どんくさい人はイライラされるけど仕事で必要とされる場面もある?【1つのミスがミスを呼ぶ】

どうも、きむ( @kimu_news)です。

「どんくさい」という言葉を聞いてどう思いましたか?トロイ、マイペース、ミスが多いという「マイナスイメージ」が思い浮かぶことが多いですよね。

確かにどんくさい人は仕事で邪魔扱いされたりすることが多く、実際に仕事が遅かったりミスが多かったりと問題児扱いされることもあります。

そんな「どんくさい人」に職場での立ち位置はあるのか?

必要とされることはあるのか?

仕事で必要とされるのか?

どんくさい人は他の人よりも仕事が遅かったり、ミスが多かったりと仕事に悪影響を及ぼす存在と思われがちですが、必要とされる場面はあるのか?

技術、能力は他の人より劣る

どんくさい人の多くが他の人よりも技術、能力が劣っていることが多いです。仕事が遅くミスが多かったりと、何かとムダに時間を消費してしまうので残業時間が多くなりやすい。

この残業に付き合わされる人はイライラしてしまうことも。また、残業すること自体苦に感じていない人も鈍臭い人の中にはいる。「定時に間に合わなかったから残業すればいい」と考えることが多いので、定時内に仕事を終わらそうとする意欲が他の人より薄い傾向があります。

技術もそうですが、考え方自体がトロくなってしまっているのです。周りが見えなくなってしまうことが多いので、他の人に助けられることがあっても、助けることは本当に希。

この話を聞くだけだと、どんくさい人は仕事で必要とされない存在のように聞こえますが、どんくさい人の中には意外と重宝される存在の人もいるのです。

それでも必要とされる場面はある

どんくさい人でも必要とされる場面はあり、職場で「ムードメーカー」として必要とされることは意外とあるんです。仕事は遅くてイライラすることがあるけど、いじられキャラとして必要とされることがあります。

いじられることが嫌な場合は迷惑な話ですが、いじられることが苦じゃない人であれば、その立ち位置を確立させることで、職場にいてほしいと思われる存在になるのです。

結構、この存在の重みってあるんです。いざ、仕事ができないどんくさい人が他の職場へ異動したり、転勤になったりすると、その職場にぽっかり穴が空いた感じになるのです。

「やっぱり一緒に仕事がしたい」

仕事ができないし、トロいし、物忘れが激しくても、どんくさい人の人間性に惚れ込む人は意外と多いのです。

仕事ができてもやる気がなければイメージダウン

やる気がなくてもスマートに仕事をこなせる人ってたまにいますよね?別に忙しそうにしていなくても余裕の表情で人よりも仕事ができるひとはいます。

しかし、仕事ができるかもしれませんが、やる気がなければ上司からの評価を得ることは難しい。「めんどくせ〜」と言いながら仕事をしている人よりも、やる気があるどんくさい人の方が評価が得られることもあります。

これに関しては、上司とどんくさい人の関係(仲の良さ)によりますが、どんくさくても肩書きを持っている人はいます。出世するためには仕事ができることも必要なんですが、上司にいかに気に入られるかがポイントになってきますからね。

ただ、上司に気に入られて昇進したからといっても、部下がついてきてくれるかはわかりませんが、どんくさい人の人間性によって「カバーてあげやんと」と思われることもあるのです。

どんくさい性格を直したい(仕事)

どんくさい人にもその人にしかない「取り柄」がありますが、できれば直したいと考えている人もいるはず。

どんくさい性格を直すには何をすればいいのか?どんな考え方をすればいいのか?

先のことを考えすぎない

先のことを読んで計画し、その計画に沿って仕事をこなしていくことは非常に大切なことなんですが、どんくさい人が先を読んだりすると、今やっている仕事がおろそかになってしまうことがある。

まずは、目の前にある仕事を1つ1つこなしていくことを意識しながら仕事をした方がいいですね。ミスをしないように仕事をすることでスピードは落ちるかもしれませんがミスが減ります。急いで仕事を進めようとすると、ミスはするしミスのせいで仕事が遅くなるしで、結果的にどっちつかずの状態になってしまう。

だったら、遅くなることを覚悟の上で1つ1つ仕事を確実にこなしていった方が、どんくさい人にとって結果的に仕事を早く進めることができますよ。

メモを取るクセをつける

どんくさい人は物忘れが酷いこともあるので、メモを取るクセをつけることをお勧めします。

  • 待ち合わせの時間
  • 打ち合わせの時間
  • 納期
  • 仕事の内容(新しい仕事を始める場合)

などを暗記しようとせずにメモを取ってください。どんくさい人が暗記に頼ろうとしても頭から抜けていくことが多いので、しっかりメモを取って自分のスケジュール管理をした方が得策です。

あと、仕事を覚える際にもメモを取ることをお勧めします。暗記に頼った場合、忘れた内容を上司や先輩に聞けば内容を再確認することができますが、何度も何度も同じことを聞いていると「やる気あるのか?」と思われるかもしれません。

その点、メモを取っていれば内容を忘れてもメモを確認すれば思い出せますし、上司や先輩に何度も聞くようなことをしなくて済みます。

ポイント
もし、忘れたことを上司や先輩に聞き直す場合、その聞き直した内容をしっかりメモすること。

焦らず慌てず落ち着いて

どんくさい人は仕事でミスをしたり、分だけが遅れたりすると余計に焦ってミスが増えたり仕事がより遅くなってしまうことがあります。「焦るな、慌てるな、落ち着け」と言われても難しいと思いますが、これを意識するだけでもしてください。

もしミスをしても、そのミスを自覚して同じミスを繰り返さないようにすればいいので、そのミスにうろたえず仕事を続ければいいのです。どんくさい人の場合、1つのミスが2つ目のミスへと連鎖することがあります。

この連鎖が始まると止まらなくなってしまうこともあります。これを防ぐためにも上記でも言いましたが「1つ1つの仕事を確実にこなしていくこと」を意識すればミスをしたとしても1つ目のミスで食い止めやすくなるのです。

まとめ

どんくさい人にも職場ので立ち位置を確立させることはできます。仕事ができる人という立ち位置は難しいかもしれませんが「ムードメーカー」としての役割を果たせることもあるのです。

この存在は仕事ができる人よりも貴重だと、私は思います。ムードメーカーの人がその職場にいるだけで、楽しく仕事をすることができますからね。

嫌々仕事をしてる人であっても、楽しく仕事ができる環境を作ることができる人は本当に貴重な存在です。仕事ができる人よりもです。

「仕事でミスが目立っているな〜」「自分でもどんくさい人間だな」と感じている人は、少しでもミスを無くすために目の前にある仕事を1つ1つこなしていくことをお勧めします。

慌てず焦らず落ち着いて。

これをいきなり実行しろと言われても、いざミスをしたりすると大抵焦って慌ててしまいます。この状況下で先ほどの言葉を心の中で言い聞かせるだけでもいいので、覚えておいてくださいね。

少しでも冷静にならないとミスがミスを読んでしまうので。

あ、ちなみに私も鈍臭い人間です。車を家の駐車場に停めて、そのあとエンジンをつけっぱなしで家に帰ろうとすることがよくありますから・・・。

よく彼女にイライラされますよ(笑

どんくさくても何とかなるので、どんくさい自分のことを考えすぎず気に病まないでくださいね。一緒にどんくさい自分を付き合っていきましょう!

グッドポイント

やりたいことを探す前に自分を探す
リクナビ「グッドポイント診断」

自分の性格を分析!自分の強み弱みを知りたい方にオススメの診断!

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。