30代でも未経験職種へ転職をすることは可能なのか?希望条件を変えることも視野に入れよう!

どうも、きむ( @kimu_news)です。

30代であっても、未経験職種へ転職をすることは充分に可能です。

ただし、30代の未経験職種への転職は、難しいことではあるので、気をつけなければいけない点がたくさんあります。

では、どのような点に気をつけていけば、30代でも未経験職種への転職を実現することができるのか?

希望職種を絞る

「たくさんの希望職種がある」という状態で、転職活動を進めてはいけません。

確かに、多くのことに関心があると、たくさんの希望職種ができてしまうものです。

多くのことに関心があることは、素晴らしいことではありますよ。

しかし、転職活動を進める中で、たくさんの希望職種があると、非効率な転職活動になりかねません。

まずは、転職活動を具体的に進める前に、希望職種を絞ることが大切です。

私の経験上、3職種~4職種程度に絞って転職活動を進めると、上手に転職活動が進みやすいように感じています。

きむ
1職種~2職種に絞ってしまうと、応募できる求人が限られてしまうんですよね。

一方で、希望職種が5職種以上ある場合は、応募企業の選択に時間がかかったりと、面倒な転職活動になってしまう恐れがあります。

希望職種を決める際には、興味のあることを参考にするといいでしょう。

例えば、計算をすることが好きなのであれば、経理職を希望職種にするといった具合ですね。

また、適職診断などを受けてみると、客観的に自分の得意なことを知ることができますので、希望職種を決める際に役立ちますよ。

他にも、「友人に自分が向いてそうな仕事を聞いてみる」「幼少期に好きだったことを思い出してみる」などをしても、希望職種を決めることにつながることがあります。

職種についての研究をする

未経験職種へ転職をした場合は、労働時間や給料が大きく変わる可能性があります。

そのため、未経験職種に転職をしたいのなら、希望職種について研究をしておくことをオススメします。

また、「希望職種は未経験を受け入れてくれやすい職種なのか」という点も、研究しておきたいですね。

いくら、希望職種から内定をもらうために転職活動を進めても、「未経験者は受け入れない性質の職種」である場合は、かなり難しい転職活動になってきますからね。

きむ
転職後に後悔をしないためにも、そして無駄な転職活動を行わないためにも、職種についての研究をしておくことは重要なことですよ!

職種に関する資格の取得を検討する

職種に関する資格を取得できそうであるのなら、積極的に取得を目指してみてもいいでしょう。

企業は30代の転職希望者に、即戦力を求めるものです。

たとえ、未経験職種を希望している30代転職希望者に対しても、即戦力を求めるものですよ。

そのため、転職活動においては、即戦力アピールをしてゆく必要があります。

ただ、未経験職種に応募をするわけですから、なかなか即戦力アピールをするのは難しいですよね。

しかし、資格があれば未経験職種への応募であっても、即戦力アピールにつながるかもしれません。

資格を持っているということは、一定の知識があることの証明になるわけですからね。

このように、一定の知識があることを証明することは、即戦力アピールにつながる可能性が大いにあるのです。

勉強をしたりと大変ではありますが、本気で未経験職種に携わりたいと考えるのなら、資格取得を目指す意味は大いにあるはずです。

未経験職種へ転職した後のことを考える

例えば、未経験職種に転職をした場合は、給料が大きく下がってしまうこともあるかもしれません。

仮に、給料が大きく下がってしまったら、今までの生活の質は下げざるを得ませんよね?

また、未経験職種に転職をした場合は、覚えることも多くなるはずです。

残業をしたり、仕事を家に持ち帰ったりと、今まで以上に忙しくなってしまう可能性も高いでしょう。

未経験職種に転職をした場合は、様々な負担が圧し掛かってくるかもしれないのです。

だからこそ、未経験職種へ転職した後の給料や生活のことなどは、きちんと考えるようにしてください。

「転職後もきちんと生活を送ることができる!」と自信を持てる場合にのみ、未経験職種への転職活動をしてもらいたいと、私は思います。

未経験職種への転職は難しいことを理解する

30代であっても、未経験職種へ転職をすることは可能です。

しかし、30代の未経験職種への転職活動は、難しいことでもあります。

転職活動を進める際には、「30代の未経験職種への転職は難しい」ということは、理解をするようにしてください。

難しいことを成功させるためには、生半可な気持ちでいてはいけません!

また、難しいことを成功させるためには、きちんと計画を立てることが重要です。

30代が未経験職種へ転職をしたい場合には、転職活動の計画をきちんと立てるとともに、真剣な気持ちを持つことが大切なのです。

また、30代の未経験職種への転職が難しいわけですから、不採用となる機会も多くなりやすいです。

そのため、不採用が多くても、めげない気持ちを持つことも重要ですよ。

意外と、転職活動において、数社連続で不採用が続いてしまうと、落ち込んでしまう人は多いですからね。「不採用は当たり前のことだ!」と自分に言い聞かせて、前向きに転職活動を進めていくことも大切なことなのです。

転職活動の計画を立てる

計画を立てないで転職活動を進めた場合、高い確率で転職活動に失敗をすると思います。

特に、未経験職種への転職活動の場合は、とても難しいことですので、より計画を立てることが大切になってきます。

計画を立てる際には、まずは転職決定の日時的な目標を決めておくといいいいですよ。

例えば、「○月○日までに転職先を決定する」という具合に。

そして、転職決定の日時的な目標を定めたら、「目標達成のためにすべきこと」を考えてゆくのです。

「目標達成のためにすべきこと」を時系列にまとめていくことで、転職活動の計画を立てることができるのではないでしょうか。

目標達成のためにすべきこと(例)
  1. 希望職種を絞る
  2. 応募企業決定
  3. 応募書類作成
  4. 面接

などなど、「目標達成のためにすべきこと」は、たくさんあるものですよ。

きむ
「目標達成のためにすべきこと」をきちんと時系列にまとめて、しっかりと転職活動の計画を立てるようにしていこう!

志望動機のテンプレートを作成する

特に、未経験職種への転職活動の場合は、志望動機が重要になってきます。

そのため、志望動機のテンプレートを作成して、いつでも企業ウケする志望動機を用意できる状態にしておくことをオススメします。

ほとんどの企業は、未経験職種への転職希望者に対して、「なぜこの人は未経験職種に転職をしたいのだろう?」という疑念を抱きます。

なので、未経験職種へ転職をしたい場合は、企業に「未経験職種に転職をしたい理由」を伝える必要があるのです。

そして、そんな「未経験職種に転職をしたい理由」を伝えるのに有効活用できるのが「志望動機」。

履歴書の志望動機欄には、必ず「未経験職種に転職をしたい理由」を記述しておくこと!

そして、面接の際にも、志望動機を聞かれたら、「未経験職種に転職をしたい理由」を答えられるようにしたいですね。

選考において、「未経験職種に転職をしたい理由」をしっかりと伝えることで、採用に近づくことができるのです。

そのためにも、志望動機のテンプレートを作成しておき、いつでも志望動機を伝えられる用意をしておくことは大切なことなのです。

ただ、志望動機のテンプレートは、あくまでもテンプレート!

応募企業全てにテンプレートとして作成した志望動機をそのまま伝えても、説得力に欠けてしまいます。志望動機のテンプレートを基準にしつつ、企業ごとに志望動機を変えていくようにしてください。

面接の練習をする

転職活動において、面接の練習をすることは当たり前のことです。

未経験への転職を希望する場合は、より面接の練習が重要になってきます。

面接においては、「未経験の職種ですが働いてゆく自信はありますか?」「異職種への転職を考えているようですが今の職種には不満があるのですか?」などといった質問を受けるかもしれませんよね?

希望職種が未経験であるがゆえの質問を受ける可能性がないとも言えませんので、すぐ答えられるようにしておく準備はしておいた方がいいですよ!

基本的な面接の受け答えに関しては、「面接質問集」などといった本を参考にすれば問題ないです。

しかし、未経験職種への転職を希望している人に向けた「面接質問」は、なかなか見つからないんですよね。

そのため、できれば面接練習においては、「転職エージェント」や「ハローワーク」を活用することをオススメします。

例えば、転職エージェントを利用すれば、面接練習を受けることができます。

あなたの状況に添った質問もしてもらえるので、希望職種が未経験であるがゆえの質問の練習もする環境が整っています。面接練習においては、転職エージェントやハローワークなど、転職支援機関も活用するようにしてください。

転職活動の面接前に対策「9個」と面接中に行う対策「6個」気持ちをリラックスさせるための下準備

2018.03.04

即戦力アピールする方法を考える

未経験職種に転職することが希望であっても、30代であるのなら、即戦力が求められます。

そのため、転職活動においては、即戦力アピールをする方法を考えていくことも重要です。

上記でも言いましたが、資格を取得していれば、それだけで即戦力アピール材料になります。

また、難しいことですが、履歴書や職務経歴書でも、即戦力アピールをしていきたいところでもあります。

例えば、現職と希望職種との類似点を見つけて、現職での実績などを記述すれば即戦力アピールになるのではないでしょうか?

もちろん、面接まで進むことができたのなら、面接においても即戦力アピールできるよう返答の準備を怠ってはいけません

なかなか採用が決まらない場合は、希望条件を変えてみる

なかなか採用が決まらない場合は、希望職種や希望条件を変えてみるようにするといいでしょう。

転職活動をする中で、数社連続で不採用になることは珍しくありません。

そのため、数社連続で不採用になったくらいでは、自分の希望を変えずに転職活動を進めても問題ありません。

ただ、数十社連続で不採用になる場合は、あなたの希望が高すぎる可能性があります。

この場合は、希望職種や希望条件を変えてみることで、採用される可能性を高めることができるかもしれません。

時期的な目安としては、3ヶ月程度転職活動を進めても進展がない場合は、希望職種や希望条件を見直してみるといいでしょう。

3ヶ月間転職活動を行っても全く採用がもらえない人は、その後同じように転職活動を進めても、不採用が続いているように感じます。

このような人は、希望職種や希望条件を見直すことで、採用を得ている人が多いものですよ。

3ヶ月を目安に転職活動を行って、不採用が続くようであれば、自分の希望を今一度見直してみてください。

転職エージェントの活用を検討する

転職エージェントに登録をすることで、転職に関する相談をすることができます。

例えば、「30代だけど未経験職種へ転職したい」という悩みを相談すれば、転職エージェントは適格なアドバイスをしてくれます。

1人で転職活動を進めてしまった場合、転職について悩んだときに相談をする人があまりいませんよね?

転職エージェントに登録をしておけば、転職について悩んだときに気軽に相談することができるのです。

きむ
「転職について悩んだときに、気軽に相談することができる」ということは、転職活動を進めるうえで、とても大切なことですよ。

また、転職エージェントに登録をしておけば、履歴書添削や面接練習など、転職成功へ向けた支援を受けることができます。

履歴書作成や面接って、実際に行ってみると、「本当にこれでいいのかな?」と不安になってしまいがちですよね。

転職エージェントの履歴書添削や面接練習を受ければ、とても心強くなりますし背中を押してくれる存在になってくれます。

まとめ

30代であっても、気をつけるべき点を気をつければ、未経験職種へ転職をすることは可能です。

ぜひ、30代で未経験職種へ転職したいと考えているのなら、ここで紹介したことを参考にしてみてください。

ただし、職種への転職活動に比べて、異職種への転職活動は難しい傾向にあるので、しっかりとした心持ちでいましょうね。

リクルートエージェント

本気で転職を考えている人にオススメ!
リクルートエージェント

10万件以上の非公開求人有り!サポートを受けながら転職できるので、納得のいく転職活動できるがサービス。

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。