主婦の手荒れがひどい原因について|ハンドクリームで治すことってできるの?

手荒れの原因として、美容師や看護師などの水仕事をする人に多く見られる症状ですが、この仕事をしていなくても冬になると勝手に手が荒れてくる人も多いのではないでしょうか?

皿洗いをするのも大変ですし、一度荒れてしまうと、すぐには治りませんよね?

薬を塗っても2週間は治りません。

肌荒れの原因には個人差がありますが、生活習慣によって変わってきますので、自分は肌荒れしやすい生活習慣になってないかチェックしておくといいでしょう。

主婦の手荒れがひどい原因

主婦湿疹」という言葉があるくらい主婦の方の手は荒れ放題で、手だけが荒れる主婦も多いのではないでしょうか?

特に冬の時期になると洗い物をすることで手が荒れやすくなり、ひび割れになったりする人もいるはず。

主婦湿疹になりやすい人がよくすること
  • 炊事洗濯などで洗剤を使う
  • 手の保湿を怠っている
  • シャンプーを頻繁にする
  • 紙を頻繁に触る仕事をしている(事務など)

生活習慣をちょっと変えるだけで治す事もできますが、なかなか難しいので、手っ取り早くハンドクリームで保湿するといいでしょう。

ハンドクリームは保湿をサポートする役目なので、塗ったからと言って完治するわけではありません。

お湯で洗い物

洗い物が原因で手が荒れる主婦は多く、特に冬場の洗い物はお湯を使わないと地獄ですよね。

しかし、このお湯が手荒れの原因になっているのです。食器を洗うとき、お湯を使うと油汚れを落としやすくなりますが、これは手の油にも同じ事が言えるのです。

この油バリアで肌を保護しているのですが、バリアまでごっそり落としてしまうと肌が荒れてしまうのです。

洗い物で洗剤は必要不可欠ですが、これも手が荒れる原因になります。

先程も言いましたが、手の油が肌を守ってくれています。

しかし、洗剤は油汚れをごっそり根こそぎ落としてくれますよね?

これは、手の油もごっそり落としている事にもなっているのです。

油バリアがなくなる事で、手がカサカサになり間接がひび割れ状態になります。

アルコール消毒も原因の1つで、アルコールは手の汗を蒸発させてしまうので、洗い物後にアルコール消毒をすることで「」と「」のバリアが消えてしまいます。

この状態はもう最悪で、指を曲げるだけでも痛い状態になりやすいです。

食洗機があればいいのですが、かなり高価な物。

ほとんどの方が自分の手で食器を洗っていると思いますので、洗う際は、出来るだけ洗剤の量を減らし、お湯の温度もぬるくすることで多少は症状を軽くする事ができます。

ただし、本当に気休め程度です。

洗濯物

洗濯物干すときに洗濯物を触る事になりますが、これが手を刺激し、手が荒れる原因になります。

刺激」も手が荒れる原因なのです。

洗濯物に触れる事で手の油がなくなってしまい手荒れが悪化する事も。

些細な事でも手が刺激され、パソコンをよく使う人雑誌などの本を読む事でも手が刺激され、手荒れに繋がってしますのです。

本当に些細な事ですが、指の油が少しずつ無くなっていくのです。

初期段階として指が固くなってきますので、この早期の段階で気づいた方は対策する事ですぐに治す事ができますが、ひび割れあかぎれの状態までになると治るのに、かなりの時間を要する事になります。

できるだけ悪化する前に対策する事が大切になってきます。

手荒れ対策方法

ハンドクリームを使う

ハンドクリームを手に塗る事で肌をコーティングし、守ってくれる状態を保ちましょう。

水仕事の後には必ずハンドクリームを塗るようにするといいですよ。

即効性はありませんが、これを続ける事で手荒れを治すことができます。

また、洗い物後はすぐに手を拭くようにしましょう。

手がふやける事で、刺激に弱くなってしまうので、必ず拭くようにしましょう。

かゆみがひどい、痛みが激しい、出血している場合は、ハンドクリームでケアすると、余計に悪化すること恐れがあるので、皮膚科で診てもらうことをオススメします。

ゴム手袋を使う

洗い物、洗濯物をするときにゴム手袋を使うのも効果的。

これで手を自ら守ってくれるので、安心して洗剤を使って洗い物も出来ますし、洗濯物を干す時の刺激から守ってくれます。

ただ、ゴム手袋によって使いにくい物もありますので、自分に合ったゴム手袋探しをしておくといいですよ。

ビニール手袋を使う

ゴム手袋より、指が動かしやすいので作業が死なすいビニール手袋。

使い捨てで気軽に使うことができるので、ゴム手袋を使い続けることを考えると衛生的に考えて、使い捨ての方がいいですよ。

食器はなるべく大皿を使う

小さな食器はたくさん使ってしまうと、洗い物が多くなってしまうので、できるだけ大皿を使い洗い物を少なくすることも、手荒れ対策になります。

脂っこものを食べた後の食器はお湯につけ置きしておくと、汚れを落としやすくなるのでオススメ。

すぐに洗い物をするのではなく、汚れが落ちやすくなる状態にするのがポイント。

加湿器をつける

部屋全体の感想を防ぐために乾燥機をつけることをオススメします。

できるだけ手を乾燥させない環境にすることも手荒れ対策として必要になってきます。

 

まとめ

手荒れがひどくなっても症状を抑える事はできますので、しっかりとケアしていきましょう。

ハンドクリームは手荒れを治すサポート役として必要になるので、買っておいて損はないですよ。

気持ち的に塗っておいた方がいいですからね。

このような対策は特に冬の時期は重要になってきますので、怠らないように。

手が荒れる前に対策する事に意味があり、手が荒れてから対策では手遅れなので、早めに手を守る対策を行っていくといいでしょう。

手の環境がよくなると炊事洗濯がすごく楽になるので、無駄なストレスを感じる事なく家事ができるようになります。

日頃から手の保湿を意識した生活をすることを心がけるようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。