ネガティブな思考を直す方法|自分を変えるために誰かに「頼れる」人間になろう

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

ネガティブ思考の人はマイナスの物事を考えてしまいやすいのですが、この思考は他の人のも伝染してしまうことがあるって知っていましたか?

ネガティブな言葉、オーラで、周りの人の気持ちまで暗くしてしまう。

この、ネガティブ思考を直すことはできるのか?

直すためには、無理してポジティブになる必要はない?

「ネガティブ」は人に伝染する

ネガティブな思考は人に伝染することがあり、ネガティブな人の発言によって、その場の空気を変えてしまうことがある。

マイナス方向に。

ネガティブな人の特徴でも言いましたが、このタイプの人は「だから」「だって」「でも」と、何か言い訳を言ったりして、何もしようとしないことがある。

誰かが、「〇〇へ行きたい」と提案しても、「そこは〇〇だから嫌だ」と理由を作って否定することが多い。

このように、否定を繰り返していると、周りの人も少しずつイライラしてしまい、嫌な空気が漂ってしまうことにもなってしまう。

このようにして、ネガティブな感情は人から人へと伝染していく。

周りにいる人も気を使う

ネガティブ思考の人の周りにいる人は、ネガティブな人のフォローをしたりしないといけないので、意外と気を使うことになる。

これでは一緒にいても楽しくはないと思う。

ネガティブ思考の人は、自分が気を使っていると思っているかもしれませんが、周りの人も気を使っていることに気がついていないことがある。

「気を使う」ことに関してまで、伝染することがあるのです。

ネガティブな発言から

上記でも言いましたが、ネガティブな発言から、周り人にまでその感情が伝染することがあります。

しかし、ネガティブな人はネガティブな発言をするのですが、その発言自体に悪気はない

ただ、発言の内容がマイナスなだけ。

マイナスな発言なだけで、悪気がなくても、「ネガティブ発言」には空気を暗くしてしまう力がある。

声のトーン、オーラから感じる

人と話すときに、相手の表情、声のトーンなどで大体の感情を知ることができますが、ネガティブな人はとにかく感情がくらい。

声のトーンも低く、独特なオーラを放っている人も。

声が小さくて、モゴモゴ喋る人も中に入るので、人によっては「イライラする」「相手をすると疲れる」と思う人もいますね。

コミュニケーションで苦労する

ネガティブ思考の人は、コミュニケーションで苦労することが多くなってきます。

初対面の人と話す機会があったとしても、ネガティブな発言をすることで、人を遠ざけてしまうので仲良くなれる人が少ない。

自分でコミュニケーションが苦手だと思っている場合は、特に苦労することになります。

ネガティブトークで話を盛り上げることは難しいですし、人間関係を広げることも難しくなってしまう。

そして、孤立する。

さらにネガティブになる。

「自分は会話するのが苦手だから」「自分の話なんて聞いてくれないだろう」とマイナスな考えになってしまうやすいので、自分から人を遠ざけてしまうことも。

ネガティブな人の中には社交的な人もいますが、仕事、趣味、恋愛など、真剣な話になると、前向きに考えられなくなる人もいるので、「ネガティブ思考の人=社交的ではない」とは、言い切れない。
ライフくん
ネガティブな人の空気感に伝染されることってあるかも。落ち込まないようにフォローしないといけないから、疲れることがあるなー。
フレアちゃん
フォローしたとしても、そのフォローを否定されると、「もう知らない!」ってなるけどね。あまりにも、ネガティブ度が高すぎる人は基本放置するかな。
ライフくん
まあ、俺もネガティブ度が高い人には、自分から話しかけないかも。否定されるのが怖いから(笑

ネガティブ思考を直す方法はあるのか?

人に伝染させて迷惑をかけないためにも、ネガティブ思考を直したほうがいいですし、前向きに考えられる人間になルためにはポジティブな人間になる必要がある。

ただ、「ポジティブになろう」と意識しすぎると無理やり感が出てしまうので疲れてしまう。

そして、ネガティブ思考に戻ってしまう。

そうならないために、どうのように直していけばいいのか?

「ネガティブ」から「ポジティブ」になる必要はない?

ネガティブ思考を直すには、「無理をしない」ことが大切になってきます。

なので、無理をしてポジティブになろうと「頑張らない」ようにすること。

何かに没頭する

仕事、趣味、ゲームなど、なんでもいいので、何か没頭できることを見つけるのが1番いい方法です。

自分にとって楽しいと思えて没頭できる時間ができると、ネガティブな考えになる時間が自然となくなっていきます。

好きなことに関しては、自然と前向きに考えますよね?

ポジティブになろうと考えるだけでは、ポジティブな人間になることは難しいのです。

ネガティブなってしまう時間を減らすようにすれば、ネガティブな言葉も少なくなってきますよ。

後々、後悔しないために

人によって考え方は違います。

ネガティブな人もいれば、ポジティブな人もいる。

私は、ネガティブな自分でいいと思っているのであれば、そのままでいいと思います。

無理をしてまで自分を変える必要はありませんからね。

しかし、少しでもネガティブ思考を直したいと思っているのであれば、無理をしてでも直していったほうがいい。

直さなければ、後々後悔して、さらにネガティブ思考に磨きがかかってしまうから。

無理してポジティブ人間にならなくていい

ネガティブ思考を直すために、いきなりいポジティブになろうと頑張ってしまうと疲れてしまう。

なので、一気にポジティブにならなくてもいいんです。

ポジティブな考えを持っている人は「リア充」なイメージが強いですが、そこを目指さなくてもいい。

自分にとってポジティブになるのであって、誰かにポジティブな自分を見てもらうためではないですからね。

リア充を演じている人は、人に見てもらうためにポジティブな仮面を被っている人が多い。

こうなってしまうと、後で、本当の自分を探して手に入れるのに苦労するのは目に見えている。

少しずつでいいので、自分に素直になって、人を頼れるようになる。

これができるようになると、かなり気持ちが楽になりますし、ポジティブな自分を手に入れたという感覚はなくても、ネガティブである部分の直す一歩になりますよ。

誰かに頼ってもいい

ネガティブ思考の人は1人でなんでも解決しようと考えてしまう。

人に悩みを打ち明けるのが「恥ずかしい」「言いたくない」という気持ちがあるかもしれませんが、人に頼ることも生きていく上では大切なことなのです。

自分の感情を消して、自分の言葉で話すことをやめ、1人で生きていく。

自分で自分を消してしまうとか悲しくないですか?

こうやって考えてしまうと、余計に辛くなってしまう。

頼られる人間の方がカッコいいかもしれませんが、たまには人に頼って見ませんか?

頼られた人も、頼られて怒ったりしませんよ。(しつこくなければ)

ネット内には、いろんな人間が滞在しています。

その人たちに相談して見るのも1つの方法ですけど、やっぱり一番いいのは、身近な人(友人、家族、仕事仲間など)に相談することですね。

ネガティブ思考を直すためには、人に頼る勇気を持つこと。誰かに相談した時に、相手の言ったことを否定しないこと。
ライフくん
確かに、ネガティブな人から相談されたことってない気がするな〜。
フレアちゃん
逆に、私はは相談しまくるタイプだ。相談したことを解決するのが目的じゃなくて、とにかく話がしたいって時に「相談」っていうことを理由に話を聞いてもらうことが多いかな。
ライフくん
フレアちゃんが相談する時って、自分の中で既に答えが出ている時だもんな。
フレアちゃん
そうなんだよね。答えが決まっているけど、人の意見を聞きたいし話を聞いて欲しいって思っちゃう。
スポンサードリンク

まとめ

ポジティブになることより、誰かに頼れる人間になること。

これは、ネガティブ思考を直すため必要なことです。

私も、1人でなんでも解決しようとするタイプなので、なかなか自分の悩みを誰かに打ち明けることはしません。

しかし、たまに打ち明けると、気持ちが楽になる感覚になるんですよ。

女子が、男関係の話で相談をよくするイメージがありますが、ストレス解消をするために話を聞いてもらいたいというのが強いと思います。

ネガティブになってしまうこと自体は悪いことではありませんが、直したいと思っている人は多いはず。

直すためには、自分でなんとかしなければいけない

と、思うと、余計に自分を追い込んでしまう。

人に頼ることも選択肢の1つとしてあることを忘れてはいけませんよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。