指示待ち人間は悪くない?個人としてではなく「組織の一員」として力を発揮する

どうも、きむ( @kimu_news)です。

指示待ち人間の人は、マイナスなイメージが強いですが、実は会社としては必要な存在でもあることを知っていましたか?

指示通りに仕事をこなしてくれる人がいるからこそ、会社として成り立たせることができる。

ただ、指示待ち人間の場合、個人として生きていくことは難しい。

独立して個人で働くとなると、自分で考える力が必要になってくる。

指示待ち人間であることは悪いことだけではない?

組織内ではなんとかなる

組織の一員として仕事をする場合、指示をしてくれる人がいるので、その指示に従って仕事をすることで給料をもらうことができる。

ほとんどの人がこのスタイルで仕事をしていると思いますが、この人たちがいるからこそ会社として成り立っていることを忘れてはいけない。

ただ、指示待ち人間はマイナスイメージが強い。

指示してくれる人がいる

会社という組織で働く場合は、働き出して間もない頃は上司や先輩の指示のもと仕事をすることになる。

この指示してくれる人がいる状況って、実は楽なんです。

自分で考えなくても仕事を与えてくれるし、その仕事に集中することができる。

余計にことを考えずに与えられた仕事をこなす。

「仕事がだるい」「かったるい」と思うかもしれませんが、仕事を与えられるって結構幸せなことなんです。

好きでもない仕事をするのはかったるく感じてしまいますが、指示待ち人間の場合は、指示してくれる人がいると精神的に安定した状態で仕事ができる。

指示待ち人間は、この環境を自分で作ることができない。

最低限の仕事をすればいい

与えられた仕事さえすれば、仕事としてなんとかはなりますが、出世欲が強い人は上司や先輩に何を指示をされる前に率先して別の仕事を覚えようとします。

しかし、指示待ち人間は、自分から違う仕事を覚えようとはせずに、指示があるまで待ちます。

上司や先輩からの評価を上げたい場合は、率先して次の仕事をしたほうがいいのですが、出世欲がなく与えられた仕事さえできればいいと思っている場合は、最低限の仕事さえしていれば問題はない

会社としてはマイナスにはならないけど、人材としてプラス方向に成長しない。

ただ、会社という組織に加入したからといって、絶対に出世しないといけないというわけでもありません。

マニュアルがある

会社で仕事をする際、初めはマニュアルに沿って仕事をすることが多いと思います。

先輩から色々教えてもらって、その通りに仕事をしていく。

マニュアル通りにすれば、絶対に仕事がうまく進められるというわけではりませんが、ミスを予防するという意味でマニュアル通りに仕事をするのは必要なことです。

ただ、マニュアルに沿った仕事方法では、上司に目には止まらない。

出世する人はマニュアルを自分で作る

自分なりに要領よく仕事ができる人っていますよね?

やり方は別として、自分の方法で仕事をテキパキとこなせる人はいます。

会社という組織では、マニュアル通りに仕事をするだけでは出世することはできない。

上司と仲良くなるだけで出世する人もいる。

「それではマニュアルの意味がない」と思うかもしれませんが、あくまでもミスを予防するためのマニュアル。

結局は進化していかないと、上司の目には止まらないということ。

マニュアル通りに仕事をすることは悪いことではないのですが、会社という組織で評価されるには、マニュアルを自分で変えていく必要がある。

個人としてはやっていけない

独立して個人で働く場合、自分で考える力が必要になってきます。

この力がないと、仕事を進めるどころか、仕事が自分で見つけることさえできない。

自分が何をしたいのかすら考えられなければ、個人で仕事をすることは難しい。

自分で考える力が必要

個人で仕事として成り立たせるためには「企画力」が必要。

自分で発想して行動していかないと仕事として進化していかない。

時には、自分の考えたことが無駄だと気づくこともある。

指示待ち人間の場合、この無駄だと感じた時間を「損」と捉えてしまう。

その考え方では、個人としてはやっていけない。

失敗したからこそ発見できることもあります。

なぜ失敗したのか?

このように自分の力で追及することができないと個人としては厳しいと思いますよ。

指示待ち人間の人は、この力が必要に弱い。

指示するのは自分

個人で働く場合、自分に指示をしてくれるのは自分自身になります。

上司、先輩はいません。

この環境化で指示待ち人間の人が仕事ができるのか?

1人で計画して行動することができるのか?

指示待ち人間の中には、指示がなければダラけてしまう人がいます。

指示がないとダラけてしまっては、個人として仕事はできません。

逆に指示しないといけない

個人で働く場合、誰かを雇うこともあります。

その時に、指示を出せる人間でないと、雇った人を働かせることはできない。

自分に指示すら出せないようでは、他人に指示を出すことなんてできない。

指示待ち人間は、的確な指示を誰かにすることができるのか?

できなければ、人を雇って仕事を進めていくことはできない。

続けられない

指示待ち人間にとって、失敗は「いけないこと」。

個人で仕事をする場合、失敗することがほとんどです。

失敗を積み重ねないと自分のノウハウを作ることはできません。

しかし、指示待ち人間は、失敗すると落ち込んでしまいやすい。

プラスに考えることができなければ、続けることも難しくなってくる。

指示待ち人間にも長所はある?

個人としては不利になってしまう指示待ち人間ですが、長所があると私は思っています。

会社としては絶対に必要な存在でもあるのです。

与えられた仕事はしっかりこなす

指示待ち人間は、指示さえすればしっかりと仕事をしてくれる人が多い。

このように、しっかりと仕事をこなしてくれる人は会社にとって必要な人材でもあります。

作業的な仕事でも、淡々とこなしてくれる人もいる。

これで、文句1つ言わずに仕事をしてくれれば、指示を出す側としても文句は言えない。

  • 雇う側としてもOK
  • 指示される側も仕事ができる

この関係性が成り立たないと、会社はうまいこと回っていかない。

邪魔をしているわけではない

指示した仕事をこなしてくれますし、指示を待っている時も邪魔をしているわけではない。

ただ、自主性がないだけ。

人の仕事を邪魔する人(チームの和を乱したりする人)より、自主性がない人の方がよっぽど会社にとっては平和的な存在ですよ。

中にはムードメーカ的な役割を果たす人もいる

指示待ち人間の中には、とびっきり明るい人がいることもある。

このような人は、仕事ができなくて指示を待っていようが、その存在自体に価値があると私は思っています。

ムードメーカーは会社にとって「宝」です。

もし、そのムードメーカーの人が仕事ができない人であっても、職場の空気を明るくするという特殊な仕事をしてくれます。

ムード専用の空気清浄機とでも言えばいいのかもしれませんね。

暗い空気を吸い込んで明るい空気を吐き出す。

このように、陰ながら職場の支えになっている人は意外と多いと思いますよ。

指示する側にも問題がある?

指示待ち人間が悪い人のように捉えられてしまいますが、上司が指示待ち人間にしている可能性も否定できません。

  • 圧が強い
  • 自主性を育てる気がない

この2つ兼ね備えている上司の場合、部下が指示待ち人間になってしまう可能性があると、私は思っています。

指示待ち人間も指示する人間のことを見ています。

圧が強い

ものすごく威圧感のある上司ってたまにいますよね?

しかも、機嫌の浮き沈みが激しい場合はより最悪。

圧が強い上司の元で仕事をする部下は、できるだけ余計なことしないでおこうと考えてしまいます。

見張られている感が強いと、与えられた仕事だけをこなそうとしてしまう。

自主性はある程度自由が必要です。

その部下の自由を、上司の圧で奪っていることもあるのです。

本気で自主性を育てようと思っている上司はいるのか?

上司が部下の自主性を育てようと本気で思っているのか?

仲良しこよしな職場づくりをしようとする上司は少なからずいます。

自主的に仕事をこなせる人よりも、仲のいい部下を出世させる上司もいる。

指示待ち人間であっても、上司と仲が良ければ出世できるかもしれませんが、出世したとしても、その責任を負うことができるのか疑問を感じる。

本気で部下の自主性を育てずに、仲良しこよしの輪を作ってその中から出世させる部下を決める。

自分に懐いてくれる部下は可愛いですからね。

出世させたいと思う気持ちが強くなってしまうのは、わからないでもないですが見極め方としてはどうかと思ってしまいます。

まとめ

指示待ち人間は会社にとって必要な存在。

この人たちのいるからこそ、世の中のビジネスが成り立っていますし、会社が成長していく。

みんなが個人プレーをしてしまっては、会社が崩壊してしまいますからね。

会社というチームで仕事をする場合は指示待ち人間タイプの人は必要になります。

個人として働く場合は、かなり不利になってしまいますが、組織の一員としてであれば、自分の力を発揮するチャンスはあります

上司のせい(圧など)で自分を押し殺しながら仕事をしている人もいます。

この環境では、自主的に仕事がしにくい。

仕事をする環境によって指示待ち人間になってしまう人もいれば、自由で考えながら仕事ができる人間になる人もいる。

無理をして指示待ち人間から脱却するのではなく、自分が働きやすい環境で仕事をするということも、大切なことだと思いますよ。

ただ、実際に会社で働かないことには環境を知ることはできない。

自分にとって、最適な仕事環境を見つけることは本当に難しいこと。

指示待ち人間を作り出しているのは「会社の環境」という可能性は否定できない。

チームプレイって、本当に難しい・・・。

ただ、「指示待ち人間であることは悪くない」ということを、最後に言っておこう。

グッドポイント

やりたいことを探す前に自分を探す
リクナビ「グッドポイント診断」

自分のことを分析!自分にあった職探しをする前に最適な診断!

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。