根拠のない自信の持ち方|成功するには大切であり必要なコト

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

たまに、「根拠はないけど自信だけはある」という人がいます。私もそのタイプですが、知り合いにも「なんとかなる」「自信だけはある」と言っている人がいます。

この自信を持っている人たちは、なぜ、根拠がないのに自信が湧いてくるのか?その自信から得られるものはあるのか?

根拠のない自信はナゼ必要?

根拠のない自信 必要
根拠のない自信を持っている人は、自信過剰と思われる時もあるが、必要なことでもあります。自信から得られるのもはあるのか?

行動力が高くなる

根拠がなくても自信があることで、行動力を格段にアップさせることに繋がる。

行動力がアップすることで、自分の好きなことや仕事を集中的に行うことができるので、何事も捗るようにもなる。

初めてすることに対して、自信がないのは当たり前のことですが、「根拠のない自信」を持つことで、成長するスピードをアップさせることができるのです。

行動力と成長を実感することができれば、向上心を高めることもできるので、より成長することができることに。

なんとかなる精神が強くなる

「なんとかなる」。ものすごく曖昧な言葉ですが、プラス思考の人がよく使う言葉。この、なんとかなる精神は意外と役に立つことが多く、

  • 失敗に強くなる
  • 物事を楽しめる
  • 「続ける力」が身につく

この3つの力を身につけることにもなります。

失敗に強くなる

成功するためには失敗することが必要になってきますが、失敗すると落ち込んでしまったり、最悪の場合、その物事を辞めてしまうことも。

それでは今までの失敗が無駄になってしまいますが、なんとかなる精神がある人は、失敗しても「なんとかなる」と思っているので、また挑戦することができます。

失敗を続けることで成功すると「なんとな〜く」わかっているのです。

物事を楽しめる

失敗しても楽しむことができなければ、そのことに飽きてしまいます。飽きさせないためにも、なんとかなると思い、そのことを楽しむ。

「失敗も楽しみの1つ」くらいに思うことで、飽きることもなく楽しみながら自分を成長させることができる。

「続ける力」が身につく

「失敗に強くなる」「物事を楽しめる」この2つの力があることによって「続ける力」が磨かれていく。

続けることができれば、あとは成功するまで続けるのみ。考え方は単純ですが、意外とこれができない人が多い。

「なんとかなる」と考えるのではなく、「あれは無理」「これは無理」などと、理由をつけて諦めてしまう人がほとんど。

まあ、人によって向き不向きはありますが、それを言い出したら、何もできない人間になってしまう。

なんとかなる精神で続けることができれば、それが自分の天職になることもある。

きむ
自分の天職を見つけるのは難しい。天職を探すのではなく、「結果的に天職になった」というケースもある。

成功するためには必要?

成功するために、根拠のない自信は必要です。この自信は自分を成長させるためには必要不可欠なもの。

何かを始める前に不安になっている人よりも、謎の自信に満ち溢れている人の方が強い。

不安がっている人は失敗を恐れ、自信に満ち溢れている人は失敗を恐れない。失敗を恐れないから、何事に対しても少年のように興味を持ち、突き進む。

そして失敗する。失敗することは悪いことではない。失敗を恐れると、成長がストップしてしまう可能性が高くなる。

「何事も諦めないため」に、根拠のない自信は必要になってくる。

あまり人に言わない

この自信をあまり人に言いふらさないように。似たような人に言えば共感してくれますが、そう思っていない人に言っても、自信過剰と思われるだけ。

できるだけ、根拠のない自信は自分の中に秘めて、ひっそりと自分の好きなことや仕事に熱中するといいですよ。

自分が信じていないことを続けられますか?

自分が信じていない
根拠のない自信がある人は「続ける」ことを得意としている人。逆に、自分に自信がない状態になってしまうと、マイナスに考えてしまうことが多くなる。

自分自信が信じていないことを、続けるのは難しい。最初の「結果」を出すためにも自信があるか無いかで差がつく。

その理由は、「初めから謎に自信がある」から。

結果が出たら自信がつく

誰でも仕事などで結果を出すと自信がつきます。自信がつくことによって、やる気もアップしてさらにレベルアップしていきます。

しかし、新たな壁にブチ当たると自信がなくなってしまう…ということありませんか?

結果が出た時だけ自信が湧いても維持できなければ、成長が遅くなってしまう。

結果を出すためには自信が必要

根拠のない自信を持っている人は、いきなり自信がある状態なので、結果を出すスピードも速くなり、新たな壁にブチ当たっても、根拠のない自信で壁を破壊する。

常にイノシシのようにタックルしている状態なので、壁が見えたところでブレーキを踏まず、壁を越える方法を考え、実行する。

ブレーキをかける無駄な時間をなくすことができ、失敗と成長を繰り返す。「自分の経験値稼ぎ」を効率良くするために自信が必要になってくる。

「結果→自信」では出遅れる

多くの人が結果が出てから自信がつくと思いますが、それでは出遅れていることになります。

スタートダッシュをするには、いきなり自信がある状態にしておくこと。いきなり自信がある状態にするために、根拠なんか必要ありません。

根拠なんか気にしていたら、いつまでたっても自信をつけることはできませんし、壁にブチ当たるたびに、自信が消えてしまうので。

結果が出るのを待って、自信をつけることを考えていては、常に出遅れることになります。

自分の行動に自信を持たせるのは「自分」

自分の行動に自信を持たせるのは「結果」なのか?確かに結果を出すことで自信に繋がりますが、自分に自信を持たせるのは「自分自身」です。

自分はできると思い込ませることで、自分で自信を作ることもできます。

結果を出して自信がつく場合でも、その結果を出したのは自分自身。自信は自分で作ることができる。

きむ
まずは自分を信じること。信じているか、いないかで結果は変わる。
スポンサードリンク

根拠のない自信を得るためにするコト

根拠のない自信 手に入れる
根拠のない自信があることで、多くの力を得ることができますが、どうやって根拠のない自信を身につけるのか?

答えは簡単。「単純」になること。

自分にできないと思わない

何かに挑戦する時「自分にはできそうにないな〜」とやってもいないことに対して、いきなり諦めモードになってしまう時ってありますよね?

このような考えになった時に、「やってみないとわからない」と考えるようにするのです。

やる前から決めつけるのは、先入観で物事を判断しているということ。それでは、挑戦することよりも逃げることを考えていることになります。

その姿勢では、自分の経験値稼ぎはできない。

自己否定にも種類がある

「自分にはできそうにないな〜」と自己否定する人は意外と多いです。

この自己否定はマイナスなイメージが強いですが、プラスに捉えることができる自己否定もあります。

自己否定をすることで、自分の経験値稼ぎにつながることもあるのです。

自己否定と成長を繰り返す|自分をズタボロにして洗脳する

2017.07.11

他人と自分を比較しない

仕事の場合、他人と自分を比べてしまうことがありますが、あまり比較しないように意識すること。

他人と比較するケースで多いのが、「あの人は仕事ができるが、自分はできない」といった感じで自分で自分の自信をなくしてしまうことがある。

これを繰り返すことで、自分はできない人間だと洗脳してしまう。

この状態になると、自分に自信が持てなくなるので、他人と比較することはしないように。

大きな成功より、小さな成功を重ねる

大きな成功を掴みたいと、頑張っている人は多いですが、大きな成功だけを掴もうとしている場合は、なかなかその成功を掴むことはできません。

大きな成功は、小さな成功を重ねることで大きくなった結果です。小さな成功を度外視していては、大きな成功を手に入れることは難しい。

手に入れたとしても、その成功に対するスキルが伴っていない状態なので、右肩下がりになっていく可能性が大きくなる。

積み重ねの重要性

宝くじが当たって、事業を起こしても失敗する人が多いのは、その事業に対するスキルが乏しいにもかかわらず、資金だけはあるので、金銭感覚が麻痺して、ガンガン投資してしまう。

そして、投資金と利益が見合わない状態になる。

小さな積み重ねで成功を手にした人は、多額の資金があったとしても、投資する際に、無駄を省くことを徹底的に考えます。

スキルもあるので、何が無駄で何が得なのかを判断することもできる。小さな成功を積む重ねた人は、お金では買うことができない、「オリジナルのノウハウ」を持っている。

このノウハウを手に入れるには、小さな成功を積み重ねるしかありません。

きむ
小さな成功を繰り返すことで、自分の土台が出来上がる。この土台がないと、大きな成功を受け止めることができない。

まとめ

根拠のない自信は成功させるためには必要になってきます。この自信を手に入れるには「思い込む」こと。

「自分はできる」と言ってしまうと臭い言葉になってしまいますが、思うことは大切なこと。

この気持ちが途切れてしまうと自信はなくなってしまい、「自分はできない」とマイナス思考になってしまう。

マイナスなことを考えると、現実になってしまうことって、たまにありますよね?そして、本当に起こってしまったと、またマイナス思考になってしまう…。

単純に考えた場合、これの逆をすればいいだけの話。

プラスなことを考えて、現実にしてしまえばいいのです。まあ、いきなり切り替えるのは難しいですが、「思い込み」からの行動によって結果が変わることって結構あるんです。

どうせなら良い結果の方がいいですよね?良い結果を手に入れるためには、根拠のない自信が必要になるのです。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。