということです。

価値観を押し付ける

自己中心的な人は「自分が正解」だと思っているので、自分の考えややっていることなどを人に押し付けることが非常に多いです。自分の価値観を話すだけならまだしも押し付けることから、話を聞いている人から煙たがられることが多いです。

価値観は人それぞれと考えずに、自分の価値観が正解なんだからあんたも同じことをしたほうがいいよと言わんばかりに価値観を押し付けるのです。

しかも、上から目線で。

巻き込み型の自己中心的な人とも言えますね。人を自分の価値観に巻き込むことで「自分のやっていることはすごい」ということを知ってもらいたい願望が非常に強く、自分の価値観に賛同してくれないと不機嫌になることもある。

きむ
価値観の推し売りは良くないよ。

関連記事:価値観が合う人と会わない人|押し付けてくる人の特徴9個

気分屋

自己中心的な人は自分の気分によって言うことがコロコロ変わることがあり、会社の上司が自己中心的な人の場合、部下は上司のコロコロ変わる言葉に振り回されることになります。言っていることに一貫性がなく、考えも良く変わりコロコロ変わる言葉に対しに周りが対応してくれないと不機嫌になる。

その日の気分によって言うことが変わり、感情もコロコロ変わる。自分が正解だと思っているので、自分が周りの人たちを振り回している感覚すらない。

自分に甘い

自分に優しく人に厳しい傾向がある自己中心的な人は自分に甘い特徴もあります。「自分さえ良ければそれでよし」という考えで行動することで自分に甘い環境作りをしようとする自己中心的な人もいます。他人の考えが甘かったりすると指摘しますが、自分の甘さにはとことん甘える。

自分の趣味など好きなことに関してストイックになることがありますが、自分が嫌だと感じることに関してはとことん甘くなりがちで、嫌だと感じる仕事などは他人に押し付ける傾向があります。他人が嫌がることよりも自分が嫌がることを考えるので、他人への気遣いもできずに自分に甘える環境を整える癖がついてしまっていることが多いです。

関連記事:自分に甘い人の特徴10個【後に後悔する?】

自己満足に力を入れすぎる

自己中心的な人以外でも自己満足の世界に没頭すること(趣味など)はありますが、自己中心的な人の場合は自己満足に力を入れすぎてしまうことがあります。自己中心的な人の場合、自分1人で自己満足を楽しむのではなく「巻き込み型」の自己満足をすることが多いです。

他人を自分の趣味へ執拗に誘ったりして、自分の世界へ誘い込もうとしたり、自分の趣味への価値観を押し付けたりもします。さほど、興味を示さない人であってもゴリゴリ自分の価値観を話して独壇場になってしまうこともある。

自己中心的な人の場合、自己満足で終わらずに他人を巻き込みたがる傾向が強く、その勝手な押し付けが自己中心的とも言えるのです。そして、自分の趣味の世界を誘い込むことができれば「教えてあげる」と上から目線で接するのです。

まとめ

自己中心的な人は自分側の中の中心人物になりたいと言う願望が強い人が多く、会話の中心が常に自分でないと話が面白くないと思う傾向があります。他人の話をマウントしてまで、自分の話に持っていくこともあるくらい自己中心的なことをすることもあります。

他人の話を聞くことが苦手とも言えますし、他人が話している分野のことが自分の知っている分野の話だった場合はすかさずマウントします。そして、自分の独壇場に持っていくのです。あまり、人へのは配慮、気遣いができないので人から嫌われやすいタイプでもありますね。

自分のことしか考えられない心の狭さを露呈しているようなもんですよ。自己中心的で愛されるのは犬や猫などのペットだけ。自己中は人間からモテません。そもそも、人間という生き物は他人の長所に興味を示さずに短所に興味を示す生き物。自慢話をしても興味を示さない人が多いのも、人間として当たり前のことなのです。自己中心的な人は自分の欠点をさらけ出すことが苦手なので、人間から好かれにくい。

人と馴れ合うためには”自分の欠点を出した方がいい”ということです。

きむ
私も人間と会うときは独壇場になってしまわないように気をつけないとな。
The following two tabs change content below.

きむ

引きこもることをこよなく愛する生き物。工場での人間関係に嫌気がさし、思いつきで会社を辞め起業する。アフィリエイト報酬最高月714万円(確定)。人間関係が苦手で大人数の場になると孤立する。3ヶ月で20キロのダイエットに成功。現在筋トレにハマり中。