不眠症になることで動悸の症状が現れることも

スポンサードリンク

不眠症を発症してしまうとどのような症状が起きてしまうのか

夜眠れなくなることが多い

心の病気でもある不眠症を発症してしまうことで、一般的に夜眠れなくなってしまう人が多く、具体的な症状として、脳が一種の興奮状態となってしまい眠りたくても眠れなくなってしまいます。

入眠困難という状態になってしまい、布団やベッドに入っても眠ることが出来なくなります。

30分以上睡眠出来ないきことも珍しくないため、このような病気が継続する場合には要注意です。

また入眠困難が継続することによって、判断力や集中力が低下してしまうことが多いです。

心や精神に疲労が蓄積されてしまうことで、学業や仕事などに悪影響が出てしまうことも珍しくないです。

そして眠れない日々が継続することで、最終的に疲労が蓄積されて倒れてしまうこともあります。

さらにイライラする機会も多くなり、人間関係にも影響が出てしまうことも多いです。

発症する年齢については、若い世代から中高年まで幅広く症状が出てしまいます。その原因についてですが、人間関係や仕事の疲れから発症する事が多くなっています。

ですがいずれもストレスが関係していることが多いため、それを上手に解消するかが重要な課題でもあります。

逆にストレスを上手に解消することが出来れば、体や脳がそれほど影響を受けなくなることもあります。

疲労やストレス

不眠症の症状が軽い場合は、応急処置や生活環境を変えることで対応することができます

疲労やストレスが原因となっていることが多いため、1つめの対策として睡眠時間を増やすことです。

ただ入眠困難となっているケースもあるので、いつもより早めに眠る習慣をつけます。

30分から1時間早めに就寝することで、毎日一定の睡眠時間を確保することが出来ます。

またストレスが原因となっている場合には、学校や仕事とは別の楽しみや趣味を見つける必要があります。

一般的にはスポーツや読書などを楽しむことで、体に蓄積されたストレスを上手に発散出来るようになります。

そして大声を出すことも、体に蓄積されたストレスを発散するのにうってつけです。

カラオケで好きな曲を歌うことで、カタルシス効果と呼ばれる浄化作用を得ることが出来ます。

イライラや不安といった感情を、大声を出すことで気持ち良く発散することが出来るのが特徴です。

なので学校や仕事帰りなどに、数時間カラオケで好きな曲を歌うだけでも効果が得られます。

日常生活に重大な影響が出る前であれば、睡眠時間を増やすもしくはカラオケやスポーツなどを楽しむことで改善することができるでしょう。

重症化した場合

軽い不眠症であればスポーツやカラオケなどを楽しむことで、症状も改善出来るケースが多くなります。

しかし逆に重症化してしまうことで、自分の力では完治出来なくなってしまうことがあります。

自分だけの力で対処出来なくなった時には、医療機関に通院して治療を受ける必要があります。

通院する診療科については、心の病気を扱う心療内科もしくは精神科となります。

不眠症は心の病という扱いになるため、最寄りのクリニックもしくは病院に通院して治療を行います。

これらの医療機関へ通院する場合の注意点として、予約をしてから診療を受ける必要があります。

完全予約制となっているケースが多いため、事前に予約をしないと診療を受けることが出来ないです。

また診療内容が外部に漏れることはないため、プライバシーについても配慮されています。

治療を受ける際の流れとして、カウンセリングを行って病気を発症した原因を調べていきます。

そして治療内容に合わせて、精神安定剤や睡眠薬などを医療機関で処方していきます。

なお薬の処方については、医師の判断によって薬の種類などが決められます。

また患者の判断で服用を中断することが出来ないため、その点には注意が必要です。

不眠症とめまい

不眠症で現れてくるトラブル

不眠症は、睡眠不足を招く大きな要因になります。

不眠の状態が続くと、脳の働きも鈍るケースが多く、脳の血流不足から、めまいが現れてくることもあります。

睡眠が十分に取れなかった翌日は、症状が特に現れやすく、昼間の不調の原因のほとんどが睡眠不足です。

めまいは頭痛と一緒に現れることがあり、ストレスを感じる状況では、通常よりも強く症状を感じるケースも見られます。

不眠の方は大体においてストレスを抱えており、原因となる要因にぶつかると、発作的に不調が出てくるパターンも少なくないです。

原因がわからないと、悪循環になる可能性が高いのが問題となります。

ひどい場合は吐き気を伴うこともありますので、生活する上で、様々な支障が出てきます。

症状が現れるタイミングとして多いのが、朝や疲労を感じた時です。

不眠症の方の場合には、睡眠不足が原因で疲れやすく、心身の対応力が低下してしまうのが、不調を抱えてしまう一つの要因です。

心身を良好に保つために不可欠となるのが、質の良い睡眠が必要不可欠なのですが、それができないから不眠症になってしまうのです。

悪循環にストップをかけることが、大きな課題です。

自律神経の乱れ

不眠になると、自律神経が乱れ始めます。

自律神経が大きく乱れてしまった場合、めまいが起こることがあります。

ストレスを受けて交感神経が活発に働き始めると、血流が悪くなり、多くの場合ふらつきなどが現れてきます。

また、めまいには耳の血流も関係していることがあり、ストレス性の病気と、深いかかわりがあるのが耳の状態です。

血流を良くすることが、状態を良くするための一つのアプローチです。

問題の原因となっている自律神経は、意識的に調整することが難しいのが現実です。

ストレスの多い環境で過ごしている方は、常に交感神経が活発に働きますので、頻繁に症状を感じるようになります。

交感神経が働き過ぎると眠りにつくことが難しくなり、不眠を誘発します。

自律神経をコントロールすることは、不眠を解消するのためのキーポイントです

今では、自律神経を整えるための色々な方法が紹介されるようになっています。

心身をリラックスさせる入浴や血流をアップする運動などは、手軽にすぐにでも始められますので、試してみると良いでしょう。

自分が心からリラックス出来る方法を試してみると、予想以上の効果が得られることがあります。

食事を見直すのも効果的

生活改善で自律神経のコントロールが出来ない場合、食事を変えるという方法もあり、自律神経の調整に役立つ食品もあり、トライする方も増えています。

心を安定させストレスへの抵抗力をつける食品は、自律神経の乱れを整えるためにも役立ちます。

例えば、ビタミンCやビタミンBが含まれる食品は、ストレスへの抵抗力を養うとして積極的に摂りたい食品に挙げられています。

心を穏やかにするカルシウムは、自律神経の乱れにも効果が期待されている栄養素で、カルシウムが多く含まれる食品を摂ることも、不眠症改善に繋がるのです。

ストレスに強い心身を作ることが、不眠を改善するためには必要となり、食事から心身を変えていけば、問題となっている自律神経が安定する可能性が出てきます。

不眠症の特徴的な症状とは

自分の睡眠障害のタイプを知る方法

不眠症には、幾つかのタイプがあ理ますので、自分の不眠タイプを知りたい場合、「かくれ不眠ラボ」というサイトのチェックリストを使うと良いでしょう。

リストには簡単な質問だけが記載されており、その質問にこたえるだけでOK。

自分の憶測などに影響されることがないので正確な答えを知ることができます

実際に私がやってみた結果「眠りが浅いタイプ」でした。

確かに私は何回も夜中に目が覚めることがあるので、眠りは非常に浅い方です。

鼻が詰まることが多く、目が覚めてしまいます。

このようなチェックリストで自分の症状を知ることで、今後どのような対策をしていけば良いのかがわかるので、チェックリストを使ってみると良いでしょう。

「かくれ不眠ラボのチェックリスト」

http://www.brainhealth.jp/suimin/checksheet/

中々寝付けない方は要注意

寝付きが悪い方は不眠症の疑いがあり、ベッドインしても、1時間以上寝ることができない場合は、不眠症の可能性は高いでしょう。

考え事をしていて眠れない場合も、自律神経が乱れている可能性があります。

このような状態が1か月以上続くようであれば、一度専門医に相談するようにしましょう。

眠れない状態が長引くと、精神的にもストレスを感じるようになります。

年齢を問わず見られるのが、こういった入眠困難のタイプで、20代の若者から高齢者まで、患者が同じくらい存在します。

睡眠時間が短くなりがちなこのタイプは、翌日に現れる不調も問題の1つで、頭痛や集中力がかけるといった問題が現れてきたら、医師に相談をして良い方法を考えた方が良いでしょう。

入眠が出来れば問題が解決する可能性があるため、病院では睡眠導入剤などが主に処方されます。

睡眠に入る時の状態にポイントを置くのが、このタイプの治療です。

気を付けたい就寝中の目覚め

眠っている間に何度も目が覚めてしまう場合も、不眠症が疑いがあり、こういったタイプの方はすぐに寝ることはできるのですが、頻繁に目が覚めてしまうため、熟睡することができません

眠りが浅く、ちょっとした物音にも反応して起きてしまいがちです。

このような調子で数回の覚醒を繰り返し、早朝になると今度は目がさえて眠れなくなってしまうケースもあります。

専門的には、中途覚醒や早朝覚醒と言われるのがこのタイプです。

熟睡出来ている時間が非常に短いため、起床時にも爽快感がないのが特徴で、慢性的な睡眠不足に陥りがちで、昼間の異常な眠気などが生じることが多いタイプと言えます。

自分で不調を認識していないと、中々改善が出来なくなります。

チェックリストを利用すると、睡眠中に起きる回数なども再確認出来ます。

自身の問題点を知るためにも、チェックリストは役立つツールです。

気になる症状があれば、不眠の状態を疑った方が良いでしょう。

睡眠のリズムが乱れていると、このタイプの不眠に起きやすく、特に高齢者に増えてくるのが大きな特徴であり、年齢特有の心身の状態とも関わりが深いタイプです。

ストレスから不眠症へ 不眠症がストレスへ

不眠症の症状とは

この病気には幾つかタイプがあり、現れてくる症状も少しずつ異なります。

例えば、入眠困難と呼ばれるタイプの方は、布団に入ったあとも眠りにつくことが難しいのが一つの特徴です。

また、いったん眠りについても夜中に何度も目が覚めてしまうのが中途覚醒と呼ばれるタイプです。

このタイプは、朝まで熟睡感が得られないのが問題となります。

朝方早く目が覚めてしまう早朝覚醒も、中途覚醒同様に睡眠の質が悪くなるタイプです。

このような不眠傾向があると、昼間も何らかの不調が生じてきます。

我慢出来ないほどの眠気やだるさ、気力が出ない状態などは、不眠によって引き起こされるトラブルです。

十分に眠れていないと、昼間の仕事や車の運転にも悪影響となりますので、不眠症が疑われる場合は早めに医師に相談をする必要があります。

睡眠専門の診療科を訪ねると、医師の診察や検査、カウンセリングなどを受けることで、自分に合った薬が処方されます。

処方薬を正しく服用すれば、不眠症を解消することができますが、服用をやめるとまた元の状態に戻ることがあります。

心の問題が原因

不眠の原因として特に多いのが、心身のストレスです。

実際、症状を抱えている方のほとんどは、ストレスを抱えています。

心配事や不安などがある場合、知らず知らずの間に自律神経が乱れ、習慣的な不眠を招いてしまうケースは非常に多いです。

精神的な疲労感は、予想以上に大きなストレスを心身に与えます。

不眠に悩む方は、自分では意識していなくても、心の問題があるのが一般的です。

良く眠れるようにするためには、まず心の問題を解決するのが近道となります。

診察を担当する医師は、カウンセリングなどを通じて患者のライフスタイルや心の重荷を把握します。

睡眠導入剤や精神安定剤に頼らなくてもすむように、精神的な問題にも働きかけるのが、多くの専門医のアプローチです。

仕事や人間関係などは、心の問題と大きな関わりがあるのです。

家族間のトラブルも、精神的な負担になりやすく、不眠症になってしまうことも多いケースです。

自分自身が問題の原因がわかっていれば解決しやすく、痛みや温度差などの身体的なストレスは、自分でも気付きやすくストレスを感じたら体操することができます。

このような身体的な問題が関係している場合は、意外と簡単に不眠症を解消することができるでしょう。

不眠を改善するためには

病院を受診するほどひどくない不眠症は、自分で解消することもできます。

多くの場合、自律神経の乱れが背景にある不眠は、副交感神経を働かせると効果が得られます。

リラックスするための行動をとることで精神的な緊張が和らぎ、眠りの質が良くなる可能性があります。

女性の場合は、音楽鑑賞やアロマテラピーなどをすると、自律神経に良い影響が期待できますし、手軽に自律神経を整えることができるのでおすすめです。

眠れないことに対して意識を向けすぎると、緊張が強くなります。

原因となっているストレスを和らげるのが、不眠改善には必要になってきます。

1日の生活のメリハリをつけ、早めにベッドインするようにすると、精神的に余裕が出てきます。

気持ちの切り替えが上手に出来れば、モヤモヤと考えることなく、眠れるようになります。

自分に合ったリラックス方法を見つけて改善していくのが一番の解決法です。

生活習慣に問題がある時には、ライフスタイルから改善が必要です。

夜型の生活をしている場合は、特に不眠症になりやすく、夜勤などで夜起きないといけない場合は、不眠症になりやすい体質になってしまいます。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。