イエスマンの特徴「7個」他人からの評価を気にしている?

どうも、きむ( @kimu_news)です。

「イエスマン」って言葉聞いたことありませんか?頼まれごとをされると断れないイエスマンですが、なぜかマイナスなイメージが強い印象がある。

本当に自分の意思で頼まれごとに対して行動していれば、まだマシかもしれませんが嫌々頼まれごとに対して行動している人は、ストレスを抱えやすくなりやすい。

そんな「イエスマンにはどんな特徴があるのか」をここで紹介します。

イエスマンの特徴「7個」

頼まれごとを断れない

イエスマンの特徴の代名詞とも言える特徴です。頼まれごとをされると、

  • できます!
  • 大丈夫です!
  • 任せてください!

と返事をする。返事をされた側は気持ちいいのですが、返事をする側は内心「めんどくさいな〜」と思いながら返事をすることが多い。会社では上司に気に入られやすいタイプでもありますね。

プライベートでは、車の送り迎えを頼まるなど、言い方が悪くなってしまいますが「都合のいい人」になってしまいやすいタイプでもあります。

「いい人」になろうとする

上記の続きになりますが「いい人」になろうと頑張っている人は、他人の評価を気にする傾向があり、頼まれごとをされると断れないことが多い。いい人であろうと考えてしまうので、嫌な頼まれごとをされても断ることができないことも。

いい人であろうと考えている人って「八方美人」のところがありますからね。他人に「いい人」と思われるために「偽った自分」を演じてしまうのです。

自分の評価を気にして頼まれごとを断れないということは、人のために行動しているのはついでで、実は自分の評価のために行動しているという捉え方もできますね。

きむ
私もこのタイプの人間。

常に他人の評価を下げないよう、ビビりながら生きている。この性格は私自身自覚しているのですが、人付き合いに疲れてしまうことが多いですね。本音を言えない自分を嫌いになることもあります。

知り合ったばかりの人で、関係が微妙な人に頼まれごとをされると気に入られるためにイエスと答えることが多いです。

関連記事:いい人を好きになれない人は多い「いい人止まり」は疲れる。

自分の考えがない

イエスマンは自分の考えがないのか?と思うくらい自分の考えを言わない。

  • 「自分は〇〇がしたい」と言わない
  • 周りに合わせる(趣味など)
  • 流されやすい

このように、人に意見に振り回されることが多いのです。このように「自分がない」状態なので「特徴がないことが特徴」になってしまいやすく、何を考えているのかわからないと思われることも・・・。

意見を言わない

自分の考えがない(信念がない)ないと、自分の意見を言わない、言えない人間になってしまう。イエスマンは自分の意見を言わず、言われたことに対して行動することが多い。

「これが絶対にやりたい」

「これが絶対に欲しい」

と思ったり言うことが少なく、友人などがやっていること、買ったものに対して興味を持つことが多い。基本、「自分から」ではなく「他人から」が動機になるのです。

上司の指示を待つ

イエスマンは上司の指示に対して忠実に行動します。指示を出してくれた仕事をする方が楽だと思っているイエスマンも中にはいるかもしれません。

自分は何も考えずに上司の指示に従って仕事をすればいいだけですからね。ただ、忠実に働いてくれる人は会社にとって必要不可欠です。なので、悪いことではないのですが、どうしても会社内で都合のいいように使われてしまうことになる。

少々仕事を多めに押し付けられても断ることができないため、次から次へと仕事が舞い込んできやすくなり、自分を追い込んでしまうこともあります。

「断ると上司から嫌われる」

「断ると出世できなくなる」

と考えるので、どうしても断れなくなってしまうのです。

関連記事:指示待ち人間の特徴「13個」マニュアルは神!自分でアレンジしない仕事方法を貫く

優しすぎる

誰にでも優しい人は、頼まれごとを断れない人になってしまいやすく、誰に対しても優しく接し人に喜んでもらうために行動する。これは悪いことではないのですが、この性格につけ込んでくる人もいます。

「なんでも言うことを聞いてくれる」と都合のいいように使う人が周りに集まる可能性も・・・。優しすぎる人の中には「いい人」になろうと頑張っている人も混ざっているので、本心は嫌だけど頼まれたら断れないと言う人もいるのです。

優しすぎる性格が自分を苦しめてしまう。

なんども言いますが、この性格は悪くない。しかし、結果的に自分を苦しめてしまっている人はいるのです。優しすぎる性格は他人にとっては喜ばしいことですが、自分にとって「害」になることもある。

誰にでも尽くす

誰にでも尽くすタイプの人も優しすぎる人と同じ系統のタイプですね。誰かの喜ぶか顔を見るために行動することが多く、動機が「人のため」のケースが非常に多い。

「自分の意見を言わない」人と違うところは、自分から人を喜ばせるために行動していることですね。意見を言わない人は自発的に行動することが非常に少ないですから。

この性格も悪いことではないのですが、イエスマンになりやすい性格でもあります。人に喜んでもらうためであれば何でも「イエス」と答えてしまうことが多くなるのです。

初めは人に喜ばれるためにイエスと返事をしていたのに、ある程度月日が経つと「人に嫌われないため」にイエスと答えるようになることもあります。

この考えになると、自分を苦しめてしまうことが多くなり、結果、イエスマンであることに疲れてしまう。

甘い汁を吸いたい

これは悪どいタイプのイエスマンですね。会社の社長や上司の言うことをなんでも聞いて少しでも甘い汁を吸おうと企んでいる人もいます。この場合、一応「甘い汁を吸いたい」と言う目的がある上でイエスマンになっているだけで、本来の姿はイエスマンでない場合もあります。

このタイプは「ビジネスイエスマン」として演じている人が多いので、友人などの前では自分の意見を言ったり、考えを言ったりと自我を持っている人もいます。

断れない気の弱さ、小ささからイエスマンになるのではなく、自分から甘い汁を吸うためにイエスマンになる人も存在するのです。

まとめ

イエスマンであることは他人に対してはメリットがあるかもしれませんが、自分にとってはデメリットになってしまうこともあります。かといって、イエスマンであることで上司に気に入られたり、友人に気に入られたりすることもあるので良い悪いは、はっきり言うことはできませんね。

私個人としては、イエスマンであることは嫌なのですが、現実はイエスマン。頼まれごとをされると、よっぽどのことではない限り引き受けます。自分の評価を気にして引き受けてしまうのです・・・。

イエスマンってマイナスなイメージが強いですが、必要とされる存在でもあると思うんですよね。かといって、なんの意見を言い合わない会社や友人関係も気持ち悪いって感じます。

会社にはイエスマンがたくさんいます。上司に従って仕事をする人がほとんどなので、ほとんどの人がイエスマンということになるのですが、この存在は会社にとって絶対的に必要な存在だと、私は思っています。

グッドポイント

やりたいことを探す前に自分を探す
リクナビ「グッドポイント診断」

自分の性格を分析!自分の強み弱みを知りたい方にオススメの診断!

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。