やる気が出ない仕事はダメなのか? 【サボる働き方】

どうも、きむ( @kimu_news)です。

皆さんは、毎日やる気に満ち溢れていますか?私は毎日やる気がない生き方をしています。それでも自分自身を満たせていますし、変に煽り運転をしたり、過激な動画をSNSにアップして、自分を誇示する自分の満たせ方をしていない分、健全だと思います。

やる気やる気と言いますが、そんなにやる気って必要なのか?

仕事でやる気が出ない理由

仕事でやる気が出ないとき、何か理由があると思います。理由もなくやる気が出ない時もありますが、会社で働いていると、やる気が出ない理由が転がっている可能性があります。

やりがいがない

車関係の工場で仕事をしていた私ですが、とてもじゃないけど仕事にやりがいを感じたことはありませんでした。ひたすら肉体労働をし、汗水垂らして怪我をしたとしても毎日だましだまし仕事をする毎日。

ダラダラと仕事をすることで毎日を無駄にしている感覚さえもあった。ただ、この仕事をしなければ、自分の生活、プライベートを楽しむことができなかったので、我慢しながら仕事を続けていましたね。

やりがいのために仕事をするというのも変な話かもしれませんが、やりがいがあればあるほど、仕事に対して前向きに考えられるようになる思う。とにかく、会社員時代に仕事に対してやりがいを感じたことは全くなかった。

出世欲ゼロ

会社では、どんどん出世していく人、全く出世しない人に分かれます。私は全く出世しない人の部類でしたが、自分はそれでいいと思っていました。出世した人ほど、顔が暗くなり、口数が少なくなり、怒る回数が増えている感じがしたので、出世したいと思わなくなったのかもしれない。

「会社=出世」というわけではないと私は考えていましたし、どちらかというと「どうしたら自分が楽できるか」を考えながら仕事をしていましたね。出世することがやりがいの人に仕事を任せるスタンス。

仕事に対して「欲求」が何もなかったら、会社という「箱」に入った瞬間やる気がなくなってしまう。ひどい場合は作業着を着た瞬間からやる気が出ないこともあった。

きむ
というか、ほとんど毎日やる気がなかったな(笑

とりあえず入社した会社で働く

高校の先生に勧められた会社にそのまま入社し、自分の意思ではなく流れに身を任せていただけの人生。まあ、これはこれで非常に楽でよかったかもしれませんね。

会社でも言われたことをするだけのスタイルでしたし、仕事に余裕があったとしても自分から進んで仕事を増やすことはしなかった。

といっても、あからさまに仕事に支障をもたらす行為(誰かの邪魔をしたり、わざと仕事を遅くしたりする)ことはしないようにした。まあ、社会人として「最低限」のことだけはしていました。

ただ、最低限から抜け出そうとはしない。抜け出そうとするやる気はなかった。

多忙すぎる

会社によって多忙さは違いますし、人によって多忙だと感じる度合いも違う。私が多忙だと感じる度合いはかなり低く、1日残業1時間するだけで「働きすぎじゃないか・・・」と感じていました。

そんなのは甘えだと言われそうですし、もっと残業している人はいると思いますが、私の残業に対する免疫力はかなり低かったです。多忙になればなるほど、やる気は出ないし生産性はガタ落ちする。

こんな悪循環でしか回せない会社で働いているんだと考えると、さらにやる気がだだ下がりしてしまう。やる気も出ないし集中力も残業が長引くほどなくなり、より生産性を失う。

人間関係に苦しむ

これが1番やる気が出ない理由って人は多いと思います。会社で働く以上、最低でも一人の人間と働くことになるので、その時点で人間関係は始まります。

また、その人の人間性によってやる気が左右されるといっても過言ではありません。もし、パワハラが日常茶飯事の上司と一緒に仕事をすることになれば、仕事のやる気が出ない以前に、人間関係のことしか考えられなくなる。

仕事は二の次になってしまうことで、ミスが多くなってしまい、ミスをきっかけにパワハラがエスカレートする。これが続くことで、やる気を失うこともあります。

だからと言って簡単に辞められない

やる気が出ないけど、働き続けている人は非常に多いと思います。会社で働くことで「お金」を得ることができるので、そのためにやる気が出なくても我慢して仕事をしている人がほとんどです。

やる気が出ないからといって簡単に会社を辞めることはできない。

生活、娯楽にはお金が必要

ほぼ、この2つのために働いているといっても過言ではありません。やる気がない日も会社へ行き仕事してお金を得る。このライフスタイルは非常に大切で、世の中のお金を循環させるためにも必要な仕組みだと思います。

生活することよりも、娯楽のために働くことでより仕事にやる気を出すことができますが、娯楽に飽きてしまったとき、また新しいやる気の出し方(娯楽)を探さなければいけない。

仕事でやる気を出すための娯楽なのか、娯楽を楽しむために仕事をするのか。まあ、どちらも当てはまるのですが、娯楽を楽しめたとしても、仕事でやる気が出ることは私は感じたことがなかったです。

「明日から現実に戻るのか・・・」と、より仕事に対してやる気がなくなってしまうことがほとんど。ただ、一心不乱に「お金のためだけ」に働く。これって自分にとって良い生き方なのかを考えたとき、なぜか自分が小さく見えた。

家族ができればなおさら「安定」が要求される

私は結婚していないので一人で自由気ままな生活を送っていますが、結婚している人であれば家族のために「安定」が求められます。親戚、家族などに安定をもたらすためには働かないといけません。

家族に安定を供給する最適な形として「会社で働く」という方法があります。個人で働く場合、収入がかなり不安定になってしまうことがあるので、家族に安定を供給することが難しくなることがあります。

しかし、会社がバックにいることで安定を家族に供給することができるので、会社の元で働いている人は多い。仮に、家族を養っている身で会社を辞めたくなったとき、家族に安定を供給できなくなってしまうリスクを考えると、そう簡単には辞められないと思います。

「やる気が出ないから、違う仕事がしたい」と軽はずみな理由で辞めることは簡単にはできない。

会社を辞めるだけでは意味がない

もし、会社を辞められたとしても、辞めるだけでは意味がありません。以前働いていた会社での仕事にやる気が出ないから仕事を辞めたとしても、そのあと働くこと自体にやる気が出なくなってしまっては生活することすらできなくなってしまいますからね。

どちらにせよ、働くということに行き着くのです。やる気が出ない日でも働くことになるのです。会社で働くにしても、個人で働くにしても、やる気が出ない日がなくなることはないのです。

きむ
逆に、毎日やる気で満ち溢れている人の方が変人だと思う。

1人の人間が辞めても会社は回る

私は会社を辞めたことがあるのですが、辞めた後の私の部署の仕事は少しもたつきはあるものの、普通に回っている事を知ったとき「別に、俺じゃなくてもいいんか・・・」と思いました。

会社という組織には数多くの人間が在籍していますし、何が起こっても対処できるようになっている。例え、一人の人間が会社を退職したところで、いつも通り仕事は進んでいく。

会社を辞める事で一時的に解放感を味わえるとともに、自分の存在の小ささを思い知ることにもなる。自分は会社という小さな粒だったんだなと・・・。

グッドポイント

やりたいことを探す前に自分を探す
リクナビ「グッドポイント診断」

自分の性格を分析!自分の強み弱みを知りたい方にオススメの診断!

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。