【理不尽な上司に我慢できない】イライラするし仕事を辞めたくなる!だからと言って仕返しはNG

どうも、きむ( @kimu_news)です。

理不尽な上司と一緒に仕事をしたことがありますか?ない人は本当に恵まれた環境で仕事ができている人だと思います。しかし、理不尽な上司と一緒に仕事をして、自分1人で戦っている人もいます。

これ、結構自分の心が壊れていくんですよね。毎日毎日わけのわからない要求をされたり、パワハラ紛いのことをされますから・・・。

「理不尽な上司に我慢できない」と、心で叫んでいる人もいるはず。ここでは、私が理不尽な上司と仕事をした経験などを交えながら「理不尽な上司との向き合い方」を紹介していきます。

理不尽な上司に我慢ができない

会社に理不尽な上司が存在しているだけでも最悪ですが、その人が直属の上司である場合はもっと最悪です。毎日毎日何かを怯えながら仕事をするようになり、気持ちに余裕ができないので余計にミスをしてしまう数が多くなることも・・・。

そんな理不尽な上司に我慢できないと思っている人は意外と多いと思いますよ。少なくとも、この記事を見てくれている人は会社の「理不尽上司」に不満を持っている人のはずですから。

私も、理不尽上司に振り回される経験をしたことがあり、辛い毎日を送った経験をしたことがります。

毎日が憂鬱

理不尽な上司も元で仕事をすると毎日が憂鬱になります。私の場合は特に上司からロックオンされていたこともあり、常に理不尽な要求をされたり態度をされたりする毎日を送っていました。

謎に仕事が始まる30分前から仕事を始めろ(下準備)と私だけに言ってくるし、気合を入れて45分前から仕事をしだすと「早すぎるわ」と怒られる始末・・・。

もう、何をしたらいいのかわからなくなりましたね。心の中では反抗心が芽生えても、何もすることができずにひたすら理不尽上司に従う毎日。

この状態になると、仕事をすることでストレスが溜まる感覚ではなく、理不尽な上司によってストレスを溜め込んでいる感覚になります。

家にいても心が休まらない

仕事が終わり家に帰っても気持ちが休まらない・・・。こんな状態になったことありませんか?理不尽な上司の元で仕事をしていると、この状態になることがあります。

家にいても仕事のことが頭を駆け巡り、頭の中でも理不尽な上司の対応にイライラしたり怯えたりすることもあります。それだけ、理不尽な上司が部下に与える精神的な影響は大きいんです。

そして寝不足がちになり、最悪な場合不眠症になってしまうこともあります。考えすぎて寝れなくなってしまうこともあるのです。家ですら自分を休ませることができなくなると、仕事どころではなくなってくる。

しかし、体を無理してまで出勤しなければ理不尽上司に何を言われるかわからないし、どんな仕打ちをされるのかもわからない。毎日毎日会社でも家でも不安な精神状態になってしまう。

このような精神状態になったことがある人は私だけでないと思いますし、苦しんでいる人は多いと思います。

「上司もストレス溜まっているだな」と捉える

理不尽な上司に精神状態を狂わされている人は、もう開き直るしかないです。私は開き直って「上司もストレス溜まってるんだな」と上から目線ではありますが、こう考えるだけで多少ですが気持ちが楽になりました。

理不尽な事をされたり言われたりする事でどうしてもネガティブ思考になってしまいがちですが、無理矢理にでもポジティブにならないと自分が壊れます。

「理不尽な人のことをあまり考えるな」というのも酷な話なんですが、考えないようにしないと頭の中が理不尽な人で占領されてしまうので、少しでも自分にとって休まる事(趣味など)で占領してしまうことも考えなければいけません。

逆に「俺(私)に期待しているのか?」と捉えてしまうのも自分の心を守るためには必要です。

仕返ししたい気持ちは抑えて!

理不尽な上司と仕事をしていると「ある気持ち」が芽生えます。その気持ちは「仕返ししたい」という気持ちです。私もこの気持ちが芽生えたことがありますし、かなりこの気持ちが高ぶったこともあります。

ただ、その気持ちを実行する勇気もなく、毎日理不尽な上司に振り回されていましたが・・・。

仕返ししたいという気持ちに抑えて冷静に考えていたのですが、仕返しするという行為は理不尽な人と自分が同レベルになってしまうのでは?と思ったのです。

仕返しすれば理不尽な人と同じ

理不尽な人と仕事をする中、理不尽な人を観察することもできました。理不尽な人って自分の損得とは別に人が嫌がることを押し付ける傾向があります。

人が嫌がることを人に押し付けて自分を楽させる思惑もあると思いますが、それよりも人が嫌がることを思いつきで押し付けているような感じが強かったですね。

仕返しをするということは、理不尽な人であってもその人が嫌がることをしないといけない。そう考えたとき「仕返しをしてしまうと理不尽な上司と同じことをしてしまう」と思ったのです。

なので、私は仕返しをする考えを捨てました。そもそも仕返しする勇気なんてありませんでしたからね(笑

私の考えとしては、理不尽な上司に仕返しをしたいという気持ちが強くなったとしても、その気持ちを抑えて仕事で見返してやるという気持ちに変えてしまった方がいいと思います。

仕返ししたい気持ちを利用して、仕事に生かしてしまうのです。この切り替えは簡単なことではありませんし、理不尽な上司の口撃などに耐えながら仕事しなければいけません。

理不尽な上司と同じことをするか。それとも自分(心)を守って仕事をしていくか。この2つだと思います。仕返しをしたところで関係は悪化するだけですし、何もメリットがない気がするんです。

私としては、仕返しをすることはおすすめしません。自分が苦痛だと感じたことを相手にもするような卑怯な真似はしたくない。

理不尽な上司のことが嫌いだからと言って無視することもNGです!さすがに無視するのは幼稚すぎるので。

周りから囲んでしまうのもアリ

理不尽な人って、意外と寂しがりで孤立することを恐れています。自分を大きく見せるために理不尽な態度をとったり、言葉を発したりしますが、実は「器が小さい人」が多いです。

私の場合ですが、理不尽な上司以外の人(先輩、同期、後輩など)とよく話すようにして、理不尽な上司が知らない話をするようにしました。こうして孤立させることで、理不尽な上司は自分が話には入れないことに焦ったのか、いきなり自分の話に無理やり切り替えたのです。

結構露骨な切り替え方でしたね。周りの人と仲良くなっただけで、理不尽な人の態度が変わったのです。私に対しても普通に話しかけるようになり、雑談をしてくるようにもなりました。

別にその上司に対して何かをしたわけでもありませんが、謎にフレンドリーになってきたので少し気持ち悪かったですが、仕事がしやすい環境になったので心の底からホッとしましたね。

それから理不尽な要求をしてきたり、態度をとったりすることはなくなりました。

理不尽な上司が嫌いすぎて会社を辞めたいとき

理不尽な上司が嫌いすぎて会社を辞めたいと思っている人は少なくないと思います。仕事って理不尽な要求を飲んで仕事をしている感覚ですからね。「これ無理やろ・・・」という内容であっても断れない環境が出来上がっている。

こんなことを繰り返していると「辞めたい」という気持ちがどんどん膨れ上がります。ただ、理不尽な上司に対して感情が高まっている状態で会社を辞めることはおすすめできない。

上司に負けていいのか?

理不尽な上司の嫌がらせによって辞めたい気持ちが高まるのは、よくわかりますが、その感情で会社を辞めてしまうのは勿体無い。感情的になっただけで辞めてしまうと冷静になった時に「辞めなければよかった」と後悔してしまう恐れもある。

また、理不尽な上司の口撃や態度に負けた感覚にもなる。勝ち負けの問題ではありませんが、なんか腑に落ちない気持ちで辞めることになります。

何事も「感情任せ」に判断してはいけません。本来の自分の考えとは反した判断をしてしまいやすいですし、とても大人の対応とは思えませんので。

先輩や同期に相談してみる

理不尽な人にパワハラ紛いのことをされる人は、そのことを自分の心の中だけで解決しようとします。このように考えてしまう人は、理不尽な仕打ちを受けていると、先輩や同期に相談することをしません。というか選択肢にないと思います。

  • 「自分がこんな仕打ちをされていることを打ち明けるのが恥ずかしい」
  • 「変なプライドが邪魔をする」

このように、理不尽な人に振り回されている自分を周りの人に知られたくない気持ちが芽生えることもあります。私もこの気持ちがあり誰にも打ち明けることができませんでした。

今思えば、誰かに相談すればよかったと思いますね。誰かに話すだけでその場は気が紛れますから。少しでも気がまぎれることをしないと心が持ちません。

相談したことによって解決の糸口が見つからなくてもいいんです。「自分の心を休める」という意味合いで相談するのです。また、相談したことによって「自分は1人じゃない」と言い聞かせることもできます。

感情的に会社を辞めても後悔する

私は理不尽な上司のせいではないのですが、感情的になった状態で会社を辞めたことがあります。その時に思ったことは「もっと計画的に辞めてもよかった」ということです。

無計画に辞めるとどうしても「お金の問題」が出てきます。私の場合300万円の貯金があったので、なんとかその後の生活ができましたが、貯金がない状態で感情的になって会社を辞めてしまうと、生活が苦しくなるのは目に見えています。

毎月貯金がなくなっていく生活。いずれはお金が尽きる。いずれは働かなければいけない。

そもそも、貯金がない状態で感情的になって会社を辞めるなんてことはあまりしないと思いますが、中にはこのように辞める人がいると思います。

会社を辞めた後自分はどうなっていくのか?これを辞めた後に考えると結構不安になります。先のことなんて誰にもわかりません。だけど、不安になると「考えすぎてしまう」のです。

マイナス方向に感情が向いてしまうのです。私の場合、結果的に会社を自分で立ち上げましたが、今となっては感情的になって会社は辞めないほうがいいと思っています。

辞めるのも1つの選択肢

会社を辞める辞めないの判断は自分自身でできる権利が働いている人にはあります。なので、自分で会社を辞めたいからという理由で辞めることはできますし、会社側はこれを拒否することはできません。

上記では「会社を辞めたら後悔することもある」と言いましたが、それはあくまでも「感情的になった場合」です。もし、理不尽な上司との関係性を冷静に考えた上で、それでも「辞めたい」という気持ちが強いのであれば、私としては辞めてもいいと思います。

決して会社を辞めることが「逃げ」とは限りませんし、考えた上での決断であれば後々自分でも納得できます。ただ、これだけは忘れないでください。

いずれは働かないといけません。

新しい職場にも理不尽な上司がいるかもしれません。会社を辞めることはそれなりの「リスク」が伴うもの。辞めたからといって人生がうまくいくとは限りません。

「辞めることも1つの選択肢としてある」ということを頭の片隅にとどめておき、本当に自分の心が破壊されそう、破壊されたと感じた時は、辞めるという選択をするのもアリだと思いますよ。

「会社を辞める=悪いこと」ではありませんから。

会社は「ストレスの巣窟」

会社には「ストレス」が充満しているって知っていましたか?いろんな人は集まって仕事をしていますし、人が集まるところにはどうしてもストレスが集まってしまうのです。

もちろん、人と人との繋がりも大切です。ただ、会社で仕事をしているといろんな人の不平不満が悶々としてしまうのです。みんな大人なので思い切ったことは言えませんし、普通に仕事をしているように見えても実はストレスが爆発寸前って人もいると思います。

会社にはストレスが充満している。

これが「見える化」でもされれば恐ろしいことになるはず・・・。しかし、このストレスに耐えながらも働くことを選ぶ。働かないとお金がもらえませんし、生活できませんからね。

ストレスが理不尽を生み出している?

会社内での「理不尽」は仕事のストレスが生み出しているのでは?と、最近思うようにもなりました。今は1人で仕事をしている私ですが、会社員として集団行動をしている時期もありました。

皆、それぞれのストレスを抱えながらダマシダマシ仕事をしていましたね。理不尽な上司との出会いもありましたし、その上司もかなりのストレスを抱え込んでいんだなと、今だからこそ思えるようにもなりました。

実はその上司、私が会社を辞める少し前に降格して「平社員」として働くことになったんです。普通、降格すれば給料も減るし、プライドも多少は傷つくはずですが、その上司は何かから解放された感じで、性格が「丸く」なったのです。

ストレスから解放されると人間変わります。これを目の当たりにすると「理不尽ってストレスが作り出したもの」だと捉えてしまいます。

もともと理不尽な性格の人もいますが、ストレスによって性格が変わってしまう人も中に入ると思いますよ。会社の上司も会社でのストレスで理不尽な要求をしてしまっているのかもしれません。

理不尽な人の心を知ることができないので断定はできませんが。

最後に

理不尽な上司とはできるだけ仕事をしたくない気持ちは、ものすごくわかります。仕返しをしたくなる気持ちもよくわかります。ただ、この気持ちって「一過性の感情」なんですよね。

仕返しをしたところで現状が変わるのか?変わるかもしれませんがより悪化する未来しか私には想像できません。心の中では「こんな上司、我慢できない!」と思いながらも結局、ストレスを抱えながら仕事をする人がほとんどだと思います。

また、このストレスを抱え込んだまま出世することで、理不尽な上司が誕生するのだと思います。心に余裕がある上司の場合、理不尽な要求をするどころか、手伝ってくれる人もいますからね。

理不尽な上司に悩んでいる人は、1人で悩んでしまうタイプの人だと私は思います。現に、この悩みを抱え込んだまま仕事をしていました。

なんだかんだ上司には逆らえないですよね。性格が良かろうと悪かろうと。私には上司に逆らうような勇気がありませんでした。ただ、その理不尽な待遇に寄り添ってくれる人は会社内にいるはずです。

会社を辞める辞めないを決断する前に、誰かに相談する勇気を出してみるといいですよ。それだけで、自分にとっての職場の環境が変わることもありますので。

  • 感情的になって会社を辞める決断をしない
  • 辞めるのも1つの選択肢としてある
  • 1人で理不尽な上司と戦わない

理不尽な上司に苦しんでいる方はこの3つを忘れないでほしい。特に3つ目「1人で理不尽な上司と戦わない」は覚えておいてください。

会社内で自分の悩みを打ち明けられる人って少ないと思いますし、正直に打ち明けられることも会社という組織で生き残る1つのスキルだと私は思っています。

「理不尽な上司、転勤とかにならんかな・・・」と心の中で願ってもその願いが叶うことない。神頼みにせずに自分で動かないと現状を変えることはできません。もし、我慢できない場合は我慢しなければいいのです。誰かに相談したり、多少上司に反抗したりしないと自分が壊れます。

理不尽な上司との関係ってどうしても「意地の張り合い」になってしまうんですよね。

そんな意地、捨ててしまいましょう!

グッドポイント

やりたいことを探す前に自分を探す
リクナビ「グッドポイント診断」

自分の性格を分析!自分の強み弱みを知りたい方にオススメの診断!

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。