イライラを抑える方法について

スポンサードリンク

イライラすることは誰にでもあると思うのですが、できればしたくないですよね?

職場、人間関係、子育て、夫婦仲、など原因は色々ありますが、共通して言えることは「人間」が関わっていることです。

イライラの原因は、主に人間となります。

女性が生理前にイライラするなど、他のことが原因の場合がありますが、主に人間が関係しています。

喜びを与えてくれるのも人間、イライラさせてくるのも人間なのです。

人間関係がよければイライラすることも少なくなるはずです。

イライラ解消法「職場編」

職場にあまりにも仕事が遅かったり、物覚えが悪い人がいたりするとイライラすることありませんか?

なんでそんなこともできないの??

マイペースすぎるだろ!

と思うときもあるでしょう。

上司もただ、偉そうにしているだけで、いざという時は身を引っ込める、自分の身を守る上司がいる場合もイライラしてしまうこともあるでしょう。

そうなのです。

職場はイライラが集まる場所なのです。

また、一緒に仕事をしている人に期待をしてしまいます。

期待以上の仕事をしてもらえなかったとき、イライラはせずとも多少なりのストレスは感じているはずです。

それを積み重ねて爆発することもあれば、イライラするようになったりしてしまうのです。

仕事が遅い人の尻拭いをしてくれと頼まれてもイライラ、気がついたら何をするにしてもイライラの状態のときもあるでしょう。

それでは、職場の和を乱すトラブルメーカーのレッテルを貼られてしまいます。

そうならないためにもイライラしないようにすることを心がけましょう。

笑顔は大切?

仕事をする上で人間関係をよくすることで仕事がスムーズに進めることができるので、ある程度のコミュニケーション能力が必要になってくるでしょう。

笑うことは非常に良いことなのですが、常に笑うことも無理でしょうし、わざわざ作ってまで笑うのは疲れるし…と考えなくても良いのです。

不自然なので意識して笑う必要はありません。

意識して笑顔を作らないとと考えている時点でストレスになっているので、ストレスを溜めないためにも自然体でいることが一番いいでしょう。

常に自然体でいると、周りの人も、自分が何を考えているのかをわかってくれるようにもなるので、変に自分を作らないようにしましょう。

暴言を吐いたり、人を殴ったり蹴ったりするのが自然体の場合は、直したほうがいいですが、そうでない限りは自然体で、ありのままの自分の姿を見せるといいでしょう。

そういう環境にいることができればイライラすることも無くなります。

変なプライド持っていませんか?

どれだけ仲良く接していてもに人間である限り、意見が食い違うことはあります。

何気ないことを言っただけでも、相手にとってはぐさっと刺さることを言ってしまっている場合もあるのです。

その逆も然りです。

このようなことが起こってしまうと、知らず知らずのうちに空気が悪くなり、衝突することもあるでしょう。

ここで変なプライドが邪魔をしていると、この関係は悪化する一方で、イライラの原因にもなってしまうのです。

寝るときもこのことを考えると、寝れなくなり不眠症になる可能性も出てきます。

イライラの悪循環に陥ってしまうと、本格的なイライラ人間になってしまうので、早めに対処しておきましょう。

このように衝突した場合は、まず、自分が相手に対して何か悪い子ことを言ったか、したかを考え、先に謝りましょう。

文字だけで見ると簡単なことに思えますが、実際にするとなると、難しいことですよね?

だけど、これをどちらかがしないことには、この現状からは抜け出せません。

謝ったら負けと思っていませんか??

そんなくだらないことは捨てて、謝ったほうがスッキリしますし、楽しく仕事をすることができます。

また、衝突したことによって、以前よりも人間関係が良くなることはあります。

アニメやドラマみたいな話ですが、実際にもあることなのです。

イライラ解消法「子育て編」

子育てでイライラする人も多いのではないでしょうか?

自分の思い通りにいかないことが子育てなのですが、人間は思い通りに事を運べないとイライラしてしまいます。

このような場合、まずは自分のことを客観的に観ることが大切になってきます。

客観的に観ることで、自分がどれだけ子供に対してどれだけ感情的に接しているかがわかるでしょう。

しつけのために叱るのは大切なのですが、感情的になって怒るのは、また違った意味合いになってしまうので、そこを間違えないようにしましょう。

自分が子供と、どう接しているか動画を撮って、自分を観察するのもいいですよ。

あきらめましょう

子供のしつけを完璧にするのは、ほぼ不可能でしょう。

子供は泣くことと遊ぶことが仕事ですので、多少のことはあきらめないとやっていけません。

絶対に部屋を綺麗にしなきゃ、服が汚れたらすぐ着替えさせなきゃと、何もかも完璧にこなそうとすると、できなかった時にイライラしてしまいますので、あきらめて見てはどうでしょうか?

「少々散らかっていてもいいや」

と思えるだけでも心の負担を減らすことができます。

先ほども言いましたが、腹が立って怒るのはしつけとは違います。

したらいけないことを指摘するのがしつけであって、できないからと八つ当たりしながら怒るのはしつけではありません。

と、言いたいところですが、実際のところ怒ってしまう時ってありますよね?

できるだけ怒らずに子育てをするためにも、親自身に余裕がなければいけないということです。

逆に部屋が散らかっていることが当たり前と開き直ってみてはどうでしょうか。

育児放棄してみよう

最悪なタイトルをつけましたが、本当に育児放棄をして見るのも1つの手です。

ただし、意味合いが違い、育児でストレスが溜まり、暴れてしまうそうなくらいのイライラ状態になったら、心と体を休ませませることが必要です。

だけど子供がいるから、家事育児をしなきゃと働くことで心身ともにボロボロになってしまいます。

こういう時はズル休みするのです。

子供に「お母さんは病気になって動けないの」と言ってあとは放置しましょう。

まあ、放置といっても子供が勝手にどこか行ってしまわないように、見ておく必要はありますが、ソファやベッドでゴロゴロしながら見ておくといいでしょう。

子供に病気になったことを伝えると心配して、言うことを聞くようにもなり、精神的にかなり休むことができます。

だからと言って毎日病気にならないようにしてくださいね(笑

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。