【あるある】非リア充の特徴「17個」ネット世界と妄想世界で生きて行く

どうも、きむ( @kimu_news)です。

自分が非リア充だと思っている人もいれば、リア充だと思っている人もいる。

どちらがいいのかをはっきり言うことはできませんが、羨ましがられるのは「リア充」している人たち。

非リア充の人たちは陽の光を浴びることは少ない。

そんな非リア充の特徴を紹介!

非リア充の特徴「17個」

非リア充とは

非リア充(略称:非リア)とは、恋愛や仕事などの現実生活(リアル生活)が充実していない人間のこと。または、非リアル生活が充実している人間のこと。対義語はリア充。

引用元:ニコニコ大百科

  1. コミュ障
  2. 人混みが苦手
  3. ゲーム大好き
  4. リア充を意識する
  5. SNSに投稿するネタが少ない
  6. 1人でなんでもする
  7. 飲み会が苦手
  8. 基本受け身
  9. 人の不幸を喜ぶ
  10. インドア
  11. ネット環境必須
  12. 「妄想力」豊か
  13. 一応リア充願望はある
  14. お金が貯まる
  15. 開き直っている
  16. イベントの日とは無関係
  17. 電話帳がさみしい

1、コミュ障

コミュ障が原因で交友関係が少なく、非リア充になっている人は多いのでは?

私もコミュ障なので、どちらかというと非リア充タイプ。

非リア充の人からすると、コミュ力がある全ての人はリア充に見えてしまう。

それだけ、コミュ力とリア充の関係性は高いのかもしれない。

ただ、コミュ障の人の場合は、1人でいる方が落ち着くことがあるので、頑張ってリア充になろうとすると、逆に疲れてしまう。

そして、自然と非リア充の世界に入り浸る。

【あるある】コミュ障の特徴は意外とおしゃべり!?仕事や日常で発揮する

2017.07.16

2、人混みが苦手

リア充の人であれば、ライブやイルミネーションなどのイベントに参加しているイメージが強く、そのイベントを楽しでいる写真をSNSに投稿している。

逆に、非リア充の人は人混みが嫌いな人が多いので、好んでイベントに参加しようとしない。

みんなが楽しいと感じることよりも、もっとひっそりとした落ち着いた空間で本を読んだりしていた方がいいと思ってしまう。

私もイベントが嫌いなので、自分からは絶対に参加しない。

私は、USJにはよく行くのですが、必ず平日をに行くようにしています(人が少ない確率高いから)。

人間のことは嫌いではないのですが、人がうじゃうじゃいるととにかく落ち着かない。

3、ゲーム大好き

非リア充の人が自分を楽しませる方法の1つとして「ゲーム」があります。

ゲームさえあれば、暇つぶしにもなりますし、本気になることもできます。

ゲーム世界ではリア充しているが現実は・・・ということはよくあること。

ゲーム世界
  • お金持ち
  • 仲間がいる
  • レベル、ステータス高い
  • 人脈広い(ネットゲーム)
現実世界
  • 金欠
  • 1人身
  • ステータス低い(資格ない、出世していないなど)
  • 人脈狭い

やっぱり、ゲームの世界の方が充実しやすい。

現実世界では貯金が少ないのに、ゲームの世界では100万円、1000万円あるとかは普通の話。

ゲームの世界ではお金がたくさんあるので投資をしまくる(武器、防具を買う、または鍛える)。

ゲームは現実では味わえない楽しみを味あわせてくれる。

そのまま、現実逃避してしまうこともある。

4、リア充を意識する

自分が非リア充だと思っているときに、友人などがSNSでリア充している写真を投稿すると嫉妬する。

やたらリア充を意識してしまうことがあり、無駄にSNSをチェックしてしまうことがあるのです。

友人ではなく、知らない人のリア充っぷりをチェックしてはムカついてしまったり落ち込んでしまったりと、負の感情を1人で爆発させる

ひどい場合は、近所の若い夫婦が子供を連れて散歩しているところを見るだけで、「自分の人生ってつまらないな」と思ってしまうことも・・・。

リア充の人を羨ましく感じるけど、感じるだけでリア充になるための行動をしない

5、SNSに投稿するネタが少ない

リア充の人は、SNSに投稿するネタが豊富なのでバンバン投稿していますが、非リア充の人は投稿するネタが少なくなりやすい。

1人でもはまっている趣味があれば、そのことについて投稿することができますが、無趣味の場合は投稿するネタがない。

外に出る場数が違うと、それだけSNSで差をつけられることになるのですが、そもそも非リア充はSNSに興味がない人が多い。

6、1人でなんでもする

非リア充の人は一人でいることが多いので、1人でなんでも解決しようとします。

私の場合ですが、ネット内でも人と絡みたくなかったので、モンハンを常にソロプレイで楽しんでいましね。

「助けてくれ!」と思うこともありますが、それでも自分1人で倒す方法を考えてひたすら1人でモンスターに立ち向かう。

現実世界でもゲームの世界でも「ぼっち」の人はいると思います。

私のように。

もちろん現実世界でもぼっちなので、仕事、家事など、すべて1人で行っています。

7、飲み会が苦手

飲み会は交友関係を広げていくチャンスなのですが、これが苦手な人もいます。

非リア充の人はこのような飲み会が苦手なこともあって非リア充になってしまうことが多い。

なるべくして非リア充になったと言ってもいいかもしれませんね。

夏にバーベキュー、冬に鍋パ、年末は忘年会、年始は新年会。

このような飲み会に参加している人たちはリア充している感じがありますが、非リア充の人にとっては地獄のイベント。

【ぼっち】飲み会に行きたくない若者へ!「新年会・忘年会」の断り方

2017.07.03

8、基本受け身

非リア充の人は基本受け身なので、自分から食事などに誘うことはあまりしません。

常に誘われ待ち状態なのですが、誘われたとしてもメンツが気に入らなければ行かないこともある。

このようにして、断り続けると自然と誘われなくなる。

誘われなくなると、「自分は非リア充な人間だ・・・」と思い込む。

思い込むと開き直って休みの日は引きこもってひたすら漫画、アニメ、ゲームに没頭する。

これはこれで、私はいいと思うんですけど、他人からすると非リア充に見えてしまいやすい。

9、人の不幸を喜ぶ

人の不幸を喜ぶとか最低発言なのですが、SNSで「彼氏と別れたー」という投稿を見ると、「ざまーみろ」と思ってしまう人もいるはず。

私はそんなこと思ったことありませんよ!

たぶん・・・。

非リア充の人は、リア充意識が強いこともあって人の不幸を喜んでしまうこともあるのです。

そんなときに「リア充爆発しろ」と思ってしまう人は多い。

「リア充爆発しろ」とは

リア充爆発しろ」とは、近年、意味が変わりつつあるがリアルが充実しているリア充(特に恋愛方面で)な人に対し※嫉妬と羨望を込めて一方的に非難するセリフ。 注意してほしいのはこの言葉は罪のないリア充達からしてみれば言われなき中傷に当たる。
そのためネタでのみ利用しよう。

引用元:ピクシブ百科事典

10、インドア

インドアな人も非リア充と思われやすい。

私も家に引きこもっている生活をしているので非リア充だと思われやすい人間。

リア充している人って、アクティブなイメージが強いですからね。

非リア充の人は現実世界に行くことはせずに、非現実世界を楽しむ。

【あるある】インドア派の特徴|家デートですることがない!?

2017.06.30

11、ネット環境必須

非リア充の人はネット内の生活が充実していることが多いので、ネット環境がなくなると「人生をログアウト」してしまう可能性がある。

私もネット環境がなくなってしまうと死活問題になってしまいますよ。

  1. 収入
  2. 買い物
  3. 娯楽

この3つがなくなってしまいますからね。

非リア充の人はインドアになりやすいので、ネット環境がなくなると何もすることがなくなってしまいます。

そのそも、非現実世界に行くことができなくなってしまうので、非リア充になることすらできない。

12、「妄想力」豊か

非リア充の人は、リアルで充実していないですが、「妄想世界」では充実していることが多い。

私も妄想世界ではかなり充実していますよ。

  • MotoGPでマルケス、ロッシと白熱バトルを繰り広げる
  • WBC(ワールドベースボールクラッシック)の決勝でサヨナラ満塁ホームランを打つ
  • モテすぎて何人もの女性をフる
  • めちゃくちゃ歌が上手い

妄想世界は夢が広がっていますが、これは現実ではない。

ただ、非リア充ではある。

13、一応リア充願望はある

非リア充の人の中にはリア充になりたいという願望がある人もいます。

  • 彼氏、彼女を作りたいけど振られるのが怖い
  • 仕事で充実したいけど、なかなか出世できない

と、願望があっても現実はそんなに甘くはないということを突きつけれ、諦めてしまうこともある。

非リア充の人は臆病とでも言えばいいでしょうか。

私自身も非リア充ですし臆病な人間です。

14、お金が貯まる

インドアな人が多い非リア充の人はお金が貯まりやすい特徴もあります。

ネットゲームで課金しまくっている場合は別ですが、リア充の人よりお金を使う機会が少ないので、自然とお金が貯まる。

男性の場合、交友関係が広いと、飲み会、キャバクラ、スナック、クラブなど、夜の街へ行くことが多くなり、その分出費もかさみます。

非リア充の人の場合、夜の街に行くことがないので無駄な出費を抑えることができる。

私も飲みに行くのは年に1回多くて2回。

これを徹底するとお金が貯まっていく。

15、開き直っている

「もういいや」「非リア充で結構」と自分に対して開き直っている非リア充の人もいます。

この開き直りが非現実世界で充実できるきっかけにもなるのですが、本気を出してしまうと本当にリアルな人間と接することをやめてしまう人もいる。

それが私だ。

非現実世界の人って現実世界の人よりも親切。

もちろん現実世界にも親切な人はいるのですが、非現実世界は現実世界とは比べ物にならないくらいい人ばかり。

この環境に慣れてしまうと、非リア充な生活になりやすい。

16、イベントの日とは無関係

非リア充にとってイベントは無関係。

  • ハロウィン
  • クリスマス
  • カウントダウンイベント

など、リアル世界で、このイベントを肌で感じることはない。

ただ、ネットゲーム内でも、このようなイベントをしているので、非現実世界でイベントを感じることができる。

17、電話帳がさみしい

携帯の電話帳やラインの友達の数が少ないのも非リア充の人の特徴です。

職場に馴染めなかったりすると、交友関係も少なくなるので連絡先が少なくなってしまいやすい。

非リア充の人の多くがコミュ障ということもあって、自分から話しかける人ができない人も多い。

自分から連絡先を聞くことができないか、自分から聞こうとしていないかのどちらだと思います。

私は、リアル世界で男女関係なく1度も連絡先を聞いたことがありません。

そのおかげで、さみしい電話帳を作ることができた。

1人ではリア充になれないのか?

恋人がいない人は非リア充な人と認識されていますが、果たして本当にそうなのか?

非リア充の人の中には、自分で非リア充と思い込んでいる人もいれば、自分で何も思っていない人がいる。

彼氏、彼女がいることがリア充していることになるのか?

それとも、交友関係が広く友人などと幅広く楽しんでいることがリア充なのか?

この2つともを手に入れないとリア充にはなれないのか?

私は、リア充しているという感覚がよくわからない。

非リア充という感覚もよくわからないですし、1人でも何かを楽しんでいる人はいる。

それはリア充しているとは言えないのか?

他人にリア充していると思われるからこそリア充しているということになるのか?

まあ、他人にリア充していないと思われようが、自分自身に困っていることがなければいいと思います。

まとめ

非リア充の人は、非現実世界では充実している人もいます。

私個人としては、どっちでも充実していればOKだと思っていますし、リアルにこだわらなくてもいいと思います。

今の時代ネットでお金を稼ぐことだってできますし。

それだけ、便利な世の中になったということですが、リアル世界を満喫している人の方が羨ましく感じてしまう。

非リア充であることは悪いことなのか?

非リア充は悪くない!リア充を演じなくてもいい!インスタ映えはリア充じゃなくても作れる?

2017.12.29

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。