大人になると友達と会う機会が減る

The following two tabs change content below.

きむ

引きこもることをこよなく愛する生き物。工場での人間関係に嫌気がさし、思いつきで会社を辞め、起業する。アフィリエイト報酬最高、月714万円(確定)。人間関係が苦手で、大人数の場になると孤立する。3ヶ月で20キロのダイエットに成功し、現在、筋トレにハマり中。

どうも、きむ( @kimu_news)です。

大人になってから友達が減ったなと感じたことがありますか。私はあまり感じたことがありません。というのも、もともと友達が少ないので、減ったと思ったことないだけです(笑

大人になると友達が減るのには、若い頃の考え方から大人の考え方に変わってしまうことも考えられますし、結婚を節目に関係が薄くなってしまうことはよくあることです。

特に30代を超えると友達が減っていくと感じる方が多いような気がしますね。

30歳を超えると周りが結婚しだす

私は今年で33歳になったわけですが、ちらほら友人たちが結婚し出してきています。子供も産まれ過程を築いている中、私は独身ライフを満喫している真っ只中です(笑)結婚できたらいいないと思うだけで、それほど結婚することに重きを置いていませんし、流れで結婚する感じでも全然御構い無しです。

友人が結婚すると、その友人は家族中心の生活を送るようになるので会う機会が減ってしまいます。子供が生まれればなおさら家庭のことが中心になりますし、嫁さん次第では友人と飲みに行くだけでケンカに発展することも考えられる。中には寛大な嫁さんも存在し、飲みに行っても全然OKという方もいますが、それでも会う機会は減ります。

こうして独身組は友人と会う機会が減っていき1人を満喫せざるおえない状況になってしまうことになるのです。私としては1人でも十分に満喫できているのでいいのですが、昔みんなで騒いでいた頃が懐かしい。

そもそも友達って必要?

友達の必要性をそこまで真剣に考えたことがないですが、30を超えたあたりになると考えるようになりましたね。そもそも、友達はお互いに持ち寄ったストレスを共感しあったり、共通の趣味でストレスを発散したりと、ストレスを発散することが共通の目的になることがほとんどです。

友人と一緒にいることで現実から逃げることができるので、気の合う友人と共に過ごす時間は居心地が良いのです。30を超えてから友人ってなかなかできませんし、学生時代からの友人が貴重な友人になることが多いです。ただ、中には非常に交友関係が広い人もいます。

  • 仕事で人脈を必要としている
  • コミュ力が高く誰とでも友達になれる
  • キャラとして必要とされ、よく誘われる

など、人との繋がりを保っている人は多いです。この友達との繋がりって人間社会で生きて行く上で必要だと私は思います。人って人との繋がりがないと不幸だと感じますし、人との関係が良好でない時も不安を感じたり、不幸だと感じることもある。

その反面、人は人から幸せを与えられることもある。結局、人は人から感情を揺さぶられながら生きていくということです。もちろん物を買ったりすることで幸福感を感じられますが、それは一過性の幸福感であって、友達がいるというお金では買えない幸福感に勝ることはないのです。

質より量の関係性

私はもともと友人が非常に少ないので、人よりも幸せの度合いが少ないと思われそうですが、特にそんなことを感じたことがありません。私の心は氷河期真っ只中なので、友人がいなくても平気ですし、友人が多すぎる人の方が友人に振り回されているような気もします。その友人関係から仕事につながる場合ならまだしも、ただ単に友人の関係性であれば時間を奪われる存在だと感じてしまいますからね。

きむ
自分でも心が冷めきっていると思いますよ(笑

私は友人を勝手にランクづけしてLINEから削除していき、結果16人しかラインで繋がっていない状態に自らしたのです。(家族、親戚を含む人数)これ、結構スッキリしますよ。自分に必要な友人と行ったら失礼極まりないですが、必要な友人だけと繋がっていると自分の時間を有効に使うことができるようになります。自分の時間を使えるようになるとストレスの度合いが減ります。

友人が少なくなると感情のブレがなくなるんです。喜怒哀楽の表現が薄くなり冷めた感じの人間になってしまうのです。私のように(笑

私の場合は仕事に集中したかったので人間関係の断捨離を行なったわけですが、あまり闇雲に連絡先を削除したりしない方がいいかと思います。友達も宝だと思いますし、人間らしく生きて行く上では絶対に必要な存在だと私は思います。

こんなことを言っている私の数少ない友人の数は4人。それ以外にも友人「らしき」人はいますが、腹を割って話せなかったりする「知り合い程度の人」がほとんど。学生時代から繋がりがあってよくご飯を食べに言ったり飲みに言ったりする人であっても気を使う友人ていますからね。このような関係性の人のことを友人と呼んでいいのか私にはわかりません。

中にはLINEに登録してある人はみんな友人だと豪語する人もいますが、大概「知り合い程度の関係性」だと思いますよ。ただ、知り合い程度でも顔をあわせるだけ人と会ったり話す機会としては1つの人との繋がり方なのかなとも思います。私は徹底的に人間関係を断捨離しました。

関連記事:人間関係を断捨離する方法|偽りの自分を演じない

知り合い程度の人は削除

1度自分の人間関係を整理してみると知り合い程度の関係性の人が多くなっていることがあります。この引きこもりの私でさえもLINEに全く連絡を取らない人がいましたからね。もしかしたら連絡をとるかもしれないと思うかもしれませんが、私の場合は、そのように感じた人と連絡をとることが今までに一切なかったので、完全消去しました。

なんか、連絡先もスッキリと整頓したくなる時があるんですよ。部屋の掃除みたいなもんで連絡先を整理整頓することでスッキリするだけではなく、連絡先の人との関係性を見つめ直すきっかけにもなります。損得勘定なしで1年以内に連絡がない人や飲んだ時のノリで連絡先を交換した人などは、何も考えずに削除しますし仕事で必要な人、お世話になっている人、家族などは優先して残しています。となると、友人が真っ先に削除候補に上がるのです。

私はラインの友達をできるだけ20人以内に納めたいという謎のルールを課しています。現在は14人。なんとかノルマを達成していますし、これだけスッキリしていると仕事中に連絡が来て集中力が途切れてしまうことは無くなります。グループラインに参加しているときはLINEがひっきりなしで通知するので、気にしないようにしていても気になってしまうこともあります。

きむ
仕事の妨げになることを考えて、LINEの友達整理をしました。

1人で生きやすい世の中

今の時代、1人でも生きやすい世の中になったと思いませんか。ネットが普及して今でもパソコン、スマホを持っている人の方が多い時代です。ネットの中で人と繋がることができますし、ゲームの世界で結婚する人もいますし、ゲームの世界で知り合い、リアル世界で出会って結婚する人も稀にいます。昔とは友達の作り方も違いますし、結婚相手、恋人を探す方法も変わって来ています。

このネットが私の性格にぴったりだと気付いたのは20代前半。ネットで人と繋がれることに新鮮さを感じましたし、今では当たり前だと感じています。そのと世界に出なくても人と話すことができ、同じ目的(ゲームのボスを倒すなど)に向かって切磋琢磨することもできる。

「人との出会いはネットから」という人たちも多くなって来ましたし、私のその1人です。買い物に関しても出かけずにネットで済ませることができるので、人と触れ合わずになんでも物事を完結してしまうことができてしまう。

このような1人で生きやすい世の中だと、リアル世界での友人の必要性が薄くなってしまいますが、私たちは人間なのでリアルでの人との関係性を本能として欲している。1人で生きやすい世の中であっても人間は人間を欲しているのです。ただ、大人になると友達が減ってくることはよくあります。

最終的にほとんどの人が「家庭」を中心としたを送ることになり、友達中心の生活を送ることができなくなります。結婚は大人になってからすることなので、必然的に大人になると友達と会う機会がどんどん減ってしまう。手軽にネットで友達を作ることができますが、私はネット内でも濃い関係の人はいません。

私は友達に何を求めているのか自分でもわかりませんし、友達を損得勘定で作りたくもありません。

きむ
人間って難しい生き物だと思う。動物のように単純に生きれないし嘘をつける生き物ですからね。

まとめ

大人になると友達が減ったと感じる人は多いと思います。友達が減ったというよりも結婚などで会う回数が減っただけであって友達という関係性はそのままの方が多いと思います。ただ、大人になると友達を精査するようにもなるのです。

  • 友達だけど気を使う関係
  • 友達であり気を使わなくてもいい関係

というように友達という意味合いは2種類に分けることができます。分けた結果、友達だけど気を使う関係の人は友達なのかと自問自答するようになり、自分自身で友達ではないと感じるようになることもあります。このように自分で友達を減らしている人もいます。人間関係の断捨離をすることで友達を整理することができますが、逆に大人になると友達を作る機会がグッと減ります。

私の場合はもともと自分から友達を作ろうとしませんでしたし、今でもその性格は変わりません。友達は少数精鋭の方が気楽です。大人になって友達が減ってもいいじゃないですか。

逆に友達のみんなが結婚せずに学生時代の頃のように騒いでいる方が怖いですからね。今日もネットの世界に引きこもってネットの友達をモンハンをしよう。