異職種への転職は「若い時期」のほうが有利!?30代より20代の方が転職しやすい

どうも、きむ( @kimu_news)です。

異職種へ転職をするのであれば、若い時期にしたほうが断然有利です。

それだけ、異職種への転職においては、若さが大きな武器になるのです。

もしも、「異職種へ転職してみたい」と考えているのであれば、早めに行動をするべきですよ。

異職種への転職活動を、若い時期にすると有利な理由

異職種へ転職をしたいのなら、転職活動をしなければいけません。

まず、異職種へ転職をしたいのなら、若さが大きな武器になるということを覚えておいてください。

そのため、異職種への転職を実現したいのなら、1日でも早く転職活動を行ってもらいたいものです。

ここからは、そんな異職種への転職活動を、若い時期にしたほうがいい理由について紹介します。

職務経歴に傷が付くリスクを減らすことができる

おそらく、転職を考える際には、「職務経歴に傷が付くこと」も一緒に考えてしまうと思います。

日本では、1つの会社で長く勤めることが美徳とされる風潮が残っています。

一方で、転職を点々と繰り返している場合は、「難アリ」の烙印を押されてしまう可能性が大いにありますよね。

なので、転職をしようとしても、「経歴に傷がつくのでは…」と、ネガティブな考えを抱いてしまいがち。

転職を点々としてしまっても、若い時期であれば包容される傾向があります。

40代にもなって、転職を点々としていると、「この人は問題がありそうだな」と思われるかもしれません。

しかし、若ければ転職を点々としても、「若いから色々なことに挑戦したいんだな」といった具合に、包容される傾向が高いのです。

このように、転職を点々としたとしても、若い時期であれば、そこまで職務経歴に傷が付くことはないのです。

若い時期に「異職種へ転職したい」と考えたのであれば、職務経歴に傷が付くことを恐れることなく、転職活動を進めてほしいところです。

同じ志を持っている同年代が多くいるため心強い

周りの友人と、転職についての話をしてみてください。

例えば、「転職とか考えたことある?」という具合に話題を振ってみると、自然に友人と転職についての話をすることができると思います。

ただし、同じ職場の友人と転職についての話をするときは、注意をするようにしてください。

例えば、同じ職場にいる同僚が転職を考えていることに、気分を悪くさせてしまうかもしれません。

周りの友人と転職についての話をしていく中で、「異職種へ転職をしたい友人」ともたくさん出会うことができるはずです。

つまり、「異職種へ転職したい若者」は、たくさんいるということですね。

きむ
これを実行していない人の方が多いけど、実際に転職したいという考えを持っている人は意外と多い。

「異職種へ転職したい若者」がたくさんいるわけですから、それだけでも心強いのではないでしょうか?

また、「異職種へ転職したい若者」がたくさんいるということは、企業側も充分に理解しています。

だからこそ、「異職種へ転職したい若者」を、受け入れることに積極的な企業もたくさんあるのです。

もし、異職種へ転職をすることに不安を感じてしまった場合は、「異職種へ転職したい若者はたくさんいる」ということを思い出せば、不安を和らげることができます。転職したいのは自分だけではないということを心に刻んでおくこと。

「異職種からの転職者は若い人がいい」と考える企業が多い

異職種からの転職希望者を採用している企業のほとんどは、「若い人を採用したい」と考えています。

異職種からの転職希望者を雇った場合は、教育や専門知識習得など、様々なことをしなければいけませんからね。

そのため、「異職種から転職者を採用するなら若い人がいい」と考える企業が多いんです。

未経験の状態から一人前になるまでには、数年程度かかりますからね。

仮に、あなたが25歳であるとします。

この場合は、1人前になるまでに数年程度かかったとしても、定年まで勤めた場合は、30年程度働けるわけですからね。

「一人前になった後に長く勤めてもらえる」という点も、若い時期に異職種へ転職しやすい理由の1つ。

面接において「退職理由」など、ネガティブなことを深く聞かれない

30代以降になると、転職面接の際には、「退職理由」などネガティブなことを深く聞かれます

それだけ、企業は転職希望者に対して、不安を感じてしまうものなのです。

さらに、30代以降の異職種への転職活動ですと、より面接でネガティブなことを聞かれることでしょう。

「なんで今さら異職種を目指すんだ?」と、不信感を抱いてしまう企業もあるかもしれません。

一方で、20代など若い時期の転職面接においては、ネガティブなことは深くは聞かれない傾向にあります。

「新しい職種に携わってみたいんだろうな…」という具合に、企業は若い異職種への転職希望者に対して、そこまで不安を感じないものなのです。

転職活動の面接前に対策「9個」と面接中に行う対策「6個」

2018.03.04

転職するときの退職理由で注意すべきこと

2018.02.14

意欲次第で採用に近づける

企業は30代以降の転職希望者に対して、即戦力として働けることを求めるものです。

そのため、30代以降の人が転職活動をする際には、職務経歴をアピールしていく必要があります。

30代以降の転職希望者は、職務経歴をアピールして、即戦力として働けることを伝えることができないと、なかなか採用を得ることはできないということですね。

一方で、20代など若い時期に転職活動をすれば、意欲だけで採用に近づくことができます。

もちろん、異職種が希望であるとしても、若い時期の転職活動であれば、意欲だけで充分に採用を狙えるものですよ。

即戦力として働けることをアピールするのは、とても大変なことです。

一方で、意欲をアピールすることは、簡単なことなのではないでしょうか?

若い時期に転職活動をすれば、意欲次第で採用に近づけるわけですから、「若い時期のほうが転職活動は楽」とも考えることができるはずです。

30代でも未経験職種へ転職をすることは可能なのか?

2018.03.11

現職での実績があれば、さらに採用に近づくことができる

先述したように、若い時期の異職種への転職活動であれば、意欲だけでも充分採用につなげることができます。

しかし、意欲に加えて、現職での実績があれば、より採用に近づくことができるでしょう。

もしも、アピールすることができる現職での実績があれば、積極的にアピールしてください。

例えば、「現職と希望職種の類似点」を見つけて、職務経歴書や面接などでアピールできるといいですね。

希望職種が未経験であるとしても、意外と現職との類似点は見つかるものですよ。

活用できる転職サイトがたくさんある

「異職種転職を目指す若者が使える転職サイト」は、たくさん存在します。

試しに、「異職種 転職 20代」といった具合に検索をしてみてください。

きっと、「異職種転職を目指す若者が使える転職サイト」を、たくさん見つけることができるはずです。

使える転職サイトが多いわけですから、それだけ求人ともたくさん出会えますよね。

つまり、「異職種転職を目指す若者が使える転職サイト」がたくさんあるということは、それだけ転職活動がしやすいということなのです。

転職サイトはたくさんありますが、サイトごとに特色が異なりますので、きちんと見極めるようにしてくださいね。
  • 自分にとって使いやすい
  • 自分が求める求人が多く掲載されている

と思える転職サイトを活用していくといいですよ。

異職種への転職後も若い人のほうが有利な理由

異職種へ転職をした後も、若い人のほうが断然有利だと言うことができます。

やはり、長い期間をかけて好きな仕事ができるということは、ものすごく幸せなことですよ。

ここからは、異職種へ転職した後も、若い人のほうが有利である理由を詳しく紹介!

好きな仕事に長い期間をかけて携わることができる

やはり、好きな仕事に長い期間をかけて携わっていきたいですよね?

言うまでもなく、若いうちに好きな職種に就くことができれば、「好きな仕事に長い期間をかけて携わる」を実現することができるわけです。

だからこそ、異職種へ転職をすることで、好きな仕事に携わる道を目指してもらいたいものです。

「好きな仕事」に携わることができると、毎日の充実度が変わるものですよ。

きむ
ちなみに私は、給料や待遇自体は悪くない職種を選んで、実際に働いた経験があります。(友人と比べて仕事環境は良かったと思う)確かに、給料や待遇が優れていることは魅力的なのですが、毎日に覇気を感じることができないんですよね〜。そして、覇気がない毎日に嫌気が差して、「好きな仕事」を行える職種に転職をしました。

もちろん、「好きな仕事」を行える会社に転職をしたことで、給料はかなり減ってしまいました。

しかし、充実した毎日を送ることができ、結果として「好きな仕事に携わって成功だった」と感じています。

せっかく、長い社会人生活を送るわけですから、充実した日々をたくさん送ってもらいたい!

そう思います。

そのためにも、好きな仕事に携わることを目標に、異職種への転職を考えてみるのもいいのではないでしょうか?

社員教育や研修に力を入れてもらえる

30代以降に異職種へ転職をした場合、企業は「すぐに戦力になってもらいたい」と考えるものです。

そのため、仕事も混みこみで、余裕のない毎日を送ることになるでしょう。

一方で、若い時期に異職種へ転職をした場合、企業は「じっくりと育てていずれ戦力になってもらおう」と考える傾向にあります。

そのため、若い時期に異職種へ転職をすれば、社員教育や研修に力を入れてもらえる可能性が大いにありますよ。

せっかく、興味のある職種に携わるのですから、じっくりと教育や研修を受けて、一人前になりたいですよね?

あまりにも仕事に余裕がないと、またその仕事を嫌になってしまうことにもなりかねませんから・・・。

若い時期に異職種へ転職をすれば、新入社員と同じように、教育や研修を受けられる可能性もあるとということです。

生涯年収が高くなる傾向がある

会社に長く在籍すれば、昇給なども多く経験するため、結果的に生涯収入が高くなる傾向があります。

若い時期に転職をすればするほど、会社に長く在籍できるわけですからね。

そのため、若い時期に転職をすればするほど、生涯年収が高くなる傾向があると考えることができるのです。

特に、異職種へ転職をした場合は、転職後の給料が低くなってしまうイメージが強いです。

仮に、中堅以降に異職種へ転職をして、転職後の給料が低くなってしまったら、同年代の給料に追いつくのは大変ですよね?

一方で、若い時期に異職種へ転職をすれば、転職後に給料が低くなったとしても、同年代の給料に追いつくのは比較的簡単であるはずです。

働きがいを長く感じられる

やりたくもない仕事を続けるのは、精神的に辛いことですよね。

楽しい仕事を続けることができれば、働きがいを感じ続けることができるはずです。

この、働きがいは、仕事へのモチベーションを高めてくれることは間違いありません。

働きがいを感じることができれば、人生も楽しむことができるはずです。

きっと、あなたは考えに考えて、異職種への転職を決断するはずです。

考えて異職種への転職を決断をしたわけですから、転職後は働きがいを感じられる可能性が高くなりやすいと、私は思います。

きむ
若い時期に働きがいの感じられる仕事に転職することができれば、本気で仕事を楽しむことができるようになりますよ!

仮に、転職後に後悔しても再就職をしやすい

異職種に転職をしたのはいいものの、「やっぱり自分には合わない」と思うこともあるかもしれません。

この場合には、また転職活動をする人もいるかもしれませんね。

仮に、異職種へ転職した後に、再転職をしようと考えたとします。

この場合、30代以降の場合、「若くないのに転職ばかりして…」と、企業にネガティブな印象を与えてしまうことでしょう。

若ければ、「色々と失敗もするものかな…」と、企業から再転職しようとする状況を受け入れてもらえる可能性が大いにあります。

若い時期であれば、再転職も比較的簡単にしやすいのです。

だからこそ、あなたが若いのであれば、失敗を恐れることなく、「自分のしたいこと」に向かって転職活動をしてもらいたいものです。

まとめ

異職種への転職を目指すのなら、若い時期に転職活動をしたほうが有利です。

また、異職種へ転職をした後も、若い人であるほうが有利だと言えるでしょう。

この記事では、そんな「異職種への転職は若い時期にしたほうが有利である理由」を紹介しました。

もしも、異職種への転職を考えているのなら、「若さが有利になる」ということを忘れないでください。

そして、少しでも異職種へ転職をしたい気持ちがあるのなら、早い段階から何かしらの行動をしてくださいね!

30代男性が「転職したい!」と思ったら考えるべきこと|自分の「適職・性格」を知る大切さ

2018.03.25

リクルートエージェント

本気で転職を考えている人にオススメ!
リクルートエージェント

10万件以上の非公開求人有り!サポートを受けながら転職できるので、納得のいく転職活動できるがサービス。

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。