それって楽しい?お酒で記憶ブッ飛ぶ!「思い出にならない」

スポンサードリンク

飲みに行くとなったらお酒を飲みますよね?

中には飲めない人もいると思いますが、ほとんどの人がお酒を楽しむでしょう。

私も、たまにお酒を飲むことはあるのですが、「ちょっと頭ぐるぐるしてきたな〜」と感じたら、飲むスピードを抑えます。

これぐらいの方が気持ちいいので(笑

しかし、お酒に飲まれてしまう人も中に入るのです。

気がついたら家のベッドの中…ということありませんか?

飲むのではなく「飲まれる人」

人付き合いの中で、お酒を飲むことはあります。

まあ、たまに飲むぶんには楽しいのでいいのですが、私は普段からは飲みたくありません。

依存性が強いのと、飲んだ後に気持ち悪くなるのが嫌だからです。

友人などと、何人かで飲みに行くと、「まだ飲める!」と、お酒を楽しむというよりも、”お酒に支配されてしまう人”が中にはいます。

周りにいる友人などに、お酒を止められた経験はありませんか?

その先に待っているのは記憶がブッ飛ぶくらいしか待っていませんよ(笑

記憶を無くしての何が楽しいの?

お酒を飲んで楽しむのはいいのですが、たまに記憶がぶっ飛んでしまう人もいます。

私は、過去に1回だけ経験したことがあり、もう二度とこのようなことはしたくないと思いました。

その時は仕事兼観光で東京に行っていたので、楽しくお酒を飲みたかったのです。

しかし、東京の魅力?に負けたのか、記憶がブッ飛ぶまで飲み続けることに(笑

気がついたら、ホテルのベッドに寝ていたのですが、

自分がなんでここにいるのか?

部屋の鍵は自分で開けたのか?

何もわからない状態でした。

せっかく、東京で楽しくお酒を飲むはずだったのが、記憶がブッ飛んでしまっているので、何も思い出に残っていないのです。

一人で徘徊していたらしい

私が記憶をなくしている時は、東京の街の中を1人で徘徊していたらしいです。

もちろん、私は記憶にないので、友人に教えてもらったことですが、記憶をなくすと周りの人に迷惑をかけることにもなります。

まあ、私の友人も記憶がブッ飛んでいたらしいですが(笑

完全にお酒によって自分を見失っていますね。

楽しく飲むには「飲みすぎない」

何事にも「ほどほど」が丁度いいということですね。

お酒に飲まれてしまっては、楽しめませんし、次の日に気持ち悪くなったりと、二日酔いになってしむので、何もいいことがありません。

全力で楽しんで飲むことも大事ですが、しっかりと自分を保てるくらいに抑えることも考えて飲むことも大事なのではと思います。

記憶がブッ飛んでしまうと、自分でも何をしているのかわかりませんし、何かとんでもないことを、してしまうかもしれませんので。

飲酒運転をしてしまう可能性もあります。

そもそも、車でお酒を飲みに行くなよって話ですが(笑

飲酒運転以外にも怖いことがあるのでは?

飲酒運転をすることは、立派な犯罪ですが、これ以外にも犯罪を起こしてしまうのでは?と思うこともあります。

記憶がない状態なので、自分でも普段しないようなことをしてしまうかもしれませんし。

隣にいる客と喧嘩したり、店員と揉めたりと、お酒を飲んで、わざわざ楽しくない方向へと言ってしまうこともあるのでは、と考えてしまうことがあります。

そのようなリスクを背負ってまで、記憶がブッ飛ぶまでお酒を飲んでいいものかと。

一回だけ、お酒を飲んだもの同士の喧嘩を見たことがありますが、まあ、みっともなかったですね。

その喧嘩になんのメリットもないだろうに…。

悪ノリで飲むのも避けたほうがいい

若いうちは、「もっと飲めよ〜」と友人などを煽ってしまいがちですが、あまりしないほうがいいと、私は思います。

まあ、冗談で言っているくらいならいいのですが、ガチで飲めよ!と飲ませるのはよくないのではと…。

やはり、自分のペースでお酒を飲むからこそ、楽しんで飲めるので。

悪ノリでお酒を飲んでしまうことも、飲ませることも、やめたほうがいいということです。

飲むのを嫌がっている人に、飲めよ!と強制することは、もはや、いじめの領域なのでは?と思いますしね。

まとめ

道具の使い方次第で便利に使うことができますが、人を傷つけることができるように、お酒も飲み方次第で、「楽しく飲むか、楽しく飲めないか」が変わってきます。

こんなことをグダグダと考えてお酒を飲むのは私だけかもしれませんが(笑

まあ、このことを頭に入れておくだけでも、自分を保ちながらお酒を飲めるようになったので、よかったと思います。

もう記憶は無くしたくないので(笑

そもそも、お酒を飲む機会が、年に10回あるか、ないかというレベルなので、お酒を語るには経験不足ですが、お酒を飲むときは楽しんで飲む事と、体のこと、周りの人のこと、を考えて飲むようにしています。

皆さんも、お酒の記憶がなくなる飲み方について、一度考えてみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。