【仕事を辞める勇気】知識・スキル・実績がない状態から起業するまでに学んだこと

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

「仕事を辞めたい…」

働いている人の、ほとんどがこのフレーズを口にしたことがあるのでは?

私も会社員の時は、この言葉を口にしたことがありますが、実行するまでに時間がかかりました。

当時、口にしているだけで、本気度はそこまでなかったということですね。

仕事を辞めることよりも、仕事を辞めた後の方が不安に感じている人は多いと思います。

しかし、仕事を辞めたいのが本音といったことを、ずっと考えてしまうことも。

そこで私は答えを出しました。

「辞めてしまえ」と(笑

結果的に起業することになるのですが。

何もかも0状態でも誰でも起業することはできる

私の場合は、アフィリエイトで、ある程度稼げるようになってから起業しましたが、起業すること自体は、何もかも0の状態でも起業することはできます。

私の起業した理由は「なんとなく」です。

こんな奴でも起業することができるのですから、誰でも起業することはできます(笑

税金対策をするために起業しただけであって、何もなければ、社長ではなくフリーの形で仕事をしていたと思います。

「起業」の意味は「事業を起こすこと」。

いきなり起業することはできますが、知識、スキル、実績が0の状態で企業するようなタイプの人は数少ないと思います。

個人的に、このような勢いのある人は大好きです。

もし、会社を辞めて起業したいと考えている人は、私の実体験を参考程度に読んでください。

真似はしなくてもいいですよ(笑

思いつきで仕事を辞める「人生で1番勉強した時期」

会社で働くにしても、起業するにしても「学ぶこと」が重要になってきます。

会社で働く場合は、誰かに教えてもらったり、マニュアルがあったりしますが、自分で起業する場合は、自分でマニュアルを作っていくことになります。

とにかく勉強しまくって学ぶことが大切になってきます

仕事を辞めるタイミングは「辞めたいと感じた時」

仕事をしている時に、仕事を辞めたいと思うことはあっても、本気でそう思うことはありませんでした。

しかし、辞めるタイミングなど考えもせずに、いきなり自分の都合で仕事を辞めたいと上司に伝えました。

さすがに引き止められましたが、もう止まりません。

自分勝手に仕事を辞めたいと、言い張り辞めることにしました。

当時は、何かしたいこともなく、ただ仕事を辞めたかっただけ。

きむ
会社で働くことが全てなのか?そんなん絶対嫌や!

俺は絶対ビッグになる!!

子供みたいなことを胸に秘め、無事ニートになることができました。

辞める時に感じたことは「辞めるのに案外勇気なんて必要ないな」ということ。

辞めたい気持ちさえ高ぶらせたら、あとは勢い任せで大丈夫です(笑

仕事を辞めてからの行動

私は、もともと車関係の工場で、汗を垂らしながら仕事をしていました。

高校の先生に勧められて、入社しただけで、何も考えもなく、ただ働くだけの毎日。

それから約7年ちょい。

当時は若いこともあって、勢いで会社を辞めることを決めました。

別にしたいこともありませんでしたし、なんの計画もなく会社を辞めることを決意。

体を動かすことしか、取り柄がなく、パソコンもろくに使えない人間が、なぜか「アフィリエイト」という世界に飛び込んだのです。

私は頭がバカなので、何も考えずにアフィリエイトをすることにしました。

今思うと苦しい時期でもあり、楽しい時期でもあったのかなと。

Excel、ショートカットキーなど未知な世界へ

アフィリエイトを始めようとしたのですが、そもそもアフィリエイトがなんなのかをわからずに、始めようとしていました(笑

「サイト、ブログを作って、広告を貼って終わり」と思っていたので、

きむ
めっちゃ簡単に稼げるんや!

そう思っていたのですが、パソコンの知識が全くない状態でしたので、(ゲームで少しチャットができる程度)まずは、パソコンをある程度使えるように勉強しました。

アフィリエイトをしている感覚はありませんでしたね(笑

とにかく、いろんなことを勉強しまくる

「サイトを作って広告を貼る」と簡単に思っていましたが、この学ぶべきことは多かったですね。

HTML、SEOといった、工場では出てこなかった単語ばかり出てきたので、当時は毎日パニック状態です。

「本当に稼げるのか?」と疑うこともありましたが、謎に「根拠のない自信」があったので、続けることができました。

自分が行なっている方法で良いのかは、わかりませんでしたが、当時は楽しく、いろんなことを学んでしました。

しかし、収益は0円という現実…。

貯金、退職金、失業保険が底を尽きる

私の貯金も底をつき、退職金もなくなり、失業保険もなくなるという事態にもなりました。

当時、愛車のハーレーダビッドソンがあったので、仕方なく売ることに。

こんな話を聞くと、やばい状況と思うかもしれませんが、当の本人は全然焦っていませんでした(笑

きむ
大丈夫!なんとかなるやろ〜

貯金がなくなったからといって、マイナスになったわけではないと、謎のプラス思考を発揮していましたね(笑

「お金が尽きた」からこそ勉強した

貯金などがなくなったことは、自分にとってプラスになったのかなと、今は思います。

これによって「自分の価値」を高めることができましたし、アフィリエイトに強くなっていくことができました。

追い込まれた時ほど、真の力が発揮されると思うので、自分を追い込んでみるのもアリかもしれません。

私の場合は結果論なので、オススメはしませんが。

「自分の価値を高める」ためには勉強が必要

知識が高まり、ある程度専門的な知識が身について結果が出てくると、同じ分野で仕事をしている人から連絡が来て、収益に繋がる話ができるようにまで成長することに。

収益を出すためには、「自分の価値を高めるための勉強が必要」ということです。

自分の専門性、知識、スキルを高めないと、収益に繋がる話はきませんし、自分から提案したとしても、見向きもしてくれません。

だからこそ勉強することが重要になってくるのです。

人に任せてばかりだと、自分の価値を高めることはできません。

商材とネットだけで勉強できる

ネットビジネスを行う場合は、ネット上に情報がゴロゴロと転がっています。

これを、活用しないのは勿体無いですよね?

高額なセミナーなどがありますが、高額な金額を支払ったからといって、確実にに稼げるわけではありませんので。

私の場合は、1000円の商材と、ネットの情報のみで、勉強しまくっていました。

ネットの情報が教科書みたいなもんですね(笑

いろんな先生が、いろんなことを教えてくれるので、非常に便利です。

セミナーなどで勉強することもできますが、セミナーに行かずとも、自分の価値を高めることはできます。

「教えてもらうのではなく、自分で調べることの方が重要」というのが私の考えです。

教えてもらった方が早いですが、自分で調べてわからなかった部分を教えてもらうスタイルにしていかないと、人に頼ってしまう癖がついてしまうので。

これを意識しないと「専門性、知識、スキル」を高めることはできません。

「自分の力で生きる」という楽しさと苦しさ

自分の力で生きていくことは、楽しいことでもあり、苦しいことでもあります。

自分のしたいことをしているので、楽しい反面、結果が出なければ苦しい状況になります。

1人で起業するということは、これを味わうことになります。

会社員の時よりも「成果が出る」と嬉しい

会社員の時は、成果が出ても、自分の評価に直結しないことの方が多かったですが、1人始めたことで成果が出るのは、自分が評価されたようなもんですから、かなり嬉しかったですね。

工場勤務の時は、一日の目標生産台数以上を生産する、質の良い製品ができる仕組みを作るなど、達成できて嬉しいことはありましたが、工場側としては、それは当たり前のことのような感じでした。

まあ、評価されるために、仕事をしていなかったので良いのですが、良い感じはしませんでしたね。

出世欲も全然ありませんでした(笑

起業することで、仕事の楽しさを学ぶことができ、仕事が楽しいというか、楽しい仕事をしているという感覚です。

苦しい時期とうまく付き合えるか

いきなり1人で起業する場合、初めは苦しく感じると思います。

まあ、何を始めるにしても、軌道に乗るまでは苦しい時期は続きます。

この苦しさと、うまく付き合っていけるかが、今後を左右すると言ってもいいですね。

苦しみを味わうということは、成果が出なかったり、ミスをしたりした時がほとんどです。

ここで、苦しんでいるだけでは、前に進むことができません。

この苦しみを「利用する」ことが非常に重要になってきます。

  • 1、成果が出ない場合は、方向性を変えてみる
  • 2、ミスをした場合は、ミスをしない方法を考える
  • 3、苦しいと感じた時こそ、チャンスと捉える

こんな感じに、苦しみを利用して、自分を改善していくことができるのです。

苦しみのない成功なんて、何も楽しくありません。

半端ない「充実感」気楽に仕事ができる環境

会社を辞めることになれば、会社から解放されることになります。

この開放感は半端なく、毎日が楽しく感じるようにもなります。

しかし、開放感は1人で仕事をする場合、敵になることもあります。

遊ぶのも自由、仕事するのも自由な環境なので、自分で仕事をしない限りは、仕事は進みません。

しかし、自由な環境の中で仕事もしっかりとできるようになると、仕事に対しても充実感が出てきます。

収益が少なくても、充実感のある仕事をして生きていけたら、勝ち組なのではと私は思います。

ここまで軌道に乗せることは簡単ではありませんが、簡単ではないことも含めて充実させることができます。

初めの段階で実績0は当たり前

起業したばかりの場合、もちろん実績がない状態です。これは当たり前ことなので気にする必要はありません。

実績は知識とスキルが高くなったら付いてくる「おまけ」なので、実績を上げることよりも、知識、スキルを上げることを考えた方がいいですよ。

初めは誰でも実績は0ということです。

焦る必要はありません。

「自分を貫け!」誰かに依存しない心を持つ

自分1人で仕事をするようになってから、よ〜く考えるようになりました。

いきなり会社を辞めるような行動力そのままで、考えるということを覚えました。

この考える力が身についたことで、分からないことがあっても自分で調べるなりして、理解するようになりました。

1人で生き抜くためには「考える力」が必要になります。

「人の話は適当に聞く」真剣に聞くことはしない

人の話とちゃんと聞け!と言われそうですが、私は人の話をあまり聞きません。

全部の話を真剣に聞くと疲れますし、全部覚えることができませんので。

要所要所だけを覚えるようにして、あとは聞いているフリをしているだけです(笑

人の話から自分の価値を高められると感じた情報は聞くようにしています。

そうでないと、何でもかんでも人の情報に頼ってしまうからです。

人の情報に流されてしまっては、その人に依存してしまうことにもなるので。

自分をしっかりと持つためにも、自分で考えることは必要です。

1人で生き抜くために自分で考えるしかない

1人で仕事をするということは、自分で何もかもしなければいけません。

自分で自分に指示することになるので、誰にも頼ることができません。

自分の会社のことを考えるのは自分です。

自分で考えることをしなければ、1人で生き残ることはできません。

この考えることは誰でもできます。

本気を出せば、いくつか案が出てきます。

しかし、思いついたことを「行動に移す」ことをしない人は多いのでは?

考えることは非常に重要なことですが、その考えた事を行動に移さなければ形になりません。

働く=就職するという考え方

私は、働くには就職するしかないと思っていました。

しかし、起業することで働く方法は就職する以外にもたくさんあること知りました。

「働く=就職」ではなく「就職=働く方法の1つ」と捉えるように。

学校の授業って意味あるのか?

学校の授業って意味があるのか?って思うことがあります。

確かに学校で勉強したからこそ、字が書けるようになったり、計算ができるようになったりと、基本的な学力を身につけることができましたが、社会に出て使わないことの方が多いのでは?と思うことがあります。

社会に出たら、お金を稼ぐために働いたり、考えたりします。

お金を稼ぐことは会社などで教わることができますが、学校では深く教えてはくれません。

まあ、私が行っていた学校がバカだったということもありますが(笑

学力を高めることも大事なのかもしれませんが、もっと社会に出て生き残る方法をを教えてくれても良いのでは?と思います。

当時、そんな授業があったとしても、寝ていると思いますが(笑

やりたいことをやる難しさ

なぜか、就職するために成績を良くしようと考えている人が多いような気がします。

それは良いことなのですが、卒業後は就職する選択肢しかないことが寂しい感じもします。

そして、ほとんどの人が、頑張って就職した会社を辞めたがっているという現実…。

学校側も就職が安泰しているという考えではなく、自分で何かを生み出すようなビジネスなどを教えてくれても良いのにと思います。

まあ、この考えでは国に頼ってしまうことになりますね(笑

本当にやりたいことをやって、生きていくことが1番難しいことです。

まとめ

私の場合は、知識、スキル、実績が0の状態でも、なんとかなっていますが、これは結果論です。

いきなり自分勝手に会社を辞めただけなので。

みんながみんな仕事を辞めて、自由になったからといって、思い通りの人生を送れるかはわかりません。

ただ、会社の命令に従って生きるだけの人生が良いのか、自分で考えて生きていく人生が良いのかは、選ぶことができるということです。

私は会社に反抗していたので、辞めました(笑

辞めたことで、身についた力もあります。

  • 「考える力」
  • 「行動する力」
  • 「何かを捨てる力」

この3つの力は、生きていく中では非常に重要というのが、私の考えです。

「仕事を辞める勇気」も時には必要になり、仕事を辞めることは決して悪いことではありません。

「仕事辞める=ダメになる」ではなく「仕事を辞める=新しい自分と出会える」と捉えると、前向きに物事を考えられるようになりますよ。

嫌々仕事をしている場合は「仕事を辞める勇気」よりも「嫌なことを続ける勇気」の方が強いということです。

捨てる勇気がない人へ|仕事や人間関係を捨てて手に入るもの

2017.07.13

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。