仕事を楽しくする方法|楽しくない・楽しめないと感じるのは「自分自身」に原因がある!?

どうも、きむ( @kimu_news)です。

楽しく仕事ができればいいのですが、そううまいこと仕事をすることって難しいですよね?

仕事を本気で楽しいと感じている人は非常に少ないと思います。

ほとんどの人が仕事を「楽しめない」「楽しくない」と感じているのが現実。

仕事を楽しむためには、少し自分を変えていく必要があります。

仕事を楽しむためには強い「目的意識」が必要

仕事を楽しむためには、仕事を始める前に自分がしたい仕事、楽しめるような仕事を探す必要があります。

ここで選択を間違えてしまうと、楽しくないと感じる仕事をすることになります。

  • 人の役に立ちたい
  • 〇〇の分野を極めたい
  • お金を稼ぎたい
  • 好きなことで生活したい
  • 責任感のある仕事をしたい
  • 人を笑顔にしたい

このように、何をしたいのかをざっくりでいいので明確にすることは大切なことです。

この自分がやりたい仕事に向けて勉強したり資格を取得したりすることで、自分が楽しいと感じる仕事ができる可能性が高くなります。

職場の環境で楽しめないこともある

まだ、この段階では仕事が楽しめるかはわかりません。

その理由は、実際に職場で働いていないから。

実際に働いてみることで気がつくことって結構あります。

楽しめる仕事をするための目標を決めることで、自分のやりたい方向へ進むことができるのですが、「職場の環境」は実際に働いてみないとわかりません。

特に「人間関係」は仕事を楽しめるか、楽しめないかを大きく左右します

こればっかりは、なんとも言えませんし職場をリサーチするにしても、潜入することはできませんからね。

仕事内容としては理想だったとしても人間関係によって仕事を楽しめなくなってしまうこともあります。

また、職場の配属先によっても変わってくるので、会社内でも仕事を楽しめる環境のところがあれば、楽しめない環境のところもある。

楽しい仕事は「頑張らない」こと

楽しいと感じる仕事ができている人は、仕事を「しんどい」「つらい」「疲れた」とあまり感じない。

ゲームなどにハマっている状態とでも言えばいいでしょうか。

自分の「ゾーン状態」に入り込むことができる仕事が自分にとって理想の仕事になります。

この状態になっているときは、仕事を頑張っている感覚は全くありません。

私も、毎日のようにゾーン状態で仕事ができる環境で仕事をしているので、時間を忘れることは当たり前の感覚です。

楽しむためには勇気が必要?

私は工場に就職した時に、「工場に働きたい!」という意気込みがない状態で就職したので、仕事は楽しくないことと認識していました。

しかし、現在は独立して「記事を書く」「イラストを描く」仕事をメインに生計を立てています。

意外と自分が楽しいと感じられる仕事ってあると思いますが、なかなかそれを自分で探すことができない。

できたとしても、その仕事で生活ができるのかはわからない。

楽しいと感じる仕事をするためには、他の人よりも一歩踏み出さないといけないこともある。

「楽しむ勇気」が必要になってくるのです。

頑張ると楽しくなくなる

仕事を頑張っている場合、自分には向いていない仕事、やりたくない仕事をしていることが多い。

「なんでも頑張ってしまうと楽しくなくなってしまう」と、私は思っています。

「自分は今頑張っている」と感じるときがありますが、仕事が本当に好きなのであれば、頑張っているとは感じません。

仕事が楽しいと感じているときは「没頭」している。

頑張っているという感覚は1ミリも感じない。

「頑張っている」という言葉には、「無理をしている」という言葉が隠れている。

無理やり仕事をしている状態では、仕事を楽しむことはできない。

頑張るのではなく「没頭」する

上記でも言いましたが、仕事が好きな人は仕事に没頭することができる人です。

この没頭できる「何か」を持っている人は非常に少ない。

趣味ですら頑張ってしまう人っていると思うんですよね。

誰かに誘われてスノボーに行ったりサーフィンに行ったりするときって、楽しんでいるというよりも頑張っている感覚が私にはありましたから。

リア充している自分を演じていたからこそ、頑張っていたのですが、このようにプライベートを頑張っている人はいると思います。

プライベートでも没頭することは難しい。

仕事になるとなおさら難しくなってくる。

楽しさだけを取ってしまうと生活することができなくなってしまう可能性がありますからね。

仕事を楽しむことと収入のバランスをとることは、ものすごく難しいと感じています。

「何か」に没頭できる人は、なぜ、没頭することができるのか?

「自分に合った仕事」をしている

没頭する「何か」を持っている人は、かなりシンプルな方法で仕事を見つけています。

その方法は、自分のやりたいことをやっているだけ。

非常にシンプルなことですが、自分のやりたいことを「仕事」にするのは、かなり勇気が必要になってきます。

ただ、これができている人は仕事に没頭している。

探すといってもわからない

仕事を楽しみたいと思っている場合、自分に合った仕事を探すことが大切になってくるのですが、どう探したらいいのかわかりませんよね?

  • 自分には何が向いているのか?
  • 特にやりたいことがない
  • そもそも自分のことをよくわかっていない

このように思う人は多いと思います。

仕事を楽しむための方法として、少し遠回りにはなりますが、まずは「自分のことを知る」必要があります。

コミュニケーションが苦手な人が飲食店や営業の仕事をすると、頑張ってしまうことが多い。

自分の欠点を直すという意味ではいいのかもしれませんが、仕事を楽しむという意味では最悪な環境で仕事をすることになります。

自分のことを知っていないと、仕事で自分を苦しめる可能性が高くなります。

まずは「自分のこと」を知ることが大切

意外と自分のことを知っていない人は多いと思います。

また、自分のことを知る大切さをわかっていない人も多い。

自分と向き合う時間を意識して確保したことがありますか?

あまり、ここまで自分と向き合ったことがある人は少ないと思いますが、自分と向き合うことで自分の強み、弱みを知ることができる。

強み、弱みを知ることができれば、自分が楽しめる仕事を見つけやすくなります。

自分を知らないまま就職してしまうと、自分に合っていない仕事を頑張ってしまうことになります。

私のように。

客観的に自分を見るために

あとあと後悔しないためにも、自分のことを知っておいて損はないです。

自分を客観的に知ることができるオススメの診断テスト「グッドポイント診断」で1度、自分のことを見つめ直してみるのも面白いですよ。

「リクナビ」に無料登録する必要はありますが、診断自体は5〜10分程度で終わります。

質問数が100問超えてくるのは少しビックリするかもしれませんが、難しい質問はありません。

自分自身が楽しいと感じる仕事をするためにも、まずは自分のことを知ってから職探しをすることをオススメします。

まとめ

自分が仕事で楽しめない、楽しくないと感じるのは、自分自身が自分のことを知っていないことが大きな原因。

また、自分のことをわかっていたとしても、やりたことをする勇気が必要になってくる。

ただ、仕事で楽しみたいだけなのに、勇気が必要になってくるのです。

自分を楽しませることって結構大変なことなんです。

私は、現在自分を楽しませることができていますが、会社員の時は自分を頑張らせていましたからね。

会社員の人を否定するわけではありませんが、会社で働いている人の多くが職場の環境や人間関係に不満を持っていると思います。

  • 今を楽しめていないから転職を考えている
  • 現在、仕事探しをしている

仕事を探すことも大切なことですが、まずは自分のことを知ることも大切になってきます。

客観的に自分を見て、自分を楽しませる仕事を見つけることができれば、それだけで充実した毎日を送ることができますよ。

グッドポイント

やりたいことを探す前に自分を探す
リクナビ「グッドポイント診断」

自分の性格を分析!自分の強み弱みを知りたい方にオススメの診断!

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。