どんくさい人の特徴14個「仕事」が遅く「運動神経」が悪い?

どうも、きむ( @kimu_news)です。

自分の周りの「どんくさい人」っていますか?会社には1人は絶対にいると言ってもいいほど存在します。どんくさい人のイメージは

  • トロい
  • 仕事ができない

というような「マイナスイメージ」がかなり強い。

きむ
ここでは、そんな「どんくさい人」の特徴を紹介します!

どんくさいの特徴【日常編7個】

どんくさい人にはどのような特徴があるのか?「日常」「仕事」の2パターンに分けて特徴を紹介していきます。

よく焦る(テンパる)

どんくさい人は、とにかく焦ります。何をするにしても焦っているので、「余裕がない」と周りの人に思われやすいですね。買い物行ったとしても何かと焦り、カートを壁にぶつけたり商品を床に落としてしまったりと落ち着きがない行動が際立ちます。

焦りから生まれる行動が、より焦りを呼ぶのです。なので、どんくさい人は常に焦っているように見えてしまうのです。見えるというか本当に焦っている。

マイペース(トロい)

どんくさい人の中には「マイペース」な人もいます。のほほんとしている人ってたまにいますよね?焦るタイプとは真逆ですが、マイペースタイプの人は落ち着きがないのではなく、「トロい」と表現されることが多いですね。

しかし、マイペースタイプのどんくさい人が自分のペースを乱されると一変し、焦るタイプになるんです。自分のペースを乱されるのをものすごく嫌うので、あまり焦らせすぎると怒り出すこともある。

マイペースタイプの人は、集団行動よりも単独行動の方が自分の力を発揮しやすい。

運動神経が悪い

運動神経が悪い人はどんくさいと言われてしまいます。運動神経が悪い人は上記で紹介した「トロい人」と認識されやすいのです。運度神経が良い人って動きが機敏ですよね?それに反して運動神経が悪い人は、何をしても動きが遅くなってしまう。

デスクワークであったとしても1つ1つの動きにが遅かったり無駄が多かったりする。この動きにイライラする人は意外と多いです。

時間にルーズ

マイペースの人に関連することですが、時間にルーズな人もどんくさい人の特徴の1つ。常に自分のペースで行動しているので、遅刻することよりも自分のペースを優先させることがあります。

友人や家族など、かなり親しみのある人の場合「ま、遅刻してもええやろ」と確信犯で遅刻することもあります。

時間にきっちりしすぎている

逆に、遅刻しないために「早く到着してしまうタイプ」の人もいますね。マイペースに集合場所などに到着したいと考えているので、

  • 車の場合は渋滞
  • 電車の場合は乗り遅れ

などを気にして行動したくないと考えているのです。このようなことを気にして行動していると自分のペースを乱されてしまい焦ってしまうことが自分でもわかっているからです。

もし、このような予想外の出来事が起こると、焦ってしまいどんくさい一面をさらけだしてしまう。

車の運転中によく焦る

車の運転するときに、どんくさい一面は出やすいです。

  • 駐車するときバックであたふたする
  • ナビ通りに目的地に行けない
  • よく道に迷う
  • 普通に車をぶつける(何回も)
  • 知らない道だと不安でたまらない

という感じに、車を運転するだけで、その人がどんくさいのかがある程度わかります。たまに、傷だらけでサビまでできている状態の車を見かけますが、「この人車の所有者はどんくさいのかな」と認識する人は多いです。

道に迷ったときにあたふたして、ナビを設定したとしても違うところで曲がるし、車線変更が出ずに違う方向へ進んで行く。どんくさい人はこのようなことをよくしてしまうのです。そして、一緒に乗っている人をイライラさせる。

このイライラを察知したどんくさい人は余計に焦り、どんくさい運転を繰り返してしまう。通ったことがある道でも1、2回通っただけでば覚えておらず、毎度のこと迷う。

きむ
ま、これは私のことなんですけどね・・・(笑

関連記事:ツーリング中に1人違うところに!方向音痴は右脳、左脳が関係

自覚していない

どんくさい人の中には「自分はどんくさくない」と思っている人もいます。逆に自分はなんでもできる人間だと思っている人もいますね。このタイプのどんくさい人はタチが悪い。

自覚していないし変なプライドを持っているから、注意したり指摘したりすると機嫌が悪くなってしまうことがあるのです。どんくさい人って、少し可愛げがあったりするものですが、このタイプは可愛げがない。

だから、避けられることもある。

どんくさいの特徴【仕事編7個】

臨機応変に対応できない

急に何か頼まれごとをしたり、予想外のトラブルが発生すると焦ってしまい、どんくさい行動がエスカレートすることがあります。一生懸命対応してくれる人であっても、あまりにもどんくさいとイライラされてしまうのです。

これは、頑張りだけではカバーできません。仕事は多少ダラけていても実績、結果を残せる人が有利になる。

トラブルメーカー

どんくさい人も仕事を一生懸命するのですが、ときに、どんくささがトラブルを招くことがあるのです。工場であれば機会をよく壊してしまったり、不良品を垂れ流してしまったりと、一生懸命頑張っているにもか関わらず、トラブルの種を巻いてしまうことが多々ある。

ただ、どんくさい人は悪気があってトラブルを招いている訳ではありませんが、一緒に仕事をしているメンバーはイラだちを隠せなくなる。

他の人より仕事が遅い(要領が悪い)

どんくさい人は仕事をスピードが格段に遅いことが多いです。丁寧に仕事をしているというか、ただ無駄な動きが多いんです。遅いプラス仕事が粗い。

仕事が通どうしても遅くなりがちなので、助けるよりも助けられることが多い。

忘れ物、ミスが目立つ

どんくさい人は、忘れ物やミスがよく目立ちます。事務所の電気を切り忘れたり、エアコンの電源を切り忘れたり、小さな物忘れやミスが目立つことがあります。

トラブルメーカーとはでは行きませんが、何度も同じミスをしてしまうことがあるので上司や先輩などからよく注意される。

物覚えが悪い

仕事を教えてもらうとき、飲み込みが早い人の場合ある程度したら放置しても仕事を任せられるようになりますが、どんくさい人は、いつまでたっても上司などが付きっきり面倒を見てあげないと仕事を覚えられないこともあります。

教えられたことを忘れてしまうことが多く、仕事の流れを自分で作ることが苦手。また、指示されたことを理解できないこともよくありますね。周りの人は理解しているのに自分だけ理解していない。

かなり、噛み砕いて説明したとしても理解してくれないこともあります。

仕事が雑

仕事が遅いから「ものすごく丁寧に仕事をしているんだろうなー」と思いきや、実は「遅くて雑」ということもあります。

  • 不器用さ
  • 要領の悪さ
  • 物覚えの遅さ

これらの要素が合体すると、仕事が遅くて雑になってしまうのです。しかし、遅くて雑な仕事をしている本人はいたって真面目。なので、一緒に仕事をしている人はきつく注意したり指摘したりしにくい。

一緒に仕事をしている人はモヤモヤしてしまうのです。このタイプの人の中には「人としてはめちゃくちゃいい人」が多く、仕事が雑だから嫌われている、避けられるという状況にはなりにくいです(これは、どんくさい人の人間性によります)。

周りが見えていない

どんくさい人は、自分の仕事しか見えておらず、周りの人の仕事がどれくらい進んでいるのか?助けなくても大丈夫か?ということを考えることができません。

自分の仕事することだで一杯一杯なので、余裕がない状態で仕事をしていることがほとんどです。常に何かに追われているかのように仕事をして、小さいミスを繰り返したり、とてつもない大きなミスをしてしまうこともある。

どんくさいは仕事ができない?

どんくさい人は、どうしても面倒な人扱いをされてしまいます。仕事ができるかできないかでいうと、仕事の内容にもよりますが、できない人が多い印象です(私の勝手な見解ですが)。

ただ、仕事ができないかもしれませが、それ以外のポジションがどんくさい人にはあると私は思っています。そのポジションは次回の記事で紹介しますが、会社で重宝されるポジションです。

仕事とは直結しないけど会社で必要とされるポジションって本当にあるのか?と思うかもしれませんがあるんです。また、このポジションの人がいないと会社内はギスギスしてしまこともあるくらいです。

まとめ

どんくさい人は何をするにしても他の人より劣っているのかもしれません。私も人より劣っている部分はありますし、自分でどんくさいことを自覚しているどんくさい人間です。

  1. どんくさい人は必要とされる存在なのか?
  2. どんくさい性格は直したい場合、何をすればいいのか?

この2つを次回の記事で紹介します!

グッドポイント

やりたいことを探す前に自分を探す
リクナビ「グッドポイント診断」

自分の性格を分析!自分の強み弱みを知りたい方にオススメの診断!

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。