結果を「出せない人」から「出せる人」になるために考え方が違うことを知る

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

結果をなかなか出すことができない人は、すんなりと結果を出せる人に憧れる。

自分も結果を出せる人間になりたいと、何かを頑張っている人は多いと思います。

私も、そのうちの1人。

結果を出す人は、なぜ結果を出すことができるのか?

出せる人と出せない人は「考え方」が違う?

結果を出す人は「結果が出る考え方」をしている

結果を出す人は、常に結果が出るような考え方をしています。

しかし、結果が出せない人は、結果が出ないような考え方をしていることがあるのです。

その考え方の違いとは一体。

ポジティブ思考

ポジティブ思考の人は、前向きな考え方ができる人。

バーベキュー中に雨が降ってきても、常に明るく雨が降っても楽しめることを考えたりと、周りの人まで前向きにしてしまう力を持っている。

この考え方ができる人は、結果を出せる人でもあるのです。

仕事でも前向きな考え方ができることは非常に強い武器になります。

ネガティブ思考の場合
ダメだった・・・「このままで大丈夫なのか・・・」
ポジティブ思考の場合
ダメだった・・・「ダメだったことがわかっただけでも一歩前進!同じことを繰り返さないために〇〇を取り入れてみよう。」

この2つの考え方の場合、どちらの方が結果が出せそうな人に感じますか?

ほとんどの人が「ポジティブ思考の人」と答えると思います。

結果を出せる人ポジティブ思考の人。

なので、結果を出せない人が結果を出せる人間になるには、ポジティブな考え方ができるようになる必要があるのです。

結果が出ない人は「考え方」を変える必要がある

結果が出ない人は、まず考え方を変える必要があります。

ネガティブに考えてしまう人は、できるだけ前向きに考えられるようなポジティブな考え方ができるようになること。

しかし、いきなり考え方を変えることは難しいですよね?

なので、いきなり考え方を変えるのではなく、できるだけポジティブな人と一緒にいるようにするといいですよ。

ポジティブな人と一緒にいるだけで、自然とポジティブになりますし、観察することで、ポジティブな人はどのような考え方をしているのかがわかるのでオススメです。

もし、ポジティブな人が周りにいない場合は、ポジティブな人が集まるような環境に自分から飛び込んでみること。

ナンパができる人は結果が出せる人が多い?

これは、私が勝手に思っていることなのですが、ナンパができる人は結果が出せる人が多いような気がします。

本当に「気がするだけ」なのですが、ナンパの成功率が低いことをわかってナンパをするわけですから、なかなかメンタルが強くないとできません。

しかし、やり手のナンパ師になると、巧みな言葉遣いや小道具を使い、あの手この手で女の子をゲットすることを考える。

ここまでするだけでもすごいことですが、それ以上にゲットするまでナンパを続けられるメンタルの強さの方がすごいと思います。

ナンパ師も失敗を繰り返すことで、女の子をゲットするために試行錯誤するのです。

めちゃくちゃ前向きだと思いませんか?

しかも、ナンパを成功させることは、ただの通過点に過ぎません。

そのあとに「連絡先を交換する」「一緒にご飯を食べに行く」「〇〇〇をする」という目的があるからこそ、ナンパをしているわけですからね。

ナンパをすることが最終目標であれば、一緒にご飯を食べに言ったりする前に解散するはずです。

結果を出す一連の流れを知っているナンパ師は、結果を出せる人間だと、私は勝手に思っている。

考えていることは現実化する

考えていることが現実に起こることって少ないですが、少なからず現実になるときもある。

私は、「アフィリエイトで月100万円稼ぐ」と常に考えていたことによって、この考えを現実化させることができた。

そして、さらに上を目指す。

このように、ポジティブなことを考えていると、自然と前向きに動き出す。

ネガティブなことを考えてしまうと、マイナス方向へ進んで言ってしまう。

「そんな単純には進まない」と思うかもしれませんが、行動の「仕方」が変わってくるのです。

考えていることが現実になるのであれば、当然、ポジティブに考えた方がいいですよね?

結果を出すということを現実化させるためにも、ポジティブであることは重要なのです。

ライフくん
心配事を考え過ぎてしまうことがあるけど、これに関してが現実化されないことがほとんどだよなー。
フレアちゃん
確かにそうだよね。鍵の閉め忘れとか、ヘアアイロンの宣言入れっぱなしとか気になってしまう。
ライフくん
けど、「心配する必要はなかった」パターンしか経験したことがないぞ。
フレアちゃん
私も。心配している時間がもったいないって感じがする。
ライフくん
きむのおっさんの場合は、何も心配していないけど、家の鍵を開けっぱなしすることもあるし、車の鍵の閉め忘れたりするらしいぞ(笑
フレアちゃん
それは、メンタルが強いのか弱いのかわからないね・・・。

変に考えすぎない

結果を出す人はポジティブ思考の人。

ポジティブ思考の人は、変に考え過ぎない。

変に考えすぎないということは、行動するスピードが速くなる。

行動するスピードが速くなると、結果を出すまでの時間を短縮できる

時間を短縮できると、次々と結果を出せるようになる。

次々と結果を出すと、自分に自信がつく。

自分に自信がつくと、さらに結果を出すために行動する。

byきむ

結果を出せる人は、変に物事を考え過ぎません。

シンプルに考えることができるので、結果を出すまでの行動もシンプルかつ合理的になりやすい。

考え過ぎたとしても、マイナス方向に考えてしまうことが多いので、考え過ぎないことも結果を出すためには大切なことになってくるのです。

考えすぎることによって自分の行動力を押さえ込んでしまうことにもなりますから。

結果を出せる人は、行動しないことを恐れ、結果が出せない人は、行動することを恐れる。

考え方が真逆なだけで、結果も真逆になってしまうということです。

結果を出す人は自分のことを理解している

結果を出せる人は、自分のことをよく理解している人が多い。

自分のことを理解しているからこそ、

  • どういう仕事が向いているのか?
  • 何がしたいのか?

ということがハッキリしている。

意外と自分のことを知らない人は多いと思いますし、自分と真剣に向き合う機会ってそんなにないと思います。

もし、結果が出せる人間になりたいのであれば、自分がどういう人間なのかをハッキリさせることから始めるといいですよ。

そうすることで、自分の強みを知ることができますし、弱みを知ることもできます。

自分のことを知りたい場合は「グッドポイント診断」がオススメ。

質問数が多く5分〜10分程度時間がかかりますが、質問に答えるだけで自分がどういう人間なのかを知ることができます。

「リクナビ」に無料登録することで診断することができるので、自分のことが気になっている人は、ぜひ、1回してみるといいですよ。

まとめ

結果が出せる人と出せない人とでは、考え方が真逆ということです。

考え方も真逆なら結果も真逆。

非常にわかりやすい。

結果を出せる人間になりたかったら結果を出せる人の考え方を取り入れる必要がある。

シンプルにポジティブに考えられるようになればいいだけ。

言葉では簡単に言えますが、いきなり考え方って変えることは難しいですよね?

なので、考え方をいきなり変えようとはせずに、ポジティブな考え方をすることを「意識」するといいですよ。

いきなり変えようとすると、ポジティブになろうと「頑張ってしまう」。

頑張ってしまうと、ポジティブな自分に疲れてしまうので、また結果を出せない自分に戻ってしまう恐れがある。

それを避けるためには、自然とポジティブに考えられる人間になること。

結果を出せる人間になろうと「頑張らないで」くださいね。

ライフくん
結果を出すためには「頑張らないでください」か。
フレアちゃん
確かに、なんでも頑張りすぎると自分が崩壊してしまう感覚があるからね。
ライフくん
頑張れば絶対に結果が出せるというわけでもないしな。「努力=美しい」と考えているうちは結果が出しにくい人間なのかもしれない。
フレアちゃん
私も、できるだけ頑張らない人間になれるように頑張ろ!
ライフくん
だから、頑張ったらダメなんだってば・・・(笑

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。