【朝起きると首が痛い】枕が肩こりの原因に!?横向きで寝ると痛くなる

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

朝起きると首が痛くなることってありませんか?私は、ここ最近、首が痛いのと、肩がこることが多く、何が原因か気になっていました。

これでは、大好きなブログ更新の邪魔になってしまうので、なんとか解消したいと思い、色々調べたのですが、枕が自分に合っていないことが原因で、首が痛くなったり、肩こりになることが判明。枕を変えてみることに。

首が痛くなる、肩こりがひどくなる原因

枕 首が痛い 原因
朝起きた時に首が痛くなるのが、毎日続くようであれば、なんかしら原因があるはず。その可能性の1つが枕が自分に合っていないことです。

枕は首、肩に大きな影響を与えるアイテムなのです。

寝返りの重要性

睡眠時に寝返りをしますよね?この寝返りをすることがかなり重要なことで、首の痛み、肩こりに大きく影響してきます。

寝返りができないことは、首、肩に大きな負担がかかっている状態になり、これが原因になってしまうことも。

枕が低すぎた「横向きになると首が痛くなる」

私の場合は、枕が低すぎることで、朝起きた時に首が痛くなっている感じがありました。

横向きに寝ている時、首がかなりくの字に曲がっている感覚があり、肩にも負担がかかっている感覚がありました。

逆に枕が高すぎることでも、首に負担がかかることもあります。

個人的に、枕の高さを高くすることは、鼻づまりが解消されたので好きですが(蓄膿症で鼻がつまりやすい)、かなり首が曲がっている状態なので、やめました。

今度は、低くして試した結果、強烈に首が痛くなるという結果に。低すぎる枕で横向きで寝ると、首が痛くなることがほとんど。

きむ
私は常に横向きで寝ている。仰向けで熟睡することができない。

全員が納得する枕はない

全員がベストフィットする枕は、1つもないのではと思うことがあります。体の形状は人それそれなので。

ホームセンターなどで手軽に買える枕がベストフィットする人もいれば、フィットしない人もいます。自分にあった枕探しは、相当難しいということです。

睡眠は人生の約1/3を占めている

睡眠は人生の中でも約1/3を占めているので、快適にしたいですよね?

朝起きたら首が痛いと毎日感じてしまっては、人生の1/3は体にとっては苦痛の時間になっているということになります。

そんなの嫌ですよね?私も嫌と感じていましたが、枕にこだわりがなく、お金がもったいないという理由で、枕を変えずにずっと耐えていました。

しかし、さすがに辛かったので、枕を変えることに。

きむ
睡眠を楽しみためにも、工夫が必要。

自分に合う枕を探してみた

ホームセンターなどで枕探しをしたことはありますが、今回は寝具を専門としている店で枕探しをしてみることに。

枕にもいろんな種類があり、定番の低反発枕、パイプ枕、オーダーメイド枕などがありました。

値段の様々で4000円くらいのものから20000円くらいのものまであり、「何がいいのかわからない」と思っていたところ、狙っていたかのように店員が声をかけてくれました。

低反発枕はあまり良くない

店員の話によると、低反発枕はあまり良くないとのこと。

今では定番中の定番の枕になっていますが、低反発枕は寝ている最中に、枕の高さが変わってしまうことが首に優しくないとも言っていました。

安定感のない枕ということですね。私が使っていた枕も安物の低反発枕。自分でも相性が悪いと感じてはいましたが、まさか的中しているとは(笑

かといって、ここで高額な枕を買ってしまうのは、この店員に負けたことになるし、と色々考えていました。

  • オーダメイド枕:敷居高、値段は高
  • 自分で調節できる枕:敷居中、値段中
  • ホームセンターの枕:敷居低、値段低

こんなことを考えていましたが、実際に自分で調節できる枕を体験してみることに。

体験した枕が、現在使っている枕よりも、かなりフィットしている感覚があり、首が守られている感がありましたね。

枕によって、こんなに違いがあるんだと、初めて実感することができました。この時点で買うことを決めていましたが、店員のトークが止まらなかったので、付き合うことに(笑

きむ
首にフィット感がある枕は初めて。枕は頭を支えているだけと勘違いしていた。

店員が枕に詳しすぎてビビった

普段、何気なしに使っている枕ですが、本気で枕を愛している人が、この世界にいることがわかりました。

私に枕を勧めてくれた店員の、枕に関する知識が豊富すぎて、ついていくことができなかったですが、面白かったので少々付き合っていました。

後半は、もう何を言っているのかわからなかったので、どうでも良かったですが、「枕愛」が強い人だなと感じました。

どのジャンルでも極めている人って素敵ですね。楽しそうに枕の話をしていました。

枕を買って(自分で調節できるタイプ)、「ありがとうございました」と言ったら、速攻どっかに行ってしまいましたが(笑

枕を変えると睡眠の質が変わる

枕 変える
新しい枕と、夜の生活を楽しむことになったのですが、実際に自分のベッドで使ってみると「あれ、ちょっと低くね?」と感じました。

私のベッドが沈みすぎているせいか、枕が低く感じました。案の定、次の日の朝は首が痛かったですね。

これでは、同じことを繰り返すだけと思いましたが、調節できることを思い出し、枕の高さをあげることに。

きむ
調節したことで、全然低さを感じなくなり、首回りもしっかりフィットしてくれました。一安心ですね。

初日は痛くなって焦った。

「枕を変えるだけで、睡眠の質を変えることができる」私はこれを実感しました。たかが枕と思っていましたが、まさかここまで変えてくれるとは思いませんでしたね。

しっかり寝ることができますし、朝起きても首が痛くないので、ものすごく快適になりました。

しかし、オーダーメイドの枕にするまで、こだわる必要はないかなと。値段が高いですし、そこまでしてしまうと、オーダーメイド枕がないと、ホテルなどで眠れないということになるかも。

枕は洗濯しないほうがいい?

枕を買った店の店員が言っていたことですが、枕は洗濯しないほうがいいとのこと。

洗濯してしまうと、枕が縮んでしまったりと、大きさに変化が出ることがあるので、できれば洗濯の回数は減らしたほうがいいと言っていました。

枕カバーを使って、洗濯するほうが枕にとっては優しいということです。

まとめ

枕で睡眠が変わると信じていませんでしたが、意外にも変化があったのでびっくり。朝起きて首が痛いと感じている人は、試しに枕を変えてみることをお勧めします。

高額な枕の方が良いというわけではありませんし、低額な枕が悪いというわけでもありません。

その中から自分にあった枕があれば、それを使えばいいので。高額の枕が自分にフィットしていると感じた場合は、高額の方がいいですし、低額の枕がフィットした場合はラッキーということ。

枕で睡眠の質を変えることで、日々の生活の質を高めることができますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。