今更聞けない!賞味期限と消費期限の違い

スポンサードリンク

賞味期限と消費期限の違いを知っている人は意外と少なく、違いを聞いてもはっきりと具体的に答えれる人はごくわずかです。

そもそも賞味期限、消費期限を気にせず食材を使っている人もいるのでは?

私は冷凍すれば何でもいつまでも保存できると思っています(笑

賞味期限と消費期限はどちらも食品の期限ではあるのですが、その意味や考え方には大きな違いがあります。

これらの期限表示のルールや使い分けについてみていきましょう。

賞味期限とは

賞味期限は

定められた方法により保存した場合において、期待される全ての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日をいう。 ただし、当該期限を超えた場合であっても、これらの品質が保持されていることがあるものとする

と定義されています。

品質が万全である期限、安心して美味しく食べることのできる期限というわけです。この期限を越えたからといってすぐに品質が悪くなったり安全性が失われたりするわけではありません。

また、3ヶ月以上保存することのできるものは年月で表示されています。厳密な期限ではなくひとつの目安としての期限表示といえます。

主に缶詰やレトルト食品、カップ麺、スナック菓子、牛乳、バターなど、比較的劣化の遅い食品の表示に用いられています。

みなさんは3分の1ルールという暗黙のルールがあることをを知っていましたか?

食品の保存期間を3等分し、最初の3分の1の期間に食品を小売店へ納品、次の3分の1の期間で販売され、消費者の手に渡ってから消費されるまでが残りの3分の1の期間というように保存期間を分割して考える方法です。

前半3分の2の期間内に売ることができれば問題ありませんが、売れ残った場合には期限を迎える前に廃棄処分となってしまうこともあり、問題視されています。

まだ期限を迎えていない食品を廃棄するのはもったいないですね。

消費期限とは

消費期限は

定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなる恐れがないと認められる期限を示す年月日をいう

と定義されています。つまり安全性を保証できる期限ということです。

当然、期限までに消費することが望ましいでしょう。

期限を過ぎてから消費する場合は、健康に影響があっても自己責任となります。

期限切れによって食品の廃棄が増えるのはもったいないですから、できるだけ期限内に消費するよう心がけたいものですね。

主に弁当、惣菜、おにぎり、サンドイッチ、調理パン、生麺など劣化の速い食品の表示に使用されています。

目安としておよそ5日以内に悪くなるものが対象となっています。

また、基本的には年月日のみの表示ですが、最近では年月日だけでなく時間まで表示されているものも多く見受けられます。

もちろん任意表示ですので、販売者によって時間の表示の有無は変わってきますが、時間の表示があると期限が近づいていても比較的安心して食べることができるのではないでしょうか。

1時間単位で細かく期限を表示する販売者が増えているのも、食品の安全性や食品廃棄量の抑制に対する意識が高まっている証拠かもしれませんね。

まとめ

このように、賞味期限と消費期限は意味や使い方の違うものです。

意味を知った上で食品の扱いを考えましょう。

食品期限の問題として、3分の1ルールによりまだ期限を迎えていない食品を廃棄している場合があるということは前述の通りです。

また私たち消費者側も、期限の近づいた食品やそれをわずかに過ぎただけの食品をよく考えもせず簡単に廃棄してしまうのはもったいないですね。

食料の多くはなんらかの生き物の命からできているものです。

限りある大切な命をいただくことでまた一日生き延びることができていることを忘れてはいけません。

また、食べるものがなくて今にも死んでしまいそうな人もこの世界にはまだまだいます。

飢えに苦しむ人々と、大量に廃棄される食品との存在を考えると、なんとも寂しい気持ちになりますね。

食品廃棄を減らすことは命を大切にすることにも繋がるのではないでしょうか。そのために私たちにできることは、買い過ぎによる廃棄を減らしていくことです。

賞味期限と消費期限の違いを理解し、食品をできるだけ新鮮なうちに消費すること、もしそれでも食品が期限を過ぎて残ってしまっても、それを捨てる前に本当に捨てるべきものか一度考えてから捨てるか、捨てないかを決めるようにするといいでしょう。

これで少しは食品の無駄がなくなります。

最後にですが、私は2年前のマヨネーズを普通に使っていました(笑

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。