寝起きの口臭の原因って?気になる朝の息をスッキリさせる方法

寝起きの口臭の原因

口臭って自分が思っている以上に他の人は気づいていることが多く、実際に他人の口臭に気づくことってありますよね?

特に寝起きの口臭は非常に臭いことが多く、気持ち悪いです。

この寝起きの口臭が臭い原因について紹介します。

口呼吸

口内フローラと呼ばれる細菌が口の中には多く存在し、起きているときは唾液が多く分泌されるので、この唾液が持っている洗浄作用や殺菌作用により、悪玉菌の増殖を防ぐことができています。

逆に寝ている間は、唾液の分泌される量が減少することで、細菌が増殖してしまい、これが寝起きの口臭が臭くなる原因になってしまうのです。

寝ている間、気づかないうちに口呼吸になっている人も多く、この口呼吸が原因で寝起きの口臭が臭くなってしまうのです。

その理由は口内が乾燥することによって、細菌が繁殖しやすい環境になり、口内に残っている食べかすなどを餌にし、それを分解するときに発生するガスが口臭の原因となります。

元から口呼吸の方は意識して鼻呼吸に戻しましょう。

これだけでもかなり口臭を改善することができます。

タバコ

タバコをよく吸う人も寝起きの口臭がきつくなりやすく、タバコが原因で歯の周りの肉が酸欠状態や栄養不足になってしまい、歯周病になりやすく、唾液の量も低下することで口臭がきつくなってしまいます。

これにプラスしてタバコのヤニがつくことで独特の異臭を口内から放つことになります。

寝る前にタバコを吸って、口呼吸で寝る人は寝起きの口臭は毒ガス状態になってしまいます。

寝起きの口臭がきになる方はタバコの本数を減らすなどして対策するといいでしょう。

お酒

お酒を飲むことでも口臭に影響が出てきます。

お酒を大量に飲むと体内にアルコールが残ってしまい、寝ている間にアルコールを分解するために、体中の水分を奪ってしまいます

水分を奪われることにより、口内の水分も不足してしまい、口が乾いた状態になってしまうのです。

寝る前にお酒を飲む人は口が臭いのが特徴なのは、これが原因だからです。

ストレス

ストレスを感じることで自律神経のバランスが乱れ、唾液の分泌量が減少してしまい、これによって寝ている間に口が乾いてしまい細菌が繁殖してしまいます。

ストレスを感じているときの唾液はサラサラではなくネバネバの状態なので、口の中を潤すことができません。

ストレスと溜め込まないことも大切になってきます。

食生活

食事の内容によっても寝起きの口臭に影響してくることもがあります。

口臭の原因の代表といってもいい、にんにくを食べることで口臭がきつくなるだけでなく、体臭もきつくなるので、食べる量はほどほどにしましょう。

次の日が完全にフリーのなら好きなだけ食べてもいいですが、次の日が人と喋る機会が多い場合は食べることを控えたほうがいいでしょう。

寝起きの口臭対策

寝起きに口臭がきつくなる原因はたくさんありましたが、対策する方法をちゃんとありますので、しっかりと対策していきましょう。

歯磨きをする

これをしていない人はいるのか?

もし、していない人があるのであれば、すぐに歯ブラシと歯磨き粉を買いに行きましょう。

今すぐにですよ

歯磨きは口臭を予防する基本的なことですので。

歯磨きをしている人でも、自分では気づいていないことが多いのですが、正確に歯磨きができていないことが多いのです。

歯磨きの仕方間違っていませんか?でも紹介しましたが、歯磨きの仕方を変えるだけで口内の環境はかなり変わってきます。

歯ブラシは月に1回は交換するようにしましょう。

口内を乾燥させない

口の中を乾燥させないことも、口臭対策になります。

寝ているときは気づかないうちに口呼吸になることが多いので、マスクをして寝るといいでしょう。

これだけでかなり乾燥を防ぐことができます。

また部屋に加湿器を置くようにするといいでしょう。

加湿器がない場合は部屋に洗濯物を干すだけでも部屋を保湿することができます。

水分補給する

寝ている間に口内の乾燥を防ぐために、寝る前に水分を取るようにしましょう。

夕食を食べ、そのあと何も飲まずに寝る人は多いのでは?

冬場は汗をかかないので喉が乾きにくいですが、コップ一杯分でいいので、寝る前に飲むようにしましょう。

寝ているときは体の水分が思っている以上になくなってしまうので、水分補給はしっかりとするように

緑茶には消臭効果があるので、水の代わりに緑茶を飲むのもいいでしょう。

まとめ

寝起きの口臭の原因はいろんなケースがあり、口内の環境を悪化させています。

寝る前に歯磨きをしても、朝起きたら口が臭いことがほとんどです。ほとんどというか絶対に臭いですね。

寝る前にお酒を飲みながらにんにく料理をつまんで、イライラしながらタバコを吸って、口呼吸で寝た次の日の朝の口臭はひどいことになりそうですね。

寝起きの口臭を防ぐためにも、寝る前に歯磨きをして、しっかりと水分補給をしておくようにしましょう。

口内を乾燥から守ることも忘れすに。

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。