会社を辞めて独立する前後にやるべきコト

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

会社を辞めて独立したいと考えている人はいませんか?いきなり会社を辞めてしまうと、思わぬことで苦しめられることになります。

会社というバックボーンがあるうちにやるべきことをしてから、辞めたほうがお得ですし、無理なく独立することができますよ。

辞める前にやるべきコト

辞める前にやるべきコト
会社を辞める前にしておいたほうがいいことがあります。

これをしておかないと後々大変になりますので、チェックしておいてくださいね。

貯金

貯金がないと、辞めた後の生活が苦しくなってしまいます。

しかも、独立する場合は、無収入になる可能性が高く、貯金を切り崩しての生活になるので、貯金は絶対に必要です。

私は、お金を使わない人間だったので、300万円の貯金がありましたが、1年ちょいで全て使い果たし、バイクを売ったりなどして、食いつないでいましたよ。

会社の信用を利用しておく

会社を辞めた後に、会社の信用を利用することはできません。会社に在籍している間に会社の信用を使ってしまうといいですよ。

クレジットカードは会社の信用が必要になってくるので、必要であれば辞める前に作っておいたほうがいいですね。

もし、1人暮らしをしたい場合は、アパートを借りておくのもいいですね。

まあ、会社を辞めてお金に困るのは目に見えているので、実家暮らしの人は実家にいると思いますが、私は、会社を辞める少し前に一人暮らしを始めた人間です(笑

必要なお金を把握する

1年間に必要なお金を計算しておかないと、いくら必要なのかを把握できません。

  • 家賃:50000円
  • 光熱費:10000円
  • 食費:5000円
  • ガソリン代:1000円
  • ネット回線:4000円

こんな感じに、月に必要なお金を書き出して×12した金額を絶対に残しておくようにしておく。

私は食費が少なすぎますが、かなり切り詰めた生活をして、自分を追い込んでいました。

ガソリン代も引きこもりなので、月1000分で十分。

こういった生活費よりも怖い支払いが、会社を辞めた後には待っていますよ…。

ライフくん
辞めた後のことはしっかり考えておかないと、金銭的に苦しくなるのは目に見えているよな〜。
フレアちゃん
独立するってなると、貯金を崩す生活をすることになりそうだもんね。
ライフくん
俺も独立したいって思っているけど、な〜んにも先のこと考えてないや。思っているだけで行動にはしない(笑
フレアちゃん
それが普通だと思うよ。そんな簡単に会社を辞めて独立しようって考える人の方が少ないと思うし…。

辞めた後は恐怖

会社 辞める 恐怖
会社を辞めた後は恐怖の始まりでもありますね。自由になる代償はかなりでかいですが、苦しみながらも楽しめたのは事実。

こういう生き方もあるんだな〜と実感できるけど、やっぱり金銭的に厳しくはなってしまいますよ(独立を目指す場合)。

税金の負担が多くなる

私は、税金を甘く見ていました。まさか、住民税を月に26000円も必要(私の場合)とは考えてもいませんでしたから。

それに加えて国民保険、年金の支払いが必要になってきますからね。

もし、会社を辞める場合は、税金を支払わないといけないことは、覚えておいてくださいね。

滞納は絶対にしないように。

私は貯金で支払っていましたよ。

年金は免除してもらえた

私は、収入が全くなくなり、この先の収入が見込めなかったので、年金の支払いは免除してもらっていましたね。

当時は、「免除できるんだったらなんでも免除してしまえ」という勢いだったので、年金の免除はなんの考えもなしに免除してもらいました(笑

失業保険が唯一の収入

会社を辞めた後の唯一の収入?と言っていいのかわかりませんが、貴重なお金が3ヶ月間振り込まれます。

月に14万か15万円振り込まれていましたね〜。ハローワークで仕事を探すふりをするだけで、なんとか失業保険をもらう権利をゲットしていました。

この失業保険のお金でMacBook Airを買い、違う道へ進んで行くことに。

ライフくん
きむのおっさんは、税金のことを知らずに会社を辞めたんだってな。そんなことよりも会社を辞めたい気持ちの方が強かったんだって。
フレアちゃん
そんなに辞めたかったんだね。きむのおじさんの場合は、頭がぶっ飛んでいるから、先のことなんか考えてなさそう(笑

会社を辞めた後「自由」を手に入れる

会社を辞める 自由
会社を辞めること得られる最大のメリットは「自由」です。これのために会社を辞めたいと考えている人は多いはず。

自由になった身として言えるのは、自由も結構大変だということ。

もちろんストレスフリーの生活にはなりますが、生活面では苦しい状況が続きますし、独立するまでの道のりは険しかったですね。

意思が強くないと、自分に甘えてニートを満喫してしまいますから(笑

自分で自分を操れないと、独立と自由を手に入れるのは難しいですよ。

自由だけど収入0円

自由だけど収入0円の生活に耐えられるか。いきなり独立したとしても、そう簡単に収入を得ることはできません。

この生活をいかに楽しめるかがポイントになってきますね。

働くか自分で何かを生み出すか

ノープランで会社を辞めた私は、期間工でもいいから働こうかなと思っていました。

しかし、情報発信という道を歩んでいき、それでなんとか生活できるようになりました。

独立、転職したとしても、働かないとお金を稼ぐことはできません。

自分で何かを生み出して、お金を稼ぐ仕組みを作って独立するのも1つの方法としてあるということです。

会社を辞めることは悪いことではない

「会社を辞める=人生終わり」と、思われがちですが、別にそんなことはありませんよ。

会社で働き続けることも1つの生き方ですし、会社を辞めて別の道に行くのも1つの生き方。

どっちにしても、働き続けることは大変です。

独立するのも1つの選択肢

会社に固執せずとも生きている人は実際にいます。独立して人生を楽しむのも1つの選択肢としてあるということです。

それを、やるか、やらないかで大きく人生は変わってきますが、そう簡単に独立ってできませんよね?

簡単でないからこそ、何か達成した時の喜びが大きい。会社勤めの時にはない達成感を味わうことができる。

ただ、自分に達成感があっても収益に結びつかないことがほとんど。

楽しまないと、続けることは難しいですよ。

時間が武器

会社を辞めた後に、残っている最大の武器は「時間」。この時間をどう使っていくかによって、大きく変わってきます。

遊びに使ってもいいし、スキルアップのために使ってもいい。好きなように時間を使える身になったからこそ、時間を武器にして戦っていかないと、自分を育てることができません。

私の場合は、パソコンのスキルを高めて、アフィリエイトのスキルを身につけていきましたね。

ライフくん
お金の代わりに自由が手に入るわけか〜。
フレアちゃん
自由になった時間が独立して生きていくための最大の武器になるわけだね。
ライフくん
貯金が尽きたことを考えるとゾッとするな…。
フレアちゃん
そうだね。だからこそ、計画的に会社を辞めないと痛い目に遭うってことだね。

いきなり会社を辞めない

会社 いきなり辞める
いきなり会社を辞めてしまうと、私のように税金の支払いにビビってしまうようになってしまいます。

そうならないためにも、しっかりと、会社を辞めた後には何が必要なのかを把握しておいてくださいね。

特に、お金の問題はかなり重要なので、貯金がない場合は、貯金してから会社を辞めたほうが無難ですよ。

計画的に辞めたほうがいい

独立するなら、会社を辞める前に独立するために必要なスキル、知識を得てから辞めたほうがいいですね。

私のような知識、スキル0からのスタートだと、大変な目に遭いますから。

働きながら独立するための知識、スキルを身につけて行くのは大変ですが、いきなり辞めて地獄を見るよりかはマシですよ。

ライフくん
スキル、知識0の状態からのスタートだと、軌道に乗るまでに数年はかかりそう。
フレアちゃん
ある程度スキルと知識をつけてから独立した方がスムーズに進められるのかもね〜。

【仕事を辞める勇気】知識・スキル・実績がない状態から起業するまでに学んだこと

2017.05.20

まとめ

私のような勢いだけで会社を辞めてしまうような人は少ないと思いますが、もし、辞めて独立したいと思っているのであれば、すぐには辞めないこと。

辞めた後どうなるのかをしっかりと考えてくださいね。会社を辞める時に思い出してほしいことは、

  • お金を貯めておく
  • 会社を辞めてもいい
  • 計画的に辞めて独立する
  • 時間を武器にする

この4つです。

会社を辞めた後は、時間が無限にある感覚になりますが、時間は有限。その時間の使い方によって、将来自分がどうなるかが変わってきます。

独立って響きはいいですが、そんな簡単に軌道には乗りません。独立して生活できるようになるまでの期間は、苦しむのではなく、いかに、「その苦しみを楽しめるか」が重要になってきます。

安定と捨てて自由を手に入れ、自分の意思で独立すると決めた以上は、楽しまないと続けられませんよ〜。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。