30代男性が「転職したい!」と思ったら考えるべきこと|自分の「適職・性格」を知る大切さ

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

30代で社会人経験も豊富だからこそ、「転職したい!」と思ったら考えなければいけないことがあります。

特に男性ですと、定年まで働かなければいけませんし、結婚した場合は家族も守っていかないといけません。

この記事では、「転職したい!」と思っている30代男性に向けて、考えるべきことを紹介してゆきます。

なぜ転職活動をするのか?

まずは、「自分はなぜ転職活動をするのか?」ということを、自分に問いかけてみてください。

できれば、転職活動を始める前など、できる限り早く「自分はなぜ転職活動をするのか?」という転職理由を考えてください。

と言うのも、何となく転職活動を進めている人が、圧倒的に多いのです。

そして、何となく転職活動を進めている人の多くが、転職活動で失敗をしています。

転職活動で成功する可能性を高めるためには、「自分はなぜ転職活動をするのか?」ということを理解することはものすごく大切なこと。

あなたは、30代男性なわけですよね?

例えば、20代男性であれば、転職活動に失敗しても、若さを活かして人生を挽回させることができるのではないでしょうか。しかし、30代男性である場合は、転職活動に失敗をしてしまうと、人生を挽回させるのも大変であるはずです。(また、結婚をしていると、転職活動に失敗をすることで、家族を不安にさせてしまいます)

だからこそ、転職活動を進める際には、「自分はなぜ転職活動をするのか?」ということを、きちんと理解しておく必要があるのです。

もしも、「自分はなぜ転職活動をするのか?」という問いに対する答えが見つからないのであれば、高い確率で転職活動に失敗するので、転職活動をしないほうがいいですよ。

上記でも言いましたが、あなたが結婚をしている場合は、転職活動に失敗することで、家族を不安にさせてしまうことになります。

あなたが結婚をしているのなら、より「自分はなぜ転職活動をするのか?」ということを、まずは理解することです。

転職後の給料について考える

30代男性が転職活動をする場合、給料について考える人は少なくないと思います。

仮に、転職後に給料が大幅に下がってしまったら、生活水準も大きく下がってしまうかもしれません。

結婚や子育てなどをしていく可能性もあるので、30代以降になると給料の額も重要になってきます。

だからこそ、30代男性が「転職をしたい」と思ったら、転職後の給料についても考えてほしいのです。

もしも、あなたが結婚をしているのであれば、転職後の給料については結婚相手と一緒に考えると思います。

また、結婚を考えている彼女がいる場合も、やはり結婚を考えている彼女と一緒に、転職後の給料について考えると思います。

結婚をしている以上、転職後の給料はあなただけの問題ではなく、結婚相手との2人の問題となります。

また、結婚を考えている彼女がいる場合も、転職後の給料はあなただけの問題ではありませんよね?

だからこそ、結婚をしていたり、結婚を考えているのなら、結婚相手や彼女と一緒に転職後の給料について考えていくべきなんです。

また、現時点では結婚を考えている彼女がいなくても、結婚しても問題ない給料が高いことに越したことはありません。。

30代ともなると、いつ結婚の話になるかわかりませんよ!

きむ
私の周りにも、「交際して数ヶ月~1年程度で結婚にまで至った30代男性」なんて、当たり前のようにいますからね。

だからこそ、現時点では結婚を考えている彼女がいなくても、いつでも結婚ができるように、結婚しても問題ない給料を得られるような転職先を探していかないと、あとあと後悔することになるのです。

「社会人として本当に何がしたいのか」を考える

せっかく、「転職したい!」と思ったのですから、「社会人として本当に何がしたいのか」ということも真剣に考えてみてください。

おそらく、あなたは現在所属している会社に対して、何らかの不満を持っているはずです。

もしかしたら、「こんなはずではなかった…」といった具合に、後悔をしているかもしれません。

きむ
私も工場勤務時代は「こんなはずではなかった…」と何度も思ったことがありましたから。それまで勉強を頑張ってこなかった自分のせいでもあるのですが(笑

転職をすることで、現在感じている不満や後悔から抜け出すことができるかもしれませんよね?

だからこそ、転職活動をする前には、「社会人として本当に何がしたいのか」ということを考えて、現在感じている不満や後悔から抜け出せるように行動してほしいと、私は思うのです。

転職活動を行うということは、いわば「社会人として本当にしたいこと」を叶えるチャンスとも考えることができます。

もちろん、「結婚しても問題ない給料を稼ぐ」など、30代の場合、転職において純粋に夢を求めることは難しいと思います。

しかし、縛りのある転職活動の中でも、「社会人として本当にしたいこと」を考えることは、充分可能であるはずです。

「社会人として本当に何がしたいのか」ということを考えて転職活動をした人ほど、転職後に充実した毎日を送れているように感じますよ。

就きたい職種について考える

転職活動で求人検索をしていく際には、「希望職種」も頼りに検索しますよね?

そのため、転職活動を行う前に、就きたい職種について考えることは大変重要です。

興味のある職種があるのなら、それを「希望職種」のいつの候補にする事ができます。

興味のあることに対しては、モチベーションを高めやすいメリットがありますからね。

興味のある職種に転職をすることで、やりがいのある社会人生活を送ることができます。

また、適職診断を受けてみると、「希望職種」を決める際の参考にすることができます。

適職診断を受けることで、客観的な視点から自分の適職について知ることができます

そんな、客観的な視点からの「自分の適職」も、大変参考にすることができるものですよ。

ただ、適職診断の結果は、あなたの心境までは含まれておりません。

適職診断の結果は、「希望職種」を決める際の参考にすることはできますが、最終的には自分の意思で「希望職種」を決めていくといいですよ。

まずは、自分の性格を知ろう!

自分の適職がなんなのかわからない場合、まずは、自分の性格について知る必要があります。

そこでオススメなのが「グッドポイント診断」

客観的に自分のことを診断してくれるので、自分がどういう人間なのかを知ることができる診断となっています。

もちろん、私自身もやってみましたよ!

リクナビに無料登録する必要がありますが、無料なので診断しても損はないですよ。

希望職種や希望業種の未来について考える

希望職種や希望業種が決まったら、その未来についても考えてください。

と言うのも、AIや機械化などの普及により、「今後消えるかもしれない仕事」がたくさんあるんです。

そのため、希望職種や希望業種が決まったら、「転職後もずっと消えない職種や業種であるか」ということを考えないと転職先で仕事がなくなるという事態もないとは言い切れませんからね。

例えば、今後消えるかもしれない仕事の代表例として、「レジスタッフ」が挙げられます。

スーパーマーケットなどでも、セルフレジが増えてきましたよね?

おそらく、「レジスタッフは今後消えるかもしれない仕事」ということを、あなたも理解しているはずです。

では、レジスタッフの仕事に転職をした場合は、どうなるでしょうか?

せっかく、転職をしたとしても、レジスタッフという仕事がなくなってしまったら、解雇されることは目に見えています。

このように、「今後消えるかもしれない仕事」に転職をしてしまうと、せっかく転職をしても、いずれ解雇されてしまう可能性が大いにあるのです。

だからこそ、希望職種や希望業種が決まったら、「この仕事は今後消えるかもしれない仕事ではないか」という点を、考えて欲しいのです。

職歴をアピールする方法を考える

30代が転職活動を成功させるためには、職歴のアピールをしてゆかなければいけません。

20代であれば、職歴が乏しくても、意欲などをアピールすれば、採用をもらえることができるんですけどね。

しかし、30代ともなると、意欲だけでは採用につなげることができません。

企業は30代の中途採用者には、社会人としての経験を求めるものです。

だからこそ、「転職したい!」と思ったら、職歴をアピールする方法を考える必要があるのです。

まずは、「履歴書と職務経歴書で職歴をアピールする方法」を考えてください。

おそらく、ほとんどの転職求人は、書類選考を行うのではないでしょうか?

仮に、書類選考が行われる場合には、履歴書と職務経歴書で職歴をアピールすることができなければ、面接に進むことができません。

そのため、まずは、「履歴書と職務経歴書で職歴をアピールする方法」を考えることが大切です。

「履歴書と職務経歴書で職歴をアピールする方法」を考えたら、「面接で職歴をアピールする方法」を考える。

いくら履歴書と職務経歴書で職歴をアピールすることに成功できても、面接で評価されないと、不採用になってしまいますからね。

面接でも、職務経歴の質問はたくさん受けることがあります。

つまり、「面接で職歴をアピールする方法」を考えることも、大変重要なことなのです。

即戦力アピールをする方法を考える

また、30代の転職希望者の場合は、即戦力であることを求められる傾向にあります。

そのため、30代で「転職したい!」と考えたら、即戦力であることをアピールする方法も、考えていく必要があります。

やはり、まずは「履歴書と職務経歴書で即戦力アピールをする方法」を考えること。

書類選考がある場合は、書類選考の段階で「即戦力アピール」をすることができないと、面接に進むことができませんからね。

そして、「履歴書と職務経歴書で即戦力アピールをする方法」を考えたら、次はやはり「面接で即戦力アピールをする方法」を考えるべきでしょう。

転職活動の選考で、

  • 職歴
  • 即戦力

をアピールすることができれば、大きく評価されたも同然です。

さらに、「将来ビジョン」などを伝えて、「長く活躍できること」をアピールすれば、大きく採用に近づくことができる場合もあるものですよ。

希望職種や希望業種に関する資格について考える

希望職種や希望業種に関する資格を取得していれば、転職活動を優位に進めることができるかもしれません。

資格を持っているということは、その分野に関しての一定の知識がある証明になりますからね。

希望職種や希望業種に関する資格を取得していれば、それだけ評価される可能性が高いのです。

また、希望職種や希望業種に関する資格を持っていることで、即戦力アピールにつながることもあるものですよ。

転職活動を優位に進めるためにも、「資格を取得すること」を考えることは大変重要なことだと言えるのです。

ただし、資格取得を目指す際には、「評価される資格」の取得を目指すようにしてください。

世の中には、たくさんの資格が存在しますよね?

中には、希望職種や希望業種には関するものの、企業から全く評価されない資格も存在するのです。

せっかく、時間とお金をかけて資格取得を目指すわけですから、「評価される資格」を見極めて、資格取得を目指すようにしてください。

30代の転職には資格が役立つ!?即戦力を求められる傾向が強い!?「意味のある資格」を取得しよう

2018.03.01

転職経験者に話を聞いてみる

おそらく、この記事を読んでくれているということは、転職活動の経験が乏しいからだと思います。

もしかしたら、転職活動が初めての経験である人もいるかもしれませんね。

つまり、これからあなたが転職活動を行う場合は、乏しい経験もしくは未経験の中で行っていかなければならないのです。

そのため、転職経験者に話を聞いてみることをオススメします。

転職経験者に話を聞いて、転職活動についての理解を深めることも大切なことです。

その理由は、転職経験者に話を聞くことで、あなたが知らない転職活動の実態について知ることができるからです。

転職活動を始める前と、始めた後の、思い違いは防ぎたいですよね?

そんな、転職活動における思い違いを防ぐためにも、転職経験者に話を聞くことは大変重要なことですよ。

また、転職活動における思い違いを防ぐためには、転職エージェントなどをうまく活用することも大切です。

転職エージェントなどの「転職のプロ」に話を聞けば、より転職活動について理解を深めることができますよ!

もちろん、転職エージェントには、転職の悩みなどの相談をすることもできるので、気軽に活用してみてください。

まとめ

「転職をしたい!」と思ったら、まずは冷静になって考えるべきことがあります。

この記事では、そんな「転職したい!」と思ったら考えるべきことを、30代男性向けに紹介しました。

「転職したい!」と思って、何も考えずに行動に移してしまうと、高い確率で転職活動は失敗に終わってしまいます!しっかりと転職について考えてから転職活動に挑めば、転職活動で成功する確率を高めることができます。

「転職したい!」と思ったら、この記事を参考にして、必ず転職についてじっくりと考えるようにしてください。

30代でも未経験職種へ転職をすることは可能なのか?希望条件を変えることも視野に入れよう!

2018.03.11
スポンサードリンク
リクルートエージェント

本気で転職を考えている人にオススメ!
リクルートエージェント

10万件以上の非公開求人有り!サポートを受けながら転職できるので、納得のいく転職活動できるがサービス。

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。