仕事から「逃げる」ことも1つの選択肢|嫌になっときは自分にとっての「転機」でもある

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

仕事が嫌になって「辞めたい」「逃げたい」と思っている人は、意外と多いと思います。

仕事を辞めて、転職する人もいれば、独立する人もいる。

仕事をする方法は、世の中にたくさん転がっているのですが、その中から自分にとっての「天職」を見つけ出すことは、非常に難しい。

他にも仕事をする方法はある。

もし、今の仕事とを辞めたいと思っている人は、辞めることに対して罪悪感を感じるかもしれません。

しかし、仕事を辞めるということは、悪いことではありません。

仕事を辞めるということも、人生において1つの選択肢として存在するのです。

仕事から「逃げる」ことも1つの選択肢

仕事を辞めることは「逃げる」と表現する人もいますが、私は「転機」だと思っています。

1つの仕事を続けることはすごいこと。

ただ、辞めることも1つの権利としてあります。

本当に仕事から逃げたいのであれば、辞めるという権利、使ってみませんか?

逃げてもいい

仕事から逃げるという表現をするとマイナスなイメージになってしまいますが、プラスに捉えることもできます。

プラスに捉えた場合
  • 視野が広がる
  • 自分と向き合う時間ができる
  • 自分を探すことができる
  • やりたいことができる
これらは、会社からの拘束から解き放たれないと、なかなかできないことでもありますね。

会社で働いているときは、仕事のことばかり考えてしまいがちですが、仕事から逃げた後は、自分のことに時間を使うことができるようになります。

その時間で何をするのも自由。

使い方によって、堕落した人生になるかもしれませんし、一発逆転させる人生になるかもしれません。

自分のことを知る良い機会にもなります。

少なからず、今の仕事から逃げるメリットは存在しますが、デメリットが非常に大きいので、考えてしまうのが普通だと思います。

私の場合は、脳みそがイカれているので、なんの考えもなしに会社を辞めましたが・・・(笑

辞めたことで、人間関係も変わりました。

「自分をリセットさせる」という意味では、今の仕事を辞めるのは1つの方法としてアリですよ。

会社で働くことが全てではない

私は、会社で仕事をしているときは、仕事が嫌で嫌で毎日のように逃げたくなっていました。

このように思っている人は多いと思います。

ただ、会社というバックが自分の人生にいてくれるからこそ、生活ができるし遊ぶことができるのも事実。

簡単に仕事から逃げることはできないんです。

会社で働くのも働き方としての1つの方法ですが、会社で働くこと以外にも働き方はあります。

今の働き方に疑問を感じたときは、このことを思い出してみてください。

休みの日も脳内を仕事に支配される

自分の時間ができると、自分と向き合える時間ができます。

仕事で忙しくなってしまうと、仕事のことばかり考えてしまうので、自分のことに構っていられなくなってしまう。

休みの日も、来週の仕事に向けてしっかりと休むことを考える。

休むことは必要なことなのですが、自分のために休むというより、仕事のために休むという考えになってしまっていることに疑問を感じてしまう。

自分の時間のはずなのに、仕事を主体とした考えで行動することって、意外とあるはず。

休みの日でさえ仕事に拘束されてしまう感覚。

会社に洗脳される?

脳内を仕事だらけにすることで、自分と向き合えなくなってしまうこともある。

会社に洗脳されている感覚とでも言えばいいでしょうか。

この状態になってしまうと、自分のことより好きでもない仕事のことを優先した生活になる。

仕事が好きならいいのですが、嫌だと感じている仕事に洗脳されるって変な話ですよね?

仕事でのミス、上司からの重圧、同僚からバカにされる・・・。

こんなことを、休みに日に考え込んで疲れてしまう。

これは、私が実際に会社員の時に感じたことです。

イヤイヤ会社で働き続けると・・・

イヤイヤながらも会社で働き続けている人は、すごいと思います。

かなりメンタルが強くないと続けることってできませんからね。

今の仕事に疑問を持ちながら続けている場合、「このままこの会社で働き続けていいのか?」と考えてしまうこともある。

その状態で仕事を続けてしまうことも。

疑問に思っていることを深くは考えようとせずに、そのまま仕事を続ける。

これでは、仕事を楽しむことはできない。

「転機」に行動できるかで未来が変わる

少しでも疑問を感じたときは、自分にとっての「転機」でもあります。

仕事を改善するために何かを考えたりする転機かもしれませんし、仕事をやめる転機かもしれません。

この「転機」を感じた時に行動できるかによって、今後の未来が変わってくるとってもいい。

少し大げさかもしれませんが、この転機に行動することができなければ、現状維持のままになってしまう。

仕事を改善するにしろ、辞めるにしろ、行動しなければいけませんからね。

「今の仕事から逃げたい」と感じたときも「転機」。

仕事から逃げることで転機が「好機」になることもあれば「危機」なることもある。

これは、実際に行動してからでないと答えは出ない。

ただ、今の現状が嫌で抜け出したいと思っているのであれば、転機を感じた時に行動しないと何も変えることはできません

スポンサードリンク

ストレスフリーな働き方もある

「会社で仕事をする=ストレスがたまる」というイメージがありますよね?

仕事をするということは、「人対人」になることが多いので、ストレスが溜まってしまいやすい。

ストレスは主に「人間」が提供してくれる。

仕事をする上で、ストレスはつきものになってくるのです。

ストレスフリーな仕事はないかと、考えるもいると思いますが、実際にはあります。

ストレスフリーだけど楽ではない

ストレスフリーな仕事はあるのですが、仕事自体が安定しないので、生活が苦しくなることもあれば、バブルを経験する可能性も秘めている。

私が行っている、ストレスフリーな仕事は「アフィリエイト」。

胡散臭いと思いましたか?(笑

まあ、私自身、人間として胡散臭さが漂っているのですが、アフィリエイト自体は胡散臭ありませんよ。

楽な仕事でもありませんし、ひたすら1人で作業ができますからね。

この「1人」というのがストレスフリーのポイントになってきます。

1人で作業することも苦痛に感じる人もいますが、人と関わることを捨てるとストレスフリーになるのです。

連絡手段は主にメール(ネット主体の仕事なので)なので、人と話す機会は滅多にない。

自分の時間を邪魔されることなく仕事ができるので、仕事をする環境としては快適。

しかし、仕事を安定させるのは至難の技になってきますし、アフィリエイト1本で生活するのはかなり難しい。

楽できないけど気持ち的には楽

仕事を辞めてストレスフリーな仕事をすることで「気持ち」はかなり楽になります。

上司からの重圧もないし、誰からも文句を言われることもない。

このような、「精神的ダメージ」が少なくなると、「肉体的ダメージ」も少なくなる。

ただ、自分の仕事は自分でしっかりと管理しないといけませんし、自分で自分を拘束しなければいけません。

結局は拘束されるのです。

ただ、会社に拘束されるのと、自分で拘束するのとでは精神的疲労度が全然違う。

自分という1つの生き方を作る

仕事から逃げたとしても、結局は仕事をしないと収入を得ることはできません。

転職するのも1つの方法ですし、自分でコンテンツを作ってしまうのも1つの方法。

自分自身に質問したり、相談したりと、しっかりと自分と向き合っていくことも生きていく上では大切なことです。

決まった生き方をしなくてもいい

「高校へ入学→大学へ入学→就職する」のような、レールに沿った人生を送る人もいれば、レールから外れた人生を送る人もいます。

自分自身が納得していれば、どちらの人生でもいいと思いますし、他人が決めることではありません。

私は、はみ出し者のような仕事をして生活をしているわけですが、これはこれで快適ですし、人にどう思われようが気にしていません。

「親に言われたから」「上司に言われたから」「先生に言われたから」と、誰かに言われて行動するのではなく、自分で考えて行動する。

自分の生き方は親でさえ決めることはできないし、決めてはいけないと思う。

自分の生き方を見つけるためにすること

  1. やりたいことはやってみる
  2. 失敗してもいいと意識する
  3. 他人と自分を比較しない
  4. 自分のことを理解する

1、やりたいことをやってみる

何かに没頭できる時間がありますか?

この、「何かに没頭できる」ということは生きる上で大切なことだと思います。

この時間があるということは、自分にとっての楽しみがあるということですからね。

楽しみがないと仕事なんてやってられません。

それが、自分の魅力になり、自分の時間を楽しませてくれる。

もし、「没頭できる何か」がない場合は、とにかく、興味が湧いたことはやってみるといいですよ。

変に考えすぎないで、やってみる。

なんでもやってみることで、自分の可能性を広げることになりますし、自分の「天職」を見つけるきっかけになるかもしれません。

私は、「気になったらやってみる」ことを意識することで、イラストを描けるようになりましたよ。

2、失敗してもいいと意識する

「仕事辞める=人生失敗する」と思う人は多いのでは?

確かに、辞めたことで失敗するかもしれませんが、逆に成功するかもしれません。

なぜ、マイナスなことばかりを強調する人が多いのか?

別に、失敗してもいいんです。

逆に、失敗したことがないというのもおかしな話ですからね。

失敗という言葉に行動を抑制されてしまっては、なにもできない人間になってしまう。

3、他人と自分を比較しない

他人と自分を比較すると、落ち込んでしまうことが多い。

相手のいいところを見つけることができても、自分のいいところを見つけようとしないから。

他人には他人の生き方があって、自分には自分の生き方があります。

人の人生を覗き込んで勝手に落ち込んでしまうくらいなら、しっかり自分を覗き込んで前向きに考えられるような人間になった方が自分のためになる。

他人と同じように生きる必要はありません。

無理して自分を消さないで!

4、自分のことを理解する

自分のことを理解している人って、少ないと思います。

常に、自分を見ることって自分ではできませんからね。

かといって、誰かに自分をじっくり観察してもらい、「長所短所をまとめたレポートを作ってくれ」とは頼みづらい。

「グッドポイント診断」なら、自分の強みを知ることができます。

「リクナビ」無料登録することで、診断することができ、質問に答えるだけで診断してもらうことができます。

自分という生き方を見つけるためには、自分のことを知る必要があります。

自分を見つけるために「グッドポイント診断」を受けて見るといいですよ!

まとめ

仕事から逃げたいと感じた時は、自分にとっての「転機」ということです。

この転機を感じた時に、何をするかによって自分が向かっていく方向性が変わってきます。

マイナスに考えれば、マイナス方向に進もうとしますし、プラスに考えていればプラスの方向に進もうとします。

仕事が嫌になったら逃げ出してしまうのも1つの方法。

ただ、勢いだけで仕事から逃げるのは辞めてくださいね。

私は、勢いで仕事から逃げた身ですが、頭がイカれていないと、とてもじゃないですけど精神的に耐えられないと思うので・・・。

逃げたいと思っても、一旦冷静になって転機を見極めてください。

みんなと違う生き方をしてもいいんです。

自分の人生は自分のものですから。

スポンサードリンク

グッドポイント

やりたいことを探す前に自分を探す
リクナビの「グッドポイント診断」で自分のことを分析!自分にあった職探しをする前に最適な診断!

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。