残業「善」定時「悪」サービス残業が当たり前の風潮がある会社から転職

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

サービス残業をさせてくる会社って実際にありますよね?たまにニュースでも取り上げられていますし、私が働いていた会社でもサービス残業をしている人がいました。私は断固拒否して逃げていましたが(笑

サービス残業は、会社にサービスすることだと思っているのですが、なぜ、会社にサービスしなければいけないのか?

サービス残業しても評価は変わらない

サービス残業 評価
就職して会社で働くようになると、残業をある程度するようになりますが、この残業の上級版として「サービス残業」というものがあります。

私が会社員の時は、このサービス残業の意味がわかりませんでした。また、これに従って働いている人の心境もわかりませんでした。

普通の残業は残業手当がつくので、会社側は働いて当たり前と思っているでしょうし、サービス残業はサービスなので、なんの手当てもつきません。

この2つの残業をしたからといって、上司の評価が高くなるわけでもありませんし。会社にサービスする為に就職したのか?と、私は考えていることもありました。ただ単に、働きたくなかっただけですが(笑

定時に帰ることは悪いという風潮

定時で帰る
残業することが当たり前になっている会社で、定時で帰る人は「悪」と捉えられることも。

まあ、みんなが忙しそうにしている中、帰っていくわけですから、「なんであいつだけ」「手伝ってくれよ」と思われても仕方ありません。

なぜ、定時で帰ることは悪なのか?仕事を効率よくした結果、定時で帰れるようになったのに、悪とされる風潮があることも。

しかも、「手伝ってくれ」と思っている人がいること自体が問題。完全に人に頼ること前提で仕事をしていることになるので。

わたしは、こんな考えを持っている人の手伝いは一切しません。

きむ
どこにでも人任せな人はいる。自分でなんとかしようと、考えることから逃げている。

有給を取ることも悪いこと

有給を取ることも「悪」とみなされることも。せっかくの有給なのに貯まっていくだけという人はいるのでは?わたしが有給消化できたのは、リーマンショックの時くらいですよ(笑

それ以外は、有給を使いまくることができない会社でした。まあ、今となっては過去の話。

生産性が日に日に落ちていく

忙しいことは会社にとっていいことかもしれませんが、働く側としては、地獄の毎日。残業することで手当をもらうことはできますが、自分の時間を会社に売ることになります。

残業を毎日繰り返していると、日に日に生産性が落ちていることに気がつくことも。中には、「頑張ってもどうせ残業だから」と、だらだらと働く人も出てきます。これでは、生産性が落ちていく一方です。

残業が原因で人材の入れ替わりが激しくなる

あまりにも残業が多すぎると、社員、派遣関係なく人材が消えていくことにつながります。残業を嫌だと思っている人は多いので、仕方ないことですが、その方が賢い選択なのかもしれませんね。私も忙しい時期に会社を退職しましたから。

入れ替わることで生産性が落ちる

人材の入れ替わりが激しくなることで、会社は荒れます。新しい人に仕事を教えなければいけないので、生産性はガタ落ち。

残業がしんどいと感じたら、また人材が消え、新しい人材が入ってくる。これを繰り返してばかりだと、残業は増えるばかりです。

きむ
毎週、人が入れ替わることも。これでは、いつまでたっても軌道に乗らない。

この繰り返しでは会社がレベルアップしない

人材の入れ替えばかりしていることは、会社のレベルアップにはつながりません。ある一定期間で、人材の能力がリセットされることになりますし、会社の雰囲気も良くなりません。

ベテラン社員が少ない会社は、人の入れ替わりが激しいという証拠。それでは会社のレベルは低空飛行を保ったままです。

自分の時間がなくなる

残業ばかりしている人は、自分の時間がかなり少なくなってしまいます。自分の時間がないということは、自分のために時間を使うことができないことにも。それでは、自分のためになりません。

肉体的、精神的に疲れ切ってしまう

残業とサービス残業を繰り返していくうちに、体は悲鳴をあげます。特に、人間関係からくるストレス、疲れは最悪ですね。

中には、これが原因で病気になってしまう人もいると思います。自分の時間が無くなることで、自分の魂を会社に吸い取られていく感覚になってしまうことも。

自己投資ができない

自分の時間がないので、自分のために投資をする時間もありません。それでは、自分をスキルアップさせることもできません。

私が働いていた会社では、スキルアップのために自己啓発をしろと、上司が行ってきましたが、「会社から押し付けられた自己啓発なんかしたくねーよ」と思い、全くしなかった覚えがありますね。

自分のやりたいことに時間を使うことができない、投資ができないのは、人生を不幸にさせていきます。

きむ
仕事だけに時間を使う毎日。この先、こんなことがずっと続くと思うとゾッとしませんか?

サービス残業が会社を潰す?

サービス残業 会社潰す
「サービス残業をしている俺って頑張ってるー!」と、思いながら仕事をしている人は、全国に数人いるかもしれませんが、サービス残業をしても、何も得るものはありません。

会社に自分の時間をプレゼントしているだけ。何の評価にもつながりませんし、いいなりになっていると、いいように使われるだけです。

私は個人的に、サービス残業が会社の「人間」を潰していくと思っています。

働く気が失せる

サービス残業をしてばかりいると、もちろん働く気は失せます。本気を出すことができませんし、疑問に思いながら仕事をすることになります。

そんな状況下で働いている人は、どう思うのか?「感謝しています」と、ここで思うことができれば、ある意味変態ですね(笑

大体が「しんどい」「辞めたい」と、思うはず。会社が人間を潰しているのです。これでは、やる気も出ませんし、人材が成長する環境とは言えません。

人材が消えるリスクが高まるだけ

人材を潰す会社の特徴は「人材が消える」こと。そして、新しい人が常に入ってくる状態。上記でもいいましたが、これでは会社の生産性がガタ落ちしていくだけです。

サービス残業ばかりさせることは、その場しのぎになるだけで、人材が消えてしまうリスクを高めるだけ。

社内全員の表情が暗くなる

できれば、会社にウキウキしながらいきたいですよね?しかし、そんなウキウキ会社に行くことができるのは少数派。

サービス残業ばかりしている人の表情は、暗〜くなってきます。仕事といえど、楽しくしたいと思いませんか?

きむ
楽しく仕事をすることも1つのスキル。サービス残業は、そのスキルを奪う存在。
長い時間仕事をすれば良いわけではない

長い時間働いている人は、ものすごく頑張っている人と思いますか?まあ、仕事の量によりますが、ただ単に仕事をしているだけ人もいるのでは?

残業、サービス残業をしても頑張っていると思っているのは自分だけ。その見返りに残業代をもらうことができますが、サービス残業の場合は…。それでは自分を成長させることはできません。

メリハリをつける

サービス残業 メリハリ
仕事するときは仕事をする。休憩するときは休憩をする。このようにメリハリをつけることで、集中力を保つことができます。

だらだら〜っと仕事をしても、ずっとだらだらしているだけ。残業したくなかったら会社内での生活にメリハリをつけること。

だらだらと長い時間働くよりも、太く短く働いて、自分の時間を作った方が、しっかり休息することができます。

休まないと生産性が下がるだけ

しっかりと休むことができなければ、仕事の質が格段に下がります。この状態が続くと、余計に残業が多くなってしまうという悪循環に。

だらだらと長く働いても生産性を上げることはできませんし、しっかりと休むこともできません。この状態が続くと、奴隷の感覚になってしまいますよー。

きむ
私も奴隷になっていた時期があった。なんにも楽しくなかった思い出(笑

定時で帰る人はデキる人

逆に定時で帰ることができる人は、効率よく仕事をしている人。やることをしっかりとやっているのに「悪」扱いしている会社はあります。

自分の仕事が終わってもフォローすることがほとんどかもしれませんが、このフォローすることが当たり前になっていることが問題。

フォローばかりしてしまうと、その人はフォローしてくれるのが当たり前になってしまうので。自分でなんとかしようと、考えることをしなくなってしまう人もいます。もはやロボット人間ですね(笑

残業に頼り過ぎない

定時で終わらないなら、残業すればいいと考えている人もいますが、私の場合は残業が大っ嫌いだったので、定時内に終わらないにしろ、できるだけ早く終われるようには考えていました。残業に頼ってしまうことは、何もいいことはありません。

残業代が支払われても残業したくない

個人的に、残業代がきっちりと支払われたとしても、残業はしたくありません。残業しなかった時の給与明細は寂しいもんですが、私にとってはそれで満足です。

それよりも会社に自分の時間を与えていることが嫌だったので。お金を稼ぐ目的で、だらだら残業している人もいるかもしれませんが、それは目先のお金に目が眩んでいるだけです。

仕事の持ち帰りもサービス残業

これもよく聞きますよね〜。仕事のお持ち帰り。こんなもんお持ち帰りしたくないですが、実際にお持ち帰りして仕事をしている人はいました。

しかも、「俺は家でも仕事をしている」みたいな感じで自慢している人も。その時、私は「こいつ変態やな」と思いましたが(笑

お持ち帰りした仕事には、もちろん残業手当はつきません。サービス残業は、自分のプライベートにまで侵入してくることがあるのです。恐ろしいことに。

きむ
仕事をお持ち帰りしても、会社にサービスしているだけ。悪い意味でハートがキュンキュンしてしまう。

サービス残業を断れない現実

サービス残業したくないと思っている人は多いと思いますが、断ることができないのが現実ですよね?何か重大な理由がない限りはサービス残業することになります。

その中で定時で帰ってしまう人は私の中では「神的存在」ですね(笑

残業しないと1日の仕事が終わらないことはありますが、残業を断りにくい環境で働くのも精神的にきつくなってきます。

サービス残業をしている人って、パソコンの前で固まっていることがほとんど。(私が以前働いていた会社の場合)「なんもしてないやん」と思っていましたし、「それに意味があるのか」とも思っていました。

断れない環境って人間の心を破壊してしまうのか?怖い…。

きむ
俺が残業しているから夜景が綺麗なんだ!と、頑張ることはできない。サービス残業は「会社と夜景を見ている人」に、サービスするだけ。

最悪転職するのもアリ

サービス残業が嫌だと、心の底から感じている人は、「転職」も視野に入れるといいですね。私も会社で働くことを本気で嫌と感じていたので、退社しました。(その後ニート生活)

まあ、その会社に固執する必要はありませんし、「辞めても、次の仕事のランクは絶対に下がる」と上司が引き止めにきても、会社に脳みそを洗脳されている人の話は無視すればいいだけ。

自分の生きたいように生きる方が、人間らしさがあって良いと思いますし。

1つの会社で働き続けることはすごいこと。しかし、見切りをつけて捨てることも必要。

嫌だと思っているのであれば、その会社から逃げてしまえばいいのです。簡単なことで難しいこと。しかし、これをしなければ、現状を変えることはできません。

【仕事を辞める勇気】知識・スキル・実績がない状態から起業するまでに学んだこと

2017.05.20

まとめ

まあ、サービス残業が無い会社で働くのが1番ですが、この世にサービス残業が無い会社の方が少ないのかもしれません。

日本中で会社にサービスしている人が多いというのが現実。会社側は「雇ってあげている」と思っているから、サービスしてもらって当たり前と考えているのかも。そんな会社では働きたくないですね(笑

私が以前、働いていた会社では残業時間自慢大会が始まることもありました。「俺は今月〇〇時間残業した!」という感じで。なんの自慢にもなりません。私は残業が多いとがっかりしていましたから(笑

私の中では残業は「悪」。この悪払いすることを考えないと、人はこの悪に破壊されてしまいます。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。