楽しいと思える仕事|楽しさを求めてはイケない?嫌な仕事は「楽」したくなる

どうも、きむ( @kimu_news)です。

みなさんは仕事を楽しいと思える瞬間ってありますか?

なかなか、楽しいと思える仕事に出会うことは難しいと思います。

しかし、実際に仕事を楽しんでいるかのように仕事をしている人はいます。

なぜ、仕事を楽しむことができるのか?

嫌な仕事は「楽」したくなる

仕事が嫌だと思っているときは、どうにかして楽をすることを考えますよね。

会社のために仕事をするという考えではなく、自分がいかに仕事を早く終わらせられるかを考えてしまいがちですが、それはそれで私はいいと思っています。

楽するために効率化

仕事を効率化する理由として、「純粋に会社に貢献したい気持ちから」なのか「自分がいかに楽をできるか」に分かれると思います。

私が会社員として働いているときは、自分がいかに楽をできるかを考えていましたね。

結果的に、仕事を効率化することができましたし、会社のため、自分のためになっていたので、考え方は別として結果的にはOKという感じに考えていました。

ただ、効率化できたからといって仕事を好きになることはありませんでしたね。

ただ、自分が楽できる時間を必死に作っていただけですし、楽したいと考えている時点で仕事を楽しんでいないということになります。

サボる

仕事を効率化して、自分の時間ができると当然のようにサボります。

この「サボる」というフレーズはマイナスに捉えられがちですが、私はサボる時間を作ることができる人は有能だと思っています。

忙しい中、少しでもサボる時間を作れるということは、それだけ時間の管理ができていると捉えることもできますし、がむしゃらに働くことだけが仕事というわけではないと思います。

結果として効率化したことによってサボる時間ができているわけなので、仕事に遅れをとっているわけでもないですし、いざというとき「トラブルが発生するなど」に、対応することができる時間を確保できることにもなります。

このような余裕な時間がなければ、仕事の質は高くならない。

あと、楽しくないと感じている仕事の中に楽しさを見つけることができなくなってしまう。

仕事に「楽しさ」を求めてはダメなのか?

仕事は「がむしゃらに」「泥にまみれて」「頑張って」「苦しんで」働くというイメージがありますが、私は仕事を楽しんでもいいと思います。

ただ、仕事を楽しめるような環境が会社にはない。

しかし、テレビでは、「こんな会社があるんか!」というような会社がある。

  • 会社内でスポーツができる
  • 会社内を自転車で移動する
  • くつろぎながら仕事ができる
  • ランチが豪華

このような会社は実際にありますが、本当に一流な会社でないとこの環境で仕事をすることはできない。

私が働いていた会社には、このような施設は一切ありませんでしたよ。

一流な企業で一流なコンテンツ、商品などを生み出している会社は、社員を少しでも楽しませる環境を作っている印象が強い。

働く姿勢も自由スタイルですし、くつろぎながら仕事をしている印象が強い。

そこには、頑張っている感は全くない。

楽しさからの意欲は必要

上記のような会社で働くことができればいいのですが、このような一流企業で働くことができるのは一握りの人たちです。

ほとんどの人が、劣悪な環境(と感じる)会社で働くことになる。

なので、「仕事はつらいこと」と捉えるようになってしまいやすいのですが、仕事は楽しんでもいいと私は思います。

ただ、楽しめない環境で仕事をしている人は多い。

中には、自分の意思でやりたいと思った仕事をしていない人もいる。

私も、工場で働くことが楽しそうだから入社したわけではありませんし、ただ、流れに身を任せて就職しただけ。

独立後

私は、会社を退職して独立することになったのですが、自分がやりたいと思った仕事をしているときは非常に楽しいと思えるようになる。

「仕事=つらい」という考えは消え去る。

楽しさからの意欲があると、

  • モチベーション
  • ハマる
  • 続けやすい
  • 極める

この4つの状態になりやすい。

楽しいという感情は仕事の質を格段に上げることができる。

ただ、みんながみんな独立できるわけではないですし、会社で働くことになる人が多くなるので「仕事=つらい」という考えは定着してしまっていますね。

卒業するまでに遊んでおけよ

この言葉を学校の先生に言われたことがありませんか?

私はこの言葉を聞いた瞬間ゾッとしましたよ。

なんで、学校を卒業するまでに遊んどかないといけないのか?

社会人になっても遊んではいけないのか?

それとも、遊べなくなるのか?

40年、50年もの間、働き詰めになることを考えたらゾッとしてしまいましたが、働かないとお金を稼ぐことはできない。

また、当時は自由に生きる方法を知らなかったので、その言葉を飲み込んでしまった。

大人になってからも遊んでいい

私は、大人になってからも遊んでいいと思いますし、仕事を楽しんでもいいと思っています。

なので、先生の言葉は聞き流していました(笑

実際に、今現在は自由な環境で仕事をしていますし、この仕事を本気で楽しんでいると言える。

ただ、この仕事で生活できるようになるまでが大変でしたけど、それを含めて自分の人生を楽しんでいるな〜と実感しています。

「大人になってからも遊んでいい」と思えるようになると、自分の可能性を広げることができます。

「働かないといけない」という考えになると「就職しないといけない」という考えになることが多い。

決して、悪い考えではないですし、生活するためにはお金が必要になってくるので就職することは大切なことです。

ただ、その会社で自分を開花させることができるのか?

実際に今、自分を開花させることができているのか?

そう考えたときに、現実って辛いことばかりだな〜と感じることが多い。

自分で自分を楽しませないと、自分につらい経験ばかりさせることになってしまう。

大人になってからも自分を楽しませてもいい。

「価値観」は人によって違う

価値観は人によって違います。

なので、会社内の全員が一緒の価値観になることは不可能と言ってもいいくらい無理なことだと思います。

もしそうなったら「洗脳」に近いレベルになってしまいますからね。

その価値観が違う人たちとチームプレイで仕事を進めていくことになると、ときには衝突することもある。

衝突することを恐れて自分を出さない人も出てくる。

この環境では自分を見出すことはできない。

会社内でも同じ価値観の人と仕事をしているときは楽しいと感じることがありますよね?

また、そのような環境で仕事をしていると、仕事が捗ることもありますし自分を開花させることにつながる。

会社内で仕事を楽しむには「人間関係」をよくする必要があるのです。

つまらないと感じている仕事でも人間関係が良ければ、そのために働くことができるようになります。

ただ、この人間関係を最高の状態にするのは難しいですし、組織として働く場合の永遠のテーマだと思います。

楽しさだけでは生活できない

楽しいと感じることって、ほとんどがお金を使うときに感じることが多いと思いませんか?

  • ショッピング
  • ギャンブル
  • 外食
  • 旅行

など、お金を使うことに快感を感じている人は非常に多い。

しかし、仕事に快感を感じる人は非常に少ない。

また、こんなことを口にすると「変態」扱いされてしまう。

「楽しむために働く」という考えの人が多いですが、それが当たり前の考えですし、生活するため、遊ぶためにはお金が必要になってきます。

楽しく感じる仕事のほとんどが、収入が不安定な仕事が多い。

個人で働くことになる可能性も高いので、不安定な生活になる。

仕事に楽しさを求めることはできますが、楽しさだけでは生活していくことはできない。

まとめ

楽しいと思える仕事に出会うことは、かなり難しいことです。

就職先の仕事が自分にとっての天職だと思える人は、かなり少数派だと思いますし滅多にないことだと思います。

会社で働いているほとんどの人が、会社に不満を持っている人が多い。

また、会社ではなく、同じ職場の人間に不満を持っている人もいるはずです。

このような環境では仕事を頑張ってしまう。

私は「頑張ること」「つらいこと」「努力すること」は仕事に必要ではないと思っています。

楽しんでいるときの方が自分の集中力を最大限に引き出すことができますし、その環境を作ることの方が大切だと思います。

その環境で仕事をするためには何をすればいいのか?

まずは自分のことを知る必要があります。

仕事を楽しくする方法|楽しくない・楽しめないと感じるのは「自分自身」に原因がある!?

2017.12.20

グッドポイント

やりたいことを探す前に自分を探す
リクナビ「グッドポイント診断」

自分の性格を分析!自分の強み弱みを知りたい方にオススメの診断!

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。