理不尽な人の特徴「13個」いきなり怒られるし毎日毎日ストレスを溜め込むことも・・・

どうも、きむ( @kimu_news)です。

会社に理不尽な要求をしてくる上司や同僚っていませんか?会社にはいろんな人間がいるので、理不尽な人は1人くらいいてもおかしくはありません。

私も、会社員の時に、理不尽な上司の遭遇し、かなりストレスを溜め込んでいた時期がありました。理不尽な人に振り回されたことのある私が感じた「理不尽な人の特徴」をこの記事では紹介してきます!

理不尽な人の特徴「13個」

理不尽な人の特徴は意外と多く、理不尽な人のにってタイプが違ってくることもあります。どのタイプであっても周りの人間は振り回されたりストレスを感じたりすることに変わりありませんが・・・。

それでは、理不尽な人の特徴を紹介します。

言うことがコロコロ変わる

言うことがコロコロ変わる人って、文字どおり言うことがコロコロ変わるので、周りの人はその言葉に振り回せることになる。親の言っていることや会社の上司が言っていることがコロコロ変わると言う話は、よく聞く話。

「その仕事俺が片付けとくから」と言った次の日には「何でその仕事やってくれやんのや」と、言っていることがあからさまに変わることがあるのです。

その理不尽さに振り回される人はストレスが溜まる。

自分が正解だと思っている

自分が正解だと思っている人は、自分の考え、価値観を他人に押し付けることがあり、相手が嫌だと思っているのに無理やり押し付けることもあります。また、その考え、価値観を押し付けて相手が乗り気じゃないそぶりを見せると機嫌を損ねて、ひどい場合は怒り出すことも・・・。

このタイプの人は他人の意見を聞かない傾向があります。自分の考え、価値観が正解だと思っているから他人の意見には耳を貸さないのです。逆に自分の意見に耳を貸さない人がいれば機嫌を損ねるか怒り出す。

関連記事:価値観が合う人と会わない人|押し付けてくる人の特徴9個

無理難題を平気で押し付ける

これは、会社の上司に多いケースですが、「これはいくらなんでも無理だろ・・・」と言う仕事を平気で押し付けてくる上司もいます。これはもう一種の「パワハラ」ですね。

こういう人に限って大体「しつけ」「指導」という理由で言い逃れようとする。

人に言う割に仕事ができない

無理難題を押し付ける人が実際に自分がその無理難題な仕事をやると全然できないことが多い。人に対して「あれやれこれやれ」言う割には自分自身は指示している人よりも仕事ができないと言う上司は意外といます。

なぜ、上司になれたのか不思議に思うくらいですが、一応上司なので気弱な部下はそれに従うしかない。中には反抗する人がいるのですが、大概その職場で優遇されなくなる。

「〇〇さんって口だけで仕事全然できないよな」と部下同士で雑談されることもあります。

人に厳しく自分に優しい

無理難題な仕事を押し付ける、人に言う割には仕事ができない・・・。この2つに当てはまる人は「自分に甘い人」が多いですね。自分を楽させるために他人をこき使うことを考えているので、尊敬されるような人格者にはなりにくい。

本当に人格のある人は、人助けができる人ですし自分で無理だと感じた仕事を他人に押し付けるようなことはしない。理不尽な人は、逆に「自分のことを助けてくれ」と言うスタンスで仕事をしているのです。

自分の非を認めない

理不尽な人は自分のミスを認めることができない人が非常に多いです。しかも、自分のミスを他人に擦りつけるようなことまでする人もいます。

これはもう最低としか言えないのですが、こういう人が実際に存在するんです。自分の非を認めない人と一緒に仕事をするのは、結構ストレスたまりますよ。

部下の立場の人が先輩や上司のミスを見つけ指摘した場合、その指摘を受け入れられる人は結構少ないです。先輩、上司というプライドもありますし、理不尽な人であれば、このタイミングでキレ出すこともありますからね。

こういう人は心の器がものすごく小さい。

いきなりキレる

理不尽な人は理不尽な理由、理不尽なタイミングでキレ出すことがあります。キレることで自分を大きく見せようとしているのか、今よくニュースでも出てくるフレーズですが「カッとなったから」と言う理由で感情任せにキレる人がいるんです。

キレながらも冷静さを保ち建設的に物事を言うのであれば、まだ分かるのですが、ただ感情的になって罵声を浴びせるのは人間というか野生動物って感じがしますね。

理不尽すぎます。

関連記事:【激おこ】すぐ「キレる人・キレやすい人」は出世できない!?特徴を知り対処する

機嫌の波がある

このタイプの人と仕事をするのはかなりしんどいです。その日その日によって機嫌が変わりますし、機嫌が悪い日になればその1日は理不尽な人のご機嫌を取りつつ仕事をしないと仕事が進まないなんてこともあります。

何で怒っているのかもわかりませんし、いきなり何かを蹴飛ばしたり大声を出したりすることも・・・。このタイプの人が上司の場合は最悪。毎日が悪夢を見ているかのような仕事が待っている・・・。

その代わり機嫌がいい人は、心晴れやかに仕事ができる。差が激しい分、周りの人たちは心を乱されることが多く、仕事に集中するというか、その上司に怒られないように仕事をするというスタンスになってしまうことも。

1人の人間を猛口撃

理不尽な人の中には、自分よりも弱そうな人を見つけると集中的に「口撃」をすることがあります。私もこの経験をしたことがあり、しつこく毎日のように怒られ、仕事を増やされプレッシャーをかけられたことがあります。

「今週中に今の仕事を覚えてもらって、来週には違う仕事を覚えてもらうから」と余計にプレッシャーを与えてくるのです。実際にその人が仕事をしているところを見たのですが口の割にはできていない。

私がミスをすればもう格好の餌食にされます。わざわざ人を集まったとき、ここぞと言わんばかりに名指しで注意する。まあ、私がミスをしたことが悪いのはわかっているのですが、他の人がミスをした時とは違う対応をしていますからね。

このような人に職場で目をつけられると仕事のストレスというか、その理不尽な人によって与えられるストレスが日に日に溜まる。

部下に仕事を丸投げ

これは、どの会社でもありそうなことですが、ある程度仕事に慣れた人に対して新しい仕事を教えるときに、一通りマニュアル通りに口頭で教えるだけで「あとは自分でやって」と丸投げするような人もいます。

そして、その場を去っていくのです。丸投げする人にもその人の仕事があり、かなり追われている状況なのかもしれませんが、丸投げしたことによて、丸投げされた人がミスをするリスクは高くなる。

このケースでミスをした場合、丸投げした人は「私は何もやっていないから私のミスではない」と逃げることもある。仕事だけでなく、責任までも丸投げする上司もいるのです。

異性に弱い

異性に弱い上司っていませんか?特に男性の上司が女子社員に甘々という話をよくあると思います。お気に入りの人の仕事を楽にするために、他の人に仕事を振り分ける上司もいます。

そのお気に入りの人を定時で帰らせるために他の人は残業をするハメになることも・・・。また、その女子社員がわがままな場合はタチが悪いですね。

そのわがままに理不尽な人は振り回され、理不尽な人に他の人は振り回されることになるのです。

揚げ足をとる

揚げ足を取る上司がいる場合は、非常に厄介です。小さなミスであっても指摘する。ここまではいいのですが、その小さなミスを盛って上の人に報告することがあるのです。

そして、実際に犯したミスよりも大きなペナルティーを課されるなんてこともあります。揚げ足をとる人は、上記でも行った「1人に人間を猛口撃」をする傾向があるので、一度目をつけられると些細なミスでも許されない状況になる。

関連記事:揚げ足を取る人の心理・性格「8個」他人の粗探しでストレス発散している!?

まとめ

理不尽な人と一緒に何かをするのはしんどいです。会社にこのような人がいる場合は最悪ですし、精神的に参ってしまうことがあるかもしれません。

それくらい理不尽な人が人に与える精神的ダメージは大きいのです。自分を中心に物事を考えているので、他人を見る余裕がない。なのに、理不尽な人が上司なるケースは意外と多い。上司になってから理不尽になってしまうのかもしれませんが、理不尽な上司が嫌だという人は、周りに結構います。

そんな上司に我慢できない、仕事を辞めたくなったと思うこともあるはず。「この状況で後悔しないためにどう行動すればいいのか?」を次の記事で紹介します。

グッドポイント

やりたいことを探す前に自分を探す
リクナビ「グッドポイント診断」

自分の性格を分析!自分の強み弱みを知りたい方にオススメの診断!

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。