女々しい男の特徴「16個」男らしくないといけない?

どうも、きむ( @kimu_news)です。

女々しい男の人が周りにいませんか?多分探せばそこら中にいると思いますし、男らしい男性よりも女々しい男性の方が割合的に多いんじゃないかと、私は勝手に思っています(笑

そんな女々しい男にはどんな特徴があるのかをここで紹介します。

女々しい男の特徴「16個」

優柔不断

外食した時にスパッとメニューを決められなかったり、欲しいものが決まっているにもかかわらず「どうしよっかな〜」と悩みすぎてしまう男性は女々しいと思われやすいです。

決断力があると言うことは、女性から見ると「男らしさがある」と捉える人もいるのです。女性はどちらかと言うと優柔不断な人が多いですからね。決断力のある男らしい男性に惚れてしまいやすいのでしょう。

あまりにも優柔不断すぎると、周りの人をイライラさせてしまうことも・・・。

関連記事:優柔不断な人の短所と長所「決断力」って必要?

流されやすい

「優柔不断」の続きですが、優柔不断な人は人の意見に流されやすいという特徴があります。なんでもかんでも人の意見に流されてしまうと自分の「信念」を失ってしまうこともあります。

男らしい男性は自分の信念をしっかりと思っており、それに基づいて自分で決断することができます。しかし、女々しい男性は人の意見に流されやすいので、世間に振り回されてしまう傾向があるのです。

関連記事:流されやすい人の特徴|短所もあり長所もある性格

過去を気にしすぎ

過去を気にしすぎる人ってたまにいませんか?過去の過ちを掘り返して口撃してくるような人は、女々しい男性がよくすることです。過去のことを忘れて次に進むことが苦手とも言えますね。

自分の過去の話を自慢する人も女々しい男性がよくすることです。今の自分に自信がなければ、過去の自信がある時の話をしなければ自分に自信を持たせることができないから、ずっと過去の自分にすがってしまうのです。

過去の栄光話は自分にとっては最高の話かもしれませんが、他人はあまり聞いてくれませんし、男らしい人は自分から過去の栄光話をすることはしません。

言い訳する

何を言っても言い訳をする人は、女々しい男性の中でもめんどくさい部類に入ります。何を言っても言い訳をしてくるわけですから、話を次に進めることができないんです。

言い訳で返してくるから、話がそこで停滞するだけ。逆に男らしい人は言い訳をしませんし、もし、自分がミスをしている場合、そのミスを受け止めることができる心の大きさを兼ね備えています。

女々しい男性は、心の広さが非常に狭いのです。

関連記事:言い訳する人の特徴「10個」|自分のミスを受け止めないと自分の「価値」が下がる

甘えん坊

男性の中でも甘えん坊の人はいます。マザコンであったり、彼女や嫁さんにベタ惚れであったりと甘えることができる男性は存在します。この関係でお互いがストレスなく過ごせるのであればいいのですが、客観的に見ると女々しさがありますよね。

猫のように女性にすり寄ったりする甘えん坊男性は女々しいと思われやすいです。

会社の先輩などの「せんぱ〜い、今日飯おごってくださいよ〜」とすり寄ることができる男性も女々しいと思われやすく、女性の社員などがこの光景を見た場合、女々しいと思ってしまうのです。

どうしても、奢る男性の方が男らしく見えるんです。女性からすると・・・。

きむ
やっぱり女は金かいな・・・。

「だって」「でも」「いや〜」「その〜」とよく言う

「だって」「でも」は言い訳する人がよく使う言葉でもありますね。この言葉をよく使う人は女々しい人だと思われやすいですし、めんどくさいと思われやすいのです。

「いや〜」「その〜」とよく言う人は、はっきり物事を喋らないので相手をイライラさせてしまうことが多く、女性からは女々しいと思われることがあります。

喋り方でも女々しさは表現されてしまうのです。ハキハキと喋る人の方が男らしいですよね。女々しい人はやたらとねちっこい喋り方をしたり、言い訳をしたりして話が長くなってしまうことが多いんです。

声が小さい

「いや〜」「その〜」の続きになるのですが、この2つをよく使う人は声が小さいと言う特徴があります。声が小さい人は女々しいと思われやすく、特に女性と外食している時に店員さんを呼ぶ声が小さく声が届かないと女々しいと思われてしまいます。

きむ
これ、私のことです・・・。ボタン式がいい(笑

また、副作用として、店員さんに声が届かないことを恥ずかしがったりテンパったりすることで女々しさがアップしてしまうことも。最終的に女性に店員を呼んでもらったことになると、男らしさは微塵にも消え去ってしまいます・・・。

関連記事:声が小さい人の特徴「12個」何度も聞き返されませんか?

ネガティブ思考

年でもかんでもネガティブに捉えたり言葉をいたりする人は、女々しいと男と思われます。やはりなんでも前向きに物事を捉えることができる男性の方が男らしさを感じられますからね。

男女混合で外の青空の下でバーベキューをする場合、雨が降ってくるアクシデントがあります。この時、女々しい男性は「雨降ってきた・・・最悪」と心の中で思うか言葉にしてしまう。しかも、本気のトーンで・・・。

逆に男らしい男性は、その雨に対処するべくバーベキュー道具を移動させたりとすぐにアクシデントに対して行動します。女々しい男性は、ひどい場合その状況を見ているだけと言うこともあります。

この状況を見た女性たちは、どちらのタイプの男性が女々しいと思うのか?答えは言わなくてもわかると思います。

関連記事:ネガティブ思考な人の特徴「12個」自分が疲れて相手も疲れる

すぐ泣く

すぐ泣いてしまうことは女々しい男と印象付けるには大きい要素です。身内が亡くなったりした時などに泣いてしまうのは別として、会社で上司に怒られてすぐに泣いてしまったりするのは女々しいと思われてしまいます。

ある程度大人になると、よっぽどのことがない限り泣かなくなりますが、女々しい男性の中にはすぐに泣いてしまうがいるのです。彼女とケンカをして泣いてしまうことも。

打たれ弱い

「すぐ泣く」の続きになりますが、打たれ弱い人も女々しい男性の特徴の1つ。打たれ弱いとすぐ泣いてしまうことにも繋がりやすいので、どうしても女々しさが出てしまうのです。

すぐに落ち込んでしまうことがあっても、すぐに吹っ切れることができない。あまりにもクヨクヨしていると女々しいと思われてもおかしくありません。

周りの視線を気にする

周りの視線を常に気にしている人は、自分の自信のなさを相手に感じさせることで「女々しい」と思われることもあります。男らしい人って、周りのことは気にせずに堂々としていますからね。

周りの視線を気にして「いい人」であろうとすることで本当の自分を出せなくなり、焦ったり慌てたりしてしまうことが多くなる。そして、その焦り慌てっぷりが他人からすると女々しく見えてしまうんです。

顔色を伺い余裕をなくす

周りの視線を機にする人の多くが、人の顔色を伺いながら接することが多いです。いい人であろうとするので、常に人の顔色を伺いながら話をしたりするのです。

人の顔色を伺うタイプの人は、人と接するだけで疲れることが非常に多く、本当の自分を隠しながら人と接するので堂々と接することができないのです。

また、いい人であることに徹することでその場を楽しむことができずに余裕が生まれず、常に挙動不審であったり、変な汗をかいたりすることが多くなってしまう。

その余裕のなさが女々しいと思われる要素でもあるのです。

関連記事:余裕がない人の特徴「18個」大きく分けて2つのタイプがある

虫が苦手

虫が苦手な人は多いと思いますが、男性が虫を見て本気で逃げたりする姿は女々しさがどうしても出てしまいます。ゴキブリが家にいたりクモが出たりすることは、たまにあるかもしれませんが、このときビビりすぎてしまうと女々しさがアップします。

虫が嫌いでも退治しようと行動できればまだましですが、これを彼女に任せたりしてしまうと女々しさはかなり上昇します。

他人任せ

すぐに人に頼ったり、自分で物事を初めから解決しようと考えていない人は女々しい人がよくすることです。時には人に助けてもらうことは必要ですし大切なことなのですが、女々しい男性は必要以上に他人に頼り他人に任せてしまうのです。

上記で「甘えん坊」に関して言いましたが、これによく似ていますね。人に甘えることが上手なので、人に何かを任せることが上手なんです。これはこれで1つのスキルなのかもしれませんが、女々しく男らしくは感じられません。

割り勘は1円単位

割り勘するときは、その人のお金に対する考え方が現れる場でもあり、その人の性格が滲み出る場面でもあります。男らしい人は割り勘をする時に細かくすることはなく、1000円単位で区切ることが多い。

逆に女々しい男性の中には、1円単位というものすごく細かい単位で割り勘を要求することもあります。お金を支払う場面はできるだけスマートに済ませたいところですが、女々しい男性はそんなことよりも1円単位でキッチリ割り勘したいという考えを持っているのです。

彼女に依存する

女々しい男性は何かに依存してしまうことが多く、彼女に依存したりお酒に依存したりと何かに依存しないと自分を保てなくなることがあるのです。

仮に依存している彼女に振られでもした場合、なかなか彼女のことを忘れられずにズルズル引きずるってしまうことが多いです。友人などに励まされても断ち切ることができずに、いつまでもメソメソしていることも・・・。

これでは女々しいと思われても仕方ありません。

少しめんどくさい

女々しい男のことを簡単にいうと「めんどくさい」です。話をしていても、何かを一緒にしていてもスマートに進めることができないことがほとんどです。遠回りをすることが好きなのか、話が長くなってしまうことが多くなります。

また、自分に劣等感を抱いている人も多いので、自分のことが嫌いだと思っている人も中に入るのです。その自身のなさから女々しい言動、行動をしてしまう。

決して悪い人ではないのですが、少々相手をするのがめんどうだと感じてしまう人は多いみたいですね。女々しい男性と一緒にいてイライラしてしまう人もいますから。

きむ
男女問わずイライラするのかも。

まとめ

女々しいという言葉はマイナスイメージがどうしても付き物です。「男性は男性らしく」が絶対というわけではないのですが、どうしても男らしくは感じられないんです。

ただ、女々しい男性にも一発逆転できるチャンスはあります。普段、女々しい言動、行動をしている男性が、いざという時に助けることができれば、かなり印象は変わります。

普段は女々しくてイライラさせられるけど、いざという時に頼りになる。そんな存在になることもあり得るのです。ここまで女々しい男についていろいろかいてきましたが、そんな私も女々しい男の1人。

とてもじゃないけど男らしいとは自分では思えない。だけど、これでいいかなと思う。この性格を受け入れてくれる人もいますし、無理をして男らしくなろうとすると、偽りの「男らしさ」を手に入れてしまいそうだから。

男として生きるのも難しいな・・・。

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。