転職活動で失敗をしない方法「不採用は普通のこと」「一人で悩まない」と思う大切さ

どうも、きむ( @kimu_news)です。

転職活動で失敗をしてしまうと、

  • 時間
  • お金
  • 未来

など、さまざまなことを犠牲にしてしまうことになります。

では、どのようなことに注意をすれば、転職活動で失敗をしないで済むのか。

この記事では、転職活動で失敗しないための代表的な方法や心構えを紹介!

転職活動について理解する

どのようなことであっても、理解をすることなく物事を進めてしまうと、失敗してしまう可能性が高いですよね。

これは、転職活動においても同じこと。

転職活動について理解をしていないと、転職活動で失敗してしまう可能性が高いのです。

転職活動について理解している自信がない人は、まずは「転職活動を理解すること」を第一に行ってください。

「転職活動においてすべきこと」や「現在の転職市場の動向について」など、いろんな角度から転職について理解することも大切なことなのです。

例えば、ネットや転職関連本を参考にしたり、転職エージェントなどを活用することで、転職活動について理解をすることができます。

転職活動の計画を立てる

何となく転職活動を進めているだけでは、なかなか採用をもらうことはできません。

転職活動は「すべきこと」の連続で、「今すべきこと」をきちんと理解しなければいけないのです。

転職活動において、「今すべきこと」をきちんと理解するためには、転職活動の計画を立てることが大切です。

おそらく、何となく転職活動を進めているのでは、頭の中は混乱してしまうと思います。

転職活動の計画がきちんと立っていれば、「今すべきこと」を理解できるわけですから、頭の中が混乱することはありません。

頭の中を整理して転職活動を行うためにも、そして効率的な転職活動にするためにも、必ず転職活動の計画を立てるようにしてください。

現職を続けながら転職活動を進める

よく、勤めている会社を退職してから、転職活動を行う人がいるんですよね。

しかし、勤めている会社を退職してから転職活動を行うことを、私はオススメしません。

もちろん、勤めている会社を退職して、すぐに転職先が決まれば問題はない。

ただ、勤めている会社を退職したものの、すぐに転職先が決まらない場合はどうなるのか?

空白期間がどんどん延びていくとともに、空白期間がネックとなり、かなり採用されにくくなってしまうかもしれません。

また、ほとんどの会社は、「退職してから転職活動をしている人」よりも、「現職を続けながら転職活動をしている人」を評価する傾向にあります。

「退職してから転職活動をしている人」に対しては、「退職した会社でトラブルでもあったのかな?」と、ネガティブなイメージを持たれてしまいがちなのです。

もちろん、「ブラック企業に勤めていて心身に影響が出ている」など、事情がある場合は退職をしてから転職活動を進めていいと思います。

いくら、転職活動で不利になるとはいえ、自分の心身を犠牲にする必要はありませんからね。

現職をすぐにでも辞めなければいけない事情がないのであれば、現職を続けながら転職活動を進めるようにしてください。

応募企業の条件を決める

  • 職種
  • 給料
  • 勤務地

など、応募企業の条件をある程度は決めてから、求人を探すといいですよ。

求人って、莫大な量があるんですよね。

そんな、莫大な量の求人の中から、自分に合った求人を絞っていくためには、応募企業の条件を決めなければなりません。

もしも、応募企業の条件を決めることなく、求人票をひたすら閲覧していると、かなりの時間と労力を要することになりますよ。

また、求人票をひたすら閲覧していると、本当にいい求人を見落としてしまうことにもつながるかもしれませんよね。

だからこそ、求人を探す前には、応募企業の条件をある程度は決めるようにした方が良い求人を見つけやすくなるのです。

モチベーションを保って転職活動を行う

たとえ、転職活動をサボったとしても、現職を辞めない限りは収入を維持することができますよね。

つまり、転職活動はあなたが生きていく上で必ず必要なことではないのです。

転職活動は必ず必要なことではないわけですから、少しでも面倒な気持ちを抱いてしまうと、モチベーションの低下してしまう可能性があります。

しかし、あなたは「真剣に転職をしたい」と思ったからこそ、転職活動を行う決心をしたのではないでしょうか。

せっかく、転職活動を行う決心をしたわけですから、しっかりと転職活動を行わないと、もったいないと私は思います。

転職をすれば、今以上に充実した毎日を送ることができるかもしれません。

だからこそ、転職に対して前向きな気持ちを持って、転職活動に挑んでもらいたいものです。

転職活動の時期的な目標を定める

転職活動のモチベーションを保つ方法としてオススメしたいのが、「転職活動の時期的な目標を定める」というものです。

「いつか転職できたらいいな…」程度の意気込みでいると、転職活動に取り組むことに面倒な気持ちを感じてしまいがちです。

一方で、「○月○日までに転職先を決める」と、時期的な目標を定めたらどうでしょうか?

「○月○日までに転職先を決めるには、今動かないといけない」という具合に、転職活動のモチベーションを保つことができるはずです。

もちろん、「○月○日までに転職先を決める」という目標以外にも、時期的な目標を定めてみてもいいですね。

例えば、

  • 「○月○日までに利用する転職サイトを決定する」
  • 「明日までに○○社に送る履歴書を完成させる」

など、転職活動における時期的な目標は、たくさん立てることができるはずです。

そして、転職活動における時期的な目標を立てれば立てるほどメリハリがつき、さらにモチベーションを高めることにつながるのです。

転職活動の支援者を作る

転職エージェントを利用するなど、転職活動の支援者を作ることはとても大切なことですよ。

あなたは、1人で転職活動を進めようとしていませんか?

もちろん、1人で転職活動を進めて成功をしている人もたくさんいます。

しかし、1人で転職活動を進めていると不安を感じてしまうもの。

例えば、履歴書が完成したときだって、「本当にこの履歴書は評価されるのだろうか」と、悩んでしまうのでは?

もちろん、ネットや本を参考にすれば正しい履歴書の書き方を知ることはできます。

ただ、正しい履歴書の書き方を知っているとしても、自分が作成した履歴書に対して不安になってしまうものなのです。

1人で転職活動を進めることに、不安を感じてしまうからこそ転職の支援者を作ってもらいたいものです。

例えば、転職エージェントを利用すれば履歴書の添削を受けることができますよ。

履歴書の添削を受けることができれば、自信を持って完成した履歴書を郵送することができますよね?

転職活動の支援者は、転職活動のことを知り尽くしています。

そんな、転職活動の支援者に頼れば、心強い気持ちで転職活動に挑むことができるのです。

たくさんの転職サイトを利用する

転職サイトによって、それぞれ特徴が異なるものです。

例えば、

  • 多くの年代が利用できる大型転職サイト
  • 規模は小さいが30代に特化した転職サイト

など、とにかくたくさんの転職サイトが存在していますよ。

よく、少しの転職サイトしか利用せずに転職活動を進めている人がいます。

しかし、少しの転職サイトしか利用をしないと出会える求人の数は限られてしまいますよね。

たくさんの求人とめぐり合うためにも、たくさんの転職サイトを利用することは大切なことなのです。

信頼のおける転職サイトであるのなら、「その転職サイトに興味を持ったら登録する」くらいの気持ちでいるといいですよ。

ためしに登録をしてみたら、思っていた以上に素晴らしい転職サイトで、思い描いている求人が多く掲載されていたなんて話もよく聞くものです。

もちろん、「この転職サイトは自分には向いていないな」と感じれば、簡単に退会をすることができます。

だからこそ、信頼のおける転職サイトであるのなら、興味を持ったら登録してもらいたいのです。

ハローワークを利用する

転職活動を進める際に、ハローワークを利用しない人って意外と多いんですよね。

何か、ハローワークに対してネガティブなイメージでも持っているのでしょうか。

ハローワークで求人検索をしてみるとわかるのですが、とにかくハローワークにはたくさんの求人が存在します。

転職サイトには掲載されていないような会社の求人も、ハローワークには当たり前のように掲載されているのです。

たくさんの求人が掲載されているわけですから、ハローワークを利用しないのは損。

自分好みの求人と出会う可能性を高めるためにも、ハローワークを利用することは大変重要なことなのです。

「必ずハローワークの求人に応募をしろ!」と言っているわけではありません。

結果的に、転職サイトに掲載されている求人に惹かれてハローワークの求人を応募しなくても問題ありません。

ただ、自分好みの求人と出会う可能性を高めるためにも、ハローワークを利用してもらいたいのです。

ちなみに、ハローワークの求人はインターネットでも検索をすることができます。

もしも、ハローワークに行く余裕がないのなら、まずはインターネットで検索をしてみるといいですよ。

手軽で簡単に探すことができるので。

そして、インターネットで検索をして、いい求人を見つけたらハローワークに出向いて紹介してもらいましょう。

ハローワークインターネットサービス

「不採用は普通のこと」という気持ちで転職活動を進める

転職活動において、不採用は当たり前のように訪れます。

よく、不採用になったくらいで落ち込んでいる人がいます。

しかし、不採用になったくらいで落ち込んでいては、転職活動成功までに相当なストレスを感じることになります。

転職活動を進める際には、「不採用は普通のことである」と自分に言い聞かせるようにしてください。

たとえ、不採用になったとしても、「これは普通のことなんだ」と言い聞かせ、前向きに転職活動に挑むことが大切なのです。

ただし、あまりにも不採用が続く場合は、転職活動の進め方を考え直したほうがいいですね。

例えば、

  • 応募企業の条件が高すぎる
  • 面接で評価されていない

など、あまりにも不採用が続く場合はそれなりの理由があります。

そのため、あまりにも不採用が続く場合は、「なぜ不採用が続くのか」ということを考えて、改善していかなければ同じことを繰り返すことになってしまいます。

転職先が決まったら、きちんと退職手続きをする

転職先を決めることだけが転職活動ではありません。

もちろん、転職活動においては、転職先を決めることが1番大切です。

しかし、多くの人は転職先が決まった後のことを忘れてしまいがち。

転職先が決まったら、現在働いている会社を辞めなければいけませんよね?

つまり、転職先が決まったら退職の手続きを行わなければいけないのです。

例えば、

  • 退職することを上司に伝える
  • 引継ぎを行う

など、退職後に行わなければいけないことはたくさんあります。

もしも、退職後の手続きが疎かになってしまったら、所属している会社に多大な迷惑を掛けてしまうことに。

せっかく、今までお世話になってきた会社を辞めるわけですから、きちんと退職手続きを行うことが大切です。

そのため、転職先が決まった際には、「どのように退職手続きを行うか」ということも、きちんと考えるようにしてください。

ちなみに、転職エージェントやハローワークの職員などに頼ってみると、退職手続きのアドバイスをもらうことができますよ。

もしも、退職手続きについて悩むことがあるのなら、転職エージェントやハローワークのスタッフに相談をしてみてもいいでしょう。

転職するときの退職理由で注意すべきこと。上司に「真実」を伝えるか?それとも「嘘」を伝えるか?

2018.02.14

まとめ

転職活動で失敗をしない方法や心構えを紹介していきました。

おそらく、この記事を読み終えたことで、転職活動で失敗しない方法や心構えを理解して、行動に移すことができるはずです。

転職活動は自分の未来を左右する、とても大切な活動ですよね。

だからこそ、きちんと転職活動に取り組んで成功を収めてもらいたいと思っています。

ぜひ、この記事で紹介したことを活かして転職活動を進めるようにしてください。

リクルートエージェント

本気で転職を考えている人にオススメ!
リクルートエージェント

10万件以上の非公開求人有り!サポートを受けながら転職できるので、納得のいく転職活動できるがサービス。

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。