【暑いけど冷え性】クーラー病の症状と対策「夏でも温活をしよう」

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

暑くなってくるとエアコンのクーラーを、ガンガンにして使うことってありませんか?

私は、暑いと感じたら、ものすごい勢いでクーラーにガンガン働いてもらっています。

このクーラをガンガンにすることは、クーラー病を引き起こす原因になることも…。私は気にせずクーラーをガンガンつけますが(笑

クーラー病の症状は色々あります。

夏(外)と冬(室内)の切り替えができない

冷えた部屋
気温が30度超えるとクーラーは絶対つけたくなりますよね。夏なんかは毎日のようキンキンに冷えた部屋にしたいくらいです(笑

しかし、これがクーラー病を引き起こす原因に。室内はキンキンに冷えていても、室外は気温が高い状態なので、体が「やめてくれ!!」と悲鳴をあげます。

そして、自律神経が乱れることで、体温調節、ホルモンバランスも同時に乱れてしまうことに。これが、クーラー病です。

クーラ病の症状は冷え性に似ている

クーラ病は、体を冷やしてしまうことで引き起こされるので、症状は冷え性に似ています。その症状は、

  • 頭痛
  • 腰痛
  • 腹痛
  • 疲労感
  • 食欲不振
  • 手足が冷える
  • 不眠

これらの症状が出たと感じたら、クーラー病の疑いがあります。私の場合は、手足の冷えがひどく、家にいるときは、常に冷えている状態が続くことも。

まあ、私の場合は、常に家に引きこもって、クーラーをガンガンした部屋にいるので、冷えるのは当たり前ですね(笑

しかし、会社のオフィスなどで働いている場合は、私の同じような状況になりやすく、自分のデスクの位置が、クーラーの風が直接あたる位置の場合は最悪です。

きむ
少しでも体の冷えを感じたらクーラー病の可能性がある。

体が冷えてしまうことは、いろんな症状を引き起こす原因になり、腹痛なんかは、体が冷えてしまうと、引き起こされやすくなりますね。

自律神経も乱れてしまうので、頭痛なども引き起こされやすい状態です。

「夏でも温活!」クーラー病対策

クーラー病は体が冷えることで引き起こされるので、体を温める必要があります。夏でも温活をする必要があるということです。

クーラーの温度を変える

一番簡単にできる方法です。自分の家の場合は簡単にできますが、オフィスなどでは、他の人のことを考えなければいけないので、勝手に温度を調節しづらいですよね。

そのような場合は、冷えないように対策する必要があります。

オフィスの場合は、羽織るもの、ひざかけ、腹巻などで体を温める対策をするのがベスト。マフラーやレッグウォーマーを使ってもいいのですが、周りの人に対して、嫌味になってしまうことも。
温かいものを優先して食べる

アイス
気温が高くなると、つい、冷たいものを食べたくなりますが、我慢してください。飲み物もできるだけ常温のものを飲むようにすること。

夏に夏野菜をたべたくなりますが、夏野菜は体を冷やす原因にもなるのです。トマト、キュウリなどは、生で食べることが多く、冷えた状態で食べることになります。

これでは、体が冷えてしまうので、できるだけ避けるように。

お風呂にしっかり入る

夏の暑い時期は、シャワーだけですませる人は多いのでは?シャワーだけでは、風呂場の外に出たら、体が冷えてしまうので、余計に体が冷えることに。

クーラー病になってしまった場合は、シャワーだけではいけません。しっかりとお風呂に入って体を温めることが、クーラー病対策になります。

きむ
私は、夏場でも毎日お風呂に入っている。汗がダラダラになるまで入って、キンキンに冷えた部屋で体を冷やすのが気持ちいい。

クーラーの風に直接当たらない

クーラーの風に直接あたり続けてしまうと、体がキンキンに冷えてしまいます。私はこの状態が好きなので、やってしまいます(笑

これでは、クーラー病になってしまうので、皆さんはしないでくださいね。

オフィスなどのデスクの位置が運悪く、直接風が当たる場所になった場合は、少し勇気がいりますが、上司などに相談して、席替えをしてもらうことを考えたほうがいいですね。

そもそも、そんな環境の悪いところで働かすほうが悪いですよね(笑

クーラーでキンキンに冷えた部屋は気持ちいい

これは、対策でもなんでもないのですが、クーラーでキンキンに冷えた部屋って気持ち良くありませんか?

冷えた部屋で、毛布にくるまって寝るのが気持ちいいんです(笑

こんなことばかりしているから、クーラー病になってしまうのですが…。私のようなことをしている人は、どこかに1人はいるはず。

冬に、こたつに入りながらアイスを食べるのと同じ感覚です。

きむ
夏でも震えている時もある。それくらいクーラーに依存してしまうことも(笑

まとめ

クーラー病は、暑い時期になりやすく、暑いからこそ、体を温めることをしないといけないということです。

体にとって冷たいものは、あまり良くないのは、わかっているが、冷たいものを欲してしまいますよね。

それを我慢しなければ、クーラー病は治りにくくなってしまいます。

夏、冬関係なく「温活」をすることは、体にとって優しい生活になるということです

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。