車を趣味にするとお金がなくなる!?車の「どこ」を好きになるかは人によって違う

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

車が好きでない人からすると、車好きはみんな一緒のように見えるかもしれませんが、車が好きな人によって好みの違いがあります。

車もいろんな種類の車が存在していますからね。

皆さんはどんな車が好きですか?

車好きにも種類がある

車が好きな人の中にも種類があり、

  • スポーツカー
  • アメ車
  • クラッシックカー
  • VIPカー
  • スーパーカー
  • 痛車

など、改造の仕方や車の種類によって好みが違います。

私が好きなのは、「スポーツカー」と「スーパーカー」。

スポーツカー好きな人の中には、エンジンなどをいじくったりして楽しんでいる人がいると思いますが、私はスポーツカー、スーパーカーの見た目とエンジン音が好きなだけの「にわかファン」です(笑

車の種類によって好みが違ってきますが、もっと好みの細分化をすることもできます。

車の「どこ」を好きになるか

車の好きな部分を細分化するときりがないのですが、車の、

  • エンジン
  • 見た目
  • メーカー

などで、好みが変わってきます。

日産のGTRのエンジンが好きな人は、GTRにこだわって乗り続けている人もいると思います。

私は、特にこだわりがないので、いろんな車を乗ってきています。

最近は「イタリア車」に興味があり、フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティに興味津々。

私のように、国によって好みが違うこともあります。

アメ車好き人もいますからね。

車の好きなところは人によって違いますし、その数は無限大。

ライフくん
俺も、車のことはそんなに詳しくないけど、カッコいいと思う車は欲しくなるよ。エンジンとかの性能はよく知らなくても欲しくなる。
フレアちゃん
車って、ほとんど見た目で買うような気がする。
ライフくん
見た目って大事だよな。車も人間も。
フレアちゃん
人間は余計だよ(笑

車に詳しくなくても好きな人はいる

車好きの中には、車に詳しくない人もいると思います。

現に、私は車のことはそんなに詳しくないですけど、車が好きですからね。

「車のどこが好き?」と聞かれると困ってしまうのですが、「ケツ」と答えるしかないです(笑

スポーツカーの見た目が好きなので、ある程度自分の車のことを知っているくらいで、めちゃくちゃ詳しいわけではない。

私のようなタイプの車好きもいると思う。

乗りたい(運転したい)

車の見た目で判断する人もいれば、車の性能で判断する人もいます。

ミッション車にこだわっている人はミッション車に乗り、車を操っている感覚を楽しむ。

このように、運転を楽しむ人もいます。

やはり、車は運転するものですからね。

運転する楽しみがあって当然です。

しかし、車は運転することが当たり前の感覚になっている人が多くなり、車好きが少なくなってきている。

ステータス(高級車)

高級車などをステータスとして買う人もいます。

この人たちは車に乗る楽しみはもちろんあると思うのですが、コレクションとして買っている場合があります。

高級車の場合はプレミアがつく可能性があるので、寝かせている人もいるのです。

4000万円のフェラーリが7000〜8000万円くらいに値上がりすることも。

なんとも羨ましい限りです。

理解してもらえない趣味の1つ?

「車が趣味」であることを、なかなか理解してもらえないと、車が好きな人は感じたことがあると思います。

私自身、車が好きなのですが周りに車好きの人がいない。

理解してもらいにくい趣味なのかもしれませんが、趣味ってそんなもんだと思います。

興味がないことに関しては、なかなか興味を示しませんからね。

「お金の無駄」と思われやすい

車が趣味の場合はお金がかかると思われやすいですが、その通りです。

とにかくお金が必要。

車を購入時に数百万円必要になってきますし、高級車になると2000万、3000万円必要になってくる。

改造すると、またお金が必要になってきますし、運転する場合もガゾリン代が必要になる。

車検に関しては、車に興味がない人でも車を所有している時点で受ける必要がありますが、このようなお金がとにかく必要になってきます。

スポーツカーに乗っている人はエンジンオイルにこだわっている人も多い。

こだわりが強くなるほど欲しくなるものの金額が高くなるのですが、車の場合その額が大きい。

数十万円は当たり前。

ボーナス全額使って、一部分を改造できる程度ということもあるので、とにかく金欠になりやすい趣味

ただ、本人が良ければそれでいいと思いますが、結婚後にこの趣味を維持できるかと言われると難しいとしか言いようがありませんね。

ライフくん
最初に新車を買うってなると、ビビるくらいの金額になるしローンで買うと返済に苦しむことになるからな〜。けど、車にはそれだけの負担がかかったとしても欲しくなる魅力があると思うよ!
フレアちゃん
そうなのかな〜?私はよくわからないけど、自分のお金で趣味を楽しんでいるなら文句は言えないよ。
ライフくん
フレアちゃんの愛車は3300系だもんな(笑
フレアちゃん
そうだよ。ただ、いろんな人が乗っているから快適ではないけどね(笑

年に数回しか乗らない

これは私の場合なのですが、趣味専用の車を年に4、5回しか乗らない。

それでも車が好き。

そんな回数しか乗らないのに車が好きなのか疑うかもしれませんが、車が好きな人の中には、車を大事にしている人もいるのです。

乗ってこそ車の楽しみがあると思いますが、私は車を「見る」楽しみの方が強い。

ガレージでずっと車を眺めているだけ。

あと、サウンドですね。

運転することはもちろん楽しいですが、それよりも見る楽しみも車にはあるということです。

車には「ロマン」が詰まっている

車を趣味にすると、とにかくお金が吹っ飛んでいくのですが、それでも車が好きになる人は多い。

それだけ車には魅了する「何か」があるということだ。

私はスーパーカーの見た目とサウンドに魅了されている。

また、車という目標があるからこそ、仕事をすることができている。

車には男のロマンが詰まっている(女のロマンも)。

運転していなくても、車の曲線美などを眺めているだけで、自分の車に惚れてしまう。

私は、たまに車の前に1時間半くらいいる時がありますよ。

ただ車を見ているだけの時間ですが、幸せの時間でもあります。

まとめ

簡単にまとめると、「車は素晴らしい」ということです。

大人子供関係なく好きになる人は多く、誰でも1台くらいは憧れている車があると思います。

それだけ、車は身近なものであり、魅力的な乗り物なのです。

最近、車が好きな人が減っているとネットニュースなどで見ますが、それでも車が好きな人はいます。

お金がかかる趣味ではありますが、そこには感動、喜びが詰まっている。

もちろん、お金が吹っ飛んでいく悲しみもありますが(笑

そんなこと言っていたら、欲しい車に乗ることなんてできませんからね。

これからも欲しい車に乗ってこう!

次はF12だな!

私が乗っている車はこれ!!

フェラーリカリフォルニア30「ジャッポーネ」の魅力|旅行、ショッピングに行けるスーパーカー!

2017.02.23

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。