物欲を「モチベーション」に変える!我慢する方法は「物欲を利用する」

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

いきなりですが、物欲をコントロールすることができますか?

意外と、物欲に振り回されている人は多いと思います。

このイメージが強いからこそ、物欲が強い人は悪いイメージがありますが、人をやる気にさせる力を持っています。

「計画性のある物欲の強さ」は必要です。

野望がある場合は「物」を目標にしていい?

物欲が強い人は、とにかく物を買ってしまうイメージが強いですが、この物欲をコントロールすることができれば、逆にプラスに働くことがあります。

この物欲が自分の「モチベーション」を上げてくれる役割を果たしてくれる。

意外と、これを実践している人は多いと思いますよ。

自分の欲しい物のために働いている人は多いですからね。

私自身も物欲のために働いていますし、逆にモチベーションに変えています。

モチベーションを上げる

物欲が強ければモチベーションを上げることができる。

  • スーパーカー
  • 時計
  • ブランド品
  • 電化製品

など、人によって価値観は違いますが、自分の物欲を満たすために仕事を頑張っている人もいるはずです。

物を目標にするときは、少し手が届かないものを目標にすると、そのための行動をするようになるのでオススメです。

スーパーカーなどの、あまりにも高額なものはなかなか手に入れることは難しいのですが、物欲の強さをモチベーションに変えると、スーパーカーでさえ手に入れることができてしまう。

現に、私は手に入れました。

スーパーカーでなくても、ブランドの財布やバッグなどを目標にすることで、それに向かって貯金しようと頑張るようになり、無駄な出費を抑えようと考えられるようになります。

物欲を目標にすることは、結果的に計画性のある買い物ができることになる。

これを繰り返すことができると、無駄遣いも減りますし、「自分の欲しい物だけ」を手に入れることができますよ。

「形がない欲」が強くなる

物欲を満たすためにはお金が必要になります。

お金を稼ぐためには、仕事でお金を稼がなければなりません。

仕事では、

  • スキル
  • 知識
  • 経験

などが必要になってきます。

何か欲しい物を目標にすることで、仕事のモチベーションを上げることができれば、上記の3つもついでにあげることができます。

この3つをメインに上げていこうとするのではなく、この3つをあげたことによって、自分にどんな「現象」が起こるのかを考える。

上記の場合は「欲しい物が手に入る」という現象が起こる。

物欲が強いことが、結果的に形のない欲まで押し上げてくれることにもなるのです。

スキル、知識、経験の3つはお金があれば解決できない。

自分で勉強して体験して知識を取り入れていかないと、勉強したことを形にすることはできない。

この、形のない欲がある人は少ないですが、この「形のない欲」を「物欲」が押し上げてくれる。

物欲が強いことは悪いことなのか?

物欲は悪いイメージが強いですが、そんなに悪いことではないと思いますよ。

毎日のように物欲に身を任せた生活をしている場合は改善したほうがいいですが、自分で物欲をコントロールして欲しいものを手に入れるために行動しているのであれば、逆にいいと思います。

物欲を満たすために意識的に行動しているか?

それとも、無意識に行動しているか?

行動の仕方によって、物欲の意味合いも変わってくる。

計画性がある物欲は悪くない

計画的に「3年後に欲しい車を新車で買うぞ!」と決めている場合の物欲は、あったほうがいいと思います。

これがないと仕事を頑張ることってできませんからね。

新車が300万円の場合は、月に約83000円貯金すれば購入できる金額になる。

計画的に買い物しようと考えると、このように必要なお金を把握することができるので、それに向けて無駄な買い物をしないでおこうと考えるようにもなる。

物欲で物欲を抑えるといってもいいですね。

大きな物欲があることで、小さな物欲を抑えることができるようになる。

欲しいと思った少額な商品を何の計画もなく買いまくっている人は、小さな物欲に負けているということです。

小さな物欲で買ったものは無駄になってしまうことが多い。

ちょっとした雑貨など、必要ないのに買ってしまうことってありませんか?

小さな物欲に負けて続けていると、その合計した金額で大きな物欲並みの金額になってしまうこともあるのです。

衝動買いができない体になる

私は衝動買いをすることはもったいないと思いますし、いざ、計画なしに電気屋やショッピングモールに行っても買い物をすることができない。

誰かの買い物について行ったとしても、何も買わずに帰ってくることばかり。

いきなり買ったものは全て無駄と考えているので、衝動買いを楽しむなんてとてもじゃないけどできません。

店のポップや商品の陳列を見て「ここにこのポップがあることで、客は引き寄せられていくのか〜」と感心しながら店を回っているだけ。

旅行に行った時も、全くといっていいほど買い物をしません。

買ったとしても、誰かにあげるお土産程度。

「衝動買いしよう」と意気込んだとしても、買う物が決まっていないと買い物ができない体に私はなってしまっている。

これは、私個人としてはいいと思っていますし実際に無駄を減らすことができている。

逆に、衝動買いができる人が不思議な感覚です。

買った後も「物」で楽しむことができるか

物を買うとき、どの時間を楽しんでいますか?

買うまでの間。

買った後。

ほとんどの人が「買うまで」の時間を楽しんでいると思う。

実際、私も車を買うときは、この期間がめちゃくちゃ楽しいですし毎日ワクワクしている。

「楽しい」「ワクワク」を感じていたはずなのに、物を手に入れてしまうと冷めてしまう人も多い。

買った後に物を使い続ける人もいれば、お蔵入りさせる人、売りに行く人もいます。

結果的に損をしている人も多い。

買った後も、買う前の楽しさ、ワクワクを感じることができるようにならないと買い物自体を楽しんでしまうようになる。

買い物をすることが目的なのか?

買い物した後に、その物を使って何をするのかじっくり計画しておかないと、買い物だけを楽しんでしまう体質になってしまいます。

物を買ってもすぐに飽きる

何かを買って飽きたことってありませんか?

私はあります。

ゲームなどをしていても全クリしてしまったら飽きてしまいますし、オンラインゲームなどストーリがどんどん追加されて行く形式のゲームでも、長いことプレイしていると飽きがくる。

物を買っても飽きがきます。

新しい車を買っても、また違う車が欲しくなることもある。

女性の方であれば、服を何着も持っているのにもかかわらず、同じような色、デザインの服を買ってしまうことがあると思います。

人は新しいものを買っても飽きる。

人として普通のこと

新しいものを買って飽きることを繰り返すことは、人として普通のことだと思います。

人間は飽きる生き物だと知っているから、世界中の人たちが常に新しい商品やサービスを考えて提供している。

これは、昔から繰り返されてきたこと。

逆に、飽きがこないと人は成長できないのかもしれませんね。

自分を飽きさせない生き方はできるのか?

自分を飽きさせないためにどうやって生きて行くのか?

これは、人によって違ってきますが、私の場合は「経験、知識を買う」ことを意識している。

本を読んだり、興味がある分野に関する知識や道具などを買う。

道具に関しては、いきなり高価な道具を買わずに安価なものを買うようにしている。

経験と知識に関しては手に入れても飽きという感覚がありません。

また、自分のためにもなりますし役に立ってくる。

欲しい物を手に入れると、その物に対して飽きという感覚を感じるようになります。

物を手に入れた喜びはすぐに消え、すぐに飽きてしまう。

自分を飽きさせないためには、いろんな体験を自分にさせてあげることが大切だと思います。

物を目標にすると育つ人もいる

何か欲しいものを目標にすることはいいと思います。

子供に「テストで90点以上とったら〇〇買ってあげよう」というと、子供は必死に勉強を頑張ります。

子供を物で釣る方法ですね。

まあ、あまり良い教育法ではないと思いますが、人間は欲しい物のためであれば頑張れる生き物です。

これを、人に強要するのではなく、自分に強要させるといいですよ。

仕事の成績が上がったら、何か自分にご褒美を買ってあげる感覚ですね。

ただ、自分のための目標がないと働いていてもつまらないですからね。

大人は自分で自分を釣ってしまおう。

まとめ

物欲は、自分を崩壊させることもできれば、向上させることもできる諸刃の剣のような欲です。

これを、うまく利用するためにも「少し手の届かないような物」を目標に設定することをオススメします。

目標が決まって入れば、コンビニにフラッと立ち寄って買う予定のなかったホットスナックを買ってしまうようなことが少なくなりますよ。

そして、目標にしている必要な物を手に入れることができるようにもなります。

必要でないものは買わずに、必要なものだけを買って行く。

当たり前のことのように聞こえますが、これをできている人は少ない。

これができるようになると、ショッピングモールやアウトレットモールなどへ買い物に行ったとしても楽しいと感じなくなる。

そして、自然とお金が貯まるようになる。

物欲を利用することで、お金を生み出すこともできれば、お金を貯めることだってできる。

物欲は悪くない。

ただ、物欲に自分がコントロールされないように、気をつけてくださいね。

スポンサードリンク
グッドポイント

やりたいことを探す前に自分を探す
リクナビ「グッドポイント診断」

自分のことを分析!自分にあった職探しをする前に最適な診断!

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。