孤独を楽しむことは悪いことではない!自分の世界をもっている人

スポンサードリンク

孤独と言う言葉を聞いて、何を感じましたか?

陰気、引きこもり、コミュニケーションが下手…などマイナスなイメージしか出てこない人もいれば、気が楽、自分の世界に没頭できると言ったプラスに捉える人もいるでしょう。

私は普段から引きこもっているので、孤独に対してプラスなイメージがあります。

私のように、孤独を愛している人もいるでしょう。

生き方は人それぞれですから。

孤独は悪いことではありません。

孤独を楽しめる人は個性的

孤独を楽しんでいる人は”自分の世界に没頭している”人が多く、絵を描いたり、手作りのバイクを作ったりと、誰もがあまりしないようなことに力を入れている人が多いのです。

それは”個性”であって全然悪いことではありませんよね?

むしろ、他の人では生み出せないものを、生み出そうとしてるその行動力は、アクティブな人よりもすごいのです。

孤独だからと言って寂しくはない

強がりを言っているように聞こえますが、孤独を楽しんでいる人は孤独を寂しいと思っていません。

自分から孤独を楽しんでいるのですから。

アクティブな人は孤独の人を心配して、外の世界に出そうしてくれますが、当の本人はそれほど心配していません。

孤独は悪いことでないと自覚しているので、別に気にしません。

ただ自分の世界に没頭しているだけなので。

好きで孤独になっている

私のように、家で仕事をしている人もいるでしょう。

そういった方は常に孤独になりやすい環境ですが、孤独に慣れてしまっている人も多いでしょう。

私も家に引きこもってこのブログを更新していますが、全然苦ではありません。

むしろ、ブログの更新を止めることの方が苦痛ですね(笑

このように、趣味がサーフィンなどの場合、外で楽しむことになりますが、孤独を楽しんでいる人は、趣味が家でできることがほとんどなので、外に出る必要がないのです。

孤独は悪いことではない

孤独の人は”ダメな人”、”変わり者”といった変な見方をされがちですが、別にそれでいいのです。

自分の世界を楽しむことは悪いことでもありませんし、楽しんでいる時点で人生勝ち組です。

自分のことにエネルギーを使うことができるので、孤独を楽しめると言うことは、非常良いことなのです。

もし、孤独を楽しんでいるが、「周りの人と自分は違うな」と思っている場合は、別に気にしなくても大丈夫です。

違う見方をすると”自分を持っている”ということなので、何も周りに振り回されることはないのです。

誰かに影響されて、サーフィンやスノーボードをしている人たちよりも、誰にも影響されずに、”自分を持ち続けている”人は何かを極める資質があるのです。

孤独を極めよう

孤独は悪いことではないので、いっそのこと極めてしまいましょう。

自分の世界を作ることは、なかなか楽しいですよ。

何事も極めることは大切ですから、孤独も極めてしまいましょう。

それが自分の没頭していることを極めることに繋がります。

孤独な人と、孤独でない人の違い

孤独な人は自分の世界を楽しんでいます。

孤独でない人は人とのコミュニケーションや趣味などを楽しんでいます。

この2つのタイプの違いは”人に押し付けるか、押し付けないか”です。

孤独でない人は「スノーボード楽しいから行こー」と誘ってくれます。

これは非常に良いことなのですが、人によっては押し付けないで欲しいと思うこともあります。

孤独を楽しんでいる人は、自分の楽しんでいることを”人に押し付けません”

自分の世界ってのもありますし、人に押し付けるという考えすらないでしょう。

自分の世界は自分のものですから。

まとめ

孤独を楽しんでいる人は、周りに影響されにくく、しっかりと自分を持っています。

それだけで十分人生を楽しめているということですね。

人とのつながりが多い人が人生を楽しんでいるということでもないのです。

もちろん人と繋がりがあることは楽しいでしょうが、人と繋がっていることが全てではありません。

SNSで誰かと繋がっていないと不安になっている人よりも、自分の世界を持って、孤独を楽しんでいる人の方が、かっこいいのです。

”孤独は良いこと”なのです

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。