カラオケ嫌いな人の特徴|本音は行きたくない時の断り方

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

コミュ障の人にとって、カラオケは地獄。コミュ障でなくてもカラオケが嫌いな人にとっても地獄。しかし、カラオケに誘われて行ってしまうことってありますよね?

その場の空気を壊すことはできずに、流れに身を任せて地獄を味わう…。私のような考えをしている人は、少ないかもしれないがいるはず。

カラオケが嫌いな人の特徴ってどんな感じなのか?また、みんながノリノリの中、カラオケ嫌いがとる行動とは?

もはや戦場!?カラオケ嫌いな人の特徴

カラオケ嫌いな人の特徴
カラオケが嫌いな人がカラオケに行った場合、どんな行動をするのか?暇そうにしているけど、実は1人で戦っている人も?

シンプルに音痴

自分で音痴とわかっている場合、カラオケに行きたくないと思ってしまうことも。たまに、音痴でも大きな声で歌っている人のメンタルが欲しくなる。

カラオケは、歌がうまい、下手は関係ないことはわかっているのですが、音痴とわかっている場合は、できるだけ歌いたくないと思ってしまう。

恥ずかしがり屋さん

人前に出たり、目立つことが苦手な人は、カラオケが苦手な場合が多いですね。恥ずかしがり屋さんは、カラオケでも隅っこの席を陣取り、できるだけ目立たないように頑張る。

目立ってしまうと、悪ノリで歌わされる可能性があるからだ。このパターンになると最悪。強制されているにも関わらず、歌わなかったら悪者になってしまい、場の空気を汚してしまうことになってしまう。

「カラオケ行こうぜ」と言われると焦る

飲んだ後とかに「カラオケ行こかー」と言われると、一気に酔いが覚めてしまうことも(笑

カラオケの地獄を知っているから、変に焦りだすこともありますね。私もこのパターンになりやすく、一気に元気が無くなってしまうことも。

自分からは絶対に「カラオケ」と言うワードは口にしないように、心がけている。

必死にカラオケ以外の場所を提案する

「カラオケ行こうかー」と言われた場合、必死になって違うところに行こうと提案することも。ここはカラオケ嫌いな人にとっては勝負所です。

カラオケに行くくらいなら、同じ飲み屋にもう一回行ったほうがマシなくらいですし(笑

しかし、カラオケ行きたい派の方が多いことがほとんどなので、負け戦になってしまうことばかり。

友人だけなら提案できますが、初対面の人や、大人数、会社の付き合いなど、私1人のわがままを聞いてもらうわけにはいかないので、強制連行されます。

きむ
ほとんどの場合が、提案することもできずに、カラオケに行ってしまうパターンが多い。

騒がしいところが苦手

カラオケのような、騒がしいところが苦手な人はいるのでは?歌って騒いでストレス発散できるかもしれませんが、人によっては歌って騒ぐことでストレスと溜め込んでしまう人も。

静かな空間を好んでいる人もいるので、カラオケに行けば絶対にみんなが楽しめるわけではない。

歌わない自分が浮く

カラオケに行って一切歌わないと、1人だけ浮いてしまうことがあります。明らかに周りとテンションが違うことがあるので。

合コンのような飲み会でも一切歌わず「ノリの悪い奴」と言うキャラを確立。これでは友達を増やすのは難しい(笑

強制されるが歌わない

カラオケが嫌いな人でも、その場のノリで強制的に歌わされそうになることも。しかし、これを全力で拒否するので、その場の空気をぶっ壊してしまうことも。

まあ、これは私のことですが、歌えと言われても絶対に歌いません。その場の空気に合わせることができない最低人間です(笑

トイレが1番の癒し

カラオケが嫌いな人にとって、トイレに入った瞬間ホッとしてしまうことがあります。1人の時間になると、心が落ち着くので。

何もすることがなくてもトイレに行くこともあり、トイレで心を落ち着かせてから、また戦場に行く。

コミュ障

コミュ障にとってカラオケは、かなりの重労働。人と話すことが苦手なのに、人前で歌うとなると、冷や汗ダラダラもんです。

まあ、コミュ障の人がカラオケに行く機会は少ないと思いますが、もし行く場合は、相当の覚悟でカラオケに行くことになる。

全く歌っていなくても、帰るときには達成感が湧き出てくることも。

きむ
コミュ症にとって、カラオケという空間は落ち着かない。歌うこともできずに、人と話すこともできない。そもそも行かない。
関連記事

ひたすらモニターを見る

カラオケが嫌いな人は、基本歌わないので、することがない。することがない場合、モニターを意味もなくジッと見つめてしまうこともあります。

一応カラオケを満喫しているように見せるには、モニターを見て歌を聴く。これでその場をしのげますが、これを3時間、4時間もすることを考えるとゾッとする。

マイクを渡されても拒否する

たまに、カラオケ嫌いな人にもマイクが回ってくることがありますが、これを拒否することは当たり前。隣の人にすぐにマイクを渡します。もう、歌うことから必死に逃げ延びようと頑張っているのです。

歌の入力方法がわからない

カラオケが嫌いな人は、カラオケに興味がないので、歌を入力する方法がわかっていないことがあります。私も未だによくわかりませんし、触れることもしません。

DAMとJOYの違いがわからない

カラオケに行くときによく「DAMかJOYどっちにする」と言う話し合いになるのですが、その2つには大きな違いがあるのか、カラオケ嫌いにはわからないことも。

興味がないのでどっちでもいいと思っているし、どっちでも歌えるのでは?と思ってしまう。

時間が経つのが遅く感じる

カラオケが嫌いな人にとって、カラオケの空間にいるとき、時間が経つスピードは異常に遅く感じてしまうことがあります。

スマホの時計を見ては、「まだこんな時間!!」と驚いてばかり。時間が遅く感じてしまうということは、それだけ苦痛な時間を味わっている証拠。

スマホの充電がなくなると暇

スマホはカラオケ嫌いの人にとって、生き残る生命線になる。これがなければ、暇つぶしができないので。

まあ、カラオケ好きな人からすると、スマホばかりいじらないでほしいと思うかもしれませんが(笑

お金が勿体無く感じる

全く歌を歌わなくて、何も食べていなくても、しっかりお金は支払います。「お前歌ってないから少なめでいいよ」と言われることは、まずないでしょう。

苦痛な時間にお金を使うわけですから、勿体無いと感じてしまうのは自然な流れ。

回避せよ!カラオケに行きたくない時の断り方

カラオケ 行きたくない 断り方
カラオケに行きたくない場合でも、行ってしまうことはあります。「まじか…」と心の中で叫んでも、行ってしまうことがほとんど。

行きたくない場合、どうやって断ればいいのか?そもそも断ってもいいのか?

色々考えてしまいますが、苦痛な時間と分かっているのであれば、できれば行かないほうがいいですよね?行きたくない場合、どうやって断ればいいのか?

カラオケが苦手と先に伝える

カラオケが苦手ということを、先にみんなに伝えると、違う場所に行く流れになることがあります。しかし、この方法は、ある程度仲が良い人にしか使うことができません。

仕事の接待などで、取引先の人にカラオケに誘われて、「私、カラオケ嫌いなんで…」と、いうことって、なかなかできませんよね?(笑

しかし、カラオケが苦手ということを伝えるだけでも、行った時に歌わないですむことがあるので、先のことを考えて言っておくのもアリ。

飲み過ぎアピールする

カラオケって、飲んだ後に行くことが多いイメージですが、飲んだ場合は飲み過ぎアピールすることで、カラオケを回避することができる場合もあります。

「気持ち悪いから先に帰る」と言って逃げる方法ですね(笑

家に着いたら1人の時間を元気に満喫する最低な手段の1つ。本気で行きたくない場合は、この方法で逃げることができますが、あまり逃げまくっていると、バレるので何回も使うことはできない。

用事があると言う

すごく不自然ですが、いきなり用事を思い出す方法もあります。

ここまでくると、カラオケに行きたくないオーラが出ているので、周りの人に感づかれていると思いますが、本当に行きたくなければ、この方法で逃げてしまうといいですよ。

明日の仕事が早いと言う

本当に明日の仕事が早くない場合でも、この理由で逃げることができます。私もこの方法で逃げたことがありますが、次の日が夜勤だったので時間的には別に大丈夫(笑

カラオケが嫌いな気持ちが言葉になった瞬間ですね。サラリーマンの場合、日曜休みが多いので、土曜の夜にこの方法を使うのは難しいので、不自然な用事を思い出した方がマシかも(笑

きむ
本当に次の日の仕事が早い場合は、先に帰った方がいい。嫌いなカラオケのために仕事を犠牲にしてしまう。

行っても絶対に歌わないと言う

カラオケに行っても絶対に歌わないと行っておけば、もし行ったとしてもう歌わされる可能性は低くなりますが、空気が読めないやつレベルが高くなってしまう。

しかし、言っておかないと、自分がカラオケが嫌いな人間とわかってもらうことはできません。嫌いなことは嫌いとはっきり伝えることも大事。

時間との戦い!カラオケでの過ごし方

カラオケ 過ごし方
カラオケが嫌いな人にとって、カラオケにいる時間は苦痛な時間。この時間をどう過ごすかによって時間の進み具合が変わってきますし、周りに与える影響も変わってきます。

カラオケが嫌いだからといって、つまらなさそうにしたり、不機嫌になったりしてしまっては、私のように友達がどんどんと減ってしまうことに。

そうならないためにも、一応自分なりに楽しんでいるように見せることも必要になってきます。

ひたすら食べまくる

ひたすら食べまくるのもアリですね。1人で食べまくっていると、浮いてしまいますが、あらかじめカラオケが嫌いと伝えておけば、まあ、ある程度許してくれます。

ただし、必要以上に注文したり、買い込んだりするのはNG。割り勘する時に変な空気になってしまうかもしれないので。

スマホゲームしまくる

カラオケ好きな人からすると、ずっとうつむいてスマホをいじっている人は、つまらなさそうに見えるかもしれませんが、嫌いな人からすると、スマホでもいじくっていないと暇すぎるのです。

ずっと喋らずにスマホゲームをするのも、場の空気が悪くなってしまうかもしれないので、適度に喋りつつ、スマホゲームを楽しむといいですよ。

きむ
私が幼少期の頃、カラオケに行った時、みんなが歌っている最中に1人プラモデルを作っていた。この頃からカラオケに興味がなかった。大人になっても、カラオケに行った時はプラモデルを作っていたい…。

PV鑑賞

一応、カラオケの空気に合わせていますよ感が出るので、モニターのPVを見るのもいいですね。

まあ、ボ〜っと見ているだけなので、中身は入ってきませんが、することが無さすぎると、これくらいしかすることがありません(笑

トイレに行くフリして外の空気を吸う

カラオケが苦痛に感じている人がリフレッシュする方法は、トイレに行くフリをして、外に出てしまうこと。静かな夜空を見ながら外の空気を吸うだけで、かなり癒されます。

あまり長くいると心配されるので、長時間外にいることはできません。店内に戻る時は、謎の覚悟が必要になる。

真剣に歌を聴く

みんなの歌を真剣に聞くだけ。すごくシンプルなことですが、実はこれが1番いいのかもしれません。実際、誰かが歌っている時に真剣に聞いている人なんてほとんどいませんし。

好きなことを喋ったり、次歌う曲を選んだりと、みんな忙しそうなので、聞き役に徹してあげるのもアリですね。「歌上手いな」と褒めてあげると、ノリノリになってくれるかも(笑

とにかくニコニコしておく

まあ、何もしていない場合、眉間にしわを寄せているよりも、ニコニコしている方がいいですよね?

とにかく愛想笑いでもいいので、ニコニコしておく。あまり不自然な笑みを浮かべると不気味なので、あまり意識はしすぎないように。

行かないのが1番いい

カラオケ 行かない
カラオケが嫌いな人にとって、カラオケに行かないのが1番いい方法ですね。行くだけで謎に覚悟が必要になりますし、自分は歌わなくてもいいとわかっていても、楽しく無い空間には変わりありませんので。

まあ、会社の飲み会などの流れで言ってしまうこともありますが、この時は耐えるしかありません。

カラオケが嫌いな人にとって「カラオケ」という言葉に敏感です。わざわざお金を払って苦痛を味わうのですから。

まとめ

カラオケ好きな人にとって、カラオケ嫌いな人の気持ちは分かりづらいと思いますが、意外と1人で戦っている人がいるのです。

歌わなくても楽しいと感じることはできませんし。「カラオケ嫌い=人付き合いが悪い」と思われるかもしれませんが、カラオケの場でなければ付き合いがいい人はいます。

ただカラオケが嫌いなだけなので、人付き合いとは別だと思いますし。

「カラオケ=コミュニケーション」が絶対なのか?確かに、カラオケ好きな人はコミュ力が高く、嫌いな人はコミュ障のイメージが強い。

カラオケ好きな人のことを考えて、嫌いな人は、きっぱりと行かないと言った方がいいですね。好きな人も変に気を使ってしまうので。私は全力で拒否しますし、ダッシュで逃げますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。