アフィリエイトはSNSで集客しなくても稼げる!?

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

アフィリエイトサイトへ集客する方法として「SNS」をを使う方法がありますが、特化型のサイト、ブログの場合、SNSを使わずに稼ぐことができます。

検索エンジンから集客したほうが「ユーザーが何を求めているのか」がハッキリしているので稼ぎやすいですね。

SNSはリスク分散くらいの感覚で利用したほうがいいですよ。

拡散されるためにSNSは必要

SNS 拡散
記事が拡散されることでアクセスが急激に集まる「バズ」を起こすには、SNSが必須になってきます。

SNSの拡散力はものすごく、リアルタイムで700人見にきたり、もっと多い場合は、2000人見にきたりするくらいの破壊力。

一度経験してしまうと中毒になったかのようにバズを狙おうと頑張ってしまいますが、それはやめたほうがいいですよ。

一過性のアクセス

バズが生むアクセスは一過性で、大体、2日、3日で元のアクセス数に戻ります。

小バズの場合は、その日のうちに終わってしまう…。

こういったSNSからのアクセスもあるほうがいいのですが、特化型サイトで稼ぐ場合は、バズらせなくても稼げます。

不特定多数のユーザー

バズった記事に不特定多数のユーザーがくることは、嬉しいのですが、ユーザーの層が、商品、サービスを購入、利用してくれそうな濃いユーザーでない場合が多いので、報酬が発生しにくい可能性が高いですね。

自分が狙っているユーザー層は検索エンジンからの方が、濃いアクセスを集めることができます。

ASP広告で稼ぐ場合は、検索エンジンから濃いアクセスを集める。アドセンスは、とにかくアクセスを集められればいいので、SNSからでも、検索エンジンからでもいい。

SNS内での活動

SNSで自然に拡散されるのは稀です。拡散される可能性を高めるにはSNSを仕事と割り切って活動しなければいけません。

これが意外に大変なんですよー。

ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ラインなどをフル活用させるのは非常に大変なこと。コメント回りをしたり、フォロワーを増やすために、いろんな人コミュニケーションしたりと、地味ながらも結構忙しくなってしまう。

というか、中毒になってしまう危険性がありますよー(笑

はてブの被リンク効果

はてなブックマークからブックマークされると被リンク効果があるのは、大きいメリットですね。

「nofollowなし」の被リンクになるので、グーグルも被リンクとして評価してくれるリンクです。

拡散されてブックマークされるごとに、被リンクがつきサイト、記事の評価が上がるということになります。

ブロガーには必須!?

ブロガーのほとんどの人が「ソーシャルボタン」を設置しています。当ブログにも必要最低限のソーシャルボタンを設置してあります。

ブロガーの人は、アドセンスから収益を得ている人が多いので、とにかくアクセスを集めることを考えています。

ブロガーであればSNSをフル活用するメリットは大きいですが、ASP広告をメインとする場合はハッキリ言って、なくても稼げます。

ライフくん
SNSで宣伝すれば、少しならアクセス稼げそうだけどな〜。やる意味はあると思うよ。
フレアちゃん
私も。けど、アドセンスかASP広告かで、集客の方法を変えた方がいいのかもね。
ライフくん
検索順位が上がれば、その検索ワードからユーザーが見にきてくれるわけだから、ユーザーの質が濃いってことになるのか〜。

特化型サイトの場合はSNSは必要ない

特化型サイト SNS
特化型のサイトの場合は、ソーシャルボタンを設置しなくても稼ぐことができます。

これは断言できます。

特化型サイトでは、「どれだけサイトのテーマに合ったユーザーを集めることができるか」がポイントになってくるので、闇雲にSNSで集客する必要がないのです。

おまけ的要素

特化型で攻める場合は、SNSはあくまでも「おまけ」として考えておいた方がいいですよ。ここに本気を出してもなかなか収益に繋げにくいので。

むしろ、ソーシャルボタンがなくてもいいくらいですよ。

バズる可能性を上げるために、ソーシャルボタンを設置する感覚でOK。

主なアクセス流入元は「検索エンジン」

検索エンジンからのアクセスのみで稼ぐことはできます。

自分のサイトのテーマに合ったユーザーが来てくれるので、テーマに合った広告をクリックして利用してくれる可能性が高くなるので、報酬も発生しやすい。

しかし、検索エンジンは機嫌が悪くなると、すぐ検索順位を下落させてきます。

検索エンジンに依存してしまうと、このようなデメリットもありますが、SNSに力を入れるのであれば、サイトのコンテンツを充実させて、検索エンジンからの評価を高めた方がいいですね。

SNSで集客する場合は、自分で宣伝しなければいけませんが、検索エンジンからのアクセスが多くなると、サイトを自動販売機化することができる。自動販売機化するためには、検索エンジンで上位表示させることが必須。

リスク分散の役割

検索エンジンとSNSで集客する仕組みが出来上がると、リスク分散になります。検索エンジンの検索順位は毎日のように変動しているので、安定はしません。

もし、検索順位が下落しても、SNSからアクセスがあれば、アクセス0という状況を防ぐことができます。

ただ、そこまで意識する必要はありません。

違うサイトを作って検索エンジンからアクセスされた方が、サイトのテーマに合ったアクセスが見込めるので、SNSよりかは効果的。

SNSよりも大事なこと

特化型サイトへ集客させるためにSNSのことをあまり意識しなくても大丈夫。

SNSよりも大事なことは、

  • キーワード選定
  • プログラム選定
  • 記事を書く(外注してもOK)
  • SEO対策

この4つですね。

主に、SEO対策をして集客することになりますが、ブラックで攻める場合は、サテライトサイト、ブログを量産、自演リンクを送る作業をして検索順位を上げる。

中古ドメインでサイトを作る場合は「運」の要素が強くなってきます。運が良ければ、1ヶ月で月に10万稼ぐサイトになる可能性がありますから。

ホワイトで攻める場合は、質の高い記事を書きまくって、内部対策、内部リンクを充実させて回遊率を上げることを考える。

サイトがグーグルに評価されるまでに1年以上かかるので(新規ドメインの場合)、長期戦は覚悟しておいた方がいいですよー。

【仕事を辞める勇気】知識・スキル・実績がない状態から起業するまでに学んだこと

2017.05.20
ライフくん
SNSからのアクセスはかなり重要だと思ってたけど、検索エンジンからのアクセスだけで稼ぐことはできるんだな。
フレアちゃん
そういうことだね。検索エンジンに依存するのは怖いけど…。
ライフくん
そこなんだよな〜。googleって情緒不安定だから、コロコロ順に変えてくるし(笑
フレアちゃん
新規ドメインだと、すぐに稼ぐことは難しいし…。

まとめ

SNSに力を入れることで、自分でサイトを宣伝することができますが、そこまで力を入れなくても稼ぐことはできます。

可能性が薄い作業に力を入れるのではなく、必要性が高い作業に力を入れた方が、サイトは育つので、まずは作業に優先順位をつけて、必要な作業だけをしていくスタイルにするといいですよ。

そうすることで、ムダな作業をなくすことができるので。

特化型サイトを運営する際に意識して欲しいことは、

  • 特化型サイトにSNSは必要ない
  • SNSからのアクセスは質が薄い

しっかりと優先順位を決めて、方向性をキチっと決めてから作業した方が、ムダな作業を減らすことができるのでオススメですよ。

特化型サイトの場合、真剣にSNSで集客しようとしても、その頑張りがムダになってしまう可能性が高いので、SNSの優先順位は最下層で大丈夫です。

ちなみに私は、当ブログにしかソーシャルボタンを設置していません。

それでも、稼ぐことはできているので、特化型の場合は、SNSを活用しなくても稼ぐことはできますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。